オリファー・イノエ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
オリファー・イノエ
外国語表記 Oliver Inoe
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 園部啓一
デザイン 逢坂浩司
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦G
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(アースノイド
性別
年齢 20歳代
所属組織 リガ・ミリティア
所属部隊 シュラク隊
テンプレートを表示

オリファー・イノエは『機動戦士Vガンダム』の登場人物。

概要[編集]

リガ・ミリティアの一員で、モビルスーツ部隊を束ねる隊長。女性のみのシュラク隊の隊長でもある。

厳格でかつ規律に厳しい性格ながら、メンバーの心のケアをするなど隊長としてふさわしい人物。MSのパイロットの技術も優れており、ウッソ・エヴィンVガンダムで苦戦するところを何度か助け出している。

マーベット・フィンガーハットとはパイロット候補生時代からの恋人関係で、お互いいい関係であるが、シュラク隊と合流の際にはさすがのマーベットも嫉妬するほどである。一歩間違えれば「女好きな隊長」に成りかねないところだが、そこは彼の厳格な性格ゆえであろう。

当初は初期量産されたVガンダムの3機の内の1機を任され、リーンホースJr.のモビルスーツ部隊隊長としてメンバーを引っ張っていく。やがて敵地でマーベットと結婚、彼なりのプロポーズにも彼女は応え、心身とも充実したかに見えた。それも間もなく、ザンスカール帝国のモトラッド艦隊の発進を阻止するため奔走し、V2ガンダムのパーツをウッソに預け、その気迫でアドラステアのタイヤに特攻し、壮絶な最期を遂げた。

死後、亡骸は荼毘に付され、遺灰は宇宙へ撒かれた。

小説版ではザンネックとの戦闘で囮となってMIAになっている。その後、マーベットとの子に魂が宿っているような描写がされておりマーベットとウッソがそれを語る場面が存在する。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
初登場作品。精神コマンドを5つしか覚えないが、必中ひらめき熱血と必要なものは一通り揃っており、能力値もガンダム系主人公勢に次ぐ高さを誇るためなかなか強い。
ルート分岐次第では何とミデアに乗って登場するが、能力の高さのお陰でミデアらしからぬ強さを見せる。合流時にはガンイージに乗り換えるが、条件を満たせば2機目のVガンダムも同時に参入するためそちらを使わせるのも手。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αDC
今回は一時参戦。能力はいたって凡庸で、愛機Vガンダムヘキサの性能がいまいちなこともあり強制出撃時以外に出番は無い。使用者の限られる捨て身を覚えるが加入期間の関係でまず使えない。トドメを刺すかのようにマーベットとの絡みもなし。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
序盤から登場。ようやくSRWでも彼の出番が増えた。さすがに隊を引っ張る存在はアムロがいるため目立たないが、モトラッド艦隊における一連のイベントで、ミューラら人質を守るべく盾となって散る。
ガンブラスターVガンダム(Vダッシュおよびヘキサ含む)に搭乗させた場合、専用武装「シュラク・アタック」を使用可能。LV23と早期にを覚えるが基本能力は余り高くない。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
宇宙編ではアムロウッソに次ぐモビルスーツの腕前パイロットなのだが、その設定はまるで活かされてない。隊長という役柄もアムロという偉大な存在からか全く目立たなくなった。それでも序盤では彼のVガンダムヘキサは戦力として重要で、MSパイロットでは最速で激励を覚えるので活躍するのだが。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

原作での衝撃的な特攻シーンから、自爆捨て身といった自己犠牲要素のある精神を覚える事が多い。

第2次G
必中加速ひらめき気合熱血
加速激励気合熱血自爆必中
α
根性加速気合必中捨て身
D
根性加速気合必中自爆

特殊技能(特殊スキル)[編集]

シールド防御L3切り払いL3
D
底力L6シールド防御斬り払い援護攻撃L3援護防御L3指揮L1コンボL3

人間関係[編集]

マーベット・フィンガーハット
恋人関係。半ばギクシャクした関係になりながらも結ばれるが、それも間もなく彼は戦場で散ってしまう。マーベットはオリファーの意思を継ぐ。
ウッソ・エヴィン
彼の才能を認めつつも、時には修正をするなど、行き過ぎた行動には目を光らせている。ウッソの行動力を見抜ける人物でもある。修正時のウッソ曰く「とうさんの怒った顔だ」。
ジュンコ・ジェンコ
彼女の猪突猛進な戦闘行為には彼も「死に急ぎすぎている」と評されて、心配する。しかし、これはマーベットとの溝を深め、三角関係となる。
ルペ・シノ
原作では特に絡みは無いが、『D』では彼女の攻撃で死亡した。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

アムロ・レイ
Dでは共にチームのまとめ役という事もあり、彼とも仲が良い。
アナベル・ガトー
αでは宇宙へと上がった彼を追ってリーンホースJr.に乗って宇宙へ追撃に入る。
サウス・バニング
αでは、宇宙へ上がった際に無重力空間での戦闘が初めての者が多いので、彼と共に模擬戦の指揮を執る事に。

リアル系[編集]

金竜
Dでは共にチームのまとめ役という事もあり、彼とも仲が良い。

スーパー系[編集]

神隼人 (OVA)車弁慶 (OVA)
Dでは上司。
シュワルツ
Dでは同僚であり、戦友同士。
柊弾児
Dでは彼とウッソの脱出を命がけで援護し、その命を散らす事に…。

名台詞[編集]

「よってたかってなぶり殺しにしようというのか、ギロチンを使うべスパらしいと褒めてやるよ!」
第8話における初台詞。トムリアット3機に攻められるウッソの危機を救った。
「泣くな、ジュンコ!シュラク隊に呼びかけた時から、こうなる事は分かっていたはずなんだ…泣くんじゃない!」
ヘレンが戦死した直後に、ジュンコが涙ながらオリファーに掛けよそったシーン。この時オリファーの目にも涙が浮かんでいた。
「これはスリリングだよ。女には教えたくない快感だ」
第25話で敵巡洋艦カリスト級にヴィクトリーのパーツを飛ばしてボトムアタックを仕掛けた後の台詞。
「貴様達は地球に行かせんと、言っただろぉぉーっ!!」
「行かせんと言った! マーベット、俺達の子を頼んだぞ! うおおおおーっ!!」
第31話でアドラステアに特攻をかける瞬間の最期の台詞。

迷台詞[編集]

「今度こわしたらゆるさんぞーっウッソー!!」
「ああ・・こわれてる」
「あれほど言ったのに~」
『コミックボンボン』版第3章「鮮烈! シュラク隊」での迷場面。再三の注意にかかわらず、Vで無茶な戦いをし、壊してしまったため、どこかから日本刀を持ち出し、ウッソに切りかかろうとするも、マーベットに止められるオリファーであった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「中尉、私の部下は全員が女性で、しかも美人揃いだ」
「ああ、ただし、全員が相当なジャジャ馬だ。彼女達の相手をするのは大変だぞ」
α』第21話宇宙へ向かうルート「ホンコン・シティ」より。リーンホースJr.に守備範囲内の女性が乗艦していない事に毒づくモンシアへ、シュラク隊の存在と実状を告げる。同時にさり気なく釘も刺してはいるのだが、「ジャジャ馬でも構わない」とガッつくほど女っ気に飢えている彼には馬耳東風だった模様。

搭乗機体[編集]

Vガンダム
Vガンダムヘキサ
Vダッシュガンダムヘキサ
V2ガンダム

SRWでの搭乗機体[編集]

ミデア
ガンイージ

余談[編集]

  • 監督の富野由悠季氏によるとイノエは「井上」のことらしく、「ジュンコ・ジェンコ」同様に日系の血を意識した名前だという(『NT100%コレクション 機動戦士Vガンダム2』のインタビューより)。

資料リンク[編集]