オデロ・ヘンリーク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
オデロ・ヘンリーク
外国語表記 Odelo Henrik
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 中田雅之
デザイン 逢坂浩司
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦G
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 15歳
所属 リガ・ミリティア
テンプレートを表示

オデロ・ヘンリークは『機動戦士Vガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ラゲーンの戦災孤児のリーダー格。リガ・ミリティアに参加後からウッソ・エヴィン達の兄貴分的存在となった。

後半はアプローチを続けていたエリシャ・クランスキーと恋愛関係になり、モビルスーツの操縦訓練を受け、ガンブラスターに搭乗。

最終決戦でカテジナ・ルースに撃墜されて死亡した。

ウッソ以外で全ての話に登場した唯一の人物。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
初参戦作品。中盤のシナリオで無断出撃し、デュークに戦いは甘いものではないと諭される。
そのシナリオクリア後は本人の希望通りパイロットとして正式登録されるが、2回行動レベルが非常に遅いため使い勝手はいまいち。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ウッソについてアーガマに乗りこむのだが、特に「パイロットになる」みたいなことを言わずにいきなり登録だけされている。加入当初は乗るユニットが用意されていないが、ガンブラスター入手後は同機がデフォルトユニットになる。とは言え、時期も時期だけに倉庫は確定。
57話「天使の輪の上で」ではエンジェル・ハイロゥに突入するウッソの随伴役をヒイロ・ユイに取られてしまい、強制出撃すらさせてもらえない。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
捨て身を習得したおかげで攻撃力に関しては自軍トップクラスのパイロットに。相変わらず回避系の精神を覚えていないので搭乗ユニットの運動性は出来る限り強化しておきたい。
スーパーロボット大戦α外伝
ウッソの台詞から、カサレリアに残ったらしく登場しない。乗機のガンブラスターが最も輝いていた作品だけに残念。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
オリファーの死亡と入れ替わりで参戦。撃墜数はオリファーから引き継ぐため、使えないことも無い。しかし参加も遅く戦力的には果てしなく微妙。使うのであれば微弱ながらもニュータイプ技能があるため、余っているファンネル搭載機に乗せてやるのがいい。射撃よりも格闘が高い。一方でインターミッションなどでの会話イベントでは序盤から他キャラと結構絡むので存在感はある。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
ガンイージのシミュレーションを受けていたという設定で、途中からパイロットとして登録される。レベルアップでニュータイプの技能を身に付ける。本作ではNTは希少(4人)であり、また精神も充実している事から十分一線を張れるパイロットとなっている。ちなみにフィン・ファンネル使用時に名前を叫ぶ(没台詞でファンネルもあるが、こちらは『α』から正式に採用されている)。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第2次G
根性気合友情熱血必中ド根性
根性友情熱血気合ド根性必中
α
ド根性必中信頼友情熱血気合
α for DC
ド根性必中気合熱血友情捨て身

特殊技能(特殊スキル)[編集]

切り払いL6、シールド防御L6、ニュータイプ
αDC版
ニュータイプL6、シールド防御L7、切り払いL6
D
ニュータイプL6、シールド防御斬り払い撃ち落とし援護攻撃L3、援護防御L3、コンボL2

人間関係[編集]

ウッソ・エヴィン
友人。
ウォレン・トレイス
弟分。
スージィ・リレーン
妹分。
トマーシュ・マサリク
共にガンブラスターに乗り、戦闘では相棒のような間柄。
エリシャ・クランスキー
アプローチを続け、彼女のハートを射止める。
カテジナ・ルース
最終決戦にて、彼女の手によって引導を渡されてしまう。
クロノクル・アシャー
直接の面識は無いが、ボンボンの漫画版では結果的にウッソが彼に勝利する切っ掛けを作った。もっとも、ウッソがクロノクルにここまで苦しめられる切っ掛けを作ったのも(マリアを巻き込んで爆死してクロノクルを豹変させた)オデロと言えなくもないが。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

宇宙世紀ガンダムシリーズ[編集]

ジュドー・アーシタビーチャ・オーレグモンド・アガケエル・ビアンノイーノ・アッバーブ
α』中盤の宇宙ルートでシャングリラ・チルドレンの境遇とMS強奪計画を知り、彼らを改心させようと試みるが…。
リィナ・アーシタ
『α』中盤の宇宙ルートにて彼女から、兄たちの悪巧みを止めるために説得を頼まれる。

スーパー系[編集]

兜甲児
D』での兄貴分の一人。エンディング後は共にカサレリアで暮らすことに。
デューク・フリード
第2次G』で無断出撃したオデロを諌めた。
楯剣人
『D』での兄貴分。エンディング後は共にカサレリアで暮らすことに。
グール
『D』にてアムロに化けてタケル暗殺を目論む彼女を罠に嵌める。

バンプレストオリジナル[編集]

ジョシュア・ラドクリフ
『D』での兄貴分。オデロとウッソの仲直りに尽力した。

名台詞[編集]

「どいてください! 大将をやるだけなんだ! ギロチンなんて残酷なものをみんなに見せて独裁をやる奴だけが俺達の敵なんだ!!」
第26話にて。
「トイレパックがもう満タンかよ…くっ…ぁあ…ッ未熟者め。たとえ小便まみれになったって、アンダーフックを守りきれなかった罪滅ぼしをしなけりゃ…!」
「…しちゃった…うん?魚が?」
「小便まみれになった甲斐があった!」
第34話にて。
「唇、濡らしてやろうか?」
第38話にて、エリシャに向けた発言。発言後、「今はいいわ」とあっさり断られる。
「シャクティがまた病気を起こしたんだよ!」
第44話にて。シャクティの身勝手な行動には、オデロも相当頭を痛めていたようだ。
「ウーイッグのお嬢さんは嬢ちゃんをやってりゃ良いんだーっ!」
第51話にて。カテジナのゴトラタンにガンブラスターで体当たりを仕掛けた際に。
「ウッソ!時間稼ぎはしてやってっからなーっ!」
同上。ゴトラタンに吹き飛ばされながらも、エンジェル・ハイロゥの中心に飛び立ったウッソを気遣う。
「俺…どうなっちまってんだ…おい…母ちゃん…俺の事、誉めてくれるのか。父ちゃん…ずっと俺の事嫌い…嫌いじゃなかった?ほ、本当かよ…。」
同上。カテジナ・ルースゴトラタンの攻撃によって自分自身のガンブラスターが爆発する寸前に。エンジェル・ハイロゥの影響かどうかは定かではないが、走馬灯のように両親の幻が見えていたようだ。
「うっ、うあああああ!!」
断末魔。ガンブラスターが爆発し、オデロは帰らぬ人となった。
「へっ・・・・以前のオレだったらにげてたかもな・・・・だけどオレはひかねえぜ!」
『コミックボンボン』版第10章「最終兵器光臨す!!」より。エンジェル・ハイロゥ内部に単身突撃したウッソを助ける為に自らも単身突撃して。
「あばよ! ウッソ・・・・オレはおまえのことをほんとうの弟のようにおもってたぜ・・・・」
同上。ウッソに向けた最期の台詞。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「俺もあんた達のような境遇にいたから、その気持ちは分かるけどさあ…」
「でも、だからって人の物を盗んでいい道理はないと思うぜ」
αDC)』第23話宇宙へ向かうルート「始動ダブルゼータ」より。ラビアンローズ内に侵入したシャングリラ・チルドレンの面々へ「人の道」を説くが、嘗て自分も留守中のウッソの家に忍び込み食糧を盗み食いした過去があるので、傍らで聞いていたウォレンから「説得力ないなあ」と内心で突っ込まれる事に。
「ちぇっ。ジョシュアさんがそんなお節介焼くとは思わなかったぜ」
D』にて、ジョッシュにウッソとの仲直りを促されて。当時はジョッシュとの付き合いが短かったオデロには、ジョッシュは無愛想な人にしか見えてなかったようである。

搭乗機体[編集]

ガンブラスター
Vガンダム
ゾリディア

余談[編集]

  • オデロ役の中田雅之氏は声優を引退しており、他ゲーム作品においては代役として福島潤氏が起用されている。
  • 『コミックボンボン』で連載されていた漫画版ではアニメ版以上に勇敢に描かれ、ウッソの窮地を救ってフォンセ・カガチマリア・ピァ・アーモニア女王を道連れに爆死するという壮絶な最期を遂げた。また、その死後もウッソの最大の窮地を救う事となった。…尤も、彼がマリア女王を道連れにしたためにクロノクル・アシャーが暴走し、ウッソの窮地を招いたとも言えるが。

資料リンク[編集]