トマーシュ・マサリク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
トマーシュ・マサリク
外国語表記 Tomache Massarik
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 関智一
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦G
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(アースノイド
性別
年齢 17歳
出身 ハイランド
所属 民間人リガ・ミリティア
テンプレートを表示

トマーシュ・マサリクは『機動戦士Vガンダム』の登場人物。

概要[編集]

有色人種で、家族と共に太陽発電衛星ハイランドに住んでいた。

ハイランドザンスカール帝国から解放されたのがきっかけでリガ・ミリティアに参加。宇宙作業に慣れているのかモビルスーツの操縦も行える。最初は後方支援が多かったが、オリファー・イノエの指導の下モビルスーツに搭乗するようになる。直後にオリファーが壮絶な戦死を遂げるが、仲間が次々に死んでゆく中、終戦時まで生存していた。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
初登場作品。ミリエラフラニーと共に加入するが、1人だけレベル15と低い。
ホワイトアークの初期パイロットだが、2回行動レベルが非常に遅い上に支援系精神コマンドにも乏しいため、大抵は他のパイロットに乗機を譲ることになる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
一切登場しないが没パイロットデータが存在。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
ハイランドがブルー・スウェアに解放された際に行動を共にするが、パイロットに登録されるのはオリファーの死後である。能力的に凡庸であり、参入時期の遅さもあって使いにくい。オリファーの撃墜数が引き継がれるオデロと違って、彼は引き継がれない事も使いにくさに拍車をかけている。使うのであれば、ニュータイプ技能を持っていることを活かして、余っているファンネル搭載機などに乗せてやるといい。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
声が付いた。ハイランドではなく、月面都市セント・ジョセフにいて、サイド6までの輸送機護衛ミッションにてオデロと共に加入。残念ながらストーリーでは存在感が薄い。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第2次G
根性加速友情必中気合ド根性
探索加速集中隠れ身根性ひらめき
D
偵察集中ひらめき熱血信頼激励

特殊技能(特殊スキル)[編集]

切り払いL4シールド防御L4
D
ニュータイプL6シールド防御斬り払い撃ち落とし援護攻撃L3援護防御L3コンボL2

人間関係[編集]

ウッソ・エヴィン
コンビを組む相手。基本的にウッソ共々猪突猛進が強い彼らであるが、トマーシュは抑え役に回ることが多い。
オデロ・ヘンリーク
コンビであり、同じ機体でウッソをバックアップする。
オリファー・イノエ
モビルスーツ操縦の師であるが、間もなく戦死する。
マーベット・フィンガーハット
オリファーの形見として、彼らを育てるが、最終的に彼らに任せることになる。
カレル・マサリク
弟で、ホワイトアークの操舵も担当。
エリシャ・クランスキー
近所のお隣さん。
マルチナ・クランスキー
近所のお隣さんで、エリシャは姉。

名台詞[編集]

「そういうのを死に急いでるって言うんだよ!」

搭乗機体[編集]

ガンブラスター
リガ・ミリティアに参加時に搭乗。
ホワイトアット
一度だけ無断出撃で使用。
魚の骨
ザンスカール帝国の小型哨戒艇「シノーペ級」を拿捕し、色の塗り替えと小改造を行ったもの。「魚の骨」という呼称は船体の形状から。SRW未登場。

SRWでの搭乗機体 [編集]

ホワイトアーク
『第2次G』で搭乗。恐らく上記の「魚の骨」の代役。

余談[編集]

  • 前述の通り生き残っているが、他に生き残ったメンバーの中でなぜか彼だけ最終エピローグに登場しない。
  • 名前の元ネタはチェコスロバキアの初代大統領「トマーシュ・マサリク」。
  • この役でデビューした関氏は次回作主役に抜擢された。