ゴトラタン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴトラタン
外国語表記 Gottratan
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦G
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 ZMT-S33S
全高 15.9 m
本体重量 11.1 t
全備重量 24.9 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 6,170 kW
スラスター推力

10,270 kg×2
7,770 kg×5
5,370 kg×8

総推力
102,350 kg
アポジモーター 17
装甲材質 ハイチタン合金ネオセラミック複合材
開発 ザンスカール帝国
所属 ザンスカール帝国
パイロット カテジナ・ルース
テンプレートを表示

ゴトラタンは『機動戦士Vガンダム』の登場メカ

概要[編集]

ザンスカール帝国が開発した試作型モビルスーツザンネックゲンガオゾリグ・コンティオを開発した「スーパーサイコ研究所」が担当。

背部に大型のキャノンユニットを装備しており、長距離からの狙撃を行う事が可能。また、ユニットは任意に切り離す事も出来る。本体の方は白兵戦を重視した設計がされており、接近戦用の武装を主に装備している。両肩の大型フレキシブルスラスターを含め、随所に小型スラスターが備えられており、運動性も高い。また、サイコミュ対応型のザンネックやゲンガオゾを開発したスーパーサイコ研究所が開発担当したのか精度の高いセンサー捕捉機能と追尾能力を誇り、キャノンユニット無しでもビームライフルによる狙撃能力や反応速度の高さ。特にスラスターが加わったパワーウェイトレシオ(馬力)は際立っており、後述のフラニーのVガンダムヘキサを「ビームキャノンの砲身を振り回すだけでヘキサを圧し折って撃墜」やオデロのガンブラスターを「右腕欠損状態だが、両腕でガードしているにも関わらずに脚蹴でメインエンジンとコクピットブロックを潰す」等、パイロットであるカテジナの狂気と合わさって、大変に印象深いモビルスーツである

本機はエンジェル・ハイロゥ攻防戦にてカテジナ・ルースに与えられ、リガ・ミリティアシュラク隊の3人(フラニーことフランチェスカ・オハラミリエラ・カタンコニー・フランシス)のVガンダムヘキサオデロ・ヘンリークガンブラスターをビームトンファーと脚蹴で撃墜する。しかし、最後はウッソ・エヴィンV2ガンダムの光の翼によって自らの攻撃を弾かれてしまい、そのまま吹き飛ばされてしまった。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
カテジナが敵になるルートを通り、なおかつ終盤でジャブローに向かうと、敵増援としてカテジナが乗って登場する。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
終盤のカテジナの搭乗機。機体性能と射程に優れ、移動力も8と高め。最終盤では帝国監察軍第7艦隊の戦力として複数登場する。リグ・コンティオと性能や扱いが似ている。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
全般的に能力が強化され、V2が霞むほどの化け物ユニットになっている。特に攻撃力の上昇は凄まじいものがあり、スーパー系でも「鉄壁」不使用の場合だと窮地に立たされる事が珍しくない。
スーパーロボット大戦α外伝
今回はカテジナ専用機として、ティターンズ及びギンガナムの戦力として登場。初登場が第9話と早めだからか機体性能は大分落ち着いた。
射程と移動力は相変わらずだが、カテジナ側の底力および強化人間の回避補正が高いので、中途半端に削ってしまった場合や後半は驚異的な回避性能を誇るため注意。
カテジナが基本的にウッソを狙うので、ウッソを使っているならば誘導は楽だが、最終決戦では逆にイベント撃墜される可能性も出てくるので注意しよう。
ギンガナム艦隊合流後は鈴の音に関連したサイコミュを搭載している。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
中盤戦最終局面でカテジナが搭乗。能力は高いが、此方も強力なユニットで対抗できるので、相対的な怖さは感じられない。周りの雑魚がザンネックだったり、ゲンガオゾだったりするのがもっとも怖い所。
なお、一連の説得をすれば味方ユニットとして使える。空中に浮いているため、使い勝手は悪くない。この辺りもリグ・コンティオと同じ扱いである。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
宇宙編におけるボスユニットの1機。HP32000。シールド防御も高い確率で発動するため落としにくい。リグ・コンティオ同様、V2ガンダムとνガンダムのツートップで臨みたい。また「狂気の力」ではルペ・シノゴッドワルド・ハインが搭乗してくる。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトル、カラオケモードに登場。またおまけマップでは、ウッソのV2バスターガンダムを仲間にすると敵増援として出現する。
スーパーロボット大戦X-Ω
2019年11月のイベント「宇宙に揺らぐ陽炎」から登場。大器型SSRアタッカー。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ビームカッター
頭部に装備。隠し武器で、接近戦で敵機の意表を突く事が可能。ミリエラVガンダムヘキサは、この武器で不意を付かれて撃墜された。
ビームトンファー
両腕に装備された固定武装。取り外して使用する事もできる。
『X-Ω』では通常攻撃に使用。
ビームシールド
両腕の甲に装備。
ビームライフル
本機の携行兵装。
キャノンユニット
6連装マイクロミサイルポッド
キャノンユニットの前面に2基装備。
メガ・ビーム・キャノン
キャノンユニットの一部で、通常は邪魔にならないように折り畳まれている。使用時は前方に展開し、スコープで狙いを定める。
2連装を束ねて集束し、威力は戦艦クラスも一撃で撃沈できる程で、V2バスターガンダムのメガビームキャノンをも上回る。
指向性のあるビーム兵器なのか、V2アサルトガンダムの最大出力のメガビームライフルを押し返し、ビームがシャワーの如く降り注ぐ形で相殺できない程。
なお、ビームキャノンはモビルスーツ単独の武装としても使用できる。
』におけるカットインは秀逸。
『X-Ω』では必殺スキルとして採用。

特殊能力[編集]

盾装備、銃装備
シールド防御撃ち落としを発動。
ほぼ全ての作品で、剣は装備していない事になっている。ビームトンファーでは切り払いが難しい、という事か。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

余談[編集]

  • 小説版『Vガンダム』では、ゴトラタンのカラーリングの表現がとても際どいものになっている事で有名。

資料リンク[編集]