ゴッドワルド・ハイン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ゴッドワルド・ハイン
外国語表記 Godwald Hein
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 中田譲治
初登場SRW 新スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
異名 人喰い虎
種族 地球人
性別
所属組織 ザンスカール帝国
所属部隊 ベスパ機関
軍階級 中尉
テンプレートを表示

ゴッドワルド・ハインは『機動戦士Vガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ザンスカール帝国ベスパ機関に所属する、凄腕のモビルスーツパイロット。「人喰い虎」の異名を持つ。

ウッソ・エヴィンと初めて出会った時は遭難していた所を救われており、その後再会した時は可変モビルスーツアビゴルを駆り、敵として戦うことになる。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ジュピトリアン所属。アビゴルが出てこないため、コンティオドッゴーラに乗る。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
アビゴルドッゴーラに乗る。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
アビゴルは出てこない為、他の機体に乗る。隠しマップではゾンビ化し、ゴトラタンに乗る。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

α
自爆ド根性信頼隠れ身友情復活

特殊技能(特殊スキル)[編集]

α
シールド防御L3、切り払いL3
D
底力L7、援護攻撃L1、援護防御L1、コンボL3
切り払いL4、シールド防御L4

人間関係[編集]

ウッソ・エヴィン
彼に戦士の心意気を教え込む事に。
タシロ・ヴァゴ
上司。漫画版では彼に出撃命令を与えられた。

他作品との人間関係[編集]

ゼクス・マーキス
D』ではライバル関係であり、対決に火花を散らす。

名台詞[編集]

TV版[編集]

「カサレリア!」
ウッソとの別れの際に発した言葉。このカサレリアとは別れの挨拶の意である。
「坊主、宇宙で戦う戦士の鉄則を教えてやる。それはな、目の前の生き残るチャンスを逃さない事だ」
第22話でウッソ・エヴィンに生き残るためのチャンスを与えた時の台詞。
「やったな、小僧!」
散り際の台詞。アビゴルを撃破されながらも生身でウッソ機のコクピットに取り付くが、ワイヤーガンで反撃され爆炎の中に消えた。
この台詞は2通りの解釈ができる。ウッソは「最後に褒めてくれた」と解釈したが、怒りに満ちた表情や口調、機外へ吹っ飛ばされてもなお銃を構えてあがく様子からはとても彼を褒めているようには見えず、むしろ単に反撃された恨み節でしかないように思える。ウッソが事実に反してゴッドワルドが褒めてくれたと言い聞かせたいだけなのか、それともニュータイプ的な感応により視聴者の与り知らないところでゴッドワルドから賞賛の意思を受け取っていたのか……いずれにせよやるせないシーンである。

漫画版[編集]

「了解いたした」
初台詞。TVシリーズを知ってる読者は初見で盛大に当惑したことだろう。
「Vガンダム殿、一手お手合わせ願いたい」
「武道の奥義『見切り』だ どんなビームも私には当たらん」
「み…見事だ、Vガンダム… 貴様と戦えた事…、私は誇りに思う…」
散り際の台詞。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「中佐、そのような中傷を受ける言われは有りませんな」
α』第22話(宇宙へ向かうルート)「ガンダム、星の海へ」より。同盟関係上シーマの援軍に駆け付けた際、彼女から戦果の不甲斐無さを嘲笑されて立腹するクロノクルを制し努めて冷静に意見するが、シーマにとっては「宇宙の虎」も雑魚の弾除けでしかなかった模様。
「このパイロットもまだ子供ではないか…一体、どういう部隊なのだ!?」
同上。カミーユとの戦闘前会話。少年兵が多く集うリガ・ミリティアロンド・ベル隊)の陣容に戸惑う。

搭乗機体[編集]

アビゴル

SRWでの搭乗機体[編集]

コンティオ
α
ブルッケング
ゴトラタン
ドッゴーラ
αD

余談[編集]

  • 漫画版では外見・精神共に、古代の侍を思わせる人物であり、非戦闘時には前垂れに「撃」の文字が記された褌のみの姿で無重力座禅を行っている。TV版の面影は眉毛の形状ぐらいである。TV同様アビゴルを駆り、古代の侍が使っていた“居合い斬り”や“見切り”の応用でVガンダムを追い詰めるが、ニュータイプに覚醒したウッソによって逆転され、彼と戦えた事を誇りに思いながら落命する。
    • そのTV版とのギャップの大きさや武人を思わせる戦いぶりから、一部のファンに妙なインパクトを与えた。