武士道

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

武士道とは、武士の倫理観及び価値基準となる思想一般をさす用語。

概要[編集]

鎌倉時代から発達し、江戸時代に儒学の影響を受け完成したとされる。その思想は「君に忠、親に孝、自らを節すること厳しく、下位の者に仁慈を以てし、敵には憐みをかけ、公正を尊び、貴よりも名誉を以て貴しとなす」である。

類似するものに西洋の騎士の心得としての騎士道(精神)がある。

特殊スキル「武士道」[編集]

気力110以上で発動し、技能レベルに応じて命中率回避率が上昇する。

NEO』で月心専用の能力として初登場。その後、『NEO』のシステムを継承した『OE』でも、ミスター・ブシドー(味方加入後)専用の能力として採用。

武士道を貫いていた主な人物[編集]

リシュウ・トウゴウ
ゼンガー・ゾンボルト
ブルックリン・ラックフィールド
アッサーム
藤堂鏡志朗
ミスター・ブシドー

関連用語[編集]

騎士道
精霊力
『NEO』でまったく同様の効果を持つ特殊スキル。OEでは命中と回避の補正の数値が武士道とは逆という形で差別化された。
見切り
他シリーズでほぼ同様の効果を持つ特殊スキル。OEでは武士道と共存するに至って気力条件が廃されている。