ドッゴーラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドッゴーラ
外国語表記 Dodgore
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦G
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルアーマー
型式番号 ZM-A31S
全長 369.3 m
本体重量 51.9 t
全備重量 146.3 t
動力 熱核融合炉
出力

5960 kw×2

総出力
11,920 kw
推力

54,960 kg×6
20,170 kg×10
8,500 kg×2

総推力
548,460 kg
アポジモーター 1696
装甲材質 ハイチタン合金ネオセラミック複合材
開発 ベスパ
所属 ザンスカール帝国
主なパイロット ブロッホ
ルペ・シノ
テンプレートを表示

ドッゴーラは『機動戦士Vガンダム』の登場メカ

概要[編集]

ザンスカール帝国ベスパが開発した大型モビルアーマー

巨大な竜のような形状をしており、上半身はまるでモビルスーツのようだが、下半身の尻尾のような部分は多数のブロック状のパーツで構成されており、被弾した部分はすぐにパージし、無事な部分を再び連結する事が出来るようになっている。また、この下半身を敵機に巻きつけて締め上げる事も可能。基本的には宇宙用の機体だが、水中でも運用可能。

宇宙では青系統のカラーリングの機体が登場し、ブロッホが乗り込んだが大した戦果を挙げることなく撃破されている。地上ではオレンジ色の機体が登場しており、ルペ・シノが乗り込んだが、こちらも撃破された。「これが量産できれば、地球連邦軍も全滅させられます!」との前評判だったのだが…。

『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』では地表面の高度での大気圏内戦闘も披露した。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
ブロッホが乗る。ルート次第ではルペが乗る機体も登場。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
中盤以降から度々登場する。主に搭乗するのはブロッホやルペだが兵士も搭乗し、シーマヤザンも作品の枠を越え最後の搭乗機にしている。
「損傷したパーツを切り離して再度連結する」という特殊な機体の構造の再現からか、HP回復(大)を持っているので長期戦になるとやや分が悪い。移動タイプに空もあるためか、海のある地上戦でも水中に入ることは無い。ちなみに機体の空適応は悪く、武器の大半は海の適応がやや悪い。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
武器の攻撃力と射程が増しているが装甲が一般MS並みにダウン。強力な実弾兵器で攻めれば一気に倒せるだろう。
スーパーロボット大戦α外伝
難易度『普』以上の場合のみ、「月光蝶」前半マップでムーンレィス兵が乗って登場する。今回は移動タイプが水のみになったため、初期配置の水中から出てくることが無い。前作『α』と違い武器の海適応も良くなり、作中ほぼ唯一の「適応を生かしてくる敵」である。その影響と持ち前の耐久力から倒すのが非常に面倒なので、水中用の機体や初登場のA-アダプター装備の機体で対処したい。
なお前作『α』からHP回復は小にパワーダウンしており、武器の空陸適応が悪くなっている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
後半でちょいちょい名前付きのパイロットが乗り込んできたりする。HPも高く射程も長いが、サイズの関係で他の敵よりも攻撃を当てるのが楽なのでそう苦戦しない。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
青い機体のみが登場。ブロッホ、ルペが乗る。プレイヤーの多くは、何よりまず、その機体グラフィックの大きさに驚くだろう。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

腕部ビーム砲
上半身両腕の手首からビームを発射。
脚部ビーム砲
下半身に複数生えた脚が保持している球体(竜玉のイメージか?)からビームを発射。
テールビームガン
尻尾先端からビームを発射。
』では単独カットインあり。
ミサイルランチャー
上半身上部からミサイルを発射。
電磁ネット

特殊能力[編集]

銃装備
撃ち落としを発動。
HP回復(小・大)
MS(MA)としては極めて例外的に回復機能を持つ。上記の、破損個所をパージして機能を回復するという本機の特長をゲームの仕様として再現したものである。
α』では(大)だったが、『α外伝』では(小)に低下。

移動タイプ[編集]

『α外伝』では移動タイプ空を失っているので飛行不可。

サイズ[編集]

LL

関連機体[編集]

ドッゴーラ改
『コミックボンボン』で連載された漫画版『機動戦士Vガンダム』に登場する漫画版オリジナルモビルアーマー。SRW未登場。
クロノクル・アシャーがパイロットで、彼曰く「全身がビームそのもの」らしい。見た目はドッゴーラと変わっていないが、全身をバリアで覆っており、敵の攻撃を防ぐだけでなく攻撃に利用可能で、その威力は「星さえも砕く」とか。
ウッソ・エヴィンV2アサルトガンダムと交戦するが、ウッソの奇策によって「電子レンジに入れられたダイナマイト」と化してしまう。しかし、それでもしぶとく生き残っていた脅威の機体である。これに乗っていた時のクロノクルはの死による怒りもあって、鬼神のような強さを発揮し、終始ウッソを圧倒していた。

余談[編集]

  • 初期設定画によると、胴体部分をリング状にする事でザンスカール名物の「タイヤ付き」MAにする事も出来たようだが本編では使用していない為、陸上で使用できるかどうかは不明。リング状態は本編中でも輸送時などに登場している他、αシリーズでのマップ上アイコンはリングを横倒しにし、そこから上半身が起き上がったものになっている。

資料リンク[編集]