V2バスターガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
V2バスターガンダム
外国語表記 V2 Buster Gundam
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン カトキハジメ
初登場SRW 新スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用可変モビルスーツ
型式番号 LM314V23
頭頂高 15.5 m
本体重量 13.8 t
全備重量 19.9 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 7,510 kW
推進機関 ミノフスキードライブ×2
スラスター推力

16,700 kg×2
4,770 kg×7

総推力
計測不能
アポジモーター 42
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
素体 V2ガンダム
開発 リガ・ミリティア
所属 リガ・ミリティア
主なパイロット ウッソ・エヴィン
テンプレートを表示

V2バスターガンダムは『機動戦士Vガンダム』の登場メカであり、同作品の後半の主役メカの一形態。

概要[編集]

リガ・ミリティアが開発した試作型モビルスーツV2ガンダムにバスターパーツを付けた形態。

火力を重視しており、中・遠距離攻撃に特化している。反面、接近戦には不向き。

劇中ではザンスカール軍のモビルスーツや戦艦を多数撃破していたが、接近戦を挑まれて窮地に陥る場面もあった。

登場作品と操縦者[編集]

SRWでも長射程・高威力のメガビームキャノンをはじめ、砲撃戦用武装がわんさか積まれるが、移動後に使える武装が少なく、前述の通り、接近戦に向かないという欠点がある。また、アサルトと比べ、運動性の低下も激しい。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
この形態に換装すると、運動性は下がるが何故か移動力限界反応は素のV2より上がる。今回は使いやすい形態である。ちなみにMAP兵器を三つも搭載している。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
PS版ほぼ同様。若干だが攻撃力がPS版より向上している。
スーパーロボット大戦α外伝
32話終了後に換装パーツを入手。実際に使用できるのは34話からとなる。唯一移動力が上がる形態で下がる能力は無い。武装はロングレンジキャノンがENに負担がかからない弾数制となった他、火力もUC&正歴系最高火力と大幅に上昇した点と、マップ兵器のマイクロミサイルポッドにP属性がついた点が大きい。ただ他の武装は光の翼以外は威力も性能もいまいち。この形態のみビームライフルがP属性でない代わりに射程が長くなる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
第27話開始時に換装パーツを入手。以後、使用可能となる。メガビームキャノンの射程が長いが、P武器はV2と変わらず、運動性がアサルトより下がるということから、アサルトの方が使われやすい。マップ兵器を3つも持っている。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
マップ「ムーンガーディアン」においてシャトルを1隻撃墜された上でクリアすると、V2ガンダムはこの姿に変化する。本作にてロボットデータ登録のために手間のかかる機体の一つ。
ロングレンジキャノンはMS最強の武器だがそれ以外の追加武器の威力は低く、また移動力と運動性が下がる。とはいえロングレンジキャノンを早い段階から改造できるのは大きく、またマップ兵器である光の翼と並行して強化すれば通常・マップの攻撃を両方こなせるようになるため、アサルトより有用である。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。またおまけマップでは、ウッソを出撃させなかった場合、この機体に乗って中立ユニットとして出現する事があり、仲間にできる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵している。
機雷
フロントアーマー内に内蔵されていた武装。使われた回数は非常に少ない。SRW未実装。
ビーム・シールド
両腕の肘に発生器を内蔵。発生器は縦方向に180度まで展開する事が可能。
マイクロ・ミサイル・ポッド
バスターパーツの装備。腰アーマーに4基、両脚部ハードポイントに2基装備。1基あたり18発ほど内蔵している。使い終わった際にパージして機雷としても使用可能。
オーバーハングパック
バスターパーツの装備。背部に装備した2種のビーム兵器の複合ユニット。
メガ・ビーム・キャノン
オーバーハングパック右側に装備された武装。長砲身のビームキャノンで、戦艦をビームシールドごと一撃で沈める威力がある。ただ、その長い砲身は接近戦には邪魔であり、たびたび切り裂かれていた。「ロングレンジキャノン」とも呼ばれる。
スプレー・ビーム・ポッド
オーバーハングパック左側に装備された武装。広範囲に拡散ビームを放つ。「スプレーガン」とも呼ばれていた。
ビーム・サーベル
ビームシールド内に1本ずつ格納している。
マルチプル・ランチャー装備型ビーム・ライフル
本機の主兵装。本機の主兵装。グリップ部以外はVガンダムの物と形状が異なっている。
ビーム・ピストル
ビーム・ライフルのグリップを外すとビームピストルになる。Vガンダムの物と同型。
マルチプル・ランチャー
ビーム・ライフルに付属しているグレネード弾。グレネードパックをライフルに接続したため、装弾数が増加している。

戦法[編集]

光の翼
ミノフスキードライブへ供給されたエネルギーの内、推進力に変換できなかった分を外へ放出する事で発生する現象。本来は機体の欠陥として発生した現象であるが、ウッソはこれを上手く利用し巨大なビーム・サーベルとして敵を攻撃したり、ビームシールドの代わりとして使ったりしていた。
しかし、SRWでは防御には使用できない。
光の翼(MAP兵器
攻撃範囲が非常に広いのが特徴。ただし、攻撃力はかなり低く、消費ENも尋常でない程高いのが欠点。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動する。
Iフィールド
本来はV2アサルトのショルダーアーマーに内蔵されているはずだが、『』では全形態が所有している。
分身
本機は分身機能はないが、原作ではV字残像を残して姿を消している。また、ボンボン漫画版ではスーパーロボットのように表現されている。
換装
通常形態アサルトアサルトバスターへと換装する。
分離
αシリーズでは分離可能。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「STAND UP TO THE VICTORY」
前期オープニングテーマ。『』にて選曲。
「DON'T STOP CARRY ON」
後期オープニングテーマ。

関連機体[編集]

V2アサルトガンダム
アサルトパーツを装着した形態。
V2アサルトバスターガンダム
アサルトパーツとバスターパーツを同時に装着した形態。

余談[編集]

放送当時発売された本形態の1/100スケールガンプラの解説書には、本形態がクロノクル・アシャーが乗るリグ・コンティオと対決しているイラストが掲載されたが、TV本編では幻のシーンとなった。

商品情報[編集]

  • パーツの差し替えにより通常、アサルト、バスター、アサルトバスターの4形態に。

資料リンク[編集]