リグ・コンティオ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
リグ・コンティオ
外国語表記 Rig-Contio
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦G
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 ZMT-S34S
頭頂高 16.3 m
本体重量 10.7 t
全備重量 21.4 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 6,500 kW
スラスター推力

32,330 kg×3

総推力
96,990 kg
アポジモーター 24
装甲材質 ハイチタン合金ネオセラミック複合材
開発 ベスパ
所属 ザンスカール帝国
パイロット クロノクル・アシャー
テンプレートを表示

『リグ・コンティオ』とは『機動戦士Vガンダム』の登場メカで、『コンティオ』の発展機。

概要[編集]

ザンスカール帝国ベスパが開発した試作型モビルスーツ

コンティオの発展型で、火力や機動性が原型機よりも向上している。その分、操縦系統もより複雑となっており、コンティオ以上にパイロットを選ぶ機体となってしまっている。

エンジェル・ハイロゥ攻防戦にてクロノクル・アシャーが搭乗し、ウッソ・エヴィンV2ガンダムと交戦するが、撃墜された。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
カテジナが敵になっているルートで、終盤クロノクルが乗って登場。カテジナのゴトラタンルペドッゴーラも同時に現れる。

αシリーズ [編集]

スーパーロボット大戦α
クロノクルの最後の搭乗機。機体性能と射程に優れ、移動力も8と高め。最終盤では帝国監察軍第7艦隊の戦力として複数登場する。ゴトラタンと性能や扱いが似ているが、比較すると性能はやや低め。
スーパーロボット大戦α外伝
ムーンレィスの戦力として中盤以降に登場。クロノクルがいないためムーンレィス兵高性能AIが搭乗する。前作『α』よりゴトラタンに大きく差をつけられているが射程と移動力は相変わらず優れ、これといった弱点も無いため雑魚機体としては結構優秀だったりする。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
中盤戦最終局面でクロノクルが搭乗。能力は高いが、此方も強力なユニットで対抗できるので、相対的な怖さは感じられない。周りの雑魚がザンネックだったり、ゲンガオゾだったりするのがもっとも怖い所。なお一連の説得すれば味方ユニットとして使える。空中に浮いているため、使い勝手は悪くない。なお、オープニング戦闘デモでは味方バージョンがV2アサルトバスターガンダムと交戦している。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
宇宙編におけるボスユニット。HP38000。シールド防御も高い確率で発動するため落としにくい。ここはV2ガンダムとνガンダムのツートップで臨もう。また「狂気の力」ではタシロも搭乗してくる。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

胸部ビーム砲
胸部に3門内蔵。
ビームシールド
両手の甲に装備。
ビーム内蔵式ショットクロー
左肩のアタッチメント部分に装備された多機能型攻撃兵装。コンティオは両肩に装備していたが、本機は通常は左肩にのみ装備。無線式に改良され、自機から切り放してオールレンジ攻撃も可能。メガ粒子砲、ビームサーベル、ビームクローの機能を併せ持つ。下記のヴァリアブルビームランチャーと代わって右肩にも装備する事が可能。
高高度の気流でも安定浮揚できるほどで、ビームライフルとのパターンアタックで攻め立てるが、V2ガンダムの2つのビームシールドと2つの光の翼による4重の鉄壁防御の前には通じなかった。
ヴァリアブルビームランチャー
右肩のアタッチメント部分に装備された折りたたみ式の高出力ビーム砲。V.S.B.R.(ヴェスバー)のようにビームの発射速度を変換できる。また、大型コンデンサー内蔵により、本体から分離しても発射可能。
ビームサーベル
2本携帯。二刀流で応戦したことも。
ビームライフル
携帯火器。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「DON'T STOP! CARRY ON!」
D』における選曲。

対決・名場面[編集]

V2ガンダム
カテジナによって仕掛けられたのとは露知らず戦うクロノクルではあったが、ウッソのV2ガンダムに徐々に追い詰められ、光の翼で両脚を切断されると、V2ガンダムが両腕に持ったビームサーベルで頭部と右腕を切断。頭部を破壊されたことで、クロノクルは機体から投げだされた。

関連機体[編集]

コンティオ
前鋭機。

余談[編集]

  • コミックボンボンに連載された漫画版ではクロノクルは最後に「ドッゴーラ改」という半オリジナルの機体に乗っており、本機は登場しない。

資料リンク[編集]