オープニング戦闘デモ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

オープニング戦闘デモとは、タイトル画面を未操作状態にしておくと流れる戦闘シーンのデモ。

概要[編集]

SFC版『第3次スーパーロボット大戦』で初実装。「放置デモ」と俗称される場合もある。

デモの中にはゲーム中で再現されない組み合わせも存在し、『F完結編』におけるイデオンイデバリアのようにゲーム本編ではカットされた演出が見られる場合もある。なおバンプレストオリジナル(オリジナル)は作品によってはオープニング戦闘デモに登場しない。

ロボット大図鑑キャラクター事典やサウンドモードなどのオプション要素がある作品の一部は、オープニング戦闘デモを見ることで本編プレイ前に登録することが可能。

発売前のPV同様、戦闘デモで相手する敵が他作品のもの(≒原作の敵が登場しない)だと、いるだけ参戦でストーリーに大きく関わらない可能性が高いため、重要な注目点となっている。

採用作品[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
オープニング戦闘デモ初実装作。『CB』版は非実装。
スーパーロボット大戦EX
『CB』版は非実装。
第4次スーパーロボット大戦
SFC版のみ。『S』ではオープニングCGムービーに変更。
スーパーロボット大戦F
SS版は無し。PS版『F』では、SS版『F完結編』のデモから完結編のみの作品の戦闘デモを一部カットした形で採用。なおPS版『F』はPS系作品におけるオープニング戦闘デモ実装作である。
スーパーロボット大戦F完結編
デモの一部はハードによって異なる。SS版は設定ミスによりデンドロビウムのHPが3200になっている(PS版で修正)。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
与ダメージ数値がランダムとなっており、稀に「0」ダメージが出る事も有る。『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』のみ主人公でなくロイ・フォッカーが登場。
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
バンプレストオリジナルは無し。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
カミーユ・ビダンガンダムMk-IIに乗っている。オリジナルは無し。
スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク
順番は『Z』本編と同じだが、BGMが変更されていたり登場ユニットが後継機へ変更されたりしている作品がある。オリジナルは無し。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
参戦作品の多さから非常に長い。あまりにも動かないゴッドマーズや味方サイドで初撃墜となったゼロなどが話題を呼んだ。オリジナルは無し。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
なんと4周もする。そのためか『XO』以来となる「撃墜されていないのに敵が反撃しない」パターンが登場。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
援護行動演出がデモ中で初めて再現された。『忍者戦士飛影』のデモでは、援護防御では通常発動しないはずの分身が発動して回避してしまう。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A PORTABLE
オリジナルの『A』にはなかったが、移植に際し新たに実装された。バンプレストオリジナルは無し。
スーパーロボット大戦D
携帯機シリーズでは本作よりデモ初実装。アムロ・レイの攻撃の後に本作で味方サイドに就くシャア・アズナブルの援護攻撃が見られるなど本作らしい一面も見せている。またバンプレストオリジナルはローテーションごとに機体とパイロットが変わる。
スーパーロボット大戦W
殆んどは原作主人公であるが、ボン太くんがメインの戦闘デモがある。第一部から登場する参戦作品のものと第2部からの参戦作品のものに分かれている。バンプレストオリジナルは無し。
スーパーロボット大戦K
機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のデモでは、シン・アスカは主人公ながら敵側になっている(味方側はキラ・ヤマト)。オリジナルは無し。
スーパーロボット大戦L
オリジナルは無し。
スーパーロボット大戦UX
オリジナルは無し。なお、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』は形としてはいるだけ参戦であるため、シン・アスカGN-X IVと戦闘しているのだが、ゲーム中では同作は『蒼穹のファフナー』と深くクロスオーバーしていたため、「後から見るとフェストゥムと戦ってなくて違和感を覚える」と評する声も。
スーパーロボット大戦BX
オリジナルは無し。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
限定版ではゲーム中同様、楽曲が変更されている。オリジナルは無し。
スーパーロボット大戦X
オリジナルは無し。『コードギアス 反逆のルルーシュR2』は紅月カレンが戦闘している。『真マジンガーZERO vs 暗黒大将軍』は敵方のマジンガーZEROが味方側のグレートマジンガーを攻撃する。
『V』と異なり、限定版の収録楽曲は反映されない。
スーパーロボット大戦T
『V』同様、限定版では収録楽曲が反映される仕様に戻った。オリジナルは無し。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
リンクバトラー』との連動で対応作品のデモが追加される。バンプレストオリジナルは無し。
スーパーロボット大戦MX
機動戦士ガンダムΖΖ』ではプル姉妹の合体攻撃がメインで、同作の主人公のジュドー・アーシタ援護攻撃の役で登場。激しいネタバレで話題になった。『スーパーロボット大戦MX PORTABLE』(PSP)も内容は同じで双方バンプレストオリジナルは無し。
スーパーロボット大戦XO
3D系スパロボでは初めてオープニング戦闘デモを実装。敵ユニットは反撃せず終了。バンプレストオリジナルは無し。
スーパーロボット大戦NEO
NG騎士ラムネ&40』のみ、敵方(ダ・サイダー)の攻撃から始まる。オリジナルは無し。

魔装機神シリーズ[編集]

同シリーズは戦闘デモの最初とトリで必ずサイバスターが登場する(武器も最初はディスカッター、最後はアカシックバスターとなっている)。

スーパーロボット大戦外伝 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
なんと、あるルートのラスボスが戦闘デモに登場している。確かにそのラスボスは当時は人気のないルートのみの登場ではあったが、存在の軽さに拍車をかけているような……。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
ゲーム本編にはないガエンVSファング・ザン・ビシアスの対決シーンの(オープニング)戦闘デモが有るが、これはガエン役の杉田智和氏とファング役の中村悠一氏が仲が良いことに由来する声優ネタとされる。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
全て味方機が先攻で、全て最強技で敵機を一撃で倒す。
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
OG1』と『OG2』毎の戦闘デモに分かれている。
スーパーロボット大戦OG外伝
第2次スーパーロボット大戦OG

関連用語[編集]

PV(プロモーションビデオ)
店頭やWeb上で公開される予告ムービーなど。同様に戦闘デモを行っている。海外では一般的に「トレーラー」と呼ばれる。