ゲンガオゾ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲンガオゾ
外国語表記 Gengaozo
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦G
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 ZMT-S28S
頭頂高 17.3 m
本体重量 14.3 t
全備重量 35.9 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 6,310 kW
スラスター推力

41,990 kg×2
17,800 kg×1
12,250 kg×4

総推力
150,780 kg
アポジモーター 40
装甲材質 ハイチタン合金ネオセラミック複合材
開発 ベスパ
所属 ザンスカール帝国
パイロット ファラ・グリフォン
テンプレートを表示

ゲンガオゾは『機動戦士Vガンダム』の登場メカ

概要[編集]

ザンスカール帝国ベスパが開発した試作型モビルスーツ

背部にマルチプルビームランチャーとスラスターを装備したサブユニット「バックエンジンユニット」を装着しており、火力と推力の増強を図っている。そのため、非常に高性能である。また、サイコミュ・システムも搭載しており、反応速度が極めて高い。なお、型式番号からザンネックよりゲンガオゾの方が開発が先であり、コンセプトこそ違えど、サイコミュ・システムの実験として、どのコンセプトが実用的かをテストしたものと思われる。結果として、両機のコンセプトは非常に実用的であったことが原作の描写でも証明されている。

劇中ではザンネックを失ったファラ・グリフォンが搭乗し、ウッソ・エヴィンV2ガンダムを最も追い詰めて撃墜寸前となるが、途中で参戦したVガンダムマーベット・フィンガーハットのお腹の中にいる子供の存在に動揺した隙を突かれ、ウッソのVガンダムのパーツを用いた戦法で逆に追いつめられて、遂に撃墜された。

長年ファラの専用機だと思われていたが、漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』(SRW未参戦)では複数の機体が登場している。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
DCの戦力として登場。原作通りファラが乗る。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
シナリオ「狂乱のエンジェル・ハイロゥ」の前半でファラが乗るほか、後半では量産されてザンスカール兵も乗る。ファラが乗ると彼女の能力も相まってこちらの攻撃をスイスイと避ける。その上超合金ニューZハロ底力+2を装備しているため、回避率に加えて装甲までも凄まじいことになっている。ザンネックと違いMAP兵器を持たないのが唯一の救いか。ただしコンボ武器でもあるビームメイスに薙ぎ払われないように、密集陣形を組む時は注意を。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
ファラが乗る。宇宙編最終シナリオでズフィルード第2形態に一定のダメージを与えるとブルッケング3機を率いて現れる。
強敵で、リグ・コンティオゴトラタンより性能は上。ある意味原作に忠実。射程が短いので、長距離攻撃で仕留めよう。ここでもアムロウッソニュータイプツートップが活躍する。
ズフィルードさえ倒せばクリアなので、こちらは無理に倒す必要はない。
隠しマップ「狂気の力」ではゾンビ兵となったファラが乗り再登場する。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ビームシールド
両腕に内蔵。
マルチプルビームランチャー
バックエンジンユニットに内蔵された5門のビーム砲で、強力なビームを発射する。本体からバックエンジンユニットを切り離す事で無線誘導式の砲台としてオールレンジ攻撃を仕掛ける事ができる。初登場時の演出は電撃のようなビームであるが、再登場時にはビームのシャワーような演出に変更となった。
ビームメイス
接近戦用の武装。ガンダムのビームジャベリンのように柄を伸ばして先端に棘のある球状のビームを形成する。
D』ではコンボ武器。
ビームサーベル
ビームメイスの柄を伸ばさずに使用するとビームサーベルになる。
ビームライフル
専用の物を装備。出力が高い。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

V2ガンダム

関連機体[編集]

ザンネック
機体コンセプトは異なるが、コクピットやインターフェイスは共通している。

余談[編集]

  • 元々は風神モチーフの予定で、初期設定では「ゴクアック」(対となるザンネックは「ザンコック」)という名称であった。デザインの石垣純哉によれば「バックエンジンユニットデザインしてたら太鼓みたいになって、こっちが雷神になっちゃった」とのこと。

資料リンク[編集]