V2アサルトバスターガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
V2アサルトバスターガンダム
外国語表記 V2 Assault Buster Gundam
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦G
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用モビルスーツ
型式番号 LM314V23/24
頭頂高 15.5 m
本体重量 13.8 t
全備重量 19.9 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 7,510 kW
推進機関 ミノフスキードライブ×2基
スラスター推力

16,700 kg×2
4,770 kg×7

総推力
計測不能
アポジモーター 46
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材兼対ビームコーティング装甲
素体 V2ガンダム
開発 リガ・ミリティア
所属 リガ・ミリティア
主なパイロット ウッソ・エヴィン
テンプレートを表示

V2アサルトバスターガンダムは『機動戦士Vガンダム』の登場メカであり、同作品の後半の主役メカの一形態。

概要[編集]

リガ・ミリティアが開発した試作型モビルスーツ

V2ガンダムアサルトパーツバスターパーツの両方を装着した形態。元々、アサルトパーツとバスターパーツは互いに干渉しないように設計されており、全てのパーツを同時に装着する事が可能である。

第49話「天使の輪の上で」のみ登場。メガビームシールドを装備して出撃したウッソ・エヴィンのV2バスターガンダムにアサルトパーツを戦場で取り付けていた。ただし、この時はマイクロミサイルポッドは外され、メガビームライフルの代わりに通常のビームライフルを装備していた。

V2の高機動性にアサルトの防御力、バスターの高火力を併せ持った強力なモビルスーツとなる事が期待されていたが、出力が充分に行き渡っていなかったのか、Iフィールドを貫通したビームがアーマーを破壊したりしていた。結果的にはザンスカール帝国の防衛網を1機で掻い潜ったのだが、エンジェル・ハイロゥ脱出時にはメガビームシールドしか残されていなかった。次の出撃ではV2アサルトガンダムで出撃している。

思い付きに近い上に調整の時間もない突貫装備であるがゆえに前述の通り出力が十分に行き渡らなかったという解釈をされているのか、連戦続き出撃合間の急拵えという描写が必要のない場合が多いSRW含むゲーム作品では基本的に最強形態として高い性能を誇る機体である。

登場作品と操縦者[編集]

総じて原作中では「なんでもつけたからって強くなるとは限らない」とでも言いたげな頼りない描写だったが、SRWではそんなことはなく、全ての長所を併せ持ったガンダムタイプ最強クラスのMSとして圧倒的な戦闘力を発揮する。

ただし、移動力運動性は若干下がる。条件を満たさなければ入手できない場合もある。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
初参戦作品。名前が長くて入らないので「V2アサルトバスター」表記。隠し要素V2ガンダムのユニットをフル改造すればアサルトバスターになる。Iフィールドを持ち、対ビーム兵器は無敵。分身もある。ただ、光の翼とメガビームキャノンはマップ兵器でP武器が無く、ヴェスバーもENを喰うので注意。毎ターン10%のEN回復(実はV2の本来のフル改造ボーナス)を持つが、メガビームライフル以外の武装は全てEN消費型且ついずれも燃費が悪いため、無いよりはマシ程度。分身が使えるのでひらめきを持たないアムロなどを乗せてもよいが、光の翼はV2と同じ命中率-50%なので、全てを活かそうとするとやはり必中を持つウッソが最も相性が良いと言える。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
「天使の輪の上で」の前にアサルトバスターとなる。感覚的には新スーパーロボット大戦と同じ能力で、最後まで使える機体。運動性の低下はデフォルトパイロットのウッソが強い為さほど気にならないが、移動力の低下が痛い。パーツはブースター系のパーツをつけたい。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
PS版より攻撃力が若干上昇している。
スーパーロボット大戦α外伝
宇宙ルートでは34話、地上ルートでは36話からアサルトバスターに換装して出撃可能となる。『α』とほぼ同じ使い勝手だが、V2全般に共通してマップ兵器版光の翼の弱体化と、武器改造費用の上昇、武器改造効率の低下が痛い。それでも武装の豊富さと地上戦メインの中で空陸ユニットであることは十分利点になる。特にV2バスターと同じく弾数製となったロングレンジキャノンの性能が魅力。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
終盤で「エンジェル・ハイロゥ」ルートを選ぶと、アムロのアイデアでアストナージによりアサルトパーツとバスターパーツを両方装着して出撃する。以後、アサルトバスターに換装可能になる。
運動性と移動力こそ下がるものの、様々な長射程武器を装備しており、敵のHPに応じて使い分ける事で高い継戦能力を発揮する。
ただし光の翼以外の主力武器が軒並みビーム属性だったり最強武器がたった3発しか撃てなかったりと、ファンネルを搭載したモビルスーツに比べると攻撃力には若干の見劣りがある。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
「エンジェル・ハイロゥ」クリア後にアサルトバスターになる。多種に渡る兵装とIフィールドで攻撃と防御は万全。全く隙のないユニットに。但し移動力と運動性はアサルトやバスターより更に低下している。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。またカラオケモードでは、新規に描かれた本機の1枚絵が表示される。
スーパーロボット大戦X-Ω
通常のV2をすっ飛ばして参戦。現在はSRにアタッカー、SSRに大器版アタッカー・シューターが実装。
SSRアタッカーは2017年4月のイベント「青い空と虹」にて実装。横4×縦3の攻撃範囲を持ち、高確率でスタンも付与する必殺スキル「光の翼」が強力なアタッカー。ウッソがを持つため道中・ボス戦ともに活躍が期待できる。回避系の精神を持たないのがネックだが、それも「ビームコーティング」である程度補える。
SSRシューターは2018年5月のイベント「生命をかける少女」にて実装。いわゆる「ヒットアップ」系のアビリティを持ち、ウッソの再動(要パイロットパーツ)との相性は抜群。必殺スキル「メガ・ビーム・キャノン」は威力こそ控えめだが消費コアは一個で済むためΩクロスのつなぎに使いやすい他、複数の敵を巻き込むことで攻撃力を早期に上げることができる。分身系アビリティ「ミノフスキー・ドライブ」でアタッカー版の弱点もある程度克服している。
また、助っ人専用として征覇ステージ27Bにて大器型SSRファイターが登場する。
今作では、何故か設定に反して「飛行」を持たない。V2ABに限らずスパクロでは「原作では飛行能力があるのに『飛行』を持っていないユニット」が何機か存在しており(例を挙げれば『00』系のガンダム全般など)、ダンバインのような修正が望まれている。

装備・機能[編集]

V2アサルト及びV2バスターの武装を全て使用できる。

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵している。コアファイター形態では唯一の武器。
機雷
フロントアーマー内に内蔵されていた武装。使われた回数は非常に少ない。SRW未実装。
V.S.B.R.(ヴェスバー)
アサルトパーツの装備。両腰ハードポイントに1基ずつ装備している。F91などの物と違い、開放バレル式でグリップがない。
マイクロ・ミサイル・ポッド
バスターパーツの装備。腰アーマーに4基、両脚部ハードポイントに2基装備。1基あたり18発ほど内蔵している。
D』ではP属性のある着弾点指定型MAP兵器だが、攻撃力はかなり低め。
オーバーハングパック
バスターパーツの装備。背部に装備した2種のビーム兵器の複合ユニット。
メガ・ビーム・キャノン
オーバーハングパック右側に装備された武装。長砲身のビームキャノンで、戦艦をビームシールドごと一撃で沈める威力がある。ただ、その長い砲身は接近戦には邪魔であり、たびたび切り裂かれていた。
シリーズによってはMAP兵器扱いされたことも(『第2次G』)。「ロングレンジキャノン」とも呼ばれる。
スプレー・ビーム・ポッド
オーバーハングパック左側に装備された武装。広範囲に拡散ビームを放つ。「スプレーガン」とも呼ばれていた。
ビーム・シールド
両腕の肘に発生器を内蔵。発生器は縦方向に180度まで展開する事が可能。
第2次G』では特殊能力。
Iフィールド・ジェネレーター
アサルトパーツの装備。両肩の追加装甲に内蔵されている装備だが、原作では明確に機能しているシーンは皆無。ビームを防いでいるかのようなシーンは一度だけあったが、装甲が融解しているかのように描かれていたので、Iフィールドではなく対ビームコーティングで防いだ可能性がある。
ビーム・サーベル
ビームシールド内に1本ずつ格納している。
メガ・ビーム・ライフル
アサルトパーツの装備。Vガンダムのメガビームライフルを参考に開発された手持ち式ビーム砲。バレルユニットとコントロールユニットの2つで構成されており、出力はVガンダムのそれに比べて約2倍である。出力を調整すれば連射も可能。
劇中では、1発で複数の敵機をまとめて撃ち落としていたこともあり、MAP兵器扱いされたことも(『』)。
メガ・ビーム・シールド
アサルトパーツの装備。高出力・広範囲のビームを張る事が可能な防御兵装。シールド発生装置が大型化しており、見た目は実体盾のようである。取り付けられた3基のバリアビットを展開してビームを展開する。また、装置とビットの間に発生したビームで敵機を切り裂いたり、V字マークからビームを発射するなど、攻撃にも使用できる。Vガンダムが使用した事もあったが、過負荷で故障を起こしている。
現在、SRWでこの兵装を再現したことはない。「ただの飾り」なのが悲しい。
マルチプル・ランチャー装備型ビーム・ライフル
本機の主兵装。グリップ部以外はVガンダムの物と形状が異なっている。
ビーム・ピストル
ビーム・ライフルのグリップを外すとビームピストルになる。Vガンダムの物と同型。
SRWでは未実装。
マルチプル・ランチャー
ビームライフルに付属しているグレネード弾。

戦法[編集]

光の翼
ミノフスキードライブへ供給されたエネルギーの内、推進力に変換できなかった分を外へ放出する事で発生する現象。本来は機体の欠陥として発生した現象であるが、ウッソはこれを上手く利用し巨大なビーム・サーベルとして敵を攻撃したり、ビームシールドの代わりとして使ったりしていた。
しかし、SRWでは防御には使用できない。
光の翼(MAP兵器
攻撃範囲が非常に広いのが特徴。ただし、攻撃力はかなり低く、消費ENも尋常でない程高いのが欠点。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動する。
対ビームコーティング
X-Ω』で装備。ビーム属性の一定ダメージをカットする。
Iフィールド
分身
本機は分身機能はないため、おそらくボンボン漫画版の再現。
換装
通常形態アサルトバスターへと換装する。
分離
αシリーズでは分離可能。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

第2次G
元気の印(V2アサルトバスター自体がフル改造で変化するユニットであるため、実質的に標準能力に)

機体BGM[編集]

「DON'T STOP CARRY ON」
第3クール以降のOPテーマ。

余談[編集]

  • ビデオ最終巻のパッケージやBB戦士の組み立て説明書など、各媒体で「最強のモビルスーツ」という謳い文句が頻繁に用いられていたが、実際の劇中では1話のみの登場に過ぎず、しかもパーツを全て装備してはおらず、その上バスターのパーツをカテジナに破壊されすぐアサルトに戻ってしまうという扱いだった。
    • 挙句連戦でトラウマ描写に定番がある水着のお姉さん達のネネカ隊の人間サイズの手持ち火器でアサルトパーツまで全損してしまうという、後年の扱いからは考えられないありさまであった(しかし本体は無傷だったので役目は果たしていると言える)。
  • 1/100スケールのV2アサルトとV2バスターのガンプラの両方を買って組み合わせる事で本形態を作ることはできるが、元々組み合わせる事を前提には設計されていないらしく、アサルトとバスターのパーツ同士が干渉し合うため手足が殆ど動かない。更に上半身ばかりが重くなる為自立が難しく、関節もすぐヘタれる。補うには改造しかない。にもかかわらず低年齢向けのガンプラ関連書籍などでは、本形態が独立した商品であるかのように紹介された事もある。
    • 後の2010年、「ROBOT魂」でこれらの問題を消化したV2アサルトバスターが発売されている。さらに後年の2015年には、ついに本形態を1商品で完成できるガンプラ(HGUC)が発売された。
  • 『新SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語ストーリー』では本機をモチーフにしたラスボス「幻魔皇帝アサルトバスター」が登場している。全身に目玉や牙の意匠が施されたその姿は非常に禍々しく、シャッコー及びリグ・シャッコーをモチーフにした主人公「聖竜騎士ゼロガンダム」のヒロイックなデザインと比較すると扱いは対照的である。
    • なおこの扱いに関しては、『Vガンダム』放送当時サンライズから「番組放送中はSD化禁止」が言い渡されていたためとされる。『ナイトガンダム物語』はちょうど『Vガンダム』放送中にスタートしており、VガンダムやV2ガンダムを主人公として起用できなかった[1]ため、ウッソが搭乗経験のあるシャッコーに白羽の矢が立った[2]というわけである。
  • 前述通り大抵のゲーム作品では最強形態として扱われているが、例外として初期のGジェネシリーズでは仕様上4枠しかない武装欄の3枠がMAP兵器という非常に扱いにくい……というよりもシリーズのMAP兵器の仕様上はっきり言って使えないも同然の機体となっている。

脚注 [編集]

  1. 両機は物語途中から脇役の「騎士ヴィクトリー」および「騎士ヴイスクエア」として登場。
  2. こちらも本来はSD化禁止だったが顔をガンダムに変え、初期形態の「魔竜剣士ゼロガンダム」の姿だと身体の色を白と黒を基調にしたものとしたためバレなかった。なお、最終形態の「聖竜騎士ゼロガンダム」になった際に身体の色が黄色を基調にしたものになっている

商品情報[編集]

資料リンク[編集]