パッケージイラスト

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲームソフトのパッケージ等に用いられるイラストレーションを指す用語。

概要[編集]

各スパロボ作品における、登場作品のロボット達が集合したイラストはシリーズの最も基本的なキービジュアルの一つである。

シリーズ開始当初は御三家+新規参戦など、参戦ラインナップより一部作品の機体が登場するのみであったが、『スーパーロボット大戦F』を皮切りに多くの機体を集合させるスタイルが主流となった。

スーパーロボット大戦Card Chronicle』以降のパッケージが存在しないダウンロード専用作品にも集合アートワークは存在するが、ファンの間ではそれらに対しても便宜的にパッケージイラストという言葉が用いられる。

パッケージ登場機体の選出について[編集]

公式からのコメントは無いためあくまでファンの間での憶測の域を出ていないものの、現在のパッケージアートのフォーマットが確立した『F』以降、集合イラストにおける機体の選出基準については「各コピーライトごとに1機体ずつ」という法則が通説化しており、新規参戦でありながらパッケージに登場しない作品(理由として、版権面のバッティングが起こるため)の存在などが法則の信憑性を裏付けている。

ただし『BX』など、上記の法則に当てはまらないケースも登場してきている。

作品別トピックス[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
νガンダムグレートマジンガーゲッタードラゴンの3体をメインに、背景にはガンダムvsグフザクマジンガーZvsガラダK7ゲッター1vsメカザウルス・ズーの対決を描いたモノクロイラストが配置されている。敵メカがパッケージに登場した初めての作品。
第3次スーパーロボット大戦
ビデオソフトをイメージしたデザインで、スパロボオリジナルロボット(サイバスター)が初めてパッケージを飾った。またロボットでないキャラクター(ガルーダシャーキン)がパッケージに描かれた初のケースでもある。
宇宙をイメージした背景にガルーダ・シャーキン・暗黒大将軍サザビーといったライバルキャラが並んでいるが、このうちサザビーは本作では敵として登場することは一切ない。このイラストが描かれた段階では逆襲する予定があったのだろうか?
スーパーロボット大戦EX
戦闘シーン(空中戦)をイメージした、歴代でも異色のパッケージデザイン。敵側のバンプレストオリジナルメカ(ギルドーラバフォーム)が初めてパッケージに登場するが、何故か本編とはカラーリングが全然違う。
第4次スーパーロボット大戦
パッケージ全体が「ケイブンシャ大百科」シリーズのパロディ。プロデューサーのじっぱひとからげ氏の勁文社への打針により実現。
第4次スーパーロボット大戦S
『第4次』とは異なり、最終決戦の地である火星を舞台にしている。パッケージ裏にはSFC版のイラストも掲載されているのだが、ベスト版では何故か表と裏のイラストが逆になった。
スーパーロボット大戦F
ポーズを決めた登場機体を雛壇型に配置する、現在の集合絵スタイルを採用した最初の作品。『F完結編』でないと加入しないイデオンガンバスターも『F』のパッケージに描かれているため、ちょっとした宣伝詐欺と言われることも。
SS版『F』・同『完結編』・PS版『F』・同『完結編』の4作品全て個別のイラストが描かれている。このうちPS版『完結編』のものには、シリーズで初めて「主役機ではない味方機体」(EVA弐号機)が登場している。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α/スーパーロボット大戦α for Dreamcast
3D調イラストを採用。PS版はガンダム系機体に「瞳」が残っている。
スーパーロボット大戦α外伝
限定版のパッケージ背面には登場機体が異なる別バージョン集合絵が採用されている。
第2次スーパーロボット大戦α
PS版『F完結編』に続いて主役機でない味方機体(ヒメ・ブレン)が集合絵に登場。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
ランスロットが期間限定の自軍参入機体ながら集合絵に登場。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2
三部作それぞれでパッケージは異なるが、コン・バトラーVライディーン飛影ダンガイオーの4体はその全てに(+リメイクである『IMPACT』にも)登場している。

携帯機作品[編集]

スーパーロボット大戦BX
戦艦(ナデシコ)が初めてパッケージに登場。また1つの参戦作から複数の機体(『機動戦艦ナデシコ』からエステバリスとナデシコ)、複数のガンダム系機体(ユニコーンガンダム騎士ガンダム)及びマジンガー系機体(マジンガーZ (真マジンガー)マジンカイザーSKL)、といった共演はいずれも『第2次』以来である。
正式発表前に黒塗のシルエット状態のパッケージイラストだけを先に公開し、ユーザーが参戦作品を予想するというプロモーションも行われた。

VXT三部作 [編集]

スーパーロボット大戦X
プレミアムアニメソング&サウンドエディションのパッケージイラストにイラストレーターの森下直親氏を起用。龍王丸をセンターポジションとし、「X」の文字を象った配置構成となっている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
記念すべき初代作。黒一色の背景にガンダムマジンガーZゲッター1の初代御三家+タイトルロゴのみという非常にシンプルなデザイン。
新スーパーロボット大戦
イラストレーターの開田裕治氏をパッケージイラスト担当に起用。
作中の描写に合わせて、パッケージイラストの各ロボットもリアル体型で描かれている。背景にはνガンダムの横顔が大きくアップになっており、他のどの機体よりも目立っている。
スーパーロボット大戦MXスーパーロボット大戦MX PORTABLE
並びは異なるが、描かれている機体はほぼ全て同じ。
唯一の差異はPS2版では無装備だった電童がPSP版ではフェニックスエール装備になっていること。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
本作以降のOGシリーズ本編タイトルはリアル等身によるパッケージイラストとなっている。

関連人物[編集]

横井孝二
SDガンダムを始めとしたSDイラストレーションの第一人者。初期シリーズにてパッケージイラストを担当。
かげやまいちこ
横井氏の元アシスタント。同氏の後任としてシリーズのパッケージイラストを手がけた。『第3次Z天獄篇』をもって担当を降板。
藤井大誠
スーパーロボット大戦A PORTABLE』以降、携帯機シリーズを中心にパッケージイラストを担当。
B.B.スタジオ製タイトルについても『スーパーロボット大戦V』より、かげやま氏の後任としてパッケージイラストを担当。