ガラダK7

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ガラダK7
外国語表記 Garada K7
登場作品

マジンガーシリーズ

分類 機械獣
全高 18 m
重量 200 t
動力 原子力
装甲材質 スーパー鋼鉄
所属 Dr.ヘル一派
デザイン 石川賢(原案)
羽根章悦(TV版)
テンプレートを表示

概要[編集]

第1話「驚異のロボット誕生」、第2話「ストップ ザ あしゅら軍団」にて、ダブラスM2と共に登場。

髑髏の形をした頭部と、耳の部分に付いた鎌が死神をイメージさせる機械獣。怪物的デザインのダブラスM2と相まって、悪の侵略ロボットというイメージを強くアピールする、インパクトの強いデザインとなっている。

世界征服の上で必要な光子力エネルギーを奪い取り、目障りな光子力研究所を破壊する為にダブラスM2と共に出撃したが、研究所に居合わせたマジンガーZと交戦。当時の兜甲児はまだ操縦方法が分からず苦戦したが、偶然発動に成功したルストハリケーンによって、ボロボロにされ破壊された。

最初のオープニングにも相方のダブラスM2他、数体の機械獣と共に登場するが、こちらでは光子力ビームを浴びて敢え無く瓦解している。

OVA『マジンカイザー』でも登場。グレートマジンガー (試作型)が不調だったとは言えサンダーブレークに耐え、逆にカマで一撃を加えるなど見せ場もあったが、暴走したマジンカイザーにはファイヤーブラスターでダブラスM2共々薙ぎ払われた。

記念すべき「最初の機械獣」という事もあって相方のダブラスM2共々露出に恵まれており、『マジンカイザー』や『真マジンガー 衝撃! Z編』にも登場、『マジンカイザーSKL』においても当機をモチーフとしたメカが存在し、果ては『ロボットガールズZ』ではレギュラーメンバー入り…と、今もマジンガー世界を賑わせている名脇役となっている。

登場作品と操縦者[編集]

作品によって「機械獣ガラダK7」表記の場合あり。

TV版・OVA版ともに登場するのもあってダブラスM2とともに登場頻度の多い機械獣であるが、基本的にダブラスM2や他の作品の敵メカも含めて第1話の相手である為に弱い。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
DCの戦力として登場。登場は第1話のみ。
第2次スーパーロボット大戦G
DCの戦力として登場。流石にザクよりは強いが、それでも一発で倒せる事もあるなど、最弱候補の敵ユニット。
第3次スーパーロボット大戦
DCの戦力として第1話から登場。序盤のみミサイルに注意。
スーパーロボット大戦EX
序盤にシュテドニアス連合などが使用している。HPが前作より倍近くになったが、周りはそれ以上に強化されている。
第4次スーパーロボット大戦S
序盤から雑魚として登場。射程と攻撃力が相方のダブラスM2より高い。
スーパーロボット大戦F
過去作に比べHPが上がっている。マジンガーZ以上である。
スーパーロボット大戦F完結編
F完仕様でHPが跳ね上がる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
最序盤から登場。何があったのか、ザク改を下回る能力を誇る。
スーパーロボット大戦α外伝
多少タフになっているが、それだけ。出番も少なく不遇。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
真マジンガー準拠。PVなどでもその勇姿を拝める。何とHP1万越えと、今までになく強力。
但し序盤にしか出ない上、ルートによっては全く相対することが無い場合もある。その面から見るといささか不遇。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
破界篇に出てきた他の機械獣同様、Dr.ヘルとの最終決戦に出てくる。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
真マジンガー準拠。あしゅら男爵との最終決戦でガラダK7とともに登場する。その後はハーデスによって勇者ガラダブラとして復活する。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
序盤バイストン・ウェルに召喚された物が登場した後、シーン2とシーン4でよく戦う。かなりHPが高い上に、攻撃力はそこそこ。弱いMSABで相手をする場合、多少は注意しておこう。
スーパーロボット大戦COMPACT2
ミケーネ帝国の戦力。前作に比べてHPの高さはなりを潜めた。
スーパーロボット大戦COMPACT3
機械獣軍団の残党が登場。かなりHPが低くなっており、一撃で倒せる。
スーパーロボット大戦IMPACT
量産型グレートマジンガーの大軍と共に、本家グレートマジンガーを襲撃するムービーが存在する。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
久しぶりにあしゅら男爵が操ってくれる。チュートリアル的な第1話から登場する事もあり、やっぱりザコである。
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
今回はゴーゴン大公の指揮の下、プレイヤー部隊に戦いを挑んでくる。今回もやはりザコ。OPにも登場する。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
OVA版準拠。下っ端担当。
スーパーロボット大戦W
OVA版準拠。特にJと変わりない扱い。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
記念すべき第1話のボス。マジンガーチーム以外でプレイしていると、アフロダイAダイアナンAをお供に連れて、ちょっとしたハーレム状態で登場する。
HDリメイク版でも同様の扱いだが、本作ではボスも一部を除いて普通に説得して仲間に加えることが可能になったため、第1話で説得→そのまま敵本拠地占領でクリア、などという芸当も可能。しかし、ユニットとしてはお世辞にも強くはない。
新スーパーロボット大戦
第4次に準じた性能で、序盤から登場。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。またカラオケモードでは機械獣5体の集合図のセンターを飾っている。
スーパーロボット大戦GCXO
OVA版準拠。相方のダブラスと共に序盤からワラワラ登場。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
敵ユニットとして登場。
スーパーロボット大戦X-Ω
敵ユニットとしてワラワラ登場。
ロボットガールズZ』の参戦イベントではロボガ版のガラダK7と一緒に出てくる。

関連作品[編集]

バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法
魔神族の兵士の1人として登場。武衆はマリナー。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ミサイル
目から放つ珍しいタイプ。
第2次Zでは無し。
かま / ジャイアント・カッター
頭のかまで敵を切り裂く。
ブーメラン / ジャイアント・カッター投げ
かまをブーメランにする。投げる時に蛇腹アームが伸びて射程距離を伸ばすという地味なことをしている。

合体攻撃[編集]

バードスの杖
あしゅらマジンガーダブラスM2との合体攻撃。『スーパーロボット対戦』で実装。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

ダブラスM2
人型の胴体の上に二本の長い首を持つ機械獣。原作(とOP映像)にて、ガラダK7と共に登場。
合体機械獣ガラダブラMk01
ガラダK7とダブラスM2をベースに作られた合体機械獣。通常の他の機械獣よりも圧倒的に強い。
GRK-7
マジンカイザーSKL』に登場する機体。デザインがリファインされている。

商品情報[編集]