2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ダブラスM2

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ダブラスM2
外国語表記 Doublas M2
登場作品

マジンガーシリーズ

デザイン 永井豪(原案)
羽根章悦(TV版)
初登場SRW スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 機械獣
全高 18 m
重量 180 t
動力 原子力
装甲材質 スーパー鋼鉄
所属 Dr.ヘル一派
テンプレートを表示

ダブラスM2は『マジンガーシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

第1話「驚異のロボット誕生」、第2話「ストップ ザ あしゅら軍団」にガラダK7と共に登場。

2本の首を持つ、最も有名な機械獣のうちの1体である。

世界征服の上で必要な光子力を奪い取り、目障りな光子力研究所を破壊する為にガラダK7と共に出撃した。

研究所に居合わせたマジンガーZと交戦し、機体を黒コゲにするなど、まだ操縦方法を把握してなかった兜甲児を圧倒したが、マジンガーZのパワーには敵わず、ガラダK7と共に破壊されてしまった。

機械獣はシルエットで識別できるものが多いが、ダブラスは「人型の胴体の上に、カマキリやヘビのイメージの首が2本も生えている」と、その中でも最たるものである。

前期OPにも相方のガラダK7他、数体の機械獣と共に登場。伸ばした首をマジンガーZの腕に巻きつけるも、そのままロケットパンチにブチ抜かれるという一連のシークエンスで、ガラダよりも目立っている。

ガラダK7同様にソフビ人形、ジャンボマシンダー、超合金魂と商品化の機会に恵まれている稀有な機械獣でもある。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
DCの戦力として登場。登場は第1話のみ。
第2次スーパーロボット大戦G
DCの戦力として登場。リメイク前より登場回数が増えている。相方のガラダK7より攻撃力が高い。しかし苦戦するほどではない。
第3次スーパーロボット大戦
DCの戦力として登場。序盤のみミサイルに注意。
スーパーロボット大戦EX
マサキの章・リューネの章に登場。HPが前作より倍近くになったが、周りはそれ以上に強化されている。陸にのみしか使えないが、強威力のパンチが武装にあるので、油断してMSなどを落とされないようにしよう。
第4次スーパーロボット大戦S
「機械獣ダブラスM2」表記。DCの戦力として登場。ロボット大図鑑では「得意なフォルム」という誤字がある。
スーパーロボット大戦F
「機械獣ダブラスM2」表記。HPが上がっており、マジンガーZを越えている。『』で修正された誤字が復活している。
スーパーロボット大戦F完結編
「機械獣ダブラスM2」表記。他の敵ユニットと同じように能力が上がっている。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
カラオケモードだけの演出として、マジンガーZのブレストファイヤーでドロドロに溶けて倒されている。同様のトドメ演出は後にLでもマジンカイザーのファイヤーブラスターなどに使われている。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
スーパー系主人公の場合1話から登場。ボスボロットと戦わせるといい勝負になる。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
多少堅くなったが本質的な弱さは変わらず。
スーパーロボット大戦α外伝
未来のマウンテンサイクルに埋まっていた。登場は1回のみ。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
真マジンガー準拠。ガラダK7同様大幅にパワーアップし、中ボス級の性能になっている。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
真マジンガー準拠。Dr.ヘルとの最終決戦で他の機械獣とともに登場する。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
真マジンガー準拠。あしゅら男爵との最終決戦でガラダK7とともに登場する。その後はハーデスによって勇者ガラダブラとして復活する。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
COMPACTシリーズには未登場だったが、αからの流用でミケーネ帝国との最終決戦で登場する事に。相棒のガラダK7とはやはりドッコイの能力だが、各能力が勝ったり負けたりしている。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
久しぶりにあしゅら男爵が操ってくれる。チュートリアル的な第1話から登場する事もあり、やっぱりザコである。
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
今回はゴーゴン大公が操っている。ザコだが近距離スタン効果のある武器がある。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
OVA版準拠。
スーパーロボット大戦W
OVA版準拠。
スーパーロボット大戦BX
真マジンガー準拠。プロローグでマジンガーZにブレストファイヤーで破壊され、中盤では別の機体にケドラを寄生させられたり、Dr.ヘル一派との最終決戦で撃破される役柄などで登場する。
今作ではマップアイコンのみの登場で、常にセットで登場していたガラダK7は一切登場しない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
初参戦作品。第2話「こはんのたたかい」に登場。
新スーパーロボット大戦
第4次に準じた性能で、序盤に登場。なおロボットデータでは第4次の「得意なフォルム」という誤字が「特異」に修正された。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。またカラオケモードにも出演。
スーパーロボット大戦GCXO
OVA版準拠。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
第1話A「激闘!ダブルマジンガー」のボスとして登場。
スーパーロボット大戦X-Ω
敵ユニットとしてワラワラ登場。
ロボットガールズZ』の参戦イベントではロボガ版のダブラスM2と一緒に出てくる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘/突進
『真マジンガー』版では2体がかりで止めようとしたバイオンβ・ダイオンγをものともせず、そのパワーと動きからさやかに「まさに機械の獣ね」と驚愕されていた。
レーザー/ビーム
本編での呼称は熱線。2つの首からそれぞれ光線を出す。命中点で光線を合わせて威力を高めることもある。
ミサイル
SRWオリジナル武装。
高圧電流
相手にしがみついて腹部の赤い突起から電流を流す。

合体攻撃[編集]

バードスの杖
あしゅらマジンガーガラダK7との合体攻撃。『スーパーロボット対戦』で実装。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

驚異のロボット誕生
第1話。バードス島基地にて、ガラダK7に次いで能力のお披露目をする。
マジンガーZアフロダイA
ガラダK7と2対2のタッグマッチ。TV版ではレーザーをZに浴びせて燃やすも、黒焦げになっただけで立ち上がった。今度はしがみついて電流を放つも、ガラダK7の横槍をくらってしまったところに光子力ビーム(赤色)を浴びて瓦解する。漫画版ではZの腕に首を絡ませるも、そのまま飛んできたロケットパンチのUターン2連撃で腹と首2本を砕かれる(前期OPと同様の末路)。

関連機体[編集]

ガラダK7
髑髏の形をした頭部と耳に死神を連想させる鎌が付いている機械獣。原作(とOP映像)にて、ダブラスM2と共に登場。
合体機械獣ガラダブラMk01
ガラダK7とダブラスM2をベースに作られた合体機械獣。通常の他の機械獣よりも圧倒的に強い。
DBM-2
マジンカイザーSKL』に登場する機体。デザインがリファインされている。

商品情報[編集]