電童・フェニックスエール

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
電童・フェニックスエール
外国語表記 DENDOH Phoenix Alae
登場作品 GEAR戦士電童
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 GEAR
全高 24.5 m(バイザーオープン時25 m)
動力 インフィニットレイヤー
データウェポン フェニックスエール
素体 GEAR戦士電童
乗員人数 最低1名
パイロット 出雲銀河
草薙北斗
テンプレートを表示

電童・フェニックスエールは『GEAR戦士電童』の主役メカの一つ。

概要[編集]

データウェポンの幻の7体目、「フェニックスエール」をインストールし、背中に翼状の武装として装着した電童

フェニックスの持つ特殊能力「インフィニットレイヤー」によりエネルギーが無限供給され、ファイナルアタックをいくらでも連発、同時発射することができる。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初登場作品。実質この形態で戦うのは、最終話含む2シナリオのみ(ただし、条件を満たすと3シナリオ使用可能になる)。この形態が使用可能になるとノーマルの武装に「アカツキの大太刀」が追加されるため、それを使ってエネルギーが切れたらフェニックスエールになるとよい。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
今回は最終話含む4シナリオしか戦えない。武器の扱いは『R』と同じだが、気力110以上でないと攻撃手段が無いことに注意。とはいえ、銀河がデフォルトで闘争心を取得しているため、そこまで気にはならないだろう。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
本作ではサービス開始当初から入手可能。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

本体武装[編集]

剛腕粉砕撃
腕のタービンを回しながらの拳打。
旋風三連撃
正拳突き、足払い、フックと繋ぐコンビネーション。2段目の攻撃は、敵が空中の場合は回し蹴り。
爆砕重落下
空高く飛び上がり、上空から敵に向けて重力に任せて落下し、質量によって相手を粉砕する。
波動龍神撃
水中において両腕のタービンを回し、水流の渦を発生させて相手にぶつける。
本来水中用の技のはずなのだが何故か海適正が低い。
閃光雷刃撃
両腕の回転するタービンから発生した雷撃を放ちながら機体を回転させ、広範囲の敵を薙ぎ払う。
ゲーム中での扱いはマップ兵器。Rでは自機中心に射程5と中々の性能を持ち、鉄壁地中移動と併用すれば敵一掃も充分可能。

データウェポン[編集]

エールブレード
背中の翼で相手を切り裂く。
データウェポンSA(スパイラルアタック)
電子の聖獣データウェポン6体によるファイナルアタックの一斉掃射。その威力は凄まじく、「惑星1つを容易に破壊する」威力を持つガルファ本星防衛衛星の主砲を真っ向から押し返し、当の防衛衛星を粉々に吹き飛ばした。
ちなみに(原作通りではあるが)ファイルロードされているはずなのにブルホーンの姿は見えない。一応見えないところに装着していると言うことだが電童から伸びる光の帯は五色しかない。スタッフも流石に苦しい言い訳だと思ったのか、その後発売されたDVDのジャケットにおいては左手に装着されることとなった。当然バイパーと装着位置が被るのだが、左手外側にブルホーンを装着し内側にバイパーを装着するという結構無理矢理な形で取り付けている。スーパーロボット超合金ではジャケットと同様の装着方法をとることができる。
フェニックスエールFA(ファイナルアタック)
背中から七色の光線を相手に放つ。その演出は同作品の監督が担当したロボットアニメのあるロボットによく似ている。
SRWでは他のFA同様、一発撃つとガス欠になってしまう。次ターンにはENフル回復するとは言っても使用ターンは実質的に反撃不能になるため、使い所には注意。

特殊能力[編集]

変形
データウェポンをインストールして姿を変える。
インフィニットレイヤー
毎ターンENが最大まで回復する。MXではこちらの表記。本来はエネルギーが全く減少しなくなる能力なのだが、流石に強すぎるためかこのレベルでの再現となっている。
EN回復MAX
毎ターンENが最大まで回復する。Rではこの表記。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

凰牙・フェニックスエール