ボチューン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボチューン
外国語表記 Botune
登場作品 聖戦士ダンバイン
デザイン 出渕裕
初登場SRW スーパーロボット大戦EX
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類

オーラマシン

生産形態 量産機
全高 7.0メット
(約7.0m)
重量 4.6ルフトン
(約4.6t)
動力 オーラコンバーター
エネルギー オーラ力
最高速度 250リル
(約1,000 km/h)
巡航速度 200リル
(約800 km/h)
装甲材質 強獣の装甲
オーラ係数 1.1
必要オーラ力 8オーラ
限界オーラ力 18オーラ
開発 ラウの国
ナの国
所属 ラウの国
ナの国
乗員人数 1名
主なパイロット マーベル・フローズン
ニー・ギブン
キーン・キッス
テンプレートを表示

ボチューンは『聖戦士ダンバイン』の登場メカ

概要[編集 | ソースを編集]

ラウの国とナの国で共同開発されたオーラバトラーボゾンの設計思想をベースにダンバインを参考にして造られた。

空戦能力に重きを置かれた機体で、軽量で運動性に優れている。三本指や逆関節の脚部など特徴的な構造をしている。火器に乏しく接近戦を想定した機体であり、僅かではあるがオーラ力オーラソードに集中させる機構を備えている。なお設定では本来搭載されていないが、ボゾン等と同じく掌の射出口からフレイ・ボムを発射する機体も確認できる(第47話)。

反ドレイク軍の主力として量産され、最終決戦まで活躍した。一般兵の乗る量産機はオリーブカラーの機体色だが、マーベル・フローズン機は赤系、ラウの国のフォイゾン王や指揮官等の専用機はダークブルーで塗られていた。

なお、ナの国に配備された機体の色は白で、シーラ・ラパーナの近衛騎士団が搭乗し「ナの国の白き守り」と呼ばれていた。また、本編には登場しないがシーラ専用機のディネ・シーも造られた。

最終決戦において、ニーキーンも一般機に搭乗して出撃したが、キーン機はブブリィからの突撃(もしくは接射)を受け撃墜され、ニー機はドレイクを討った直後ドラムロのトリオ・コンビネーションの直撃により大破し両名とも戦死した。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

SRWでは赤系のマーベル機の色しか登場しておらず、マーベルニーキーンリムル等が乗ってくるため自軍に大量配備されることが多い。

性能面で他のABに遅れをとっていることが多く、戦力が充実してくると二軍行きがよくあるパターン。だが、シリーズによっては最大改造段階やパーツスロットが優遇されているため、しっかり補強すれば強力な機体に化けることもある。

旧シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦EX
初登場作品。ニーの機体として登場し、マサキの章でシーラと合流すると入手する。最長射程1と完全に接近戦仕様なため使い勝手は悪い。ちなみに本作のリアル系が一軍を張るためには射程は8前後欲しいところである。
PS版ではオーラバルカンの射程が2にアップ。だからといって一軍入りは厳しいのには変わりない。
第4次スーパーロボット大戦
マーベルニーキーンの機体として登場するが、ビルバイン入手時に1機、リムル加入条件を満たすとライネックと引き換えに1機が強制的に破棄される。ガラリア加入ルートの場合はマーベルの1機しか手に入らないので、ビルバイン入手前にプレイヤーの手で捨てて換金しておけばよいが、ガラリア未加入ルートの場合はプレイヤーの手で捨てるとオーラバトラーに乗れないパイロットが出てきてしまう事に注意が必要となる。
相変わらず最長射程1なうえに、今作では何故か装甲が400とABの中では妙に低くなっていたり(ちなみにドラムロは580)と、扱いといい性能といいかなり冷遇されている。
第4次スーパーロボット大戦S
AB共通の変更点として両オーラ斬りがEN消費式になった。またライネックと引き換えに強制破棄されることが無くなったため、ビルバインと引き換えに1機破棄されるだけとなった。
スーパーロボット大戦F
終盤にマーベルと共に加入。性能的にはダンバインと甲乙付けがたいというレベルだが、本機は『F完結編』でほぼ間違いなく破棄される運命にあるので、改造しての運用は避けたい。
SS版では聖戦士の攻撃力補正がに関してバグがあるが、本機のみ正常に機能するためハイパーオーラ斬りの火力が他機より高くなる。
スーパーロボット大戦F完結編
聖戦士補正バグが修正されたため、必殺の一撃が強力という長所が失われた。
中盤にあるウォンの下取りイベントでマーベルダンバインを選ぶため、隠し要素を満たしてトッドを加入させていないと必ず破棄されてしまう。しかも本機を残すには基礎性能が高く改造もされているライネックを代わりに破棄する必要があるため、トッドが加わっていても手元に残る可能性は限りなく低い。

αシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦α
マーベル、ニー、キーンの初期搭乗機。マーベル機はバイストン・ウェルルートでのみ一時的に使うことができる。2つのオーラ斬りは必要気力が低く燃費も良いが、火力も低いのであまり旨味は無い。とはいえパーツスロットが3つあるので、同じ宇宙Bの隠し機体よりは使えるかもしれない。

COMPACTシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
自軍に大量に配備される。機体性能は低く、ハイパーオーラ斬りもないので二軍落ちは確定か。ただし、リムルが乗ってくる機体にはそこそこ改造が施されておりダンバインより強いので、序盤はショウを乗り換えさせるのも手。
余談だが、ニー機(1段階改造済み)が初登場する面で全滅プレイを計14回繰り返すと……。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
オリジナルとほぼ同様。本作では援護システムが導入されているが、まともな射程の武器がないのでほとんど援護攻撃に参加することができない。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
射程の短さは相変わらずで、能力的に見るべきところもほとんどない。第1部ではマーベル機のみ自軍に残る。V-UPユニットをつけるとなかなか使える。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
宇宙Bのために終盤は攻撃力がガタ落ちするので活躍の場はないだろう。但し最初から一定程度改造されているので、無改造ダンバインよりは使える。4機も手に入るがリムル機のみ何故か運動性が10低い。
スーパーロボット大戦IMPACT
COMPACT2』と違いハイパーオーラ斬りが使える。しかも他のABより気力制限が低い。射程は2しかないが改造段階が高く、フル改造時の能力は本作最強のABとの呼び声も高い。V-UPユニット(U/W)を付けたらもう誰にも止められない……そこまでする意味はあまり無いが。というのも全体的に敵が硬い上、早解きを推奨される本作のバランスでは反撃が重要であり、射程が短く敵ターンでほとんど手が出せない本機では活躍の場は制限される。対ボス専門がベターか。精神ポイントを強化するパーツを複数つけてマーベル再動チャム復活を連発するという運用もある。こちらは早解きも格段に楽となる。
スーパーロボット大戦COMPACT3
ダンバインに次ぐ能力を持つが、やはり射程に難がある。入手時に「こんな最新鋭のオーラマシンを我々に?」という会話があり、確かに原作でも最新鋭マシンには違いないのだが、やっぱり本作でも典型的な量産型性能で二軍行きは免れない。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦BX
ニー機、キーン機、マーベル機の3機が使用可能。3機とも初期段階から空Aのボーナスと補給装置を持っているため、SDガンダムやウイングクロス解禁前のマジンカイザーSKL勇者ロボ軍団(特に射程が同様のビッグボルフォッグ)など、飛べない機体のお供に最適。マーベル機はビルバインが復帰するタイミングで空席(18話分岐で日本残留を選んだ場合はショウが乗っていたダンバインの方が空席)になるが、乗り換えは任意に可能で、第36話の出撃選択時にはリムルが自動で乗り込む。
武器性能はどれも大差なくハイパーオーラ斬りもない(あってもニー、キーン、リムルはオーラ力がLv3までしか上がらないので使えない)が、合体攻撃としてツインオーラアタックが使用可能になっている。本作の合体攻撃は総じて地形適応がオールSなので、爆発力が上がった。ただし、ニー+キーンかニー+リムルの組み合わせ限定で、どちらにもニーが必要なのに留意。
武器射程は最大4と心もとない(それでも従来に比べれば広くなった)が、合体攻撃の存在で序盤では結構な火力源となってくれる。ただし、ニーとキーンは参入時点のレベルが低いと「オーラ力」のレベルが2なのですぐには使用できないのに注意。
ユニットアイコンが3機共通になっているため、合体攻撃を行う際分かりにくくなる(特にリムル加入前は3機全てを出していると起こりやすい)。こちらは全機向きが異なる物を用意されているにも関わらずこちらは用意されていないのは…。乗り換え前提だからだろうか?

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦64
高い改造段階のおかげで、フル改造ハイパーオーラ斬りの威力に限ってはAB中で最も高くなる。
スーパーロボット大戦Card Chronicle

関連作品[編集 | ソースを編集]

リアルロボット戦線
3タイプが出演。名称表記はそれぞれ「ボチューン 桃」「ボチューン 茶」「ボチューン 黒」。黒はイベント内にのみ登場。
ラズロルートでは終盤に他の2種類とも、ポセイダルシロッコルートでは茶色のみ入手できる。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

武器[編集 | ソースを編集]

オーラバルカン
両大腿部に内蔵された連装機関砲。
「バルカン」であるがゆえか、MSのバルカンと同様の短い射程と攻撃力であることが常であったが、『BX』ではダンバインのオーラショット等と同程度の攻撃力・射程(4)と、MSでいうところのビームライフル相当の武装に昇格。
オーラソード
オーラバトラーの標準装備である長剣。鞘は頭部後ろに横向きに装備。
「刀身にオーラ力を込められる機能がある」という設定を反映してか、『COMPACT』等の一部作品ではダンバインのそれよりも威力が高い事もある。

必殺技[編集 | ソースを編集]

オーラ斬り
オーラ力を纏ったオーラソードで敵を斬る。
ハイパーオーラ斬り
強大なオーラ力を纏ったオーラソードで敵を斬る。
SRWではシリーズによってはこの技はオミットされている事がある。

合体攻撃[編集 | ソースを編集]

ツインオーラアタック
BX』で実装。ニーキーン、もしくはリムルのボチューン2機による連携攻撃。演出は簡素だが、『BX』の合体攻撃の例に漏れず15段階改造で攻撃力9999となる[1]

特殊能力[編集 | ソースを編集]

剣装備、銃装備
オーラソードで切り払い、オーラバルカンで撃ち落としを発動。後者は『BX』のみ。
オーラバリア
分身 / オフシュート(『BX』)
補給装置
『BX』で実装。EN回復と同じ効果もある。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

飛行可能。『BX』では同作のABの例に漏れず陸適応が低い。

サイズ[編集 | ソースを編集]

S

機体ボーナス[編集 | ソースを編集]

BX
ニー
  • 初期段階:HP+500 照準値+5 地形適応A
  • 第二段階:HP+750 照準値+10 地形適応:空A
  • 第三段階:HP+1000 照準値+20 地形適応:空S CRT補正+10
  • 最終段階:HP+1500 照準値+30 地形適応:空S CRT補正+15
キーン
  • 初期段階:経験値+10% 運動性+5 地形適応:空A
  • 第二段階:経験値+15% 運動性+10 地形適応:空A
  • 第三段階:経験値+20% 運動性+20 地形適応:空S 装甲値+100
  • 最終段階:経験値+30% 運動性+30 地形適応:空S 装甲値+125
マーベル
  • 初期段階:資金+10% EN+50 地形適応:空A
  • 第二段階:資金+15% EN+75 地形適応:空A
  • 第三段階:資金+20% EN+100 地形適応:空S スペック低下無効
  • 最終段階:資金+30% EN+150 地形適応:空S スペック低下無効

機体BGM[編集 | ソースを編集]

「ダンバインとぶ」
「戦火の爪あと」

関連機体[編集 | ソースを編集]

ボゾン
開発のベースになった機体。
ダンバイン
開発の際に参考になった機体。
ボテューン
ナの国で開発されたボチューンの発展型。オーラコンバーターがライネックに近い翼状になっているなどの違いがある。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 厳密には9800だが、オーラ力スキル(L3時)の補正で+200され内部的には10000ジャストに達する。

商品情報[編集 | ソースを編集]