EWAC

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

Early Warning And Controlの略。早期警戒管制のことで、EWACと略した場合は「イーワック」と読む。なお、現実では「AWACS」(Airborne Warning And Control System)と訳される。この違いは現実では専用の航空機により管制するが、SF世界では航空機以外が管制する事が多いためであろう。

スパロボでは周囲の味方ユニットに常時、命中回避補正を与える。集中信頼補正とも重複する。所持ユニットを中心に進撃すると非常に強力。だが所持ユニット自身には補正が掛からない為、援護防御集中を利用すること。

採用作品[編集]

AMXでは弱と強の二種類が存在する。強を所持しているのはドラグナー3型レビ・ゲルフなど。弱は母艦強化パーツにも存在する(EWAC装置)。

GCXOでは弱強の区別はなく、距離が近いほど修正が大きくなり、指揮補正とは重ならない。またHEAD部位のダメージで修正が小さくなる。

作品 効果範囲 備考
A 15% 30% 周囲8マス 自機に隣接するマスと斜めのマスで合計8マス
MX 15% 30% 距離2マス ユニットコマンドに偵察追加
GCXO - - 距離5マス 5%~30%で変動

主なユニット[編集]

殆どが『機甲戦記ドラグナー』出典の機体である。

ドラグナー3型
キャバリアー0型
ドラグーン
レビゲルフ(・マッフ)
スタークダウツェン
ホバー・トラック
ガルバーFXII
Aのみ。
戦艦
ナデシコアーガマなどの母艦以外に敵戦艦も含む。Aのみ所持。
ガンダムサンドロック改(EW版)
A PORTABLEのみでカスタムボーナスで追加。

関連項目[編集]

ジャミング機能
類似効果を持つ特殊能力。EWACとは異なり、所持ユニット自身にも補正が及ぶ。