キャバリアー0型

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
キャバリアー0型
外国語表記 Cabarier 0
登場作品 機甲戦記ドラグナー
デザイン 大河原邦男
初登場SRW スーパーロボット大戦A
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 メタルアーマー
型式番号 XC-00
動力 FPW-2D型 超小型核融合炉×2
出力 21万ポンド(ドライ)
33.6万ポンド(CMP)
装甲 マルチプルハイブリッド型ゼライトコーティング済
素体 ドラグナー1型
開発者 ラング・プラート
所属 地球連合軍
乗員人数 1名
パイロット ケーン・ワカバ
テンプレートを表示

キャバリアー0型は『機甲戦記ドラグナー』の登場メカ

概要[編集]

ドラグナー1型が支援ユニット「キャバリアー0」を装着した形態。白兵戦重視のD-1にD-2の砲撃戦能力、D-3の電子戦機能が加わり、1機に3機の機能を備えることを可能とする。

一見いいとこどりにも見えるが、宇宙以外では使い勝手が悪く、装着したままではレーザーソードが使えないなど欠点も目立つ。本来は1体に複数の機能を詰め込んだのだが、扱いづらくそれぞれの機能に特化した3機のD兵器に機能を分割したという経緯を持つ(故に0型なのだろう)。

キャバリアーは強制排出による質量弾として扱われることもあった。

原作では10話でファルゲンへの囮としてキャバリアーは内部に爆薬を詰め、爆破された。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
初登場作品。序盤の宇宙面でのみ出撃する。レーザーソードやシールドがそのまま使え、レーザーソード使用時は一時キャバリアーを外す。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
レーザーソード使用時にキャバリアーを外さなくなった。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
地上面でもキャバリアーに換装して出撃できるようになったが、レーザーソードが使えなくなる。本作の仕様上マップ内での分離は不可。
スーパーロボット大戦XO
『GC』の移植版だが、キャバリアーは『A』同様の外装パーツに変更された。分離コマンドか「キャバリアー突撃戦法」でD-1になれるようになった。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

220mm レールキャノン
キャバリアーから伸びる二門のキャノン砲。
2連式 25mm 機関砲
手の甲にあるバルカン。発射速度毎分1500発、携行弾数800発。
SRWでは未実装。
迫兵戦用アサルトナイフ
格闘戦用武器。ふくらはぎに2本装備。
SRWでは未実装。
レーザーソード
両腰2本装備し、柄を合わせてツインソードのバリエーションがある。ケーンはこの形態で使用することが多かった。
実装は『A』のみ。
75mm ハンドレールガン LPS9型
主兵装の手持ち式実弾マシンガン。発射速度毎分1800発、鉄甲弾および爆裂弾を装填可能。
マルチディスチャージャー
アンダーバレルに装備した多目的ランチャー。プラズマグレネード2発を装填。スモーク、チャフ、フレアも装填可能。
SRWでは未実装。

必殺技[編集]

キャバリアー突撃戦法
XO』のみのパターンアタック。レールガンとレールキャノンを連射した後、最後にキャバリアーを分離して質量弾としてぶつける。

合体攻撃[編集]

Dフォーメーションアタック
ドラグナー2型ドラグナー3型とのコンビネーション攻撃。
『A』ではリアルルート2話で最後の1機を倒す前にケーン、タップ、ライトのレベルを10以上にしないと見れない全滅プレイ必須のレア武装。
恐怖のトリプルアタック
ドラグナー2型、ドラグナー3型とのコンビネーション攻撃。
『A』ではDフォーメーションアタック同様レベル制限付きでこちらは2話クリア前に3人のレベルを15以上にしないと見れない。

特殊能力[編集]

EWAC
ジャマー
剣装備
切り払いが可能。
盾装備
ハイブリットタイプの手持ちシールド。シールド防御が可能。実装は『A』のみ。
分離
キャバリアーを外してドラグナー1型になる。
換装
GC』のみ、ドラグナー1型の換装形態扱い。

移動タイプ[編集]

A』では宇宙面でしか出撃できないため、地上の適応がない。
GC』では地上でも出撃可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

格闘武器の攻撃力+200
A PORTABLE』にて採用。

関連機体[編集]

ドラグーン
量産型ドラグナー。白兵・砲撃・電子戦といいとこ取りの発想は共通だが、D兵器各機のデータを充分に反映・発展させているためキャバリアーよりも使い勝手は良くなっている。

余談[編集]

  • 時代劇の笠と蓑姿をモチーフとしており、キャバリアーを排出して斬りかかるアクションもまさにそれなのだが、現状SRWでこれが再現されているのはGBA版『A』のみである。