ドラグナー1型

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ドラグナー1型
外国語表記 DRAGONAR-1
登場作品 機甲戦記ドラグナー
初登場SRW スーパーロボット大戦A
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 メタルアーマー
生産形態 試作機
型式番号 XD-01
頭頂高 17.6 m
運行自重 61.5 t
最大発進重量 91.6 t
動力 FPW-2D型 超小型核融合炉×2
出力 21万ポンド(ドライ)
33.6万ポンド(CMP)
最大戦闘出力維持時間 37秒(MAX)【回復時間 CMP≦5 2秒~CMP=37 14秒】
出力・重量比 1.146(ドライ)
1.834(CMP)
メインノズル数 6
アポジモーター 12
装甲 マルチプルハイブリッド型ゼライトコーティング済
装甲厚 MAX205 mm
探知装置 イメージセンサー TAS1型
開発者 ラング・プラート
所属 地球連合軍
乗員人数 1名
パイロット ケーン・ワカバ
テンプレートを表示
スペック
(リフター1)
分類 フライトユニット
型式番号 XDFU-01
全幅 25.6 m
基本重量 19.7 t
動力伝達システム DFGS-AFN
出力 21万ポンド(ドライ)
33.6万ポンド(CMP)
※アフターバーナー時は15万ポンドをプラス
メインノズル数 2
アポジモーター 4
最高速度 M0.94/SL(海面速度)
M1.19(32,000フィート)
航続距離 2,650ノーチカルマイル
(4,908 km)
ハードポイント数 2
(ハイペロード総量:12.3 t)
テンプレートを表示

ドラグナー1型は『機甲戦記ドラグナー』の登場メカ。同作品の主役ロボットである。

この項目では飛行ユニット「リフター1」を装備した形態についても説明する。

概要[編集]

メタルアーマーの産みの親、ラング・プラートが開発した地球連合軍初のメタルアーマー。D-1とも呼称。

ドラグナー2型ドラグナー3型が特化型であるのに対して、ドラグナー1型はバランスの良い万能の戦闘型として開発されている。搭載された対話式コンピュータの愛称は「クララ」。

オプションのリフターを装着することで、大気圏内での高い機動力を獲得する(簡単に言うと空が飛べるようになる)。リフターを装着したD-1をリフター1と呼ぶ場合もあるが、本来はD-1用のリフターの名前である。

あくまで量産型の試作機であり、際立った性能でないが、機体ポテンシャルが優れており、カスタム機のドラグナー1型カスタムへ強化される。

強化装備形態[編集]

キャバリアー0型
支援ユニット「キャバリアー0」を装着した形態。
ドラグナー1型 (リフター装備)
飛行ユニット「リフター1」を装備した大気圏内飛行形態。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
初登場作品。序盤の宇宙面ではキャバリアー0型で出撃するが、レーザーソード使用でその都度キャバリアーを外してくれる。地上に降りてもリフター装着は少しの間お預けになる。まだMSのビームライフルが移動後に撃てない本作において、射程のあるP兵器のハンドレールガンやレーザーソードは重宝する。なお合体攻撃の条件がレベルになっているため、レベルを間に合わせればカスタム前でも恐怖のトリプルアタックが使用できる。
スーパーロボット大戦A PORTABLE

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
最初からリフター装着状態。そこそこ強いが、真価を発揮するのはカスタム化してから。
スーパーロボット大戦GC
再びリフターなしからスタート。地上面でもキャバリアーに換装して出撃できるようになったが、レーザーソードが使えなくなる。合体攻撃はリフター付きになってから。実はリフター状態だとフル改造時わずかに攻撃力がカスタム後より高くなる(合体攻撃は除く)。
スーパーロボット大戦XO
GCの移植版だが、キャバリアーはA同様の外装パーツに変更された。分離コマンドか「キャバリアー突撃戦法」でD-1になる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

本体装備[編集]

2連式 25mm 機関砲
手の甲にあるバルカン。発射速度毎分1500発、携行弾数800発。
SRWではカスタム後しか使用していない。
ショルダーボム
両肩に装備された手榴弾。対MA用手榴弾とも。
スローインボム
円盤状の手榴弾。シールド用のブリッジにマウントすることが可能。ショルダーボムと被るせいかSRWでは使われない。
迫兵戦用アサルトナイフ
格闘戦用武器。ふくらはぎに2本装備。
各D兵器共通の装備であるが、神田武幸監督の「ナイフは少年犯罪を連想させる」という意向から、原作劇中では未使用に終わった(小説版では使用。ここではアルトナイフと表記)。
後の機動戦士ガンダムSEEDにて「アーマーシュナイダー」の元ネタとなっている。
レーザーソード
両腰2本装備。
柄を合わせてツインソードのバリエーションがある。ケーンはこの形態で使用することが多かった。
75mm ハンドレールガン LPS9型
主兵装の手持ち式実弾マシンガン。発射速度毎分1800発、鉄甲弾および爆裂弾を装填可能。
マルチディスチャージャー
アンダーバレルに装備した多目的ランチャー。プラズマグレネード2発を装填。スモーク、チャフ、フレアも装填可能。
ハイブリッドシールド
防御用のシールド。

リフター[編集]

5連デュアルミサイルポッド
リフター両翼に1基ずつ計2基装備。

合体攻撃[編集]

Dフォーメーションアタック
ドラグナー1型ドラグナー2型ドラグナー3型のコンビネーション攻撃。ハンドレールガンによる一斉射撃を行う。
劇中では前期OPで3機での同時攻撃を行っている(D-2の使用火器はレールキャノンだが)。
SRWでは攻撃力は恐怖のトリプルアタックに劣るものの、有射程P武器のため使い勝手に関してはこちらの方が上。
恐怖のトリプルアタック
ドラグナー1型、ドラグナー2型、ドラグナー3型のコンビネーション攻撃。2型と3型で組み付いて動きを封じた所に、1型のレーザーソードによる一閃で斬り捨てる。
原作では3機で組み付き垂直降下して地面に叩きつける「恐怖のトリプル子泣き爺」で、ドラグーン2機とケーンが奪ったドーラで敢行した。
AやMXではカスタム前でも可能。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いが可能。
盾装備
ハイブリットタイプの手持ちシールド。シールド防御が可能。
換装
GCのみ、キャバリアー0型に換装可能。

移動タイプ[編集]

・陸
リフター装着で飛行能力を得る。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

格闘武器の攻撃力+200
A PORTABLE

関連機体[編集]

ドラグナー1型カスタム
ドラグナー2型
ドラグナー3型