ヴァルザカード

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ヴァルザカード
外国語表記 Valzacard
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 柳瀬敬之
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 対「知の記録者」用超絶戦闘兵器
全高 212.7 m
動力 プロトンノヴァドライブ
(プロトンドライブ×2、プラズマドライブ×2)
所属 ヴァルストークファミリー
パイロット
【メインパイロット】
カズマ・アーディガン
【艦長】
シホミ・アーディガン
【索敵・ナビゲーション】
ミヒロ・アーディガン
【砲撃手】
アカネ・アーディガン
【操舵士】
ホリス・ホライアン
【アルムアルクス制御】
アリア・アドヴァンス
【メインシステム】
レギュレイト
【メインシステム端末】
キャレット
テンプレートを表示

ヴァルザカードは『スーパーロボット大戦W』の登場メカであり、同作の主役機の一つ。

概要[編集]

ヴァルホークヴァルストーク合体したヴァルガードへ、更にアルムストラアルムアルクスが合体したヴァルストークの最終形態。

合体機能を持つのはアルムストラとアルムアルクスのオリジナル機のみ。ボソンジャンプにより150億年前の宇宙へと飛ばされたブレスフィールド・アーディガンが、自ら開発に協力した自律型機動記録プラント『知の記録者』こと『ザ・データベース』が暴走した時のための抑止力として、始原文明エスと自らの知る世界の技術を織り交ぜて造り上げた。

ヴァルガードを『ドレス』となったアルムストラが着込むように覆う。アルムアルクスは普段背後にマウントされ、武装及び盾として使用する際に分離する。ヴァルホークはコアユニットとしての役割を果たすため、メインパイロットはカズマとなる。合体前の戦闘でヴァルストークが中破し、シホミがその修理に時間を割く余裕がないと判断したため合体状態のままで運用されることになり、機動兵器の搭載や全機の分離は不可能となっている。ヴァルザカード自体も、他の戦艦に搭載することはできない。

あまりにも強大な力を秘めるが故に合体が成立する条件は極めて厳しく設定されており、ザ・データベースのレコーダーを制御する3つの人格『インファレンス』『クリティック』『レギュレイト』のうち2つに異常が生じた状態で、残った一つの人格が防衛兵器アルムストラとアルムアルクスを伴ってヴァルホークとヴァルストークに接触し、更にその上で最終合体への『鍵』を解明しなければならない。本編中ではレギュレイトが正常な最後の人格となってアリア・アドヴァンスと共にカズマ達へ接触し、ホリス・ホライアンが解析を成功させた。合体成立の条件は、成功後にキャレットのブラックボックスに記録されたブレスのレコーダーから判明した。

動力は、ヴァルストークとアルムストラのプロトンドライブ2基を直結させたプロトンノヴァドライブで、常軌を逸した出力を発揮する(プラズマドライブも使用していると思われるが、詳細は不明)。始原文明エスの代表的な技術である次元制御システムが採用され、更に地球圏の優れた兵装システムが組み合わさった結果、恐るべき戦闘力と他に類を見ない特徴的な兵装を生み出すに至った。平行宇宙間での質量保存の法則の一時的な回避により、本来ヴァルホークと同じ位の全長しかないアルムアルクスをヴァルザカードの装備としての運用に耐えるほどに巨大化させているのもその一端である。

なお、本機合体時のヴァルストークは上記したように、中破状態になっているため一部の武装が使用不可能だが、完全状態なら使用可能と思われる武装が多々ある。

構成機体[編集]

ヴァルガード
本体を構成。
アルムストラ
外装を構成。
アルムアルクス
武装を構成。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
主人公達の最終搭乗機。機体名は変更可能。改造段階はヴァルガード以前の機体から引き継ぐ。終盤の数話しか使用できないが、6人乗り、強化パーツスロット4、識別有りの着弾指定型マップ兵器所持、重装甲に高機動、扱いやすく高威力の武装とバンプレストオリジナル機の中でも破格の高性能を誇る。前述の通り高性能故に落ちることはまず無いが、母艦としての仕様がオミットされているため敗北条件に「主人公機の撃墜」などと書かれていないマップでは撃墜されてもゲームオーバーにはならない。さらに2周目からはバグを併用することにより熱血()+を連発出来たり、P・A・S・F・Uを4つ装備すればずっと覚醒で動き放題。あまりの反則性能から史上最強の家俗称がある程。

装備・機能[編集]

ヴァルガードと比べると分離搭載が不可能になり、戦法の幅はやや狭まった感がある。だが基本性能の向上が著しく、新しくサブパイロットとなったアリアが覚醒を使用できるのでさほど気にはならない。ヴァルザカードは常時合体状態で運用するので、出撃枠が一つで済むという利点もある……が、ヴァルホークはともかく、ヴァルストークが強制出撃ではないマップは殆どないのであまり体感出来ない上に、ヴァルザカード合体後はテッカマンルートの2シナリオ以外の全マップでヴァルザカード自体が強制出撃である。

武装・必殺武器[編集]

武器は全部で4種類しかないが、いずれも抜きん出た性能と攻撃力を誇り、武器属性も多彩であらゆる状況に対応できる。強化パーツスロットが4つあるので性能の底上げも余裕。

内蔵武器はハイプロトンスマッシャーだけで、他は全てアルムアルクスを武器として使う。全方向多門ビームランチャー等、他にもヴァルガード時の武器の中で使えそうなものはあるのだが、ヴァルストークが損傷しているためか一切使用できない。ヴァルガードより脚部が長くなったため、ディメンジョンブレイカーの戦闘アニメでカズマお得意の蹴り攻撃が復活した。

武器名は全て変更可能。

ハイプロトンスマッシャー(射撃
ヴァルザカードの臍の発射口からプロトンキャノンを発射する。デュアルプロトンキャノンと比べると威力が落ちており、消費ENも30と高いのであまり使用されない。トドメ演出はない。
ディメンジョンブレイカー(格闘、P、C)
アルムアルクスを剣状のブレイカー・モードに変形させ、先端にプロトンエネルギーを結晶化させた刃を形成。敵機に斬りつけと蹴りを連続でぶち込む。通常時は締めにリアル等身のヴァルザカードとアルムアルクスのカットインが入り、トドメ時はアルムアルクスに最大出力を加え、敵機を別次元の宇宙へと吹き飛ばして消滅させる。消費ENが低く攻撃力も十分、射程のあるP属性のマルチコンボ対応と極めて高性能。射程を伸ばすと遠距離反撃も余裕。ヴァルザカードの主力武器となる。
エクサノヴァシュート(射撃、着弾指定型マップ兵器、敵味方識別あり)
アルムアルクスを弓状に変化させ、敵陣めがけてプロトンエネルギーを結晶化させた超大型の矢を発射する。その後レギュレイトユウミ・アーディガンの可能性もある)のカットインが入り、分散して飛んでいく。テッカマンイーベルのリアクターボルテッカと比較すると攻撃範囲では敵わないが、攻撃力は明らかに上。マップ兵器で基本攻撃力5000は規格外。
エクサノヴァシュート・オーバー(射撃
ヴァルザカード最強の必殺武器。カズマ曰く「俺達の。アルムアルクスを弓状に変化させ、キャレットがコードEXAを承認。敵陣めがけてプロトンエネルギーを結晶化させた矢を発射する。トドメ演出時にはヤハウェの神聖四文字を模した結界で敵の動きを封じ、敵が異次元空間に飛ばされ6機のヴァルザカードが出現。それぞれがアカネシホミミヒロアリアブレスカズマの意志となって敵機へ飛んでいき、一瞬だけユウミがカットインした後凄まじい規模の超新星爆発を発生させる。長射程且つ絶大な攻撃力を誇り、援護攻撃にも最適。
使用時は必ずBGMが『JUST ONE CHANCE』になり、戦闘前会話無しでトドメを刺した場合、ちょうど1ループになる。戦闘アニメの出来も長さも凄まじい。

特殊能力[編集]

盾装備
シールド防御を発動する。アルムアルクスが盾となる。

移動タイプ[編集]

飛行可能。もっとも地上マップは3つしかないが。

サイズ[編集]

2L(LL)
歴代味方機最大のサイズだが、データ的にはこうなる。

機体BGM[編集]

「SAIL ON FUTURE」
ヴァルガードから引き続きデフォルトBGM
「JUST ONE CHANCE」
エクサノヴァシュート・オーバー使用時は必ずこの曲になる。他の曲が流れている時に戦闘アニメを表示させてトドメ演出を発生させると、演出が終わった所で丁度曲がループする。一度聴いた後は、通常の戦闘BGMとしても選択可能。

関連機体[編集]

ヴァルアルム
対ヴァルザカード用のカウンターとして開発された、超大型機動兵器。ザ・データベース本星の防衛の要。