ヴァルホーク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ヴァルホーク
外国語表記 Valhawk
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 柳瀬敬之
分類 マシンナリィレイバー
全高 32.8 m
重量 61.4 t
動力 プラズマドライブ
合体形態 ヴァルガード
開発者 ブレスフィールド・アーディガン
所属 ヴァルストークファミリー
パイロット
【メインパイロット】
カズマ・アーディガン
【索敵・ナビゲーション】
ミヒロ・アーディガン
テンプレートを表示

概要[編集]

スーパーロボット大戦W』の主人公機。機体名は変更可能。カズマ・アーディガンミヒロ・アーディガンが搭乗する。

ヴァルストークで運用される艦載機。宇宙開発公社公認のマシンナリィレイバー(ML)。本来MLは民間作業用ロボットしか認定されないが、ヴァルストークファミリーは意図的にデチューン等を施して多少強引にヴァルホークへ認定証を受けさせている。出自や開発技術、構成システムなどに不明瞭な部分が多いが、物語が進むにつれ徐々に本来の姿が明らかになっていく。

リアル系的機体でサイズもMではあるが、全長はスーパー系に迫るほど高い(比較対象として挙げるがサイズLのラフトクランズとほぼ同じ大きさ)。戦闘機形態のエアフォースモード(AF)を基本形態とし、人型の格闘形態クロスコンバットモード(CC)に変形可能。

各形態[編集]

エアフォースモード
戦闘機形態。可変型ロボとしては意外かもしれないが、こちらが基本形態。
クロスコンバットモード
人型形態。細身の外見とは裏腹に格闘戦を得意とする形態。 プラズマエクスキュージョンのおかげで遠距離攻撃もこなせるようになる。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
メインパイロットは基本的にカズマだが、第2部序盤に限りミヒロが単独で操縦する。物語中盤でヴァルストークとの合体攻撃や、ヴァルガードへの合体・分離が追加。終盤ヴァルザカードに合体した後は常時その形態で戦うことになるため、ヴァルホークは使用不可能になる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

合体攻撃を含め、武器名は全て変更可能で、どの武器のセリフパターンにも武器の名前を叫ぶものがある。トドメ演出のある武器が非常に多いのが特徴。レーザーバルカンとビームショットランチャーの弾数は両形態で共有する。

カズマの戦法を反映してどちらの形態でも蹴り系の攻撃が多く含まれるが、殆どの武器属性は射撃系で、格闘系なのはヒートエッジエクスプロイダーとレイブレードだけである。また、ヒートエッジエクスプロイダー以外は全てPS装甲系を無効化する。

なお各モードの最強武器のネーミングは共にプロレスの技(エクスプロイダー、エメラルド・フロウジョン)を由来としている。

エアフォースモードは全て有射程のP武器だが、最大射程は4しかない。

武装[編集]

レーザーバルカン(射撃、P、B)
牽制用のバルカン。両形態で使用可能だが、クロスコンバットモード時は発射口が腹部側面に位置する。
プラズマエクスキュージョン(射撃)
クロスコンバットモードで使用。プラズマドライブの出力を高め、腹部の発射口からプラズマボールを敵機に向けて発射する。トドメ演出ではプラズマボールの爆発の中に飛び込み、垂直に急降下蹴りをぶち込んで敵機を真っ二つにする。ヴァルホーク唯一の遠距離攻撃用武器でP属性を持たない。消費ENは高め。
レイブレード(格闘、P、C、斬り払い対象)
クロスコンバットモードで使用。脚部から剣の柄を取り出し、ビームブレードを形成して敵機に斬撃と突きを喰らわせた後、ヒートエッジで赤熱化した蹴りを叩き込み、締めにもう一本の剣を取り出しX字状に斬りつける。トドメ演出ではヴァルホークが機体を回転させながら飛んでいく。射程は1固定。マルチコンボ対応武器。
言うまでもないが、攻霊機ではない。
ビームショットランチャー(射撃、P、B、C)
マルチコンボ対応武器。両形態で使用可能。
クロスコンバットモードでは携行武器のランチャーからビームショットを発射し、そのまま敵機に突貫して蹴りをぶち込み、取り付いて零距離射撃を撃ち込み吹っ飛ばす。トドメ演出では敵機の側面から、吹き飛ぶ敵機の背面に回り込んでランチャーを突き刺し、そのまま持ち上げて最大出力の砲撃で塵とする。
エアフォースモードでは本体に接続した携行ランチャーを発射する。トドメ演出では、クロスコンバットモードに変形して敵機をヒートエッジで突き刺して、高出力による零距離射撃で粉砕した後元の形態に戻って去っていく。

必殺技[編集]

ヒートエッジエクスプロイダー(格闘、P、C)
エアフォースモードで使用。本体の余剰エネルギーで機体全体を赤熱化させ、火の鳥のような形状にして纏い敵機めがけて突撃、機首を突き刺して高速ドライブを加えるという、サイバスターのアカシックバスターにどこか似た武装。 トドメ演出では敵機体に深く食い込んで貫いた後、ヴァルホークのカットインが挿入される。 この形態における最強武器だが、燃費が良くて有射程のうえにマルチコンボに対応してるため、気力制限さえ除けば非常に強力。
ちなみにそんなに操縦技術が必要な武器ではないらしく、ミヒロは「ぶつかるくらい私にだってできる」と豪語している……
ジェイドフロウジョン(射撃、P)
クロスコンバットモードで使用。レーザーバルカンでの牽制後、ビームショットランチャーを撃ちながら突っ込み、ランチャーを突き刺して打ち上げる。その後レイブレードで斬り裂き、更に敵機の上方から垂直蹴りをお見舞いし地上に叩き落とす。最後は力ずくで敵機を押し込み、至近距離からプラズマエクスキュージョンを撃ち込む。ヴァルホーク単独での最強攻撃だが、トドメ演出はない(代わりにビームショットランチャーとプラズマエクスキュージョンのトドメ演出が流用されている)。CCモードでの全武装を叩き込む「切り札」タイプの技。使用する武器はビーム兵器ばかりだが水中に対しての適正はA。比較的水中にいる敵も多い本作では貴重な武器である。

合体攻撃[編集]

ある程度シナリオが進行した後、クロスコンバットモード時でのみ使用可能。

プロトンキャノン・フォーカス(射撃、P)
ヴァルストークの艦首部にある、デュアルプロトンキャノンの発射口を展開してヴァルホークを連結させ、更に高威力のプロトンキャノンを発射する。トドメ演出では、ヴァルホークがヴァルストークに着艦する。設定上は凄まじい威力を誇るようだが、ゲーム中での攻撃力は抑え気味。使用時の戦闘アニメでは、必ずBGMが『BREAK THROUGH』に変更される。

特殊能力[編集]

変形
エアフォースモードとクロスコンバットモードを切り替える。
合体
シナリオが進行すると、ヴァルストークと合体してヴァルガードになることができる。特定イベントを除き、ヴァルホークの出撃枠が必要。ヴァルザカードへの合体後は常時そのまま。

クロスコンバットモード時のみ

剣装備
斬り払いを発動する。
銃装備
撃ち落としを発動する。
盾装備
シールド防御を発動する。エアフォースモード時は機体上部にセット。

移動タイプ[編集]

クロスコンバットモード時。
エアフォースモード時。飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

BULLET STRIKER
デフォルトBGM
BREAK THROUGH
プロトンキャノン・フォーカス使用時は強制的にこの曲になる。一度聴いた後は、通常の戦闘曲としても選択可能。

関連機体[編集]

ヴァルストーク
合体してヴァルガードとなる。