サリア

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
サリア
外国語表記 Salia Tereshkova
登場作品 クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
声優 喜多村英梨
デザイン 小野早香
初登場SRW スーパーロボット大戦V
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
本名 サリア・テレシコワ[1]
種族 地球人(ノーマ)
性別
年齢 17歳
出身 ウルスラ帝国[2]
身長 164cm[2]
体重 48kg[2]
スリーサイズ B75 / W59 / H84[2]
髪色 青紫
髪型 ツーテール
瞳の色 茶色
パーソナルカラー 水色
所属 アルゼナル→エンブリヲ親衛隊「ダイヤモンドローズ騎士団」→アルゼナル
役職 パラメイル第一中隊副隊長→隊長→ダイヤモンドローズ騎士団ナイトリーダー
趣味 コスプレ
恋愛小説
テンプレートを表示

サリアは『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』の登場人物。

概要[編集]

アルゼナルの兵士にして、パラメイル第一中隊の副隊長。後に隊長のゾーラが戦死したため、隊長職を引き継ぐ事となる。

真面目で努力家であり、若くして副隊長に就くなど兵士としては高い能力を持つが、その一方で「想定外の事態に対処しきれない」という欠点を持つ。

一見、冷静な性格だが、ストレス解消のために魔法少女のコスプレをして「プリティ・サリアン」を名乗ってなりきり遊びをする、という趣味を持つ他[3]、名称のセンスも趣味に大きく影響されたものだったり、恋愛小説ヴィヴィアン曰く「男と女がチュッチュする本」)を好み、映画を見て感動のあまりに涙を流したり、自身が貧乳である事がコンプレックスだったり[4]…と、良くも悪くも根は年相応の少女と何ら変わりがない。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。担当声優の喜多村英梨氏は本作がスパロボシリーズ初出演となる。
第13話「禁断の海」から登場。カットインでは申し訳程度に揺れる。原作同様に一旦離脱して敵に回るが、程なくして戻ってくるので安心して育てられる。スキルとボーナスの恩恵もあり、アンジュと同じ感覚で使っていける。
シナリオ上ではロザリーに説得されて改心した直後のクリスに攻撃を仕掛けるなど迷走していく様子とエンブリヲへの盲信が、原作よりもやや強調されている。だが条件を満たすとエンブリヲの攻撃からジルを守り彼女の命を救う。原作よりも早いタイミングでエンブリヲと決別し自軍に復帰する。原作では完全には成しえなかったジルとの和解も描かれる。
更にやっぱりと言うか何と言うかプリティ・サリアンのコスプレ衣装を着た立ち絵もしっかり用意されている(しかも名乗り口上はDVEである)。
原作ではアウローラに戻ってからも騎士団のライダースーツを着たままだったが、今作では部隊に戻ると同時にアルゼナルのライダースーツに戻る。
困難ルートEDでは、アルゼナルをレジャー施設へと生まれ変わらせるというアンジュの提案に当初は戸惑っていたが、アンジュから従業員の制服のデザイン担当に任命された際には、それを快諾している。
スーパーロボット大戦X
第14話創界山ルートにて参入。DLC「プリティ・サリアンの冒険」ではルルーシュショウをドン引きさせる一幕も。ついでに特殊戦闘セリフでプリティ・サリアン状態のものも用意されているが攻撃時のもののみなので回避や被弾で素に戻ると言う精神が不安定な人のようになってしまっている(まあ、実際にこの時は不安定ではあるのだが)。
第25話ではセルリックから前述した裏設定の「サリア・テレシコワ」の本名で呼ばれている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
『クロスアンジュ』参戦時からNPCとして登場していたが、2018年9月のイベント「キラッキラに輝くのは」からユニットとして登場する。初登場のユニットなのにユニット立ち絵はプリティ・サリアン
イベントではフェールによって洗脳を受け敵対してしまうが、「あかりオオゾラッコーンの可愛いドレスに変わる攻撃でプリティ・サリアンの衣装になる」というクロスオーバーが行なわれている。
ユニットクエストはエンブリヲ配下時代の時系列で、ダイヤモンドローズ騎士団の名前を考えるという内容。
後にパイロットスーツ版のグラフィックも実装されたが、なんと通常・パイロットパーツ装備状態共にライブカットイン非対応

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

VX
努力根性集中必中不屈熱血
敵対時は「熱血」を覚えない。
X-Ω
ド根性不屈熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

VX
味方時
メイルライダー指揮官L4、見切りL2、サイズ差補正無視L1
副隊長上がりで経験不足故か、最初の指揮官レベルは1。但し自身のレベルを上げることによってL4まで成長する。
敵対時
???指揮官L4、見切りL2、サイズ差補正無視L2、ガードL2、気力+(ATK)
メイルライダーが封印状態になっているが、元々敵対時には意味のないスキルなので影響はない。また、エルシャクリスと違い、味方時から削除された能力がない。

エースボーナス[編集]

出撃時のExC+2、最終命中率+10%、最終回避率+10%。
V』、『X』で採用。グレートエースになれば最初からExC+3の状態で出撃でき、開幕から全てのEXアクションが使えるようになる。何より、ファクトリーで『TaCカスタマイズ』のGRADE3を開放しておけば、開幕からその恩恵に預かれるのが大きい。特に『V』ではクリティカルブースト(クリティカル発動時、ダメージ上昇率が1.4倍になる)が開幕から適応されるので、技量を上げておけば安定して大ダメージを叩き出せる。クリティカル率を上昇させる強化パーツとも相性抜群。

人間関係[編集]

アンジュ
アルゼナルへと来た彼女の世話係となるが、「筋肉豚」や「下半身デブ」等と罵倒する場面も少なくない。やがて、ヴィルキスを乗りこなした事で彼女に対し嫉妬を募らせるようになり、袂を分かつことになってしまう。しかし最後の最後でようやく彼女との関係は修復されることになり最終決戦でも共闘した。一方的なライバル関係と取れなくもない。
ジル
彼女を尊敬し姉のように慕うが、ジルからはそっけない対応を受ける事が多い。彼女から冷たい態度を取られ続けた結果、離反することになってしまう。通常は「司令」と呼ぶが、内輪では「ジル」か「アレクトラ」と呼んでいる。
また、幼少期のサリアが見た彼女のある姿が現在のサリアの趣味を形成する原因ともなっていた模様。
メイ
整備班長。妹分のような存在であり互いに仲が良い。
ヴィヴィアン
第一中隊の同僚でルームメイト。サリアの趣味にも興味津々の様子。
エルシャ
第一中隊の同僚で仲が良い。後にダイヤモンドローズ騎士団の一員に。
ヒルダロザリークリス
当初アンジュに対し嫌がらせをしていた彼女達に頭を悩ませていた。うちクリスとは後にダイヤモンドローズ騎士団の一員になる。ヒルダとは最終決戦で共闘し、息の合ったコンビネーションを披露していた。
ターニャイルマ
パラメイル第三中隊の面々。後にダイヤモンドローズ騎士団の一員に。
ジャスミン
サリアの趣味を知る数少ない人物だったのだが、うっかりミスでアンジュに知られてしまうハメに。
アン・エルガー
漫画版に登場したかつての同僚。訓練でトップ争いをしていたが、ドラゴンとの戦いにより死に別れている。
エンブリヲ
アルゼナル壊滅時のアンジュとの敗北から救われた事から、彼を妄信的に崇拝するようになる。しかし最後は捨て駒に使われたことで離反することになる。

他作品との人間関係[編集]

ギャリソン時田
V』にて、本物の執事である彼に会えた事に感激する。
シン・アスカ
『V』では、アンジュへの対抗心を募らせるあまり迷走していく様子をかつての自分と重ねあわせて諭す場面が多い。実質、『V』におけるサリアは「もう一人のシン・アスカ」として描かれているといっても良い。
ボン太くん
『V』では当然だが、その見た目に魅了されてしまい、捕獲しようとする。
ティエリア・アーデ
『V』では彼の女装姿を想像して敗北感に打ちひしがれつつも「見てみたい」と興味津々であった。
ベルファンガン・クルーゾー
『V』で初共演したが特に絡みは無かった。しかし『X-Ω』でのイベント「世界を超える情熱」でアニオタの隊長繋がりで本格的なクロスオーバーを繰り広げる。自らの趣味を部隊の士気の為に隠しているのは双方とも同じだが…
ナイン
『V』ではどうやって調べたのかコスプレ趣味を把握しておりDLCシナリオ「美と力の共演」では「秘密の魔法少女」と紹介した。
ルルーシュ・ランペルージ
『X』にて自身の「プリティ・サリアン」としての姿を彼に(絶望顔で)ドン引きされるも、最終的にはノリノリで自分の趣味に付き合ってくれた。
ショウ・ザマ
『X』にて「プリティ・サリアン」としての姿を見た際に、文字通り開いた口が塞がらない状態になってしまう。[5]
ホープス
『X』にて彼に自分の趣味を目撃されてしまい……
アマリ・アクアマリン
『X』にて彼女も魔法少女の道に引きずり込もうとする
イオリ・アイオライト
『X』にて魔法少女の世界に・・・。サリアの精神崩壊を防ぐために全力でフォローして自身のキャラも崩壊・・・。

名台詞[編集]

2~8話[編集]

慣れない職務やストレスと戦いながらも、この頃はリーダーとしての自覚を持とうとする側面が強い。一方でヴィルキスへの執着が目立つ発言も見られている。

「こんな攻撃してくるなんて…過去のデータには無い…!」
第3話より。隊長就任直後の戦闘にて、手負いのブリッグ級ドラゴンを迎撃するも予想外の攻撃をされたことで弱気になる。
サリア「どうするって…どうすれば…? ゾ…ゾーラ隊長…!」
エルシャ「隊長は貴女よ、…サリア!」
サリア「ッ! 回避ぃっ!!」
同上。ロザリーやクリスが被弾し、部隊が追いつめられる中焦燥のあまり弱音を吐く。エルシャから諭された直後、突撃してくるドラゴンに対しとっさに回避しようとするが、間に合わず被弾してしまう。
(ジル…約束してくれたじゃない…ヴィルキスは私にって…)
第4話、自室で勉強中の際の独白。ヴィルキスに対する執着心が垣間見える。
(…考え過ぎよ)
第7話より。格納庫へ訪れた際に、ヴィルキスを整備しているメイから「誰も死なせない想いが伝わってくる」と言われて、隊長日誌を読み返す。
実際、彼女の日誌は「死亡者ゼロ」で締められる内容が続いていた。…ただ、この時点では完全に納得は出来なかった模様。
「だから待てと言ったのに…」
(部隊の全滅だけは避けなければならない…最悪、我々だけでも機体を捨てて脱出…っ!?)
「ヴィヴィアン!! …このままじゃ、三人が…!」
同上。ビッグホーンドラゴンの重力波に拘束され「さっさと助けろよ、サリア!」と毒づくヒルダを一瞥して。必死に策を巡らせ、犠牲もやむを得ないという結論に陥りかけるが、ヴィヴィアンが重力波の中でも仲間を救うために抵抗する様子を見て、「仲間を捨てる」考えを放棄する。
「まったく…どいつもこいつも…ッ!」
「いい加減にしろッ! このバカ女!!」
「あんた一人で何とかできるほど、このドラゴンは甘くない!! いつもいつも勝手な事ばかりして…死にたくなければ隊長の命令を聞きなさいッ!!」
同上。そこへ風邪を引いたアンジュのヴィルキスが飛来してくる。「重力波に捕まる」と呼びかけるがアンジュは「いつも通り私一人で十分だから」と意にも介さない。
イライラが限界を超えたサリアはついにブチギレ。その剣幕にはアンジュも怯み「あ、はい…」と呆然と返事を返すしかなかった。
「今よアンジュ! 蹴れッ!!」
「蹴るのよ! 私を蹴ったみたいに!!」
同上。矢継ぎ早に指示を飛ばし、ビッグホーンドラゴンの真上にヴィルキスを誘導。重力波につかまり落下するアンジュに対し起死回生の策を命令する。
勢いに押されたアンジュはビッグホーンドラゴンの角に落下しながらのキックを炸裂させる。ヴィルキスの片足は破損したが角をへし折り重力波を解除させる事に成功。第一中隊は一転攻勢に出るのだった。
「どう、満足? こうして大金を手にすることが出来たのもアンジュが来てくれたおかげよね。戦闘中にアンジュを狙うの、もうやめなさい」
「色々あったけど、私たちはこのチームで上手くやっていかなくちゃいけない。アンジュも報酬の独り占め、やめなさい。放っておいてもあんたなら稼げるんだから。これは隊長命令よ」
同上。機転を利かせた指揮で新種のドラゴンを撃退。パラメイル第一中隊に大量の報酬が支払われた事で、面々に向けてアンジュに対する嫌がらせとアンジュの単独行動を諫める。

9~13話[編集]

脱走という罪を犯しながらも再びヴィルキスを与えられたアンジュや、その決定を下したジルに徐々に憤りを見せ始める。ヴィルキスへの執着も一層強くなり、迷走が始まっていく。

「結局、私たちとは違うのよ。信じるんじゃなかった」
第10話。脱走した罪で反省房に入れられたアンジュに向けて。アンジュの脱走は結果的にサリア達の信頼をも崩してしまう事となった。
「同い年になっちゃった…アレクトラと…」
第11話より。幼年部の頃から慕ってきたジル。彼女がリベルタスに失敗し右腕を失う重傷を負ってアルゼナルへと帰還した後、「私がアレクトラの仇を討つんだから!」と誓った日。その時のジルと同じ年齢になった事を幼年部の少女たちから「お姉様」と呼ばれた事で実感する。
「解ってないから…見せてあげる。アレクトラの代わりに…私が!」
(誰より頑張ってきたのよ…私は!)
「どうして動いてくれないの…動いてくれないと、ダメなのよ…! 大好きなアレクトラの役に…立てなくなっちゃう…」
同上。アルゼナルに現れた焔龍號率いるドラゴンの軍勢の前にヴィルキスに独断で搭乗。しかし、使いこなす事が出来ずスクーナー級のドラゴンにすら苦戦し、努力する事でも叶わない壁を感じてしまう。結局、直後に現れたアンジュにより無理やり乗り換えされた。
サリア(あれが本当のヴィルキス…ふっ…ジルの言うとおりだった…)
ヒルダ「やれやれ、なんとか終わったみたいね…お、アンジュと全然違う感触…」
サリア「えぇ…違うわ…全然、違った…」
同上。ディスコード・フェイザーを発動させたヴィルキスとアンジュを目の当たりにしての独白。「自分はヴィルキスにもジルにも選ばれなかった」と思い、涙を浮かべる。
「何が不満なの…!? あんたは選ばれたのよ、アレクトラに! 私の役目も…居場所も…全部奪われたんだからそのくらい…!」
「アンジュ…! アンジュ…! 許さない…勝ち逃げなんて許さないんだから…アンジュの下半身デブゥゥゥゥッ!!」
第13話より。アンジュを制止しようとするものの、返り討ちに遭いサリアのアーキバスは中破。恨み節を叫びながら海へと落下していくが…?
V』では最後の一言がまさかのDVE
(墜とされちゃった…お似合いよ。ジルに捨てられ、アンジュに負けた私なんか…)
第19話回想シーンより。浸水が進むアーキバスのコクピット内にて。圧倒的な敗北感に打ちのめされ死を待つばかりだったが、そこに「それは違うよ、サリア」と謎の声が響く。その声の主は…

17話以降[編集]

エンブリヲに心酔しているせいか、迷走気味な言動が多くなってくる。また、いろいろと(悪い方向で)吹っ切れたせいか言動が全体的にハイになっているのも特徴。

「やっぱり…あんたは…どうして…?」
「貴女…こんなに弱かったんだ。ううん、強くなったのは私。エンブリヲ様のおかげで…私は変わったの!」
第17話。エンブリヲの私兵として再登場しアンジュに牙を向ける。
「奇襲陣形、ステルスローズトライアングル」
「アンジュ、さよなら…」
第19話アバン。ヴィルキスを奇襲し、コクピットハッチを吹き飛ばすクレオパトラ。身を乗り出したアンジュへ向けて発砲する…が、捕獲のための麻酔弾だったため、ミスルギ皇宮で目覚めたアンジュは「何がさよならよ…」と毒づいた。
「あの方は私を救ってくれた。私を生まれ変わらせてくれた。アレクトラは…最初から私を必要となんかしてくれなかった。いくら頑張っても…決して報われることはなかった。でも、あの方は…」
「私は見つけたの、本当に護るべき人を。エンブリヲ様の親衛隊。名付けてダイヤモンドローズ騎士団。私が騎士団長のサリアよ…」
同上。自身を救ってくれたエンブリヲに対しての想いを語り、恍惚とした表情で悦に浸る。これに対してアンジュは「要するに路頭に迷っていた所を新しい飼い主に拾われたって事ね」とバッサリ返した。
「今度侮辱したら許さないわ…! 私はエンブリヲ様に愛されてるの。誰にも愛されない貴女と違ってね…」
同上。不遜な態度を取ったアンジュの頬を張り、「自分は愛されている」と強弁する。
…ここまでの流れを見ればエンブリヲに良いように言いくるめられているのは明らかであり、「利用されてるだけ」と突っ込んだ視聴者も多かったことだろう。
「私にはもう、エンブリヲ様しかいないの…でもあんたは違う。ヴィルキスも、仲間も、自分の居場所も…なんでも持ってる。変身なんてしなくても、十分強いじゃない…これ以上、私から奪わないで」
「出て行きなさい。エンブリヲ様が戻ってくる前に」
「抵抗を続ければ、そのうち心を壊されるわよ。…それでもいいの?」
「…別に、あんたを助ける訳じゃないから。…無様なあんたを見たくないだけ」
第20話。エンブリヲの感覚責めの拷問に苦しむアンジュを見かねて助ける。台詞の中にアンジュへの複雑な思いが垣間見える。
「余計な…お世話…よ…! この…筋肉ゴリ…ラ…!!」
同上。アンジュを逃がした直後、アンジュから「逃がしたより逃げられた事にした方が罪が軽くなるでしょ」とチョークスリーパーを掛けられ絞め落とされる。そして服も奪われた。立場が変わってもサリアはサリアであった。
「アンジュは必ず、ここに来る…期待しているよ、私のサリア…だって。…嘘ばっかり…」
「でもね、アンジュ…あんたがいなくなれば…私の方が強いって分かれば…エンブリヲ様は認めてくれる…私の価値を!」
「…それが出来れば…何もいらない…!」
第22話。自分が愛されるよう努力をしても、常にアンジュが前へ行き、ジルもエンブリヲもアンジュへと興味を持っていってしまう。ここに来てサリアは遂に明確な憎悪をアンジュへと抱き、プリティ・サリアンの衣装をナイフで切り裂く。―――全ては自分をエンブリヲに振り向かせるために。
「ねぇアンジュ、新しい世界ってどんな世界だと思う?」
「貴女がいない世界よ!!」
第23話より。ラスト・リベルタスにて、アンジュの前に立ちはだかり憎しみをぶつける。
「私には何も無かった! 皇女でもない、も知らない、指輪だって持っていない。どんなに頑張っても選ばれなかった…ヴィルキスにも、貴女にも!」
「そんな私を、エンブリヲ様は選んでくれた! だからアレクトラ…貴女なんてもういらないのよッ!!」
第24話。レイジアを駆り戦場へ現れたジルと対峙し、涙ながらに叫ぶ。繰り出した一撃はレイジアのビームシールドを破壊、左足を切断した。

最終話[編集]

事ここに至ってようやく目が覚めたサリア。後ろめたさもありながら、やっと前を向けた瞬間でもあった。

「アレクトラ…ごめんなさい…私、なんて馬鹿な事を…」
「!! …アァレクトラァーーーッ!!」
瀕死のジルを連れ、アウローラへと合流。エンブリヲの本性とジルの真意を知ったサリアは自身の愚かさを悔い、ジルの亡骸に縋り付き慟哭するのだった…。
「ええ…貴方を倒すためにね!」
「これが…アレクトラの仇ッ!!」
最終決戦にて。エンブリヲが遠隔操作するエイレーネと切り結ぶクレオパトラ。「戻って来てくれると信じていたよ」と言われ、こう返す。袈裟懸けにエイレーネを切り裂こうとするが…
なお、『V』においての敵対時のカットインはこの場面が元になっている。
「そうよ、私だって…。アウラが言ってた。ラグナメイルは、人の想いに応えてくれるって。私は私よ!もう誰の支配も受けない!」
アンジュの「私は誰の思い通りにもならない」という台詞を受けての叫び。それに呼応するかのようにサリアの指輪が発光し、クレオパトラのボディが蒼く染まっていく。サリアの想いに応え、アリエル・モードを発動させたクレオパトラは、遂にエンブリヲのコントロールから解き放たれた。

その他[編集]

(駄目なのよ、プリティ・サリアンじゃなくちゃ…)
(私がまだ小さかったあの日…舞台で見た第一中隊の出し物 『美少女聖騎士 プリティ・アレクトラ』。あの日、私の心は奪われたの。凛々しくて、眩しくて、誰より綺麗な、舞台の上で輝くアレクトラの姿に…)
(あの日から、ずっと追いかけてきた。…いつかあんな風になりたいって…)
ドラマCD『プリティ・サリアン、危機一髪!』より。プリティ・サリアンにこだわる理由とジルのある意味衝撃的な過去が明かされる。

迷台詞[編集]

本編[編集]

「今度勝手に漁ったら…ホント、刺すわよ…」
第4話より。私物が入った棚をヴィヴィアンに漁られた事に怒ってナイフを投げつける。一応、外すように投げていたが本気の眼であった。
(四次元バストが…!)
第6話、射撃訓練中にエルシャよりも成績が良かった事で「何が違うのかしら?」と言われて憎々しげにエルシャの胸を見つめる。一応エルシャに悪気は無いのだが。
「まさか、アンジュは男の人と二人っきりだったってこと!?」
第7話より。タスクの存在を知って。気にするのはそこじゃない。
「愛の光を集めてギュッ♪ 恋のパワーをハートでキュン♪ 美少女聖騎士プリティ・サリアン♪ 貴方の隣に突撃よッ!」
(隊長日誌、3月5日追記。過度のストレスにより精神的メンテナンス実行)
「シャイニングラブエナジーで…私を大好きになぁ~れっ♪」
同上、ストレス発散の為「精神的メンテナンス」と称して一人秘密の趣味に興じる。サリア役の喜多村英梨氏が魔法少女キャラを何役かこなしていたため、一種の声優ネタのように思えるのは気のせいか。
『V』、『X』ではDVE
ちなみに、ピンナップイラストには色違いの衣装を身に付けたアンジュおよびヒルダと共にサリアが魔法少女キャラのコスプレでポーズを決めたものが存在する。
「…殺す!」
「見られた以上、殺すしかない!!」
同上。上記のシーンの直後、アンジュが現れそっ閉じされた事で「秘密を見られた=口封じのために殺すしかない[6]」と判断。入浴中のアンジュを襲撃するに至った。そんな事で殺そうとするのは色々とおかしいと言わざるを得ない
『V』ではコスプレをしたままアンジュを殺しに来る
アンジュ「このド貧乳がぁぁ!!」
サリア「黙れ筋肉豚ぁぁ!!」
同上。エルシャから投げ渡されたデッキブラシを片手に、お互いに温泉で罵詈雑言をまき散らしながら大乱闘を繰り広げる。…どっちもどっちである。この後、エマからアンジュ共々反省文を書かされる羽目に(しかもアンジュの方はモモカが反省文を全部書いた)。
サリア「でも助かったわ。あんたが来てくれたおかげで……」
アンジュ「迷惑料。あなたの命令に従ったせいで取り分減ったんだから」
サリア「……さっきの感謝、取り消し」
アンジュ「変な趣味、バラすわよ…?」
サリア「っ! 一生寝込んでなさい!!」
同上。ビッグホーンドラゴンとの戦いの後に報酬を受け取って。アンジュに礼を言うが逆に迷惑料を要求され、さらにプリティ・サリアンの件で脅迫までされてしまう。
当然サリアは怒るものの、一応この後の入浴では仲良くやっていた。
「ヒルダ…」
「…臭い」
第11話ラスト。やはり相当匂っていた模様。
サリア「今よ! 陣形、シャイニングローズトライアングル!!」
エルシャ「…」
クリス「ダサッ」
サリア「何か言った?」
クリス「別に…」
エルシャ「アハハ…、了解よ」
第17話より。エルシャおよびクリスと共に連携攻撃をヴィルキスへと仕掛ける…のだが、自身の痛いセンスを前面に押し出した名称が嫌でも印象に残る。更に奇襲陣形として「ステルスローズトライアングル」も存在。
さり気ないが、この反応でサリア達が寝返っている理由が洗脳や精神操作の類でないことが示唆されている。

次回予告[編集]

「隊長日誌、補足。本日私の秘密が暴露された。秘密とは密室で行う秘め事であり、人のプライバシーを晒して喜ぶ品性下劣な脚本家は…シャイニングラブエナジーで抹殺よ!」
第7話次回予告より。『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』らしいメタさに溢れた台詞。
サリア「海に突き落とされたのは4話前。最後の台詞は下半身デブ。再登場したら敵になってたなんて…」
アンジュ「貴女、スタッフに嫌われてるんじゃない?」
サリア「…ふっ、アンジュ程じゃないわ」
アンジュ「え…え~!?」
第17話次回予告より。実際、アンジュの扱いも結構酷い。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「貴方にぶたれたお尻の恨み!」
エンブリヲに対しての特殊戦闘台詞。原作第22話冒頭のお仕置きとして尻を叩かれるシーンが由来。
『V』ではこのシーンは無かったが、台詞から察するに叩かれていたらしい。そしてやっぱり根に持っていたのか。
スメラギ「サリア! ジャジャ馬達をまとめなさい!」
サリア「イ、イエス・マム!」
『V』アンジュ捜索ルート第16話「絆、再び」より。スメラギの剣幕に押されて。
(アンジュと外からの人間のせいで第一中隊は、もうメチャクチャだわ…! このままではアルゼナルの全てが変わってしまう…!)
同上。初戦闘時の戦闘前会話。「他作品とのクロスオーバーをされる」事に対する一種のメタ発言だろうか?
「え…ヴィルキスが2機…!?」
『V』アンジュ捜索ルート第17話「舞い降りる翼」より。ヴィルキスストライクフリーダムガンダムを見た時の反応である。
『V』で「ストライクフリーダムガンダムはヴィルキスをベースに作られた」というクロスオーバーがある上に同系統のユニットである為、見間違えたのかもしれない。サイズ差のことは言ってはいけない。
「やめなさいよ、二人共。そういういがみ合う姿は、あの子の教育に悪いわ」
『V』シークレットシナリオ「黒い勇者特急」より。赤ん坊同然のブラックガインの教育方針について話し合っていた時に、珍しく進言したアンジュの提案にヒルダが茶々を入れた事で一触即発の険悪な雰囲気になった時に、すかさず仲裁に入って。
確かにサリアの言う通り、子どもにとって大人の喧嘩を間近で見させられるほど教育に悪影響を及ぼすものはなく、彼女の優等生気質が垣間見える場面である。
(こうなったら、アンジュよりも活躍してジルに私の実力を認めさせてみせる…!)
(たとえ、ヴィルキスに乗れなくてもジルを助けるのは私の役目よ…!)
『V』西暦世界ルート第31話「永遠の自由」より。ヴィルキスに乗れない事に苛立ち、功を焦り始めるようになってしまう。その様子を見たシンは「何のために戦っているんだ」と諭すが…。
サリア「クリス…。あなたもエンブリヲ様を裏切るつもり?」
クリス「う、裏切るって…あの人はあたし達の事を…」
サリア「見返りを求めている事が既に浅ましいのよ! 私たちはダイヤモンドローズ騎士団! その生命も魂も、エンブリヲ様に捧げたはずよ!」
『V』西暦世界ルート第38話「歪む世界」。エンブリヲの本性に気付いたクリスの前に現れ銃を向けるが、当のサリアもまたエンブリヲに対して見返りを求めているのが実情である。
「結局、彼女たちは…エンブリヲの呪縛から逃れられなかった…」
『V』第50話。最期までエンブリヲを盲信し果てたターニャイルマに向けて。
「わ、わかった…。あのルルーシュという男…アンジュに似ているんだ…」
X』第18話「目覚める決意」より。ルルーシュの地形を利用した戦略によりデス・ゴッドの軍隊の半数を壊滅させた事で畏怖しながら評した。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「嫌いなのよ! 大きさを自慢されるのは!」
巨大な敵に対しての特殊戦闘台詞。なぜそんなにムキになっているのかはお察しください
「悪人が魔法を使うなんて許さない!」
ラムダ・ドライバ搭載機、魔従教団に対しての特殊戦闘台詞。これでもかとばかりに素が出てしまっている。

中断メッセージ[編集]

「待ちなさいよ、アンジュ! まだ、私のセリフが~!!」
中断メッセージ「パラメイル第一中隊からの挨拶」より第一中隊総出の際にアンジュに〆を奪われる。こんな所まで残念なサリアであった。
「隊長日誌、◯月1日。ヴィヴィアンから勧められた『スーパーロボット大戦』なるゲームを始める。隊長日誌、◯月3日。気がつけば1日中『スーパーロボット大戦』で遊んでいた。不覚にも画面に合わせて必殺技を叫ぶところをヴィヴィアンに見られてしまった…」
中断メッセージ「サリアの隊長日誌」より。1週間も遊び続けたようでアンジュに突っ込まれていた。よく24時間以上遊び続けて爆死しなかったものだ...。
「『』の光を集めてギュッ♪ 『』のパワーで相手をドキュン♪ 美少女聖騎士、プリティ・サリアン♪ あなたのとなりに『突撃』よ! シャイニング『祝福』エナジーで、私が『幸運』になぁーれ!」
中断メッセージ「秘密のサリアン」より恒例の精神コマンドネタだが、プリティ・サリアンのコスプレをした状態でやっている。この後、案の定アンジュに見られた事で殺しにかかった。

シナリオ中[編集]

「とっきょぽちゃしゅる…」
『V』シークレットシナリオ「黒い勇者特急」にて、勝平、ジュドー、キラに続いて「特許許可する東京特許許可局」に挑戦した際に。妙に可愛らしい感じの噛み方であり、本性がちょっと漏れているような気がしないでもない。
そのせいかどうかは不明だが、その後のブラックマイトガインの自爆を止める際の「特許許可する東京特許許可局」には彼女は不参加。一応隙を作れないかと考えはしたのだが、一人だけ完璧に達成できなかったのだろうか?
(あれはふもふもランドのマスコットのボン太くん…。そのつぶらな瞳と愛らしい動きで老若男女に愛されるキャラクター…非番の時に見に行こうと思って、準備を整えておいたけど、まさか、こんな所で会えるなんて…どうする…? 捕獲して私だけのものにして…駄目だ、それではロザリーと同じだ…!)
『V』シークレットシナリオ「想いの形」にて。ボン太くんはサリアにとっては異世界のマスコットなんだが、よく調べ上げているものである…。仮に彼女が捕獲したとして中身に絶句するであろうが…。
「ああ! ボン太くんが!!」
戦闘終了後、「まだ終わっていないわよ」と言った直後に校舎に逃げ去ったボン太くんを見て。素を出してしまったために直ぐ様アンジュに突っ込まれている。
「やっと二人きりになれたわね…。さぁ、始めましょう。プリティサリアンの幻想王国ファンシーキングダム…。秘密のお茶会の幕が、今上がる」
で、クリア時のシナリオデモにてボン太くんの元へプリティ・サリアンの恰好をしてやって来る。一体何をやっているのか…。
人によっては(作者つながりで)『甘城ブリリアントパークのようだ』と例えられた事も。
「アンジュ! いつ、そんなハレンチな真似を…!?」
「ふ、不潔よ、アンジュ!」
1行目は西暦世界ルート第30話、2行目は通常ルート50話目での発言。
アンジュとタスクの仲についての反応で、結構ウブな様子を見せてくれる。
「美少女聖騎士プリティ・サリアン! 愛の力で悪を討つ! さあ来なさい、暗黒の使徒! シャイニング・ラブエナジーがあなたのハートに炸裂よ!」
X』ボーナスシナリオ「プリティ・サリアンの冒険」より。戦闘前会話での前口上。相手は無人制御ゴーレム相手なのだが…。
「さあ来なさい! 愛ある限り、プリティ・サリアンは一歩も退かないわよ!」
同上。敵増援時にも怯まずにこう言いのける。なおこの時、戦闘前は乗り気だったチャムですら軽く引いている。
「あああああああああああああああああああっ!! 殺してやるぅぅぅぅぅぅっ!!」
同上。例の衣装で出撃するも、その姿をアンジュ達に見られた[7]事でハイパー化一歩手前の精神崩壊状態にまで陥る。直後にドグマによりパイロットスーツ姿にされ精神も安定するが、主人にはさらなる苦難(?)が待ち受けていた。
(イオリに断られた以上、あなたしか頼れない!)
X』ボーナスシナリオ「強く正しく美しく」イオリ編より。魔法少女に変身するためのドグマをイオリに頼むも、断られてしまったサリアは、次なるターゲットをアマリに向ける。
魔法少女への変身に対する情熱をアピールし、さらにアマリにも変身するように強要、アマリはその剣幕に恐怖の悲鳴をあげることになる。アマリはサブ主人公になってもプリティ・サリアンと関わることになってしまった。
(あなたも女の子なら持っているでしょ! 変身願望を!)
(さあ、欲望を解き放って! あなたと私でダブル変身を!)
同上、アマリ編。一度断られているがまるで諦めない。しかもアマリに変身願望があると決めてかかっている辺りが恐ろしい。
(つかんでみせる、ミス・エクスクロスの座を!)
(その権限を行使して、ライダースーツをプリティ・サリアン仕様に変えてみせる…!)
同上、戦闘前会話より。アマリへの強要といい、見られてハイパー化しかけた事は忘却してしまったようだ…。しかしもしこれが通ってしまったら、今度は昔プリティな恰好をしたことがある(らしい)人物が、ハイパー化してしまうのではないだろうか……。
「見て、みんな! アルゼナルにアンジュが!」
『X』第44話対ドアクダー部隊ルート「真実の黙示録」より、エンブリヲに連れ去られたアンジュの無事を確認する。……のだが、彼女がエンブリヲの手で全裸にされていることを失念しており、直後にヒルダが「みんな、見るな!!」と大声で慌てる事に……
「シャッテの…下半身デブ…」
『X-Ω』イベント「キラッキラに輝くのは」にて、フェールにより眠らされる際の恨み節。これを聞いたフェールは「ハァ!? 何よそれ!?」とご立腹。ちなみにここでのフェールは「ドラマ中でシャッテが演じたフェール」なので、フェールのキャラが変わったわけではない。

搭乗機体[編集]

アーキバス サリア・カスタム
カスタマイズが施されたアーキバス。水色のカラーリングと百合の花のマークが特徴。
クレオパトラ
エンブリヲ側に就いてからの搭乗機。通信機能やレーダーが強化されている。
ヴィルキス
第11話にて搭乗。しかし、適性が無かったのでアンジュのように乗りこなすことは出来なかった。

余談[編集]

  • サリアの劇中での動向を見ると「魔法を使えず人間扱いされないノーマである故に、魔法を使えられるようになって他者から憧れ愛されたい願望があるのではないか?」という考察も存在している。

脚注[編集]

  1. クロスアンジュTwitterオフィシャルアカウントにて掲載されたイラスト入り色紙に「Salia Tereshkova」と英語表記で書かれている。なお、本編では一切言及されないため実質、裏設定。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 オークションサイト(ヤフオク!、まんだらけオークションなど)で出品された設定資料の画像で判明。
  3. サリア本人はこの趣味を知られる事が面子に関わるとして内心かなり恐れており、偶然秘密を知ったアンジュ暗殺しようとまでした程。
  4. 映像ソフト化の際に「胸の大きさ」だけ修正されている。
  5. 顔グラは戦闘時の叫び顔なのだが、状況が状況の為シュールな事になっている。
  6. アンジュ自身は言いふらす気など毛頭なかったのだが、サリアにとってストレスが溜まる主な原因の一つがアンジュの存在なので余計に火に油を注ぐことに。
  7. ちなみに見られた直後に魂、熱血、気迫を始めとする精神コマンドがかかっており、狂乱した彼女の攻撃によって敵増援が爆死した。また味方が大ピンチに陥った際の曲「Abyss of the despair」が流れる。

商品情報[編集]