ホープス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ホープス
外国語表記 Spero
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 野田圭一
デザイン 中島和恵
初登場SRW スーパーロボット大戦X
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 高次元生物(自称魔法生物)
性別 人格的にはオス
所属 魔従教団(脱走)→エクスクロス→単独行動(困難ルートラスボス時)
テンプレートを表示

ホープスは『スーパーロボット大戦X』の登場キャラクター。

概要[編集]

主人公のパートナーを務める魔法生物。眼鏡を掛け、ジャケットを着た黒いオウムの様な姿をしているが、オウムと呼ばれる事を嫌っている。

ドグマを用いて創られ、人語を解することが出来る。自らの知識を広げる為に主人公と共に旅をしている。どこか他者を見下した様な話し方をしており、相手の気分を損ねてしまうことが多々ある。自身の知らない知識には激しく興味を示し、貪欲なまでに習得したがる反面、既に知っている知識には全く興味を示さない一面が存在する。

戦闘時にはゼルガードに搭乗し、主人公のサポートを行う。

名前は、主人公と共に魔従教団を脱走した際、主人公が希望の意味を込めて名付けた物。

その正体は魔獣エンデと同じく高次元生物と呼ばれる存在であり、その幼生体にあたる。エンデが自らの生命のスペアとして別世界から呼び寄せたが、その宿命から逃れるべく教団から主人公を伴い脱走した。エンデ同様人間の感情を糧とするが、エクスクロスの一員として彼らと行動を共にした結果、様々な出会いを経て負の感情を好むエンデとは対照的に喜び、愛、希望といった正の感情が好みとなっていった。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
担当声優の野田圭一氏は、『NEO』以来約9年ぶりの版権スパロボ参加となる。
後半に精神コマンドが変更され6つ習得できるようになるが、気合を忘れてしまうのが困りもの(主人公の精神によっては補うことはできる)。さらにそのラインナップは特殊誕生日の価値を暴落させてしまう。
主にファクトリーの運用を任されるが、腹に一物抱えているような言動もあってか、『V』のナインほど信頼されず、キャラによっては『第3次Z』のAGの如く怪しまれている。また、自軍入りしたキャラの服装は彼がドグマで作っているようだ。
第39話ではイオリ編の場合一時的に敵になるのに対し、アマリ編の場合はアマリを守るためにゼルガードのメインパイロットとしてスポット参戦と真逆の対応を見せる。
また、困難ルート最終話ではエンデ撃破後に真のラスボス「魔獣ホープス」として立ちはだかる。無論、敵対時はゼルガードのサブパイロットからいなくなるので要注意。
なお本作のファクトリーで購入できる強化パーツはすべてホープスが制作した魔道器である。その解説はインターミッション中の『プロダクトリスト』から読むことができる。
スーパーロボット大戦T
シークレットシナリオ「来訪者X」限定のスポット参戦
エキスパンション・シナリオでは第3話より正式に参戦。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

アマリ編第39話で味方参戦した時はイオリ、アマリを一回り強化したような能力値を持つ。しかしメインパイロットとしてはスポット参戦ゆえ養成ができないので過信は厳禁。

ラスボス時は文句なしに全能力が最強クラス。成長タイプの都合で回避が伸び悩むものの、それ以外はケチのつけようがない。

精神コマンド[編集]

X(物語前半)
感応祝福気合
前任者達後任と異なり完全なサポート構成。
物語前半と後半とで、修得可能な精神コマンドに変更が出てくる。彼の心境の変化の表れであろう。
X(物語後半)、T
感応先見祝福信頼期待希望
後半のラインナップ。なお、主人公の誕生日が11/11 Bだと感応、先見、祝福と3つも被ってしまう。

特殊スキル[編集]

X
敵対時(スポット)
底力L6、見切りL2、気力+(ATK)闘争心L2
イオリ編第39話でゼルガード・ミラーに搭乗した時のもの。
敵対峙(ラスボス)
3回行動底力L3、気力+ボーナス闘争心L3、気力限界突破L3、プレッシャーL4
強力な技能が多数揃っているが、底力のレベルが第39話よりも下がっており、ラスボスにしては異様に低い(Zシリーズのラスボスより更に下)。本心からエクスクロスを敵視しているわけではないため、手心を加えているということか。

エースボーナス[編集]

「気力130以上で与ダメージ1.1倍。移動力+1」
第39話で敵対(イオリ編)・味方参戦(アマリ編)した時のエースボーナス。アマリやイオリと全く同じボーナス。
「気力130以上で自軍フェイズの開始時、精神コマンド「覚醒」がかかり全てのユニットの気力+5」
ラスボス時。魔獣エンデのエースボーナスの上位版といったボーナス。4回行動に加え、自軍の気力を上昇させてくる。
初期気力がかなり高いため、エンデ戦では脱力を温存しておかないと、発動を阻止出来なくなる可能性がある。

人間関係[編集]

イオリ・アイオライト
彼に対しては挑発的な態度をとることが多いが、内心では信頼し合っている。中盤から、彼に対してのみタメ口で接するようになる。
アマリ編では、敵対時にアマリに怪我を負わせたこともあって完全に彼女に付く悪い虫扱いで、犬猿の仲になる。このためかこちらでも彼に対してのみタメ口かつ呼び捨てである。
アマリ・アクアマリン
旅を続けるうちに、彼女に対して強い保護欲を持つようになっていく。やがてそれは恋に発展していき、アマリを巡ってイオリと喧嘩するようになる。
イオリ編では一緒にいる期間は少ないため彼女に恋をしていないが、彼女に対して奥手で踏み込めないイオリをアマリと一緒にからかうようになる。
魔獣エンデ
自身をスペアとして呼び寄せた存在。生贄になるのを拒絶し、最終的に真っ向から敵対することになる。困難ルートでは、アル・ワースを救うため、彼の肉体を乗っ取り正の感情を集める器として利用する。
ナイン
V』における自身と似た立ち位置の人物。『T』のエキスパンション・シナリオにて共演し、口喧嘩しながらも親交を深める。
ラミィ・アマサキ
T』における自身と似た立ち位置の人物。『T』のエキスパンション・シナリオにて共演。彼女の希望を持つ姿に感心するが、とある事実を知らなかったため驚愕する場面も。
エイミス・アーネスト
『T』エキスパンション・シナリオにて共演。同じような性格の彼女からは「ちょっと注意が必要かもしれないわね…」と思われていた。
アールフォルツ・ローム・ハルハラス
『T』エキスパンション・シナリオにて対峙し、彼の傲慢極まる自意識を「腐ったおぞましい感情」、「匂いを嗅ぐのも拒否する」と嫌悪・酷評する。

版権作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

シャア・アズナブル
フラグを立てている場合、彼にナイチンゲールの所在を教える。また、彼を巡る感情の渦を感じたことで異界人召喚の真相の一端に気付く。

リアル系[編集]

サリア
DLC「プリティ・サリアンの冒険」にて、彼女の秘密の趣味を目撃してしまい…。
ルルーシュ・ランペルージ
困難ルート最終話でホープスがやろうとしたことは、彼がやったゼロレクイエムと近いものであったためか、真意を見抜かれている。
ネモ
アマリ編26話のファクトリーシナリオでは、彼とルルーシュを秘密裏に呼び出して、アマリを救出するために必要な情報を提供する。
紅月カレン
彼女からも腹黒オウム呼ばわりされる一面がある。

スーパー系[編集]

剣鉄也
エーストークやラスボス時の特殊台詞で、彼の事を「戦闘のプロ」と呼ぶ場面がある。ホープス役の野田氏が、TV版での鉄也を演じていたことを意識したネタだろう。
剣部シバラク
彼からは「格好付けオウム」呼ばわりされる。
モコナ
同じく魔法を使う者をサポートする聖獣(のような存在)だが、何故だか相性が悪いらしい。

名台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「ルルーシュ…! 余計な事は言うなよ…!」
ラスボス時における対ルルーシュの特殊戦闘台詞。真意を見抜かれていることを察知して釘を刺している。
「剣鉄也! 戦闘のプロのお前の戦いを私に捧げろ!」
ラスボス時における対鉄也の特殊戦闘台詞。中の人ネタであり、ある意味ファン必見の新旧剣鉄也対決でもある。
「剣鉄也の力…! まさに戦闘のプロフェッショナル!」
同上、こちらは被弾時のもの。

ファクトリー[編集]

エーストーク[編集]

「コングラチュレーション・エースパイロット。おめでとうございます」
エースパイロットへの祝辞。
「ロボットだから…マシンだから、人命救助のために我が身を犠牲に出来るのですか?」
エーストークでのガードダイバーとのやりとり。「ロボットだから…マシンだから」のくだりは、野田氏が主演した『グレートマジンガー』のOP「おれはグレートマジンガー」の歌詞が元ネタ。
「復活されるのですか?」
エーストークでのルルーシュ・ランペルージとのやりとりで、「欲望に忠実な身勝手な人間」の存在をホープスから突きつけられたルルーシュが「考えがある」と言った際に。直後に「よみがえるのはルルーシュではない。ゼロだ」と返される。やりとり自体が『コードギアス 復活のルルーシュ』の宣伝になっている。

シナリオ[編集]

(愛…)
(腹の足しにもなりませんね)
第12話「オーラバトラー飛翔」より。マーベルとの会話で、ショウが愛の力で奮い立ったという話を聞いて。この時点では魔獣エンデ同様に愛は好物でもなんでもなく、完全に馬鹿にしている事が伺える。
ヒイロ「………」
ホープス「………」
ヒイロ「………」
ホープス「………」
(なるほど…これは手強い方です…)
(このような意志の下の激情…。それが表に出てくれば、さぞ面白いものが見られるでしょうね…)
分岐第14話でのヒイロとのやりとり。そろそろになりつつある無言の対話。
(しかし、何なのでしょう…。この今までに感じた事のない甘美な味わいは…)
アマリ編第20話クリア後のルート分岐選択後のファクトリーにて、アマリから仲良くなりたいと言われて。この時点で彼女に惹かれ始めている事がうかがえる。
クラマ様の苦しみ…ワタル様の悲しみ…)
(好みが変わったのでしょうか…。昔ほど、苦みというものが好きではなくなったようです…)
(これは…我ながら驚きです…)
地上ルート第22話「極寒の死闘」より。 エクスクロスのメンバーと共にいる事で好みが変わり始めている事が分かる。
(これは場合によっては最上の美味が味わえるかもしれません…)
イオリ編サブ主人公加入後のファクトリー会話にて。アマリイオリに対して異性として意識している事を見た際の反応。
他者の愛や希望の感情を好物とするホープスにとって、己のマスターとその想い人の間に生まれるかもしれない感情を最上の美味と評した。
後々、通常ルート最終話において魔獣エンデがこの最上の美味を味わう事になるのだが、その結果は…。

シナリオデモ[編集]

共通[編集]

魔神の脱出装置は、高い性能を持ってますからね」
イオリ編第2話「立ち上がれ、救世主!」orアマリ編第2話「救世主ワタル!」より。シュワルビネガー撃墜時の台詞。脱出したかどうかを尋ねられた際の返答。
原作では爆発して吹っ飛んでいるだけなのだが、スパロボではワタル達に人殺しをさせない配慮としてこのように解釈されている。
(誰も、あの黒いロボットの精神が外部から制御されている事に気づいていません…)
(ですが、良心の呵責なく、あれを撃破できる方が幸せだと考えれば、余計な口を挟むべきではないでしょう…)
ドアクダールート第16話「闇を照らす太陽」より、ブラックマイトガインを倒そうとしている事に対して。
『X』のブラックは原作や『V』のように一時的に仲間になる展開がないため、誰も本来のブラックを知らないのだが、ホープスは操られている事を知りつつも黙っている。
「ブラック・ノワール…。最後にあなたに一つだけ教えてあげます。あなたは智の神エンデなどではありません。そのように思い込まされていたのでしょう」
困難ルート第50話より、ブラックノワール撃墜時に。
「我が名はホープス! その名を胸に、もう一度アル・ワースを創造する!!」
最終話より。魔獣エンデが消滅したことにより、アル・ワースも消滅の危機に陥るが、愛や希望の感情を力にしたホープスがエンデの代わりにアル・ワースを支えていくことになる。
「始まりのアル・ワース…。神と獣、光と闇、過去と未来が集う世界…。それは永遠に覚めぬ夢…」
「大地は人の想いを吸い、木々には知恵の実が熟す…」
「生と死の狭間に浮かび、誰にも知られず世界は回る…」
「全ては、そこに生きる人々の未来への願いと共に…」
エンディングでのモノローグ。OPデモのナレーション(おそらく魔獣エンデのモノローグ)とほぼ同じだが、最後が決定的に異なる。

イオリ編[編集]

「あなたには失望しましたマスター」(前期)
「失望したぞマスター」(後期)
主にイオリが迷ったりホープスとは反対の意見を言った際に放つ批判。事あるごとに言いそこから口論に発展する為もはや名物である。
「ありがとうございます、マスター」
イオリ編第25話「魔従教団」より。教団を脱走したイオリであるが、特例としてエンデの加護が受けられるエンデの印が与えられ、ホープスの返還を条件に今後も旅が認められる事になった。
しかしイオリはパートナーであるホープスの方が大事と述べ、ホープスに再び脱走するか教団に留まるかの選択を持ちかける。ホープスは初めてイオリに対して心からの礼を述べた。
「呼び方はマスターですが、彼と私の関係は対等となったと言えます。故に彼に対しての態度は改めます」
イオリ編第26話「希望の翼」エンドデモより。この話以降、2人は対等な相棒関係としてゼルガードと共に戦っていく事になる。
ホープスがイオリに対し敬語を使わなくなり、イオリもホープスの事を完全に信用はしてないと述べるなど、端から見れば仲が悪くなったように見えるが、前述の第25話におけるやりとりや、イオリがホープスを信頼することで一瞬ではあるがゼルガードが真の力を発揮するなど、2人の間では信頼関係が結ばれつつあった(C.C.曰く「2人は運命共同体」とのこと)。
「いいものだな。男二人でギスギスしたコックピットに一輪の花が咲いたようだ」
イオリ編第39話「ドクマの意味」より。ゼルガードサブパイロットとしてアマリが搭乗した際の台詞。
これまでの2人の事を考えれば、アマリの加入はまさに一輪の花が咲いたと例えるに相応しいものである。
ホープス「雑念が交じるとオドの収束が乱れる。自重しろよ、マスター」
イオリ「お前は黙ってろ、腹黒オウム!」
ホープス「調子に乗るなよ! 名前をつけたのなら、最後まで責任を持ってその名前で呼べ!」
同上。アマリサブパイロットに加入した後の戦闘前会話より。
片思いの相手と共に戦う事になり緊張する様子を見せるイオリをからかうホープス、イオリは売り言葉に買い言葉で返すが、未だにオウム呼ばわりされることに激昂する。
最終話にて明かされるが、自身につけられたホープスという名をとても気に入っているため、オウム呼ばわりされることは本気で気に入らないようである。
「引き留める必要などない、これが私の選んだ道…私のドグマだ」
「故に覚悟は出来ている」
困難ルート最終話「永遠のアル・ワース」より。魔獣ホープスとして集めた正の感情を使いアル・ワースを支えていくことを決意するホープス、それを代償に消滅する事になるが迷いはなかった。
魔獣エンデを倒すために己を犠牲にしようとしたイオリの決意と同じものとなっている。
「ありがとう、イオリ。お前のくれたホープスという名…すごく気に入っている」
最終話より(通常ルート、困難ルート共通)。魔獣エンデの代わりにアル・ワースを支えていくことになるホープスが、最後にイオリに呼びかけた台詞。
口喧嘩の際に腹黒オウム呼ばわりされると怒りを露わにしていたホープス、本心から与えられた名を気に入っていた事が最後に明かされる。
また、アマリ編の困難ルートでも最後に同じ言葉を伝えるシーンがある。
(きっと、また会えるさ…)(通常ルート)
(さらば、マスター…。そして、ありがとう…)(困難ルート)
同上。消滅直前の最期の台詞。何度も衝突しながら信頼関係を結んでいったイオリとホープス。その絆は確かなものであった…。

アマリ編[編集]

「恋!?」
アマリ編第26話「自由という翼」シナリオエンドデモより。ベルリに自分の感情を指摘されて。自分の感情に気付いていない彼は翼とトサカを広げてまで驚愕している。
また、アマリ編第39話「帰るべき世界」戦闘終了後にアマリが「恋もしたいですけどね」と口走った際にも発言している。
「イオリ・アイオライト! 貴様はっ!!」
アマリ編第38話「私の大切な場所」にて、暴走しアマリに重傷を負わせたイオリに激怒して。
「イオリ・アイオライト…。お前は絶対に許さない…」
同上。撤退間際でのイオリに対しての呪詛の言葉で、上記の台詞と同様、ホープスがこれまでにないほどの激情を露わにしているかがよくわかる。
(死は最も恐れるべきもの… だが、何故でしょう…。今の私は死する事すら恐れていません…。マスターを失う事…。今の私に、それより恐ろしい事はないのです…!)
アマリ編第39話「帰るべき世界」での戦闘前の心中にて。自身よりも他人の喪失に恐れを感じる、その変化に戸惑いながら…。
セルリック「魔法生物! 主人を守るために無謀にも向かってくるか!」
ホープス「あなたにはわからないでしょうね。今、この私の胸の内が悦びで満たされているのが」
セルリック「何っ!?」
ホープス「お前にはわかるまい! この私を突き動かす感情が! この甘美な味わい! お前達には絶対に渡さないぞ!」
同話にて、セルリックとの戦闘前会話で。アマリに対する、自らの感情をはっきりと自覚した瞬間。
「申し訳ありません…。本当はもっとマスターを怒らせ、嫌われようとしたのですが…」
「やっぱり、駄目ですね…。愛する人に嫌われるのは生命を捨てるよりも怖かったです…」
通常ルート最終話より。
(きっと…また会えます…)(通常ルート)
(さようなら、マスター…。そして、ありがとう…)(困難ルート)
同じく最終話より。魔獣エンデの代わりにアル・ワースを支えていくことになるホープスであるが、その代償として消滅することになる。消滅直前の最期の台詞。
己に他者を愛するという感情を教えてくれたアマリに対しての想いが込められている。

[編集]

「英雄ですか…」
(私の中に残っているかすかな記憶とは少し違いがありますね…)
(ですが、懐かしく感じるのは、その魂がどこかでつながっているためでしょう…)
エキスパンション・シナリオ第6話地上ルート「憎しみの使徒」サイドプランシナリオより。特務三課の面々より甲児がこの世界の危機を幾度も救った英雄だという事を聞かされて。この世界の甲児と自身の記憶の中に残る彼との違いに内心驚愕にも似た感情を浮かべつつも、自身の知る甲児と別の可能性の彼も本質は何も変わらない事を悟ったように安堵する。

迷台詞[編集]

共通[編集]

「わ、私は何も見ていません! 何も言っていません!」
ボーナスシナリオ「プリティ・サリアンの冒険」より。サリアの趣味を見てしまい、主人公と合流直後に彼女に追いつめられての弁明。
主人公との関係が変わる第26話以降の話とはいえ、キャラ崩壊しながら激しく狼狽えている。
「美しき美少女聖騎士、プリティ・サリアンVS美しき魔法使い、アマリ・アクアマリン!」
ボーナスシナリオ「強く正しく美しく」より。以前のビビリっぷりとは正反対にとんでもない爆弾を投下している。
この発言にプリティ・サリアンを知らない男性陣はかなりざわつき、事情を知っているショウは「余計な事を……!」と毒づいている。もっとも今回はサリアの方がホープスにアマリとぶつかるように頼み込んでいたのだが……。

イオリ編[編集]

「モジモジするなよ。気持ち悪い」
イオリ編第26話「希望の翼」より。イオリがホープスを信頼したことにより、一瞬とはいえ真の力を発揮したゼルガード、その事に感謝したホープスに対しイオリはしどろもどろになる。
それを見たホープスのひと言。対等な関係になったことで罵倒にも遠慮がなくなっている。
「確かに結果として二人の対立をあおる形になってしまったが…」
「私は…ただ二人に仲良くなってもらいたかったのに…」
ボーナスシナリオ「異世界の友」より。仲があまりよくないマサキヒイロの関係改善のために尽力することになったが、ホープスの策が裏目に出て、さらに対立を煽る形になってしまう。
その事に怒りを見せるイオリに対しての返答。珍しく殊勝な態度を見せるホープスに、イオリはあっさり騙されてしまう。
「争いを静める事は出来るが、争いの原因はどうにも出来ない…」
「泥沼の戦いを再び起こしたくないのなら、自分で何とかするんだな、ではさらば!」
ボーナスシナリオ「強く正しく美しく」より。第一回ミス・エクスクロスを開催することにより、イオリの優柔不断に端を発したエクスクロス女性陣の戦いを治めたホープスだったが、イオリの優柔不断は許されず、その場でどの女性を選ぶのか発表するように促し逃亡する。
女性陣に詰め寄られたイオリの絶叫がメガファウナの格納庫に木霊するのであった…。
「やれやれ…。智の神エンデの加護を忘れたら、とんだ俗物になったものだな」
シークレットシナリオ「シュワルビネガーの秘密」より。乱入してきた金のルーン・ゴーレムとの戦闘前会話にて、俗物感丸出しのイオリを見た際の反応。
金の魅力に取り付かれたイオリを侮蔑するホープスであるが、シナリオ終了後のファクトリーにて、すっかり金の魅力に取り付かれ、マスターと同類になっているホープスの姿を見る事が出来る。
ホープス「どうした、マスター? アマリ様へのアプローチを諦めて、私とナイスカップリングを考えているのか?」
イオリ「お断りだ、腹黒オウム! 人の気も知らないで!」
イオリ編第43話対ドアクダールート「崩れ始める理」マップ開始前より。物思いにふけるイオリに対して冗談を飛ばすが、ホープスの事で悩んでいたため冗談が通じなかった。
「愛といっても隣人愛の可能性もあるがな」
通常ルート最終話「ここにある世界」より。アマリイオリへのの想いにより、魔獣エンデとの一体化を免れたイオリ、片思いと思っていた相手と相思相愛だったことを知り、感動するイオリに水を差した台詞。
1人の隣人愛程度では到底なし得ない奇跡であり、弱体化したとはいえエンデも健在の状況であったが、どんな時でもマスターをからかうことを忘れない腹黒オウムなのであった。
「残念だったな。二人きりでイチャイチャなどさせんぞ」
困難ルートエンディングより。まさかの生還を果たしイオリ達と再会した際の一言。最初期から考えればずいぶんと砕けたものである。このようにイオリ編では二人の仲を認めつつからかっているが…。
「予言してやる。その一週間でマスターはアマリ嬢に愛想を尽かされていただろう」
「マスターの世話が出来るのはこの私くらいだからな」
同上。ホープスの帰還に「1週間くらい戻ってこなければよかった」と冗談を飛ばしたイオリに対して。お馴染みの皮肉返しであるが、微妙にツンデレな台詞になっている。
通常ルートとは違い、アマリ想いに気付いていないこちらのルートの場合、奥手なイオリでは愛想を尽かされるとはいかないまでも、ホープスのサポートなしでは関係は進展しなかった可能性は十分ありえる。

アマリ編[編集]

(では、責任を持って、プリティ・サリアンとマジカル・アマリンのプロデュースをさせていただきます)
ボーナスシナリオ「プリティ・サリアンの冒険」エンドデモより。最初のサリアへのビビリっぷりとは打って変わってノリノリである。もっともアマリ編のホープスのため、自分がマジカル・アマリンを見たいだけという可能性もあるが。
ホープス「マスターの可憐さの前にはあのような俗物が抗えるわけはありません」
アマリ「やだ…ホープス…。褒めすぎよ…」
第29話「薔薇のバーサーカー」より。アック・スモッグルへのおねだり作戦の成功後。どう聞いてもバカップルの会話にしか聞こえない。
「ホープスって素敵…では?」
対ミスルギルート第34話『完全な世界』の開始デモより。アマリが何を考えているのかを当てる際に飛び出した発言。当然、アマリは困惑するものの、直後のホープスの発言を受けて無理に肯定する事となった。
「勘違いするなよ、イオリ・アイオライト。教団の服が目障りだったから、変えたまでだ」
「勘違いするなよ、イオリ・アイオライト。お前の存在は、ただのオド袋だ」
第39話「帰るべき世界」にて、ゼルガードに同乗することになったイオリに対して。前話での出来事があったとはいえ、なんともご無体な物言いである。どちらもアマリの発言に追従しているため、これも一種の嫉妬なのだろうか……
「…天野亜真里だった頃のマスターはどういった人物だった?」
「天野亜真里だった頃のマスターはどういった人物だったかと聞いている!」
「恋人はいたのか!? または想いを寄せる人物はいたのか!? それを聞いている!」
第39話のファクトリーシナリオより。かつてのクラスメートであったイオリに物凄い権幕で問いかけ、3行目に至っては翼とトサカを広げる程に荒ぶっている。なお遠くから見ていただけというイオリの反応から勝てると思ったのか、それ以降は冷静さを取り戻す。ちなみに、条件を満たしている場合はTacポイントを獲得できたことをイオリに感謝するなど、頭ごなしに嫌っているわけではない事が明かされている。
ホープス「では、いい機会だ。互いの気が済むまでマスターの魅力を語ろうではないか」
イオリ「付き合うぞ、ホープス。こいつは長い話になりそうだ」
同上。イオリから協力する必要があると言われ、最終的に二人でアマリの魅力について長時間語り合う事になった
ホープス「どんな結果になろうとも私の中で最高の女性はいつだってマスターですから」
アマリ「もう! そういう事じゃないのに!」
ホープス「いい笑顔、いただきました」
ボーナスシナリオ「強く正しく美しく」のアマリの戦闘前会話より。ホープスに何を企んでいるのか、と問い詰めるが、この返答にアマリも笑顔で答えてしまう。この時点ではただのバカップルな会話だったのだが……。
ホープス「あの…出来れば、お手柔らかに…」
アンジュ「やだ」
ホープス(さようなら、マスター…。あなたの笑顔を…私は忘れません…)
(さようなら、アル・ワース…。もうすぐ世界は終わります…)
「強く正しく美しく」エンドデモより。女性陣のストレス発散にはなったものの、アマリを好きすぎるあまりミス・エクスクロスを茶番と評してしまった事で女性陣の怒りを買い、唯一の味方のアマリはセシリーとアイーダに連れていかれてしまって四面楚歌になり、最後のアンジュのゲス顔を見て。
何気にホープスの正体についての伏線も張られており、ギャグイベントとはいえ危うくアル・ワースが崩壊しかける事になった
「…言っておきますよ、イオリ・アイオライト。あなたが来る前は、ゼルガードのコックピットで私達はずっと二人きりでした」
「要するに、あなたはお邪魔虫なのです。オドの供給源は黙っていてください」
対ドアクダールート第43話『崩れ始める理』の開始デモにて。相変わらずイオリに対しては辛辣だが、何故か敬語になっている
「残念だったな、イオリ。私が幼体の内は二人きりなどにさせるものか」
上記の生還時のアマリ編における台詞。この後イオリから「お前、成体になるまで何年かけるつもりだよ!?」と言うツッコミが入った。

T[編集]

「娘!?」
エキスパンション・シナリオ第8話「鉄と塊」サイドプランシナリオより。過酷な状況においても希望を持つラミィの姿に感心し、「彼女の成長を私も見守りたいです」と述べるも、アマサキから「ホープスさん…。お気持ちは嬉しいですが、うちの娘に不届きを働いたら、私が許しませんからね」と言われた時のリアクション。どうやら「血の繋がっていない親子であること」を聞かされていなかったらしい。宇宙ルートのナインとは対照的である。

搭乗機体・関連機体[編集]

ゼルガード
主人公と共に乗り込み、サポートを行う。
ゼルガード・ミラー
イオリ編にのみ登場するゼルガードのコピー機。
魔獣ホープス
困難ルート最終話にて、意思を破壊され抜け殻同然となったエンデの肉体を乗っ取った姿。

余談[編集]

  • 戦闘のプロ」こと剣鉄也役でおなじみの野田圭一氏が演じていることから、ユーザーの間では「プロ鳥」「鳥のプロ」なる俗称で呼ばれることがある。