2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

剣部シバラク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
剣部シバラク
読み つるぎべ しばらく
外国語表記 Shibaraku Tsurugibe
登場作品 魔神英雄伝ワタル
声優 西村知道
デザイン 芦田豊雄
初登場SRW スーパーロボット大戦X
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 神部界人
性別
生年月日 創界暦貮参伍参五年丑月拾四日
年齢 35歳
出身 ミヤモト村
身長 168 cm
体重 89 kg
血液型 O型
称号 剣豪
特技 剣術
趣味 なぞなぞ
嫌いな物 高いところ
注射
テンプレートを表示

剣部シバラクは『魔神英雄伝ワタル』の登場人物。

概要[編集]

ミヤモト村出身の創界山を旅する剣豪。大きな顔と体をしており、2、3頭身という珍妙な見た目が特徴[1]で、髭がチャームポイント。その容姿から(主にヒミコから)「カバ」[2]と呼ばれることもある。

美人にめっぽう弱く、単純な性格で簡単に敵の罠にかかることもしばしば。しかし、剣術の腕前は本物で、二刀を使う「野牛シバラク流」の使い手。

第一界層にてワタルと出会い、彼を二つ龍岩へ案内した事が縁で一行に加わる。魔神に乗る前の白兵戦でも「野牛シバラク流×の字斬り」を武器に活躍する。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
初登場作品。第2話という序盤から登場する。能力値・技能・エースボーナス共に優秀なため、存分に活躍できる。
戦神丸を呼び出す時のお決まりの台詞は専用イラストはもちろんのこと、DVE付きで再現される。また、カバ呼ばわりされる際の専用イラストも用意されている。美人に弱い所も描かれており、様々な作品の美女に色目を使っては周囲から呆れられるのがお約束となっている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
SRサポートユニット。グラフィックは『X』の流用。

パイロットステータス[編集]

能力[編集]

ワタルの先生だけあり、コメディタッチの人物とは思えない程の格闘、技量、防御を誇る[3]。技量の養成に余裕があるならば、再攻撃担当になれるほどである。

回避はスーパー系のキャラクターよりやや高い程度だが、デフォルトで見切りL3を取得しており、エースボーナスを獲得すれば合計で35%もの最終回避率補正が得られることに加え、がサイズSかつ、運動性がビルバインνガンダムと同水準であるため十分にカバー出来る。

精神コマンド[編集]

X
根性努力必中不屈気迫熱血

特殊スキル[編集]

X
底力L7、見切りL3、援護攻撃L1、サイズ差補正無視L1
できるなら底力レベルをすぐ9まで養成しよう。援護攻撃の所持も頼もしい。

エースボーナス[編集]

特殊スキル「見切り」発動時、最終命中率、最終回避率、クリティカル率の上昇値+20%
X』で採用。シバラクは最初から見切りがレベル3なので、エースボーナスを獲得した時点で発動時に集中がかかっているような状態となり非常に強力なボーナスといえる。
あるいは、「見切り」が「」に変更されると表現してもよいかもしれない。いずれにせよ、先生の面目躍如というべき内容なのは間違いない。
元々の技量の高さに見切りレベル3とこのエースボーナス、さらに戦神丸(戦王丸)のカスタムボーナスでクリティカル率+30%を加えればほぼ全ての攻撃がクリティカルとなる。
極めつけに底力レベル7をデフォルトで取得しているため、被弾して底力が発動すればクリティカルが出ない方が珍しいという状態になる。

サポートアビリティ[編集]

野牛シバラク流の手ほどき
SR。命中率、回避率、クリティカル率アップ。

人間関係[編集]

仲間[編集]

戦部ワタル
とある一件を経て彼の師匠となり、「先生」と呼ばれている。呆れられたり嫌味を言われることも多いが、師弟愛は強く、ここぞと言う時には彼に的確な助言をすることも。
忍部ヒミコ
仲間の一人。彼女からは「オッサン」と呼ばれているが、「河馬(カバ)」扱いされる事も。
渡部クラマ
仲間の一人。彼からは「旦那」と呼ばれる。
忍部幻龍斎
ヒミコの父。彼の事を「親父殿」と呼んでいる。

ドアクダー軍[編集]

ドクトル・コスモ
第20話にてシバラクが劇中で初めて戦神丸で引導を渡した相手。ちなみに彼は第13話において一度ワタルに敗れている。

他作品との人間関係[編集]

グランディス・グランバァ
X』では彼女に一目ぼれするが、ネモにぞっこんな彼女にあっさり振られる。が、サンソンハンソンとは共にグランディスを守る者としてたちまち同志となった。
マリー・エン・カールスバーグ
『X』では彼女に「カバのおじさん」と言われた。
ヴィラル
『X』ではエンキドゥドゥ搭乗時の彼と戦闘すると同じ二刀流の武人同士で繋がる戦闘前会話が存在する。
獣人
『X』ではシバラクから攻撃を受けると、「あいつカバの獣人じゃなかったのか!?」と言われる。
イオリ・アイオライトアマリ・アクアマリン
『X』では彼(彼女)と共に当初からワタルを支え続け、エクスクロスの始まりの三人とも言われる。
イオリが主人公の際には、記憶を取り戻した彼に対して、誰であろうと自分達の大切な仲間であるとして気を遣った。アマリの場合は彼女に女心の秘訣を聞く場面こそあるものの、未成年という事もあってか色目を使う事もなく良き仲間として接している。
ミック・ジャックジルヨーコ・リットナーレーネ・クラインベックステア
彼の好みのタイプの女性たちであり、困難ルートエンディングではグランディスとお別れというヒミコに続いて、クラマが全員の名前をあげている。

名(迷)台詞[編集]

「1000、10、0(せーん、じゅー、まる)と……」
戦神丸を呼び出す時のお決まりの台詞。
ワタル「うわあああ! カバだ!」
シバラク「こらぁ! 拙者のどこがカバだ!」
第2話でワタルと初対面の時の一部始終。
ヒミコ「あ! 河馬だ」
シバラク「な、何? どこ? どこ? どこだ? …ん? …あれは拙者の顔が映ってるのだ!!」
第6話にて、鏡が沢山ある部屋に入っては、それに映っている自分の姿やヒミコを見てのやり取り。鏡に映っているシバラクの姿が一瞬だけカバになっている。これ以降、ヒミコに時たま「河馬(カバ)」呼ばわりされる事に。
「美しい…なんて美しい人なんだ…。お嬢さん、お怪我はありませんか? 拙者の手にお掴まりください…」
第12話にて。うっかりソイヤ・ソイヤ配下のマリアンネットとぶつかった際、彼女の美しさに魅了されるあまり二枚目風の顔になっての口説き。
…しかし、彼女がマリアンネットである事を知らなかったことは勿論、実際には何も触っていないのに、この後「手で触った」と彼女に言いがかりをつけられて火炎放射器をぶっ放されてしまった。
シバラク「ここを開けろー! こんな所に閉じ込めおって! 拙者を誰だと思っておるのだ!? 拙者は…」
ヒミコ「河馬だぞ~!」
シバラク「そうだぞー! …!? …か…」
ヒミコ「キャハハハハハハ…」
第15話にて。ワタルが第四界層に行っている間、ソイヤ・ソイヤによってヒミコやクラマと共に捕らえられ、ヒミコと一緒に牢屋に入れられた際の彼女とのやりとり。やはりヒミコの台詞の後に一瞬だけカバになっている。
シバラク「今の一太刀で昔のクラマは死んだ。さらばだクラマ」
クラマ「旦那…」
シバラク「先ほどの涙、お主の真心から出たものと見た。生きていればよいことはある。達者で暮らせ」
第18話にて。クラマがドアクダーのスパイだったことを知って一度は激怒し斬首しようとするが、ワタルの弁護にクラマが涙したのを見て彼を許し、刀の峰で斬るフリをするだけにとどめるのだった。
「ワタル、ここは戦神丸に任せろ! この前の決着をつけてやる!!」
第20話にてドクトル・コスモの卑劣な策略に対する怒りが頂点に達し、戦神丸を呼んで自らの手でドクトル・コスモに引導を渡すと決意したときの台詞。
「精神一到何事か成らざらん…掛けて掛からん事は無い!!」
前述の台詞の後でヒミコが電話線の切れた電話機を持って来た際、奇跡が起きるの信じて電話機に念じる時の台詞。そして奇跡が起きて戦神丸を召喚。そして…。
ヒミコ「河馬真似 河馬真似~」
シバラク「どわ~っはッはッは…! あ…あ? …これしき朝飯前!!」
ワタルの援護もあって、見事に戦神丸でドクトル・コスモの魔神・ギーガンIIを撃破した事からワタルとクラマに称賛された後のヒミコとのやりとり。やはりここでも一瞬だけシバラクの顔がカバになっている。
もっとも、案の定戦神丸の必殺技のバンクが龍神丸の必殺・登龍剣を真似しており、ヒミコが「河馬真似」と言って指摘したのもその為である。
「ボスにしてはばちい恰好」
第26話に於ける第五階層の支配者アック・スモッグルの第一印象。
「もしもし、戦神丸? あたしよ、シーちゃん。元気? あたし? 元気よ、バリバリ。ねぇねぇ、センちゃん、今日何食べた? うっそー、ダイエットしてんでしょ!? ん? 長電話してる場合か!」
第28話に於ける戦神丸との会話。女性でないとは入れない城の舞踏会に女装して潜入しているため、終始オネエ口調で会話。すっかり乗り気であるが、最後に突っ込む。しっかり受け答えしているであろう戦神丸もノリがいい。
「あははは、ワタルがちびっちゃくなったんだ!」
第31話より。第六界層にて、ビビデ・チビット・モレーテルの仕掛けたお菓子の家のお菓子を食べてしまい、子供になった際の台詞。
ちなみに約3年後、同じ目に遭った軍人がいた。
「ワタル! 師としてお前に教えることは何もない! 後は心置きなく戦おうぞ!」
第44話より。ワタルとドアクダーとの最後の戦いを前に、幻龍斎、クラマと共に現れ、ワタルに飛ばした最後の激。
「あ、戦王丸? シーバちゃん。今なコードレス電話でかけてんだぞー! すっごいだろー!? え!? お前もそうだって!? んん…いいから早く来い!」
『真』下の巻より。魔神山の戦いにて、虎王から創界山で流行っているコードレス電話を貸してもらい戦王丸に電話した時の会話。コードレス電話を持っている戦王丸に驚きである。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「お主のような奴がいるから、拙者にお嫁さんが来んのだ!」
X』における対エンブリヲ特殊戦闘台詞。尤も、シバラクの場合は女性に色目を使っては振られてしまう事から、そのやり場のない怒りをエンブリヲにぶつけているように見える。
「あなたの心に一本決めさせていただきますぞ、お嬢さん!」
こちらは『X』における対女性特殊専用台詞。ちなみにこの時のシバラクの顔が二枚目風になっている。
相手がビビデ・ババ・デブーだろうが誰だろうが、女性なら誰でも反応する。
「あ…センちゃん? こちら、シバちゃんだけど…今、モンジャ村だけど、来てくれるかな? そう! 大至急で!」
Xイオリ編第2話「立ち上がれ、救世主!」orアマリ編第2話「救世主ワタル!」より。モンジャ村より戦神丸を呼び出した時の台詞。ゲームオリジナルのDVE
余談だが、原作で「センちゃん」呼びしたのは上記の第28話のみである。
マリー「カバのオジサン、やめて!」
シバラク「カ、カバ…!? それって拙者の事…!?」
X』第3話「ブルーウォーターの少女」より。グランディス一味のサンソンハンソンを悪党だと早合点して懲らしめようとしたときにマリーに咎められて。この時のシバラクの顔がカバになっている所も再現されている。
「デカブツを討ち取ったり!」
『X』第6話「異界から来るもの」より、ガレオン級のドラゴンを初めて撃墜した後の台詞。
シバラク「むう…!」
ヴィラル「ほう…出来るな、貴様」
シバラク「名を聞かせろ」
ヴィラル「元人間掃射軍極東方面部隊長、ヴィラル」
シバラク「拙者、野牛シバラク流免許皆伝、剣部シバラクと申す…! 互いの二刀に懸けて、いざ尋常に…!」
ヴィラル「勝負だ!」
『X』第10話「めぐりあう螺旋」より、ヴィラルと戦闘した際の戦闘前会話。
「覚えておけ、ワタル。男というものは、一度に複数の女性を愛する事も出来るのだ」
『X』第13話終了後の分岐直前のシナリオデモより。ちなみにここでも前述の対女性特殊戦闘台詞と同様にシバラクの顔が二枚目風になっているが、この後ヒミコやクラマに突っ込まれた。
シバラク「むう…。金も力もある色男というのは反則だ…」
ヒミコ「オッサンにあるのは河馬力だけか」
シバラク「河馬力ではない! 馬鹿力だ!」
『X』第16話創界山ルート「闇を照らす太陽」より。舞人を羨ましがるシバラクとそれに対するヒミコとのやりとり。この後チャム「自分でバカって言っちゃった…」と突っ込まれた
シバラク「…魔従教団の在り方は、クラマの裏切りがどうしても許せんかった以前の拙者と同じだ。だが、ワタルやヒミコを見て、拙者は過ちを許す事の大切さを知った」
ジェレミア「綺麗過ぎる水に魚は住めない…。イオリ(アマリ)を彼等の身勝手な潔癖さの犠牲にするわけにはいかないでしょう」
シバラク「ジェレミア殿の言う通りだ。だから、拙者は拙者の信じる正義で魔従教団と剣を交えよう」
『X』第26話より。第9話で主人公が魔従教団と交戦した時は慄いていたシバラクであったが、主人公の意志を蔑ろにする教団のやり方に決別し、自分の信じる正義で彼らと戦うことを決意する。
「お主がイオリ・アイオライトでも葵伊織でも、何も変わらん」
「お主は菫青石の術士で正義を愛する拙者達の大切な仲間だ」
『X』イオリ編第39話「ドグマの意味」より。本来の記憶が戻ったが、その実感が持てず思い悩むイオリに対してかけた台詞。
旅の始まりから共にしてきたからこそかけられる言葉であるが、思い悩む状態のイオリに躊躇いもなく言葉をかけられるシバラクの姿に対し、ミックジルはいい男(顔以外は)と称した。

搭乗機体・関連機体[編集]

戦神丸
シバラク専用の侍型魔神。
戦王丸
戦神丸の強化機体。
ヘルコプター
敵魔神。放送当時発売されたプラモデル『プラクション』には、かつてシバラクから付けられたという触れ込みの×字型の刀傷が左足にモールドされていた。

脚注[編集]

  1. もっとも、神部界では珍しくない模様。
  2. 第29話では実際にカバにされた。
  3. 格闘と技量は万丈鉄也らと同水準、防御も甲児に次ぐ2位と、いずれもトップクラスのステータス。