忍部ヒミコ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
忍部ヒミコ
読み しのびべ ひみこ
外国語表記 Himiko Shinobibe
登場作品
声優 林原めぐみ
デザイン 芦田豊雄(第1期)
牧内ももこ(七魂の龍神丸)
初登場SRW スーパーロボット大戦X
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 神部界人
性別
生年月日 創界暦貮参伍伍七年卯月壱日
年齢 7歳
出身 モンジャ村
身長 110 cm
体重 18 kg
血液型 AB型
称号 頭領
好きな食べ物 花らっきょう(『初代』)
チョココロネ(『七魂の龍神丸』)
テンプレートを表示

忍部ヒミコは『魔神英雄伝ワタル』のヒロイン

概要[編集 | ソースを編集]

神部界のモンジャ村に住む少女で、幼いながらも忍者の一族である忍部一族十三代目頭領であるが、これは父親がドアクダー討伐に向かって行方不明になってしまったためである。実際の忍術は未完成な物も多いが、歴代頭領一の破壊力の持ち主でもある。一人称は「あちし」。

天真爛漫で怖いもの知らずの元気な少女で大食漢。常に笑みを絶やさず、生まれた時から笑っていたほどの元気娘だが、逆に泣くことは嫌い。

異性のタイプはトリさん(=クラマ)とトラちゃん(=虎王)。

七魂の龍神丸[編集 | ソースを編集]

ワタルと共にドバズダーと戦っていたが敗北し、新たな旅に同行する。幻神丸を一人で操縦する。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

VXT三部作[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦X
初登場作品。序盤はNPCだが、第23話から幻神丸サブパイロットとして加入。ホープスのエースパイロットトークではDVE付き等、優遇されている。
シナリオではエクスクロスのムードメーカーとなり、同年代の友人と仲良くなったり、界層ボスからアイテムを取り返したりと出番が多い。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
幻神丸のパイロットで「幻龍斎/ヒミコ」名義。シナリオ中のグラフィックは『X』の流用。
2020年7月のイベント「奮い立つ心」では『七魂の龍神丸』バージョンが初登場。こちらはNPC。

パイロットステータス[編集 | ソースを編集]

精神コマンド[編集 | ソースを編集]

X
脱力かく乱加速応援祝福補給
彼女を象徴する精神である「脱力」は初期修得&自軍で最低消費と極めて優秀。
他の精神の揃えも素晴らしいため、彼女のためだけに出撃枠を確保しても構わないくらいである。
つくづく、メインパイロットでないのが惜しまれる優秀な構成だが、幻龍斎のエースボーナスと好相性なのが救い。
X-Ω
集中応援閃き
幻龍斎/ヒミコ」名義。
パイロットパーツ装備時
補給熱血脱力

人間関係[編集 | ソースを編集]

家族[編集 | ソースを編集]

忍部幻龍斎
父。行方不明になっていたが、ドアクダーにサルにされた姿で再会する。
忍部不知火
母親。ドラマCD『魔神英雄伝ワタル4』では不知火を「知らない」と名前を間違えており、それを聞いた虎王が早とちりして、母親を探そうと言ってトラブルに巻き込まれる。
忍部オジジ
祖父。

仲間たち[編集 | ソースを編集]

戦部ワタル
共に旅を始める。
剣部シバラク
顔のでかいおっさんとして懐き、時たま「河馬(カバ)」扱いすることも。
渡部クラマ
キザな彼の事を気に入る。
虎王
彼のヨメにされる。
翔龍子
ヨメの本来の姿。

他作品との人間関係[編集 | ソースを編集]

チャム・ファウ
忍法トンボつかみの術で彼女を捕まえた。
ノレド・ナグ
エクスクロスの生活班長で、彼女から手ほどきを受けている。
エルピー・プルヴィヴィアン
年の近い友人として、よく一緒に遊んでいる。
エルシャ
ワタルともども、可愛がられている。
エンブリヲ
女の敵と言われている彼でも、さすがにヒミコからしてみれば『良きおちょくり相手』でしかない。また、若いのに「ロンゲのおっさん」と呼ばわりしている。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「キャハハハハハハ」
笑い声。常に大声で笑い続ける元気娘である。
なお、林原氏が起用されたのは笑い声が素直だったからと言う逸話がある。
「ばんざーい! ばんざーい!」
歓喜の際の台詞。両腕を上げながら行う。ゲームでも回避時に発言する。
「ヒミコミコミコヒミコミコ…」
忍法使用時の呪文。『X』ではDVE
「あ! 河馬だ」
「河馬だぞ~!」
「河馬真似 河馬真似~」
シバラクを「河馬(カバ)」扱いするときの台詞の数々。
「ベロレロレロレロレロレロ…」
第10話より。龍神丸に破壊されたスケルバットの残骸から脱出した時に正体が露になったデス・ゴッドに対してアカンベーをする際の台詞。
デス・ゴッドはそんなヒミコの変顔を見ただけでも恐怖のあまり、泣きながら退散した。
「あのお姉さん、ヒミコをいじめる怖いお姉さんなのだ!」
第12話より。ソイヤ・ソイヤ配下のマリアンネットの城に幽閉されていた彼女の乳母と対面したときの台詞。ヒミコが珍しく怒っている場面である。
尤も、忍法空からお邪魔しま~すの術でマリアンネットの城に着いた時に入浴中の彼女と出くわし、服が汚れているという理由でいきなり水を掛けられては服を着たまま無理やりゴシゴシと洗われた事を本心ではかなり根に持っていた模様だが、この後乳母からマリアンネットは本来は優しい人でドアクダーによって悪の心を吹き込まれた事を告げられる。
「トリさんの方がカッコよかったよ…。でも、今のトリさんも大好きだ…!」
第22話より。復活の聖水により元の姿に戻り、故郷の村に戻るクラマとの別れの言葉。劇中で初めてヒミコが泣いた場面。
「キャハハハハハハ! 『犬』に『河馬』に『虎』だー!!」
第29話より。ビビデ・シシカバブーの魔法によって犬の姿にされたワタル、カバの姿にされたシバラク、虎の姿にされた虎王を見ての台詞。
「あーあ、踏ーんじゃった、踏んじゃった! 巻きうんちゃを踏んじゃった!」
同上。忍法巻きうんちゃで巻きうんちゃをばら撒き、その隙に退却するも、ワタル達を追いかけようとしてそれを踏んだヘルライガーに対しての挑発。「巻きうんちゃ」が何なのかはお察しください。
「ワタル、さよならじゃないよ! また会おうだよ!」
最終回より。忍法「テレビの国からこんにちは」でワタルの家のテレビから現生界に現れ、ワタルと共に創界山からのビデオメッセージを見終えた後、「さよなら」と告げたワタルに対して、こう訂正する。
『X』では中断メッセージにも採用されている。

スパロボシリーズの名台詞[編集 | ソースを編集]

「きゃはははは! 変な仮面のおっさん、見ーっけ!」
X』における、対ネオ・アトランティス特殊戦闘台詞
「エンブリヲのおっさん! あちしをヨメにするのは諦めるのだ!」
「残念でしたぁ! あちしは虎ちゃんのヨメになるのだ!」
『X』における、対エンブリヲ特殊戦闘台詞の数々。
「モー! 最高なのだ!」
『X』第13話「ナディアの家出」より。この台詞からして、ヒミコはノレドが作るビーフシチューをとても気に入っていたらしいが、この台詞の後でナディアから自分が肉嫌いであることを告げられる。
「オッサンにあるのは河馬力だけか」
『X』第16話創界山ルート「闇を照らす太陽」より。シバラクに対して「馬鹿力」を「河馬」と掛けて「河馬」扱いしている。
「んじゃ、負けずにヒミコミコミコミコーッ!!」
『X』第17話(創界山ルート経由時)「眠る魔王」より。 初対面のプルを遊びに誘い、早くも意気投合する。
ヴィヴィアン「そこでクイズです! どうしてナディアは顔が真っ赤なのでしょう!」
ヒミコ「お猿のお尻は真っ赤っか! ナディアのほっぺも真っ赤っか!」
ナディア「ヴィヴィアン! ヒミコ!!」
『X』第21話地上ルート「灼熱の激闘」より。ジャンの事で赤面するナディアに対するヴィヴィアンとのやりとり。尤も、ナディアからしてみればおちょくられているように思える。
マリー「きゃーっ!!」
プル「プルプルプルプルプルーッ!!」
ヒミコ「待て、待て、待て、待てーっ!!」
ヴィヴィアン「鬼さん、こちら! つかまえてみなよ、ヒミコ!」
『X』第27話『宿命のライバル』での、マリーとプルとヴィヴィアンとの楽しい鬼ごっこでのやり取り。
そしてこれが虎王との初めての出会いとなる。
「きゃはは! 行き先は、竜宮城か!」
『X』第31話対ドアクダールート「ネモの秘密」にて、N-ノーチラス号が潜水している時に。
「えーと、えーと、14機目! ロンゲのオッサン、覚悟できてる?」
『X』第44話創界山ルート「真実の黙示録」より。笑顔でこの台詞を口走っている事から、他の女性陣が怒りをあらわにする中で完全にエンブリヲをおちょくっている。ちなみに実際のところ、エンブリヲを笑顔で挑発しているのは実はヒミコだけではなかった

搭乗機体[編集 | ソースを編集]

幻神丸
当初は父が1人で操縦していた。途中でヒミコ自身も乗り込み、2人で操縦するようになる。
幻王丸
幻神丸の強化機体。引き続き父と2人で乗り込むが、『真』の上巻では父が魔神山で新しい魔神を制作しに行く為にヒミコ一人で搭乗した。
モーモー丸、トントン丸、ポンポコ丸
忍部袋から取り出した卵から出現する小型メカ。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 忍部ヒミコを演じた声優の林原めぐみ氏は、それまで端役や脇役を中心に仕事をしていたが、本作のヒミコが初のメインキャラクターでもあった。また、後に数多くの作品で共演する事となる同じく声優の山寺宏一氏との初共演も本作であった。