ナイチンゲール

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ナイチンゲール
外国語表記 Nightingale
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 出渕裕
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 MSN-04II
頭頂高 22.5m
全高 27.8m
本体重量 48.2 t
全備重量 105.7 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 6,760 kw
アポジモーター 42
センサー有効半径 23,420 m
開発 アナハイム・エレクトロニクス
所属 ネオ・ジオン
パイロット シャア・アズナブル
テンプレートを表示

ナイチンゲールは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』の登場メカ

概要[編集]

名称は同名の鳥から取られている。

小説『ベルトーチカ・チルドレン』[編集]

小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』に登場する機体で、サザビーの代役機であった。νガンダムに対するHi-νガンダムと同じ立場であった。

作中ではアムロ・レイの駆るリ・ガズィHi-νガンダムと交戦しており、その末路もサザビーと同様。ただし映画とは異なり終始ナイチンゲールが優勢に戦闘を繰り広げた。その特異なシルエットから格闘戦には不向きそうに見えるが、作中ではHi-νガンダムと互角以上に殴り合い、更には蹴りまで披露している。

デザインは永野護氏の初期案を纏める形で出渕裕氏が担当し、その後のメディアワークス出版『データコレクション7 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』でサザビーの発展後継機と設定された。

CCA-MSV[編集]

サザビーの発展機として開発されたネオ・ジオン軍の大型モビルスーツ

背部のバインダーには大型のファンネルやスラスターが搭載されている。また、機体各部にはプロペラントタンクも接続され稼働時間が延長されている。

Hi-νガンダムに相対するモビルスーツで、サザビーの意匠を残しつつもモビルアーマーのような巨躯を持ち、MSとMAの中間といったデザインの機体である。

後年書かれた漫画『機動戦士ガンダム ANAHEIM RECORD』ではHi-νガンダムの開発の際のプレゼンを見たメラニーがその性能を危惧し、旧ジオン軍エンジニア陣に開発するよう命じている。また、トランスフォーム機能を追加しスラスター部を後方に向けるようにすることで高速移動を可能にしている。

登場作品と操縦者[編集]

ライバル機のHi-νガンダムと違って出演回数は極端に少ない。サザビーに比べて武装は少なめだが攻撃力や機体性能では上回る。初登場の『第2次α』では条件を満たすと現れるボスユニット、後のDでは無条件で加入する味方機として登場した。

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
隠し要素で第38話「星の屑、再び」においてサザビー(シャア)のHPを50%以下にし、そして休戦ルート第53話と拒絶ルート第55話でサザビーを撃墜すれば次の面でシャアの乗機がナイチンゲールに変わる。敵側の隠しユニット、という珍しい立ち位置にある。
拒絶ルートの場合には制限時間内に敵を全滅させるという条件がつき、さらにHP180000のディビニダドとHP90000のレウルーラと対峙するため、本作のシナリオ中屈指の難易度になっている。本機自体もHP160000と体力が多く、相手にする場合は総力戦になる。なお、拒絶ルートではこの機体が出る前のステージで倒しておかないと名のある敵パイロット達が引き継がれる為、難易度が格段に跳ね上がってしまう。自信のある人は「忌まわしき記憶と共に」で名前つき敵パイロットを撃墜しないでおくとスパロボ屈指の高難易度ステージを楽しめるので挑戦してみよう(本当に詰む可能性もあるのでセーブファイルは直前ステージと別ファイルにしておくことを推奨)。
あらゆる面でサザビーを凌駕しており、特に運動性は140と本作に登場するユニット中最高値。シャアの最期を飾るに相応しい修羅が乗り移ったかのような凶悪すぎる機体性能と彼の高い能力もあってゲーム中トップクラスの強敵として立ちはだかる。攻撃力の高い全体攻撃「ファンネル」の存在が脅威で、装甲の低い小隊員は一撃で撃墜されかねないゆえ攻撃を仕掛ける小隊にはチャクラシールドなどのサポートや養成技能ガードの習得、閃き不屈は必須。
シャアのCPU思考はEPではアムロの小隊を必ず狙うので回避の高いNTパイロットで小隊を組んでうまく囮にしよう。
攻撃が当たらないこととターン制限もあって拒絶ルートはおそらくラスボスより辛いが、ロボット大図鑑補完のためには一度は通る道となる。
弱点はサイズがMであること。サイズ差補正を活かせばかなり有利に運べる。ストーリーの流れから言ってMS勢と戦わせたいところかもしれないが、楽に攻略したいならスーパーロボットや戦艦をぶつけるのがポイント。特に休戦ルートの場合は集中攻撃するとダリウス大帝闇の帝王などと比較してかなりあっさり落ちるので拍子抜けするかもしれない。もちろん必中は必須なのだが。
次作『第3次スーパーロボット大戦α』では登場せず、没機体としての内部データに留まっている。武器のモーション・ユニットグラフィックは削除されてしまったのか、改造ツールを適用しても正常に動作しない。なお、正史ではシャアは本機体に乗っていた事が判明しており、原型機は隠し機体として登場している。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
本作では味方機として使用可能。シナリオ「PLANET DANCE」の出撃前に入手。サザビーを2割強くした機体で、Hi-νガンダムと夢のツートップが実現できる。武装は3つしかなく、サザビーと比べて小回りが利かない面もあるが、ファンネル搭載機の中では最も威力の高いファンネル(Wフィンファンネルに匹敵)を装備している。サザビーと同様合体攻撃が不可。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
隠しユニットとして登場することが発売前の『生スパロボチャンネル』にて発表されていた。スパロボ全体では『D』以来、据え置きでは初の味方として操作可能なナイチンゲールとなる。
本作のナイチンゲールは、クンパ・ルシータが「ヘルメスの薔薇の設計図」から作り出したサザビーの発展型という設定。
武装面ではP武器はビーム・トマホークしかないが、ファンネルの威力が他のファンネル搭載機と比べても二回りは高く、カスタムボーナスを取得してしまえば最終的にΖガンダムΖΖガンダムの最強武器とほぼ同等の威力になり、かつ燃費はそれらより遥かに良いと非常に強力。また地味にデフォルトでの最大射程が8と長い(他のファンネル搭載機は7)。更に着弾指定型のマップ兵器版も所持しており高い殲滅力を誇る。本作では拡散メガ粒子砲は所持していない。
最強武器であるファンネルの必要ニュータイプLvが3と、他機体の必殺武器と比べて非常に低いため、シャアとの相性の良さから少々勿体ないが他のキャラに乗せ換えるのもあり(グレミーの加入フラグを持つルー等)。
サザビーから改造段階は引き継ぐが、宇宙ルートを通っていないと改造する機会は2話、通っても4話ほどしかない。
入手しても言及はされないが、EDではHi-νガンダムクロスボーン・ガンダムX1フルクロスのフルクロス装備と共にアル・ワースに投棄されたものと思われる。
スーパーロボット大戦T
シャアが協力者であるUNDの技術を用いて開発した機体、という設定で登場。久々にHi-νとナイチンゲールの対決が実現する。フラグを満たすと第47話でシャアがサザビーではなくこちらに搭乗して自軍入りするが、その場合でもサザビーと同時に入手可能。宇宙世紀関連の隠し要素の中では唯一、シークレットシナリオ「流浪のハマーン」発生に必須ではない。
敵グラフィックは『X』の反転だが、パーソナルマークなど左側用に変更された。また、敵対時はマップ兵器版ファンネルが搭載されていない。
味方としての性能は『X』と同様で、ファンネルにカウンター属性が付与された。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2018年3月より実装。大器型SSRシューター。
2018年12月のイベント「起死回生のシャア」にてΩスキル搭載大器型SSRブラスターが追加。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
シロッコルートでシャアとミネバが乗り、味方としてスポット参戦。ハマーンロシュルートでは主人公機をパワーアップさせるためのパーツとして登場する。
シャアルートでは味方版より遥かに強い敵バージョンの機体が登場、大ボスとなる。更に出撃はムービー演出付きという特別仕様である。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

隠し腕
ジ・Oにも見られた前部スカートに装備されたサブマニピュレーター。計2基備えられている。ビームサーベルはこちらで使用する。これにより巨躯にも関わらず近接戦闘が可能。
『第2次α』では攻撃の合間にキックが入っている。
D』では「接近戦用マニピュレータ」の名称で登場。
バルカン
尖った胸部に2門装備。プラモデル「RE/100」で登場。
拡散メガ粒子砲
胸部に2門装備された強力なビーム砲。元々の設定上には存在しない武装だが、漫画版『ベルトーチカ・チルドレン』で追加。ただし漫画版では砲門が腹部に1門となっており、使用時にはカバーを展開するという構造になっている。
第2次α』登場の折に「メガ粒子砲」名義で実装された。
X』ではオミットされている。
シールド
サザビーの物と形状は同じだが、機体サイズに合わせて大型化している。左腕に1基装着。
ミサイル
サザビー同様シールドに内蔵されているとする資料もある。「RE/100」でも登場。SRW未実装。
ビームサーベル
隠し腕から使用して、敵機の虚を突く。
ビームトマホーク
2枚刃の斧とサーベルを同時または単独で発生させる。ビームは緑色。シールド裏に搭載。「RE/100」で登場。
メガビームライフル
MSの背丈程もある巨大な高出力ビームライフル。サザビーのビームショットライフルと同様の収束モードと拡散モードの他、高出力のビームを放射するランチャーモードを持つ。ランチャーモードでは外部からのエネルギー供給によりメガ・バズーカ・ランチャーに匹敵する出力となる。銃身の下部にはバイポッドを備え、長距離からの精密射撃も可能。
『D』では「大型メガ・ビームライフル」の名称で登場。
『X』では「大型メガ・ビーム・ライフル」の名称で登場し、収束モードとトドメ演出で拡散モードも使用される。
ファンネル
α・アジールと同型が10基、背部バインダーに装備されている。サザビーのものより搭載数が多くなっている。
『第2次α』ではファンネルのサウンドが強めになっている。
『X』ではパターンアタックになっており、ファンネルによる弾幕に紛れてビームライフルで追撃し、最後にトマホークで切りつけて離脱する。MAP兵器版もあり、着弾式&敵味方識別有りの1~3マス。非P武器だが、シャアがヒット&アウェイを習得済みで決意もあるので、マルチアクションとの組み合わせで使いやすい。
『T』では敵対時にはマップ兵器版が無く、更に通常版にはカウンター属性が付与された。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。
EN回復(大)
『第2次α』のみ。

移動タイプ[編集]

『第2次α』のみ飛行可能。Hi-νガンダムとは違い単独飛行可能な点は見過ごせない。
ただし、地上ステージで戦う休戦ルートでは、小隊員に空を飛べないギラ・ドーガがいるため意味がない。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

『ニュータイプ』専用武器の攻撃力がスキルレベルに応じて上昇
X』と『T』で採用。サザビーと同じボーナスである。
トップクラスの攻撃力を持つファンネルの火力がさらに上がり、マップ兵器版にも適用されるため、非常に強力。

機体BGM[編集]

「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~」
『第2次α』では一部の例外を除き、このBGMが優先される。ナイチンゲールが出撃するシナリオではマップBGMもこれが設定されているため、常に流れ続ける。
「MAIN TITLE」
『X』で採用。

対決・名場面[編集]

Hi-νガンダム

関連機体[編集]

サザビー
映画版での別デザイン、もしくは原型機。
ナハトガル
永野護氏による初期案のナイチンゲール。『逆襲のシャア』のメカデザイン降板前に描いていたデザインをリファインした物となっている。元々永野版ナイチンゲールなどと呼ばれていたが、現デザイン公開時にこの名称が付けられた。
Hi-νガンダム
ライバル機。
ジ・O
隠し腕のギミックなど、一部共通する部分が存在している。

余談[編集]

  • ライバル機であるHi-νガンダムと異なり、人気の割には立体化の機会に恵まれなかったが、2014年9月より販売が開始された新シリーズ「RE/100」の第1弾としてキット化として販売された。また、塗装済のフィギュアである「ROBOT魂」としても発売された(魂ウェブ商店限定)。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]