葵杏奈

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
葵杏奈
読み あおい あんな
外国語表記 Anna Aoi
登場作品
声優 中原麻衣
初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
改名後 猿渡杏奈
種族 地球人(日本人)
性別
生年月日 2030年5月5日
年齢 17歳
身長 151 cm
スリーサイズ B84 W53 H83
血液型 B型
所属 ダンナーベース
テンプレートを表示

葵杏奈は『神魂合体ゴーダンナー!!』のヒロイン

概要[編集]

ダンナーベース所長葵霧子の娘。「巨神戦争」にてゴオに命を救われたことで彼に憧れ、後に結婚する事になるが、それが思わぬ運命に導かれる事になる。

ゴーダンナーのストーリーは、杏奈を中心にして物語が展開されている。

人物[編集]

性格は明朗快活で、考えるよりも先に行動するタイプであるが、家事全般をそつなくこなし、世話好きでもあるといった面もある。運動神経も抜群で、訓練用ロボットを手足の様に乗りこなし、所属しているロボット部では、マドンナ的存在として多くの男子生徒達から好意を寄せられているも、自身はゴオ一筋である。

巨神戦争でゴオに救われ、それから数年後に冴えない男に成り下がってしまった彼と再会。当初は殆ど相手にされていなかったが、積極的にアタックを繰り返した結果、彼を立ち直らせる事に成功し、遂には結婚にまで至る。

しかし、結婚式当日、擬態獣の出現によって式は中断になってしまうも、待つタイプじゃないという持論から、忍のバイクを借りてゴオの後を追う。そして、擬態獣の攻撃に巻き込まれた結果、教会の墓地地下に封印されていたネオオクサーを発見し、ゴオを助けるべく出撃。初めて搭乗したとは思えない程の戦闘力を発揮し、自身が戦う事を拒絶したゴオを叱咤。ツインドライブモードへの初合体を果たし、擬態獣12号の撃破に成功する。

その後もネオオクサーのパイロットとしてゴオと共に戦おうとし、当初はゴオに反対されていたが、ゴオに認めてもらおうと懸命に行動し続けた結果、徐々に戦闘パートナーとして認められていく。だが、死んだはずのゴオのかつての恋人ミラが擬態獣化していたクラブマリナーから生還したのを切っ掛けに、擬態獣との戦いが熾烈を極めると共に、新婚生活は波乱の一途をたどることになる。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
第1話から戦闘に加わる。戦闘向きと言えるほど強くは無いのだが、乗機ネオオクサーの持つバリアの強さもあって育成次第ではメインも張れる。防御を鍛えるとバリアも当然強化されるのでオススメ。ゴーダンナーに合体すると杏奈の撃墜数が増えない=撃墜数ボーナスが得られず能力が伸びづらくなるので、意識して敵を落とさせるといいだろう。
スーパーロボット大戦L
原作再現が『SECOND SEASON』から始まるため、「猿渡杏奈」名義。顔グラフィックにゴーオクサー搭乗時用のものが追加された。仲間になるのは原作通りしばらく経ってから。しかも合流直後に旦那が戦線離脱、その数話あとにはゴーダンナーの代理パイロットだった静流が抜けるため擬態獣との最終決戦までオクサーの状態でしばらく戦わなくてはいけなくなる。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
初登場作品。担当声優の中原麻衣氏も本作がスパロボ初参加となる。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

K
ひらめき鉄壁必中熱血気合
L
ひらめき鉄壁必中気合

特殊技能(特殊スキル)[編集]

K
底力L8、援護攻撃L2、援護防御L2、アタックコンボL2
L
底力L8、援護攻撃L1、援護防御L2、アタックコンボL2

人間関係[編集]

猿渡ゴオ
5年前に命を救われた事をきっかけに恋に落ち、後に夫婦になる。ラビッドシンドロームを発症し眠りについた彼を待ち続け、晴れて結婚式を挙げる。
葵霧子
母親。
ミラ・アッカーマン
ゴオを巡る奇妙な三角関係に。
藤村静流
ロボット乗りの先輩。多くの事を彼女から学び、尊敬する。
ルウ・ルー
父親を失った彼女を引き取り、しばらくの間共に暮らす。彼女が何も言わずに剣のもとへと去っていった際には嘆き悲しんだ。
猿渡忍
ゴオの弟で同級生。忍は杏奈に惚れているが杏奈自身は気づいてない。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

南原ちずる
SC2』では同年代の友人で、『L』でも仲の良い同僚である。
兜甲児弓さやか
K』では以前からの友人で結婚式にも招待した。
ボス
『K』では甲児やさやかと同じく以前からの知り合いだが、結婚式には招待しなかった。
加納渚
『L』でのクラスメイトで親友、そして後の同僚。ちなみに『K』の甲児達とは違い、杏奈が結婚している事は知らなかった。
イクサー1
『L』にて下校途中にコバルトに襲われたところを彼女に助けられている。
飛鷹葵
『L』ではゴオとの夫婦の様を彼女に「美女と野獣」と形容される。
エイーダ・ロッサ
『L』では彼女がLOTUSに合流する際、渚の分も含めて彼女にサインを求める。

リアル系[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

シン・アスカステラ・ルーシェ
L』では後述にもあるように、ステラの戦線参加に難色を示すシンに対し、自身の過去を顧みてステラの心情を汲み、ゴオと共に彼を諭している。

マクロスシリーズ[編集]

ロイ・フォッカー
SC2』でゴオやミンメイ達とともにゼントラーディに捕まり、尋問の際「キスをしろ」と脅迫され最初はゴオとキスをしようと誘うがゴオに拒否され、そのドサクサに紛れ杏奈にキスをしようとした。

バンプレストオリジナル[編集]

ケイジ・タチバナ
年上の彼をからかってかわいがる場面も。
ミスト・レックス
K』第1話の結婚式の際に汚れたままの手で結婚指輪のケースを持ってきた彼にケースを汚されてしまったり、後述にある通り杏奈にアトリームを役立たず呼ばわりされたと勘違いした彼に猛反発されたりする。また、彼の精神的な成長の無さに本気で呆れ返っている。
AL-3 アリス
L』では後述にもある通り、第3新東京市でのストレイバードとの戦いに際して、作戦を成功させる自信を持てず弱気を見せた彼女を叱咤激励した。

名台詞[編集]

「このバカチンがぁっ!それでも男か!泣き言言うな!」「そのロボットは何のためだ!大事な物を守るためじゃないのか!名前も知らない街の人達は大事じゃないのか!」
第一話にて。二度と大切な人を失いたくないがために合体を渋るゴオの尻を叩く。これを受けてゴオは杏奈と初めて合体し擬態獣を撃破する。
「ふたりがいてくれたから私もここにいる! だからゴオちんは死なせない。それにミラ、あなたも死なせはしない!」
暴走したダンナーと心中しようとするミラに対して。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

K[編集]

「そんな腹黒い人には見えなかったけど…」
第19話「星の扉、運命の扉・前編」より。デュランダルを疑っていたカガリに言った台詞。Kのデュランダルは確かに腹黒いが…。
「ちょっと考えてみた!…使えそうな星だけ侵略して、使えない星は全部壊しちゃうとか!」
第27話大空魔竜ルート「結末」より。イディクスの目的が依然として掴めない状況の中考えた仮説。杏奈としてはあくまでも「イディクスにとって利用価値のある星しか侵略しないんじゃないのか」と考えたつもりだと思われるが、少々誤解を招きかねない台詞ともなってしまっている。結果、ミストはアトリームを役立たず扱いされたと感じて怒鳴ってしまう。

L[編集]

「泣き言を言うなぁっ!」
「できるか、できないかじゃないよ。やるしかないんだよ」
「私だって、右手でお料理しながら左手でピアノを弾いてる気分だけど、プラズマドライブの制御、やってるよ!」
第13話「戦う理由」より。ストレイバードに対抗するための作戦を成功させる自信を持てないAL-3 アリスを叱咤した時の台詞。
「私にはその子の気持ちがわかるよ」
「大切な人が危ない時にただ見ているだけっていうのは結構ツライよ…」
第32話「奏でられた曲は」より。ステラの戦線参加に難色を示すシンに対して。杏奈自身もゴオが危険な時にただ見ていることしか出来なかったこともあったためか重みのある一言である。
「…帰ってくるんだよね? パートナーを置いていなくなるのは絶対にやっちゃいけない事だよ?」
第35話「永遠のソルジャー」より。ビッグゴールド最終決戦時にイクサー1に対して言った言葉。パートナーを置いていなくなった経験のある杏奈ならではの一言。

搭乗機体[編集]

ネオオクサー
ゴーオクサー