ルウ・ルー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルウ・ルー
外国語表記 Lou Roux
登場作品 神魂合体ゴーダンナー!!
声優 清水香里
初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
生年月日 2034年11月21日
年齢 12歳
身長 124 cm
血液型 A型
所属 ダンナーベース
テンプレートを表示

ルウ・ルーは『神魂合体ゴーダンナー!!』の登場人物。

概要[編集]

元はコスモベースで、オペレーターとして所属していた少女。父親のロウ・ルーはコスモベースの司令兼コスモダイバーで正規パイロットで、コスモダイバー(親機)に搭乗していた。普段は大人しい性格であるのだが、幼い故に周りが見えない自己中心的な面も目立つ。

コスモベースが擬態獣の襲撃を受けた際、コスモダイバー(子機)に搭乗していたのだが、自身を守ろうとしたロウによってコスモダイバー(子機)と共に地球へ送り込まれ、ダンナーベースに回収される。その後、機能停止したコスモベースの落下を防ぐ為に、猿渡ゴオがコスモダイバーで宇宙に上がる事になった際、自分も一緒に連れて行くのを条件に協力し、共に宇宙へ上がる。しかし、そこで大破したコスモダイバー(親機)と父親の亡骸を目の当たりにしてしまい、更にはコスモベースを襲った擬態獣も生きていたが、ゴオの手を借りる形でコスモダイバーで父を殺した擬態獣にトドメを刺す。しかし、父の仇を討っても一向に気持ちが晴れなかった為、結果的にこの経験はルウの心に並外れた復讐心を植えつける事になってしまった。

コスモベースでの死闘後は、猿渡家に預けられる事になり、ダンナーベースで仕事を手伝う等の日々を送りつつ、度々ルウはゴオ達にロボットの操縦方法を教えるようせがむ様になるのだが、まだ幼い上に「復讐」という私怨からパイロットになろうとしていた胸中を見抜かれていた為に、ゴオは勿論、杏奈静流といった他のパイロット達からも、教えてもらうのを拒否されていた。そんな中、偶然にもメナージュ・ゼロとして指名手配されていると出会い、半ば強引にロボットの操縦方法を教わったのを機に、急激にその才能を開花させていく事になり、父を殺した擬態獣の同型が現れた際には、その怒りからコスモダイバーを無断使用する形で戦いを挑み善戦するのだが、内に秘めた復讐心を更に悪化させる事になってしまい、剣の搭乗するブレイドガイナーゴーダンナーTDMを易々と倒してしまう姿に完全に魅入ってしまったルウは、遂にダンナーベースから脱走する形で、杏奈達の事を顧みないまま剣についていってしまうのだった。

2ndでは、剣と同行しながら、彼の妻・ローザの仇である擬態獣を探し回っていたのだが、完全に復讐心に取り付かれていたルウは、剣以外の人間の事は全く省みなくなり、かつて一緒に生活していた杏奈達にさえ平然とコスモダイバーで攻撃する事も辞さなかった。その後、剣が捜し求めていた擬態獣を倒し、その中に取り込まれていたローザの機体・セレブレイダーを取り戻してからは、コスモダイバーを棄ててそれに搭乗する。しかし、復讐心に従うまま戦い続けた剣は、インサニアウイルスに侵された上に末期症状のラビッドシンドロームを発症させてしまう事になり、それでもついていこうとしていたが、最終的に彼は超擬態獣に特攻して死亡。その仇を討つ為にゴオに協力を申し出、ゴーダンナーTDMとセレブレイダーの力を合わせたTDM(トリプル・ドライブ・モード)で超擬態獣を倒した。

超擬態獣の撃破後は、これまでの責任からか、杏奈達の元へは戻らなかったようで、再び一人旅に出る。数年後にも、戦う者の末路を見出すべくひとり擬態獣と戦っていた。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
中盤に短期間参入し、ゴーダンナーのストーリー終結後に正式参入する。能力的にはそこそこだが、中盤の離脱時の撃墜数が引き継がれるので、まず間違いなく初期撃墜数が0or1(剣フラグのために擬態獣を1体落とす必要があるため)なのが問題。スポット参戦時に搭乗していたコスモダイバーはゴーダンナー系ユニットでは唯一の宇宙Sの地形適応を持つのだが、宇宙で戦う機会が無いため意味が無い。
スーパーロボット大戦L
中盤やはりゴーダンナーのシナリオ終了後に正式参入する。今回はコスモダイバーにも自由に乗り換えできる。参入後は自身の経験や復讐者の末路を意識した台詞を言うことがある。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
初登場作品。担当声優の清水氏は『OGS』のラミア・ラヴレス役を経て、初の版権キャラクターとしての参加となる。
ほぼ原作通りの展開になっている。同年代のパイロットがいる為か、ゴオにはロボットの操縦を反対されつつも、他のパイロット達からは肯定的に見られていた。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

K
直感鉄壁気合熱血感応覚醒
L
努力加速集中ひらめき友情

特殊技能(特殊スキル)[編集]

K
カウンター底力L7、援護攻撃L2、援護防御L2、アタックコンボL2
L
底力L5、援護攻撃L2、援護防御L2、アタックコンボL2

人間関係[編集]

ロウ・ルー
父親。
猿渡ゴオ
父親代わりを買って出るが…。
同じ復讐に生きる者としてついていくことにした。彼からロボットの操縦技術を教わる。

他作品との人間関係[編集]

葵豹馬
SC2』では彼に妹分としてかわいがられる。
マオ・ノーム
『SC2』ではマヤン島で3Aの調査に同行できない事に不満をもらしたルウに対しアドバイスを贈った。
アナ・メダイユレ・ミィ
K』ではルウを心配しており、彼女達によって元気付けられた。
ディック・アルカイン
『K』にて、ロボットの操縦の仕方を教えた。彼の性格からして何か裏がありそうだが、操縦方法はきちんとレクチャーし、彼女の無茶な行動を諫めたりしているので面白半分で教えたものではない模様。余談だが、今作ではこの通りルルのみならず彼女にもちょっかいを出しているため、一部のファンから「ディック=ロリコン」疑惑が囁かれているとかいないとか。
ゲイナー・サンガ
『K』にて剣のフラグを回収していると「親を失ってから、自分がどうやって立ち直ったのか」を自身の体験を聞かせルウを立ちなおさせる一因となる。

名台詞[編集]

「大丈夫、私は負けない…。剣が教えた通りにやれば、絶対に負けない!」
怒りに任せてコスモダイバーで父の仇と同型の擬態獣に挑むルウであったが、剣に教え込まれていた訓練での自信から、その瞳は修羅の如く闘志に満ちた物になっていた…。
「なんて強さなの…、まるで神の御技だわ…」
剣のブレイドガイナーが戦う姿を見て、恍惚とした表情のルウが発した台詞。そのブレイドガイナーが痛めつけているのは、自分を気に掛け面倒を見てくれていたゴオと杏奈の二人が乗るゴーダンナーであったのだが、ルウにとってもはや彼らはどうでも良い存在となり、剣だけが全てとなってしまった…。
この話のタイトルである「汚れなき旅立ち」は、スペインの映画「汚れなき悪戯」が元となっている。少年・マルセリーノは、死んだ母親に会いたい一心から、色々と困らせながらも自身を愛してくれた人々を省みぬまま天に召されてしまっており、ルウもまたゴオや杏奈達の事を顧みないまま剣と共に去ってしまう事になった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「…止めても無駄。あの人もあの人自身が信じる事のために戦ってるから…」
L』第33話「選ばれた未来」より。デスティニープランを推し進めるためLOTUSを抜けたレイを見て。過去の自分と重ねているのだろうか。

搭乗機体[編集]

コスモダイバー
セレブレイダー