2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

擬態獣

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

擬態獣(Mimetic Beast)とは、『神魂合体ゴーダンナー!!』及び『神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON』に登場する敵勢力。

概要[編集]

作中では未知の巨大生物として扱われている。擬態「獣」との名の通り、多くの個体は基本形態が四足歩行のヤマアラシに似た獣のような姿をしており、知能や攻撃方法も基本的に獣のそれ。彼等は様々な生物・無生物を取り込んで、その能力を自分のものとして進化していく。したがって、作中での描写は擬態というよりも、むしろ同化に近い。擬態獣は街を破壊し人類に危害をもたらすため、駆逐の対象とされている。

また、「インサニアウイルス」という病原体を持つため、擬態獣に接触したものはラビッドシンドロームという病気に罹る可能性もある。この病気に最もかかりやすいのは、擬態獣と戦うロボット乗り達である。

なお、擬態獣の行動目的は不明であり、作中では最後まで擬態獣の正体や出自について一切わからないまま、『SECOND SEASON』最終話で「最後の擬態獣」が倒された(これに関しては「『ゴーダンナー!!』の物語はラビッドシンドロームを主体にしたドラマこそが本筋であり、擬態獣はそのための道具立てに過ぎなかった」という見方もできる)。

登場作品[編集]

全体的に地形適応に優れており、得意な地形はS、それ以外の地形もAであることがほとんど。加えて海戦も得意であり、海からの進軍でプレイヤーを苦しめることも多い。また、原作でボーイシリーズを乗っ取った設定からか、他作品の機体で出てくることもある。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
スーパーロボット大戦L
ユニウスセブン破砕作戦の際に早速登場。ゴーダンナー勢の敵として登場する他、ザフトのザラ派残党のテロリスト(とモビルドール)が妨害を仕掛けてくる際、コロニー内部に住み着いていた擬態獣が出てきて乱戦になると言ったシナリオもある。ウィンダムザムザザーなどのモビルスーツを乗っ取って現れることも多い。
原作よろしく行動目的は不明であるが、大まかに「種として危険であると認識した敵を駆逐するために攻撃を仕掛ける」と言う傾向が見られる。タンホイザーを撃とうとするミネルバのエネルギーに反応して同艦を囲む場面もあった。物語前半では強烈に敵と認識した存在がいなかったのか、縄張りに侵入した外敵と戦うかのような小競り合いを繰り返す程度で、擬態獣全体で纏まった行動を取る事は無かった。強いて言えばヤシマ作戦の最中に乱入してきて第6の使徒に襲い掛かる事があったが、それも規模で言えば小競り合いの範疇だった。しかし物語後半、人類(特にダンナーベース)を最大最強の敵と認めたのか、全世界の擬態獣が集結して超擬態獣を形成、ダンナーベースに殺到する。終盤、クトゥルフに復元されて再登場する。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

スパロボに登場した擬態獣[編集]

擬態獣12号
1期第1話「戦場のウェディングベル」に登場。尾が巨大な尾ひれ状の器官に変化した人魚のような姿にもなる。クラブマリナーを取り込んでおり、その武器を攻撃に使う他、人魚型の時にクラブマリナーの胴体部分が露出してはっきりと分かるようになる。
擬態獣13号
擬態獣16号
地底獣
飛行獣
小型擬態獣
擬態獣突然変異体
トロイの木馬
超擬態獣
最強の擬態獣。

関連機体[編集]

以下の機体は擬態獣にコントロールを乗っ取られて敵として登場する。

ファットボーイ
アスカロン07A
グノーシス・モデル
トーラス
ウィンダムダガーL105スローターダガーザムザザーゲルズゲーデストロイガンダム
見た目はモビルスーツ(アーマー)そのままだが、擬態獣同様鳴き声をあげるので違和感がすごい(ただしザムザザーやゲルズゲーはむしろ合っているように見える)。また、モビルスーツ(アーマー)の特性上、海戦性能の高さを生かし切れない。