ザムザザー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザムザザー
外国語表記 Zamza-Zah
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 大型モビルアーマー
生産形態 試作機
型式番号 YMAF-X6BD
全長 47.13 m
総重量 526.45 t
開発 アドゥカーフ・メカノインダストリー社
所属 地球連合軍
乗員人数 3名
テンプレートを表示

ザムザザーは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場メカ

概要[編集]

地球連合軍が新規開発した試作型モビルアーマー

初期に投入された機体で、カニのような外見をしており、機体色は緑。推力と火力、防御力共に優れた機体で、重力下での飛行も可能。

広範囲型の陽電子リフレクターも標準装備しており、対艦戦も意識した設計となっている。但し、リフレクターで機体正面全体をカバーする場合は機体上部を前方に向ける「リフレクション姿勢」[1]を取る必要があるが、単に機体上部をカバーするだけなら無理にこの姿勢を取り必要はない[2]。機長・操縦手・砲手の3名で運用される。

試作機だが、当初からザムザザーの技術を応用した新型の巨大モビルアーマーの量産する計画が地球連合軍には存在していた様で、ザムザザーを投入した連合艦隊の司令官は「身贔屓」を自嘲しながらも、これからの主力は「新型のモビルアーマーだと思っている」と発言している。

ちなみに、兵の間では陽電子リフレクターを「バカの壁」と呼んでいた者もいるらしい。

劇中での様相[編集]

原作初登場時にミネルバの陽電子砲タンホイザーを防ぎ、シンインパルスを苦戦させるが、追いつめられたシンがSEEDに覚醒した事でコクピットをビームサーベルで突き刺され、撃破される。主人公シンの成長を促進させるために出てきたようなものであった。

その後は量産され、レクイエム攻防戦などで投入されているが、たいした戦果は挙げられなかった。メサイア攻防戦でもオーブ軍に合流した連合軍兵が乗り込んで実戦参加し、ゲルズゲーと共にオーブ艦隊の防衛に貢献している。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
原作と同様のイベントで初登場。このシナリオでシンがSEEDに目覚める。その後、小隊を組んでゾロゾロと出現。HPが高く、バリアもあるので倒すのには手間取る。センターフォーメーションを組んでくることが多いので、トライチャージで一掃しよう。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
地球連合軍の戦力としてウィンダムなどに紛れて登場している。擬態獣フェストゥムに乗っ取られた機体も登場する。
スーパーロボット大戦L
地球連合軍の戦力としてウィンダムなどに紛れて登場している。『K』と同様擬態獣に乗っ取られた機体も登場する。超振動クラッシャーの攻撃力が高く、MAP兵器も備えた序盤の強敵。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
四脚に内蔵している近接機関銃。この機体の特性上、これの出番は撃墜寸前であることと同義である。
Mk79 低圧砲
機体側面に装備しているビーム砲。
GAU111 単装砲
四脚に装備しているビーム砲。
M534 複列位相エネルギー砲「ガムザートフ」
四脚に内蔵している高出力ビーム砲。
L』では防御してないA.T.フィールドをも容易く貫く程の威力を誇る。しかもこれがP兵器という点が最も恐ろしい…。
XM518 超振動クラッシャー「ヴァシリエフ」
四脚のエネルギー砲と入れ替える形で出す近接戦用クローアーム。フェイズシフトダウンを起こしたインパルスの脚部をもぎ取る活躍を見せた。
陽電子リフレクタービームシールド「シュナイドシュッツSX1021」
背部に内蔵してるエネルギーシールド。タンホイザーも防いだが、横にいたイージス艦はその余波で大破してしまった。

特殊能力[編集]

陽電子リフレクター
正面に展開するバリア

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

関連機体[編集]

ゲルズゲー
ユークリッド
デストロイ
ハイペリオン

脚注[編集]

  1. 早い話、前につんのめる体勢。
  2. 通常姿勢で高速移動しながらインパルスとミネルバの砲撃を防いでいる場面もある。

資料リンク[編集]