ゴーオクサー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴーオクサー
外国語表記 Go Okusar
登場作品 神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON
初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 戦闘ロボット
動力 シングルプラズマドライブ
合体形態 ゴーダンナーツインドライブモード
所属 ダンナーベース
パイロット 葵杏奈
テンプレートを表示

ゴーオクサーは『神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON』の登場メカ

概要[編集]

ネオオクサーの試作型にあたる戦闘ロボット。

ゴオの離脱とミラの復帰に伴い、杏奈が搭乗することになる。

本来はゴーダンナーの子機として開発されたのだが、過剰なパワーが祟って制御が困難となり、封印されていた。完成型のネオ同様防御バリア「エンジェルウォール」を展開でき、防御面では鉄壁を誇る。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
シナリオ中盤以降に杏奈が搭乗する。機体性能そのものはネオオクサーと殆ど変わりないが、一番使われる状態異常効果付きの射撃武器の射程が落ちているため、相対的に使い悪くなっている感がある。
スーパーロボット大戦L
序盤にネオオクサーに少し遅れて参戦。初登場マップのイベントで合体を披露し、以降自由に合体可能。
射程と照準値という、格闘機体なのに狙撃系のようなボーナスを持っていたネオと違い、移動力と運動性という近接戦闘用ロボにふさわしいボーナスを持つ。最大で運動性180と言うリアル系高機動ユニット並の回避力を誇る。もっとも、ダンナーがいて合体可能な時期では大抵速やかに合体するので、ゴーオクサーが単機戦闘で使われるのは、ゴオも静流も離脱している間だけだが。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
初登場作品。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
ドロップキックから連続蹴り、ワンツーパンチのコンボ。ネオオクサーと違い追加必殺技が無いので、単機ではこれがオクサーの最強攻撃となってしまう。

武装[編集]

エンジェルバレット
腕から発射するバルカンのような武器。
射程1~3のP武器で取り回しが良い。
ディメンションスナイパー
腕からエネルギー弾を発射。敵に命中すると余波が大きく拡散しグラビディボンバーのような重力ダメージ。
『K』、『L』では移動力ダウンL3効果。ネオオクサーの移動力ダウン武器だったグラビティーボンバーが射程1~3だったのに対して、この武器の射程は2しかないため、同じ感覚では使えない。

合体攻撃[編集]

ダンナーコンビネーション(ゴー)
猿渡ゴオゴーダンナーとの合体攻撃。基本的な内容は(ネオ)と全く同じだが、こちらの方が威力が200高い。大きく違うのはトドメ演出で、爆発をバックに2機が抱き合っているが、これはEDの再現。やはり、SUでバラバラに強制出撃させられるマップ以外では出番があまり無い。
『L』では、オクサー側から使用するとゴオ離脱中でもゴオのカットインが入る

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

ゴーダンナー
合体ゴーダンナーツインドライブモードとなる。
ネオオクサー
完成機。