第3新東京市

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

第3新東京市(Tokyo-3)とは、『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する都市。

概要[編集]

第2新東京市に代わる、現在の神奈川県足柄下郡箱根町仙石原に建設途中の新首都。しかし、その実態は使徒専用迎撃要塞都市であり、ネルフの本部もここに存在している。

第3新東京市の地下には人工の空洞があり、その奥地に第2使徒リリスが安置されているセントラルドグマが存在する。当初はネルフが自身の目的のため設営した都市であったが、実は「黒き月」と呼ばれる「人間を生み出す」巨大な卵であったことが判明する。ゼーレによる「サードインパクト」によって、その姿を現した。

なお、TV版最終話で描かれた可能性としての使徒もEVAも存在しない平和な世界の第3新東京市(この世界での名称がこれなのかは不明)も、日本の新しい首都になる事が示唆されている。

スパロボにおける役割[編集]

第3新東京市はエヴァ関連のシナリオにて度々舞台となるが、『F』や『αシリーズ』では原作設定の第2新東京市が登場しない為、都市の名称が「第2新東京市」に変更されている。

登場作品[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F
第2新東京市」という名称で登場。
スーパーロボット大戦F完結編

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
第2新東京市」という名称で登場。
第3次スーパーロボット大戦α
『α』の「第2新東京市」(原作における第3新東京市)とは別に登場。EDでシンジ達がここに引っ越す。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
新劇場版設定で登場。
第5の使徒との戦闘によって迎撃施設を破壊されてしまったため、また第2新東京市等の他都市に住民が疎開するため、使徒関係かアクエリオン関係以外で舞台になることがほぼ無い。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
迎撃施設の復旧等によって住民達が戻っている。しかし、第10の使徒との戦闘時に擬似シン化を遂げた初号機による「ニア・サードインパクト」の影響で起こった時空振動によって世界ごと切り取られてしまい、跡地が巨大なクレーター上になっている。
その影響か次元が不安定になっており(カヲル曰く「原因と結果が混濁している」状態であり、これはカオス・コスモスにも共通している)、「世界をやり直すのに最適な場所」として、レナードアマルガムTARTAROSメリダ島からここに転移させ、時空修復を行おうとしていた。
また、その少し前の日本ルートでは、竜馬の治療のためにゲッター線を注入するにあたって「万一の事を考えて」ここに移動してから治療を行っている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
新劇場版の設定で登場。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
新劇場版設定。ニアサードインパクトが起きないため、最後まで健在となっており、EVAパイロット4人も待機名目で第壱中学校に復学している。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
TOKYO JUPITERの設定によって、SRWで初めて第3新東京市として登場を果たした。


関連用語[編集]

ネルフ
本部が存在。