第14使徒ゼルエル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
第14使徒ゼルエル
外国語表記 14th Angel Zeruel
別表記
【新劇場版】
第10の使徒
登場作品
デザイン あさりよしとお
初登場SRW スーパーロボット大戦F完結編
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
生態
種族 使徒
動力 S2機関
テンプレートを表示

第14使徒ゼルエルは『新世紀エヴァンゲリオン』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』に登場する生物。

概要[編集]

第拾九話「男の戰い」に登場。14番目に確認された使徒。鈍そうな外見とは裏腹に、行動は俊敏。

ドクロのような頭部から発射される光線は、ジオフロント上に設置された18層の特殊装甲を一撃で貫き、初めてジオフロント内に侵攻を果たした使徒となった。また、帯状に折りたたまれた両腕はカッターのように高速で伸ばすことができ、EVA装甲を易々と切り裂く力を持つ。

侵攻時唯一実戦配備が可能だったEVA弐号機から一斉攻撃をかけられたものの、A.T.フィールドが中和済みであるにも関わらずダメージを受け付けず、反撃で弐号機の両腕と頭部を切断した。続いてN2地雷を持つEVA零号機特攻を受けたが、コアをカバーでおおって防御した為、無傷だった。

EVA2体を倒し、遂にネルフ本部の第1司令所を破壊するが、遅れてきたEVA初号機に押し返される。すんでの所で初号機の活動限界による停止で形勢逆転するも、初号機が暴走して撃破され、捕食された。これにより初号機はS2機関を体内に取り込んだ。

新劇場版[編集]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』では「第10の使徒」として、ややデザイン変更されて登場。冬月曰く「最強の拒絶タイプ」。曲がりなりにも人型だったTV版に比べると、「顔面部こそそのままながら、本体を中心に四対八枚の赤く平たい触手を伸ばす異形」といった風情。さらに空を飛ぶようになった。

TV版の意趣返しとばかりに「EVAをパイロットごと捕食する」など原作以上の暴れぶりを見せるが、シンジの意志を受けて疑似シン化を遂げた初号機に倒されている。ちなみにA.Tフィールドは幾重にも重なって展開する。

登場作品と役柄[編集]

初号機に食べられるor倒されるために出てくるのが常。

旧世紀版[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
地上ルートのみ登場。イベント戦だが、普通に倒すことも可能。ただし、その場合初号機はS2機関搭載にならないので注意。
エヴァのバッドエンドルートでは復活し、再び戦う事になる。流石に使徒としては隙の無い強さに加え、気力上げにおあつらえ向きな雑魚ユニットが居ないので、EN精神Pの配分を誤るときつい相手かも知れない。
なお攻略本からは「顔がかわいい」という謎の賞賛を賜っていた。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ほぼイベント戦。原作再現をすると初号機にS2機関搭載となるが、普通に倒してハロを入手する事も可能。本作ではダイターン3が強力な援軍として参加する為、レイの「脱力」と組み合わせる事で、楽に倒す事も可能。
ただし、初号機登場まではいくら倒しても復活してくる。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
攻撃力が増しており脱力で気力を下げていてもEVAのA.T.フィールドが付き破られてしまう。新規EDルートでは熟練度によってはフル改造されて登場するためラミエルに次ぐ難敵となる。
第3次スーパーロボット大戦α
ラミエルと同じく復活し、第52話「世界の中心でアイを叫んだけもの」の前半で登場。EVA3機のみで戦う事となるが、味方ユニット全員初期気力MAXであるため、瞬殺できる。「最強の使徒」と呼ばれる第14使徒ゼルエルがこの程度という辺りに、本作における使徒の扱いが端的に現れている。
注意点としては弐号機で倒すとその後行動終了の状態でEVA量産機の集団と戦わされるために避けるべきというくらい。EVA初号機 (F型装備)の入手フラグとの関係で初号機で倒すのがベスト。扱いとしてはEVA量産機、初号機の前座。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
ソーディアンによって作られた複製が登場。サキエルおよびシャムシェルに続く連戦の上、EVAの必殺技でしかトドメを刺せないという難敵。単純な性能も、「射撃が必殺技しかない」という弱点はあるが、ただの格闘が必殺技並みの威力を持っている。
なお、複製ということになってはいるが、本物より先に現れたため色々と混乱を招くことになった。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
イベント戦。どんなに頑張ってもA.T.フィールドで無効化されてしまい、絶対に倒せない。
余談だが、使徒なのに)ロム兄さんの口上を丁寧に聴く姿が確認されている

新劇場版[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
会話と『天獄篇』予告にて存在が触れられる程度。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
序盤で登場するが、原作同様疑似シン化した初号機に倒される。その後も再生使徒の1体として登場する。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
今回は第9の使徒と同時に出現する。第9の使徒より先に倒すと真ゲッターにより消滅、後に倒すと疑似シン化を果たした初号機に倒され、原作とは異なりレイ零号機も無事救出されたため完全敗北となった。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

光線
目を思わせるパーツから発射する光線。ジオフロント上部に設置された特殊装甲を一撃で18枚まで貫通するほどの威力がある。初号機との会戦では初号機の左腕と胸部装甲を吹き飛ばしている。
触手
布のような両腕を伸ばして攻撃する。非常に切断力に優れ、弐号機の両腕と頭部を易々と破断している。また、自爆して果てた零号機へのトドメにも使用している。
活動限界に陥った初号機のコアに連続して突き立てているシーンが印象的。なお、TV版の初号機の左腕復元に初号機自身が使っている。『新劇場版』では複数持つ。

特殊能力[編集]

A.T.フィールド
HP回復MX
状態変化耐性(MX

移動タイプ[編集]

宇宙
飛行可能。

サイズ[編集]

1L

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

「最強の使徒」と称されるだけに、能力は高い方に位置する。一方、『第3次α』では前座扱いのためか、中程度に落とされた。

精神コマンド[編集]

F完結編
ド根性熱血ひらめき自爆
α
自爆ド根性復活
第3次α
ド根性鉄壁加速必中直撃
MX
てかげん必中鉄壁狙撃熱血直撃
V
ド根性不屈必中気合鉄壁

特殊技能(特殊スキル)[編集]

MX
底力L9
V
底力L2、気力+ボーナスサイズ差補正無視L1、ガードL1

小隊長能力(隊長効果)[編集]

命中率+10%
第3次α』で採用。

固有エースボーナス[編集]

A.T.フィールド」の効果の基本値が7000になる
V』で採用。

対決・名場面[編集]

旧世紀版[編集]

EVA弐号機
ジオフロントに侵入したゼルエルを、パレットライフルとロケットランチャーの連射で出迎える弐号機。しかしA.T.フィールドが中和済みであるにもかかわらず、まったく通用しない。
悠々と着地したゼルエルは両腕の触手を展開、弐号機の両腕をあっさり切り飛ばし、更に特攻してきた相手の首をも易々と跳ね飛ばした。
EVA零号機改
先の第13使徒バルディエル戦で左腕を失っていた零号機改は、残された右腕にN2爆弾を抱えゼルエルに特攻。
爆弾がそのコアに接触するかと思われた瞬間、カバーでコアを包むゼルエル。こうして零号機改の特攻は犬死にに終わった。
EVA初号機
ネルフ第1司令所に迫るゼルエル。しかし突然現れた初号機の体当たりを受け、カタパルトに押し付けられ初号機ごと地上へと放り出される。
左腕を切断されながらも、かつてない気迫でゼルエルに猛攻をかけるシンジ。しかし無情にも活動限界が訪れる。
光線で初号機の胸部装甲板を吹き飛ばし、そのコアに両腕で突きを繰り返すゼルエルだったが…。

余談[編集]

  • 名前の由来であるゼルエルは「力」を司る天使である。
  • TV版第拾八話「命の選択を」における次回予告ナレーションでは、第14使徒ゼルエルが「最強の使徒」と呼称されている。
    • また、プラモデル『リミテッドモデル』のパッケージにも「攻撃能力に関しては最強の使徒」と記載されている。
  • 新劇場版』にて「口のような部分からさらにグロテスクな口が飛び出す」様は、映画『エイリアン』に登場するエイリアンを彷彿させる。
    • また、零号機を補食した際に取り込みきれなかったのか邪魔だったのかは不明だが、零号機の頭部だけ吐き出していた。ついでに、融合した際は零号機部分と見られる身体は女性そのものとなっている。

商品情報[編集]