鈴原トウジ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
鈴原トウジ
読み すずはら トウジ
外国語表記 Toji Suzuhara
登場作品

エヴァンゲリオンシリーズ

声優 関智一
デザイン 貞本義行
初登場SRW スーパーロボット大戦F完結編
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
生年月日 2001年12月26日
年齢 14歳
職業 中学2年生
EVA3号機パイロット(フォースチルドレン)
所属 第3新東京市・第壱中学校→NERV
称号 フォースチルドレン
テンプレートを表示

鈴原トウジは「エヴァンゲリオンシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

旧世紀版[編集]

第3新東京市の第壱中学校における碇シンジのクラスメイト。

自称・硬派で熱血。ノリの軽い関西弁が特徴で、相田ケンスケと共に3バカトリオと言われるほど、シンジの良き友人となって行く。また、非常に妹思いのいい兄である。なお、登場時にはシンジの乗るEVA初号機のせいで妹が大怪我をした為に彼に怨みを持つ形だったが、シャムシェル戦の際の緊急事態の成り行きで初号機のエントリープラグに避難の為に乗りこんだ際にシンジが苦しみながら戦う姿を見てからシンジの理解者となった。惣流・アスカ・ラングレーとはお互い毛嫌いしているのか喧嘩が絶えない。

常日頃からジャージを着ており、クラスの中ではただ一人制服を着ていないのだが、劇中一度だけ(第九話『瞬間、心、重ねて』にて)着ている。

「エヴァのパイロットは変わり者が選ばれるのでは」など言っていたが、後に自身もフォースチルドレンとしてEVA3号機のパイロットに選ばれる。起動実験にて3号機を起動させるが、その直後第13使徒バルディエルに乗っ取られることとなる。そして、ダミープラグに切り替わった初号機によって3号機は撃破され、その時エントリープラグを握り潰され左足を失う重症を負った。この事件によりシンジは心を閉ざし、物語は一気に重くなっていく事となる。TV版ではそれ以降、トウジが登場することはなかった。

ちなみに声優の関智一氏は東京出身でネイティブな関西弁は一切話せない為、トウジの関西弁は俗にいうステレオタイプな関西弁である。

新世紀エヴァンゲリオン2[編集]

PS2用ゲーム『新世紀エヴァンゲリオン2』では、トウジのA.T.(このゲームにおけるスパロボの気力のようなもの)が一定以上ならEVA3号機の起動実験は無事成功する。

さらにその後もA.T.が高ければEVA3号機の掃除をするというイベントがあり(彼はアスカとはまた違う感じでのEVAへの愛着がある模様)、その際に赤いカビ(実は第13使徒バルディエルだった)を発見し綺麗に除去した事により、EVA3号機使徒に乗っ取られることなくパイロットとしての姿を見ることができる。また、同作内で渚カヲルシンジと共に説得し、渚カヲルを仲間に迎え入れるイベントもある。

PSP版では上記のイベントに加え、トウジ主人公のシナリオが「心のありったけを」とタイトル変更され、内容も大幅に刷新。戦時・平時とも妹のために奮闘する姿が描かれている。

新劇場版[編集]

性格に大きな変化はないが、TV版とも漫画版とも違う展開を辿ることになり、破の時点ではEVA3号機のパイロットにはならず、妹サクラの退院に立ち会っている。

『Q』においてはあるところで着替えの制服に書かれていた名前だけの登場だが、それがシンジに思わぬ動揺を与えてしまう。ちなみに何故そこに制服があったのかは謎である。また、トウジの服のサイズはシンジより少し大きいらしい。

登場作品と役柄[編集]

TV版設定[編集]

パイロット設定はあるものの活躍する機会が全くと言っていい程無く、実はパイロットとしてシナリオ上トウジがEVAに乗って戦う姿を見せたのは『α』が初めてである。これ以前にはN64版エヴァンゲリオンで隠し要素として存在するが、本編での活躍ではない。『α』以降、先述の『エヴァンゲリオン2』といった関連作品でifとして盛り込まれる機会が増えた。

『F(サターン版)』では担当声優の同じドモン・カッシュが参戦していた為オマケ要素程度でトウジのボイスが収録されていたが、『α』ではトウジ参戦のみで声の出演と、これまでモブ扱いに等しかったキャラクターがスポットを浴びた数少ないケースである。

SRWでは左足を失う事はない。原作ではEVA3号機を操縦し戦闘を行うことはなかったため、エヴァの操縦技術は未知数であるがパイロットとして加入する場合、シンジら他のチルドレンと殆ど変わらない能力値が与えられている。原作でパイロットとしての活躍が描かれていない為パイロットの属性はこれといって定まっていないが、おおよそトウジの硬派かつ熱血漢の性格が取り入れられる事が多く、いわゆるスーパーロボット乗りに近い気質が好例。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
初登場作品。セガサターンの内蔵時計に連動した誕生日祝福イベントでのみ登場。何気に声もついている。PS版にはこのイベントがないので登場しない。キャラクター事典には登録されない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αDC
原作と同じくEVA3号機が乗っ取られるが、左足を失う展開には至らず、真ゲッター1のストナーサンシャインでバルディエルが撃墜されたことでトウジは助かった。尤も竜馬のセリフによれば、3号機ではなく寄生しているバルディエルをピンポイントで消滅させたようである。隠し要素の条件次第では3号機と共に味方に参入する。
ちなみに『α』ではシンジと共にヒイロが一時的に第壱中学校に転校してきた設定であるが、当初ヒイロをEVAのパイロットと思いこんで殴りかかったが、案の定返り討ちに遭う。逆にスーパー系シナリオでは、シンジとの険悪な出会いは起こっていない。仲間になった場合は検査入院を経て『男の戦い』でスポット参戦し、正式に加わる。その後シンジと共にしばらく出席していなかった学校へ登校する。この時、EVAに乗る事へ恐怖を抱いていたが、シンジ達も危険な目にあっている事を思い直し、シンジ達と共に地球を護る事を決意している。原作では叶わなかったヒカリの弁当を食べる事となり、ケンスケがトウジが3号機パイロットになった事に驚く。なお、その後はあまり会話に加わらない上にAirシナリオでは何故か出撃枠に入っておらず、エンディングにも登場しない。
第3次スーパーロボット大戦α
52話「世界の中心でアイを叫んだけもの」のラストで、ケンスケと共にシンジと再会する。ケンスケ曰くずっと心配していたらしい。エヴァパイロットとして再召集がかからなかった事やシンジも『α』でのフラグが立っていない(ミサトとの会話でミサトがシンジに人類補完計画の事をかつて話したと語っており、それが成り立つのはフラグが立っていない場合であるため)事から、『α』で仲間になっていないのが正史のようである。
余談だが彼らが「おお~い!!」と駆け寄ってくる際、シンジの顔グラが怯えた表情に切り替わるのが何とも…。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
EVA3号機乗っ取りイベントは発生する(漫画版の展開を採用したらしく、シンジに事前に相談している)が、無条件で3号機とともに自軍に入ることになる。その為、会話に参加する事も多く、シンジを裏切ったカヲルに激怒するというシンジへの熱い友情を示したイベントがある。
一方劇場版シナリオでは、エヴァのパイロットであるはずなのにネルフからも襲撃した連邦軍からも言及されず、存在を忘れられてしまっているような扱いである。原作には居ないので仕方ないといえば仕方ないのだが…。
シナリオ面では、『第2次α』の浪花十三同様にプロ野球チーム「大阪タイタンズ」のファンという設定が付加され、十三以上の入れ込み具合で応援しているようである。また、EDでは洞木ヒカリと付き合い始めた事がアスカの口から語られている。前述の劇場版シナリオでの扱いを除けばおそらく歴代で最も扱いが良いといえる。

新劇場版設定[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
NPCだが、音声が収録されている。第5の使徒戦におけるシンジとの掛け合い台詞が用意されている他、中断メッセージにも登場。その中断メッセージ内容は旧世紀版の彼に関する内容である。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
序盤のEVAルートでシンジとの会話に登場する。前作にあった音声は前作の1話だけの再現シナリオのためだったのでオミットされている。その後はヱヴァのシナリオが「Q」に移行するため登場しなくなる(中央大陸ルート26話の戦闘前会話を見るに、シンジにはサードインパクトで死亡したと思われているようだ)。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
新劇場版設定なのでNPC。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
NPC。今回はシンジの転校が早まっているためケンスケ共々登場時点で既に友人になっている。
本作におけるシンジの初陣である第26話「降臨するもの」でケンスケと避難所を抜け出して戦いを見物していたところ、第4の使徒駆逐直後の暴走状態の初号機に襲われかけてしまう。しかしその後のシークレットシナリオ(第27.5話)「想いの形」においてミサトの計らいでケンスケと共に再登場し、シンジを責めるどころか「あの時は避難命令を無視した自分たちが悪いし、シンジが頑張っていることはよく分かっている」と励ました上で3人で東京観光に繰り出すなど、サブキャラながらシンジの親友として重要な役回りを演じた。
出番こそ少ないものの、新劇場版設定のため当然3号機事件に巻き込まれることもなければ今回は妹が負傷することもなく、シナリオ上『Q』の展開に入ることもないため、新劇場版設定では一番救われた作品かもしれない(エヴァの全キャラに言えるが)。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
サポートユニットとして登場。シナリオなどには登場しない。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

原作では実際に戦うことはなかったが、シンジたちと同等の能力を持つ。格闘射撃は両方こなせる。また、防御が低めのEVAパイロットの中では一人だけ防御が高い。

精神コマンド[編集]

その性格からか必中ひらめきド根性(根性)、熱血とスーパー系のような精神コマンドを豊富に覚える。

α
根性ひらめき必中熱血気合
MX
ド根性ひらめき必中熱血友情鉄壁
鉄壁を消費SP15という驚異の低さで修得。A.T.フィールド貫通後に効果が出るのでさほど硬い訳ではないが、4000以上のダメージやフィールド貫通攻撃を受けてもある程度は耐えられるので、壁役・援護防御役として重宝する。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

α
切り払い
エヴァパイロットの中で最も切り払いが巧い。
MX
カウンター援護攻撃援護防御
喧嘩で培ったのかカウンターを修得。

サポートアビリティ[編集]

妹思い
UC。装甲アップ。

人間関係[編集]

鈴原サクラ
妹。彼女の負傷がシンジとの縁が始まるきっかけとなる。姿と名前が明かされたのは新劇場版から。
碇シンジ
妹の怪我の原因として最初は敵視していたが、ケンスケに諭されたトウジから不器用ながら詫びを入れた後に親友となる。
α』で仲間になった際に3号機パイロットを辞退する事をトウジに勧めたが、トウジは決意を既に固めていた。
相田ケンスケ
親友。『α』ではトウジがEVAパイロットになった事を原作と違った形で知り、驚愕する。
洞木ヒカリ
好意を寄せられている。『α』ではトウジを仲間にした場合念願が叶う。
惣流・アスカ・ラングレー
喧嘩相手(犬猿の仲)だが漫画版や『MX』ではヒカリとの関係もあり、意外と気を使ってくれる。余談だがトウジ役の関氏と逆に宮村氏は関西圏である兵庫県出身。
綾波レイ
無口なクラスメイトのエヴァパイロット。トウジは彼女に苦手意識を持っており、プリントを届けに行かされた時はシンジを付き合わせている。
葛城ミサト
憧れの美人。ケンスケ共々、彼女と同居しているシンジを羨んでいる。
渚カヲル
原作で顔を合わせる事は無かったが、『MX』ではシンジを裏切ったカヲルに対し激怒している。
冬月コウゾウ
原作では直接絡まないが、『MX』終盤で彼が語った使徒の出現予測を示す「シナリオ」(「スケジュール」の別称も)の詳細を知り、彼らが3号機を使徒に乗っ取られる事も予め把握していたと聞かされ、絶句する。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

流竜馬
α』での「神か、悪魔か」での命の恩人といえる。
兜甲児
『α』での沖縄において、女性陣(ミサト含む)が海水浴に出掛けた話題の中での男性陣の一人でありトウジも加わって非番ではない事に残念そうにしている。
神名綾人
MX』では暴走状態の初号機によって止めを刺される寸前、彼とラーゼフォンの介入で難を逃れる。

ガンダムシリーズ[編集]

ヒイロ・ユイ
α』では彼をEVAのパイロットと勘違いして喧嘩を吹っかけるが、逆にボコボコにされてしまう。
リリーナ・ドーリアン
『α』ではヒイロを訪ねて第壱中学校へとやって来た彼女の美少女振りに鼻の下を伸ばすも、直後にリリーナが見せたエキセントリックな振る舞いを目の当たりにして呆気に取られる。
カミーユ・ビダン
MX』では上述の冬月との遣り取りで、トウジの怒りを代弁するかの如く冬月に詰め寄る。
ジュドー・アーシタ
『MX』では後述のヒカルとのトラブルに関して、彼から「トウジが一番覗きそうだからじゃないの?」と断言された。

リアル系[編集]

アマノ・ヒカル
MX』で六道家へ遊びに行った際、入浴しようとする彼女から「覗いたら金タライ3発ぐらいじゃ済まない」と警告され、大いに憤慨する。
相良宗介
声優が同じ。『第3次Z時獄篇』でかなめによって無理矢理兄貴分にされた……が、意外と満更でもなかった様子でその後は「アニキ」と呼んでいる。

名台詞[編集]

旧世紀版[編集]

「すまんな転校生。ワシはお前を殴らなイカン…」
シンジとの最初の出会い。妹・サクラが怪我をする原因となったエヴァンゲリオンのパイロットを許す訳にはいかなかった。
「二発もどついたりして悪かった。ワシのこともどついてくれ!」
「頼む、そやないとワシの気が済まん!」
第四話「雨、逃げ出した後」にて。第3新東京市を去ることになったシンジの前に、見送りに来たトウジとケンスケが現れる。
「碇がおらんのやったら、いずれワシらもこの街から出ていかなならんようになるやろ」
「せやけど、ワシら何も言われへん。エヴァの中で苦しんでる碇の姿、見てるからなぁ」
「碇のこと、ゴチャゴチャぬかす奴がおってみぃ、ワシがパチキかましたる!」
同上。不器用ながらも率直なトウジの言葉が、シンジの心の殻を揺り動かす。
アスカ「見物料よ!安いものでしょ!」
トウジ「何やてぇ!?そんなモン、こっちも見せたるわ!」
第八話「アスカ、来日」にて。風で舞い上がるアスカのスカート。直後に3バカを襲う彼女の平手打ち。強気なトウジが黙っているはずもなく、とんでもない「反撃」に出る。
「…人の心配とはめずらしいなあ」
「お前が心配しとるのはシンジや」
3号機のパイロットに選出されたことを知ったレイに話しかけられて。レイの心情を的確に言い当てた。『α』ではDVE
「なぁ委員長…妹に、ワシは何でもあらへんと、いうといてんか…」
バルディエル戦の後、病院で目を覚ました後、傍にいたヒカリにこう告げる…。

漫画版[編集]

「オノレの根性、ホンマにババ色やのう!!」
原作通り、シンジに貸し借りなしにするため、「ワシを殴れ」の返答に「その方が面白いから」と言う理由で殴るのをやめたシンジに対して。漫画版のシンジはトウジにこんな台詞を投げられるほど根性がひん曲がった部分がある。この後この「借り」はレイを笑わせようとして変顔をさせられると言う形で返される事に…トウジ曰く「そんな借りの返され方されとうなかった…」。
「ワイ、2、3日学校休むけど、帰ってきたら委員長にも話すわ」
「ワイら今まで鼻付き合わすとケンカばっかりやったけど、帰ってきたらもう少し仲良うしようや」
3号機起動実験の朝、ネルフへ向かう途中に会ったヒカリへと向けた言葉。二人の仲の進展を期待させるような台詞だったのだがこの後の展開を考えると

新劇場版[編集]

「チッ。何や、ハズレかいな」
『破』にて当たりつきアイスの棒を見ながら。直前にシンジとケンスケがEVA3号機パイロットが誰になるかについて話しており(しかも三人がいる場面はTV版同様に夕方のバスケットコートである。この際、またトウジに悲劇が訪れるかのような演出)、この台詞は「今回トウジは3号機パイロットにならない」という伏線である。このことによってトウジは最大の見せ場となる3号機暴走事件での出番を失う事になるが、その分五体満足で妹の退院に立ち会えるなど幸せな結末を迎える事ができる。なお、ヒカリを爆風から身を挺して守っており彼の優しさが出ている。

その他[編集]

「なあ、ワイのエヴァ、なんか汚いなと思って掃除しとったら、赤いカビみたいなのがはえとったんや」
「キレイに掃除したら、なくなってもうたけどな」
PS2版『新世紀エヴァンゲリオン2』にて、EVA3号機の掃除を終えた際に。
…その「赤いカビみたい」のがトウジの運命を狂わせてしまったであろう第13使徒バルディエルであるが、そうとも知らずに洗い流した結果、ヒトの手で使徒を殲滅してしまうという結果に…(一応原作ではもう一体ヒトの手で殲滅される使徒もいるのだが、そちらは本部を自爆寸前まで追い詰めており、リツコの頭脳あってこそ出来た事なので、情けない事に変わりはない)。
まあ、これで彼の身に悲劇が降りかからずに済んで良かった…のかもしれない。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「見たか!A.T.フィールドは無敵や!!」
仲間になって敵の攻撃をA.T.フィールドで防いだ時に聞ける特殊戦闘台詞。発音がよく耳に残りやすい。
「ピンクのロールスロイスゥ? この御時世に豪勢な真似しくさって…何処のどいつや? ドイツ人か!?」
αDC)』リアル編第19話「第二次直上会戦」より。第壱中学校に颯爽と現れた場違いな高級外車へ毒づくが、あまりのベタな駄洒落は相方からのツッコミを招く事に。
「わかってます、ミサトさん。ワシは…シンジや惣流たちに助けられてばっかりやった。今度はワシがシンジらを助ける番や」
「シンジがおらへんのやったら…ワシがやるしかないんや、ワシが!」
以下は全て『α(DC)』のEVA3号機入手フラグを成立させ、自軍入りした場合の台詞。
第47話「男の戰い」でレイ&アスカと共にNERV本部防衛の任務に就いた際、初の実戦を前にしたトウジを気遣うミサトへ、自分に言い聞かせるかの如く戦いへの決意を述べる。
「そう暗い顔すんなや。ワシかて納得してEVAに乗っとんのや」
「正直ゆうて、ワシかてEVAに乗るのは怖い。そやけどな、ワシらがEVAに乗らんかったら妹やケンスケ、委員長達がもっと怖い思いすることになるんや…」
「だから、ワシはワシに出来ることをする。それだけや」
「それに、お前や綾波、惣流もおるからワシも何とか戦えると思うわ」
引き続き3号機パイロットとしてロンド・ベル隊に配属される事と成ったトウジを気遣うシンジへ、自身の戦う理由を明確に告げる。達観したかのような言動からは覚悟を決めた漢のカッコ良さすら漂うが、直後に現れたちずるを目の当たりにして、結局「いつものトウジ」に戻ってしまう。
「ミ、ミサトさんの…綾波の水着姿!そ、それが見られへんなんて一生の不覚や…!」
『α(DC)』(ゴラオン隊ルート)第54話「思い出を未来へ」でロンド・ベル女性陣が海水浴に出掛けた事を知り、スクランブル要員としてゴラオン内に待機している己の立場を嘆く。何気に『α(DC)』のトウジは、レイにも興味を抱いている事が窺える一幕。
「いや、ワイも男や。もう覚悟は決めた…そやから、やるで」
「心配する事あらへん。妹やケンスケ、委員長達を守る為にワイも戦う…戦うんや…!」
MX』第36話(『PORTABLE』では第37話)「命の行方」より。EVA3号機パイロットとして初出動した際、無理をしないよう声を掛けてくるシンジらの気遣いに、不安を振り払って述べた決意表明。だが…。
「なんや、相変わらずの引っ込み思案かいな。なら、ここは一つワシがやったる!」
「ワシもEVAに乗って、ズババーンと決めたるわ!」
第3次Z時獄篇』の中断メッセージにて。プレイヤーの中には「乗らなくていい」と思った人もいるだろう。
しかし今回は新劇場版設定なので…
「なんやて~!?せっかく、こうしてしゃべってるのにか!」
その後シンジに「あ、今回は、それないらしいよ」と返された後の台詞。シンジもメタな発言しているが、「こうして喋ってるのに」と言ってる辺り、トウジはトウジで相当メタな発言をしている。
……まぁ、トウジが喋るが参戦しない前例もあったのだが。

搭乗機体[編集]

EVA3号機

余談[編集]

  • 漫画版ではTV版とは違いEVA3号機起動実験の前日、シンジに自分がフォースチルドレンであること、エヴァに乗ることへの恐怖を告白している。そしてダミープラグによってEVA3号機が撃破され、その際トウジは死亡というTV版以上の悲劇に見舞われてしまう。また、髪は茶髪となっている。
    • TV版で死ななかった理由は「子供を殺さない」という庵野監督と大月プロデューサーとの約束があったからだという。