ラーゼフォン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ラーゼフォン
外国語表記 Rahxephon
登場作品 ラーゼフォン
初登場SRW スーパーロボット大戦MX
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 巨神
全高 50 m
所属 TERRA
奏者 神名綾人
テンプレートを表示

ラーゼフォンは『ラーゼフォン』の登場メカであり、同作の主役メカ。

概要[編集]

TOKYO JUPITERの中心、MU東京総督府地下にある世音神殿「ラーの間」の次元卵から目覚めた巨神

神名綾人の意識と同調する事で動き、綾人以外には操縦出来ない。しかし、自律行動は可能で、自己防衛の為攻撃したり、綾人を求めて行動したりする。胸部装甲を開くと現れるコアから綾人を胎内へと迎え入れる。コックピットに相当する胎内洞は「奏者の座」と呼ばれ、基底部は「神託の泉」と呼ばれる水が満ちており、羽根の形状をした椅子が神託の泉から突き出ている。

その存在は、久遠曰く「時間が物質化した機械仕掛けの神にして、数多の世界の放浪者」「世界を安定させ、調和させる調律者」とのこと。

目は通常赤い色をしているが、その下に「真理の目」と呼ばれる金色の眼球がある。また、ひさしの部分に開閉式のバイザーを持ち、目を覆う事が可能である。

素材、構造、動力、全てが未知である為、地球連合側から「ムーリアン・アーティファクト・クラス5A」に分類される。綾人の精神的成長と共に進化していく。

実はこの機体は、本来「ラーゼフォン」と呼ばれるべきものの構成要素の一つに過ぎない。真の意味での「ラーゼフォン」とは、神の心臓である「ヨロテオトル」を得た奏者とこの機体が一つになり「ラー」の称号を得た状態を指し、この機体は「ラー」の称号を持たない「ゼフォン」が本来の呼称(そのため「調律」に近しい者達は総じてこれを「ゼフォン」と呼称する)。

ちなみに、「器」であるゼフォンには奏者=オリンを導くべく具現化した「心」が存在し、この機体の場合は美嶋玲香。ベルゼフォンの場合は綾人の姿をしていた。

登場作品と操縦者[編集]

デザインや武装の面でライディーンをオマージュしており、スパロボでもクロスオーバーが存在する。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
本作でもストーリー面、とりわけ終盤で大きな役割を担う。
格闘にもたけるが、メインはやはり射撃。貫通光や弓状光で中・遠距離から敵を撃ち落としていくのが基本スタイルだろう。綾人の能力が最大値でもパッとしないため戦闘開始直後こそイマイチだが、気力130以上で発動する特殊能力「奏者」により攻撃力が+40%になると途端に高破壊力ユニットに化ける。必殺技の「弓状光」「ボイス」はもともと威力が高いので、奏者発動でボス撃破ユニットとして使うのも有効。ネックは全味方ユニット中最低の移動速度。ブースターの装備などでフォローしたい。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MXPORTABLE
スパロボ初参戦。ストーリー面、機体性能共に主軸の一角を担う。攻防共に高いレベルでバランスの取れたスーパーロボット
火力は十分で最大射程が長く、防御面も基本的な装甲は薄いが、音障壁とシールド防御が併用可能なので堅牢。欠点を挙げるなら合体攻撃を持たない事、終盤に真聖ラーゼフォンになる為、一時離脱する事。イベントで自軍を抜けたかと思えば強制出撃するなど、出入りの激しさもマイナス。格闘以外は全てENを消費する為、まずENを改造し、さらにEセーブが欲しい。アタッカー、援護要員、ダブルアタック要員と多方面に活躍する。綾人の育成は汎用性の射撃と威力重視の格闘のどちらかに絞ろう。真聖ラーゼフォンに改造段階は引き継ぐが、シールドはなくなる。
ゴッドゴーガンと弓状光、ゴッドボイスとボイスなど、オマージュ元であるライディーンと同時攻撃させてみるのも一興。

装備・機能[編集]

武装、オプションを一切持たず、口から高周波を放射し、掌から光を放ち敵を粉砕する。武装という概念を持たないのは、『ラーゼフォン』というアニメが、玩具によるセールス展開を狙っていないとも考えられる。全ての攻撃を機体本体から繰り出す姿は、『兵器』というよりも神々しさを感じさせる。

攻撃手段[編集]

格闘
ラーゼフォンの手で敵を掴み、拳で何度も殴りつけた後投げ飛ばす。MXでは射程は1で固定。
貫通光
掌から破壊の光を放つ長射程の射撃武器。
MXではシールド貫通属性を持つ。SC2ではスキが少なく、メイン武装となる。
光の剣
手に光の剣を形成し、敵を斬りつける。
MXでは射程のあるP武器。
弓状光
光の弓矢を作り出し、敵を射貫く長射程の射撃武器。
MXではダブルアタック可能で支援攻撃にも対応するが、EN消費が意外と激しいので使い所は考える必要がある。
SC2では通常兵器と必殺技の2種類が使用可能。通常版は構えてから放つまでの一連の動きが再現される為スキが多く、やや使いづらい。他の味方に敵を引きつけさせよう。必殺技は対象1体にダメージを与えられ、攻撃力は高め。
ボイス
真理の目を開いたラーゼフォンが、口から高周波を放つ。
MXでは拡散属性があり、敵の分身系能力を無効化する。長射程攻撃だが格射武器なので、パイロット養成は格闘値やインファイトなど、格闘系に効果のあるものが反映される。
SC2では必殺技扱い。範囲内全ユニットを攻撃可能で、対象の装甲を-5%する特殊効果がある。

特殊能力[編集]

剣装備
光の剣で切り払いを行う。パイロットにも切り払いの技能が必要。
盾装備
パイロットのシールド防御技能と揃える事で、シールド防御が発動可能。
音障壁
全属性のダメージを軽減するバリア。シールド防御と併用可能。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

機体BGM[編集]

「ヘミソフィア」
オープニング主題歌。

関連機体[編集]

真聖ラーゼフォン
真の姿。
ベルゼフォン
対存在。
ライディーン
オマ-ジュ元。

商品情報[編集]