2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

第13使徒バルディエル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
第13使徒バルディエル
外国語表記 13th Angel Bardiel
別表記
【新劇場版】
第9の使徒
登場作品
種族 使徒
動力 S2機関
テンプレートを表示

概要[編集]

EVA3号機が寄生型使徒に乗っ取られた姿。

寄生場所は原作冒頭の積乱雲の中と思われる。起動実験の際に接続信号を送ったところで目覚める(使徒自身では起動できなかった可能性もある)。コクピットブロックが張り出し粘菌状の本体が現れ、同時にEVAと融合した。

EVA3号機の武装は使用しなかった(できなかったと思われる)が、腕を伸ばす、侵食液といった攻撃を見せた。劇中では侵食液でEVA零号機改を侵食している。

原作中では、EVA零号機改とEVA弐号機を瞬く間に撃破してEVA初号機と対峙、戦闘を行う。しかし、初号機のパイロットである碇シンジが戦おうとしないため、碇ゲンドウ司令が初号機のダミープラグへの切り替えを指示し、これによって半ば暴走状態になった初号機に成す術も無く破れた。初号機は3号機が沈黙した後も攻撃を続け、3号機のエントリープラグを中にいる鈴原トウジごと破壊した。

その結果、トウジは瀕死の重傷、TV版では一命は取り留めたものの左足を失い、漫画版では搬送中に死亡している。なお、エントリープラグを潰した原因はバルディエルの本体(?)があったためである可能性が高い(この点は、後述の新劇場版を参照)。

プレイステーション2ソフト『新世紀エヴァンゲリオン2』では、条件によってはEVAに寄生するも(実は3号機以外にも寄生していた)発見され、「カビ扱いされて掃除されて殲滅」という情けない結果になることもある(類似した特徴を持つ第11使徒イロゥルよりも、である。もっとも、自力で起動できないのだとすればバルディエルの弱点を突かれたともいえる)。ちなみに、普通にシンジが戦うと攻撃をするたびにAT(気力の様なもの)が減少し、動けなくなるほど減ると暴走イベント、という流れになる。まともにやると倒せなさそうだが、実はやり方次第では撃破できる。また、トウジのATが高い場合は起動実験でバルディエルに乗っ取られる事なくシンクロに成功している。ATを気力で例えるならば気合いでなんとかなるのだろうか?

新劇場版[編集]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』では「第9の使徒」として同様の存在が登場。ただし、EVA3号機のパイロットが式波・アスカ・ラングレーに変更されている他、TV版にはなかった、覚醒時のエントリープラグ内の様子も描かれた。粘菌部分は青色となっている。また、腕を二本増やす能力まで持つ。

『新劇場版:破』においてはエントリープラグに粘菌(使徒)の本体とみられるものがあり、初号機にプラグごと噛み砕かれている。

登場作品と役柄[編集]

旧世紀版では他作品の神秘的な力を持つ機体によって、使徒のみが浄化されるのがパターン。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
敵として登場。トウジEVA3号機を自軍入りさせるにはダミープラグに任せずにシンジ自身がバルディエルと戦う意思を示す選択肢を選び、かつ3号機のHPを30%以下にまで削らなければならない(撃墜するとゲームオーバー)が、実はこの「戦う意思を見せる」方の選択肢決定だけで入手フラグの一つが成立している為、撃墜による暴走に陥っても実質的に問題はない(敗北条件さえ成立させなければOK)。
ちなみに、選択肢やダミープラグ発動の有無に関わらず、最期はイベントが発生して真・ゲッター1のストナーサンシャインにより浄化・消滅させられる(しかも、粘菌状のバルディエルそのものにピンポイント攻撃をしたらしい)。
なお、天使の名を冠するバルディエルであるが、竜馬からは3号機の内部に巣食う「悪魔」呼ばわりされている。また、初号機(ダミープラグ発動の有無関係なく)そっちのけで目の前の初号機よりも乱入してきた、真・ゲッター1に攻撃目標を変えて襲いかかるも結果は先述の通り。初号機よりも色々な意味で危険な存在の真・ゲッターに何故襲いかかろうとしたのかは謎。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
新劇場版なので「第9の使徒」名義。第46話日本ルート「成功確率0.0001%」のエンドシナリオデモにてEVA3号機の稼働実験を実行すると、第47話「生命の選択」or「アタリとハズレ」にて登場。
マリとの兼ね合いも兼ねているのか、選択肢でしかアスカを助ける事が出来ないという特殊な扱いとなっている。また、暴走初号機とのイベント戦闘ではBGMが「今日の日はさようなら」に変わるという原作再現がある。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
再生使徒の1体として再登場。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
今回はラーゼフォンに魂が消滅させられる。その後はEVA3号機として使用可能。なお、『MX』では原作とバルディエルの覚醒の経緯が異なり、正常に起動した後に突如覚醒している。
スーパーロボット大戦V
新劇場版設定で第39話にて登場。
第10の使徒とほぼ同時に出現するが、こちらを先に倒すと真ゲッターゲッター線によって消滅しアスカは救出される。
第10の使徒を先に撃破した場合は、イベント後マジンガーZEROが出現するため一時的に無敵となる。マジンガーZEROを撃破することでイベントが発生し再び攻撃可能になり、撃破すると初号機に倒されアスカは救出される。
どちらの展開でも機体・パイロット名が入れ替わるだけで違いはないが、後者の場合はアスカとシンジの会話が入る。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
腕を伸ばす能力を身に付けた。『MX』では「暴走」と表記。

特殊能力[編集]

A.T.フィールド
HP回復
MX』のみ。
状態変化耐性
『MX』のみ。

移動タイプ[編集]

宇宙

サイズ[編集]

L

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

α
ド根性復活隠れ身
MX
加速必中不屈気合熱血直撃
V
ド根性加速必中不屈突撃

特殊技能(特殊スキル)[編集]

MX
底力L9
V
底力L2、気力+ボーナスサイズ差補正無視L1、ガードL1

固有エースボーナス[編集]

A.T.フィールド」の効果が+1000される
V』で採用。

対決・名場面[編集]

旧世紀版[編集]

EVA弐号機
具体的にどうやったのかは不明だが、瞬く間に撃破した。
EVA零号機改
瞬時に飛び掛かり組み敷くと、その腕に侵食液を流しこんだ。
EVA初号機
トカゲのような四つ足の体勢を取り、両腕を伸ばして初号機の首を締め上げるバルディエル。
しかし初号機がダミープラグの操縦に切り替わった途端、形勢逆転。四肢を引きちぎられ、頭を殴り潰され、エントリープラグごと始末された。

余談[編集]

  • 名前の由来であるバルディエルは「霰」を司る天使であり、偽典『エノク書』に登場する堕天使「バラキエル」の別称でもある。
  • うますぎWAVE第505回のオープニングクイズで話題に上った際に、パーソナリティーである杉田智和氏は明日を救え!と叫んでいた。名前は似ているが、違います。

商品情報[編集]

  • EVAシリーズの機体同様にプラモデルがリリースされているが、販売形態によっては3号機にバルディエル時のパーツが同梱されている物、キット自体は3号機と同一で腕と一部パーツが違うだけの第13使徒バルディエルの物がある。