式波・アスカ・ラングレー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
式波・アスカ・ラングレー
読み しきなみ・アスカ・ラングレー
外国語表記 Shikinami Asuka Langley
登場作品 ヱヴァンゲリヲン新劇場版 / Q
声優 宮村優子
デザイン 貞本義行
初登場SRW スーパーロボット大戦L
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人とドイツ人の血を引くクォーター)
性別
年齢 14歳(
28歳(Q
出身 ドイツ
身長 144cm
髪色 ブロンド
瞳の色
所属 ユーロ空軍→特務機関NERV→WILL-E(ヴィレ)
学年 中学2年生
最終学歴 大学専攻
役職 EVA2号機EVA3号機パイロット(『破』)→EVA改2号機β、EVA改2号機γ(『Q』)
軍階級 大尉
好きな物 TVゲーム
テンプレートを表示

式波・アスカ・ラングレーは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』のヒロインの一人。

概要[編集]

新劇場版における惣流・アスカ・ラングレー。『序』にはおらず『破』から登場する。名前が「惣流」から「式波」へ変更、階級が「大尉」等、設定が大幅に変更されている。

『破』では次第に碇シンジへの好意が如実に表れており、シンジと綾波レイが仲良さそうにしているとヤキモキしている姿が見られる。他人とは関係無く自分一人で生きていくことに拘るという人物で、他人から評価されることに執着していた「惣流」と比べ、性格や価値観にも旧世紀版からの変更点が目立つ。

最初の搭乗機は旧世紀版と同じくEVA2号機。初陣で第7の使徒を撃破、鮮烈なデビューを飾る。その後、旧世紀版とは異なり、EVA2号機が凍結され、自らEVA3号機テストパイロットに志願する。しかし、EVA3号機起動実験時、使徒に3号機を乗っ取られ、ダミープラグに切り替わったEVA初号機にエントリープラグごと噛み砕かれてしまう。一命は取り留めたものの、精神汚染の可能性があるとして隔離される。

『破』から14年が経った『Q』では、実年齢は28歳だが「エヴァの呪縛」により肉体年齢は14歳のままとなっている。また、左眼には眼帯を装着しているが、失明したわけではないらしく、青く光る描写がある。葛城ミサト真希波・マリ・イラストリアス赤木リツコ等と共に反NERV武装組織「WILL-E(ヴィレ)」に所属。『破』の終盤にてニア・サード・インパクトを起こしたシンジへの怒りを露わにしているが、ミサト達と違いシンジを正面から見つめている。なお、マリに対する呼び名などから、空白の14年間の中でEVAやNERVについての秘密をある程度把握した可能性が高い。

ちなみに『破』では、ワンダースワンらしき携帯ゲーム機を所持している。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
中盤より参戦。戦闘時の音声が新録されているが、宮村優子氏の体調が芳しくなかったためか中断メッセージは過去収録分のライブラリとなっている。
第46話日本ルート「成功確率0.0001%」終了後選択肢でマリとの二択となる。3号機凍結ルートに進んだ場合は最終話まで使用可能で、原作以上にシンジと打ち解け親密になるのだが…。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
『Q』設定で登場し、第23話「最後の来訪者」で他のEVAパイロットと共に参入する。音声も多く新録されている。
Q』同様の顛末を辿ってきたためシンジ達とは『ヱヴァの世界』で敵対していたが、再び多元世界に転移してきたことで一時的にシンジ達と共闘することになる。
経緯が経緯なためか原作同様、斜に構えた描写が多い。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
シリーズで初めて新劇場版設定で参戦。中盤で適正試験に協力していたデュオ・マックスウェルヒルデ・シュバイカーと共に登場。
原作での人間関係の変化を踏襲してか友情を覚える。変わりに努力を失ったが、EVA2号機の機体ボーナス「経験値+」に受け継がれている。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
中盤からEVA弐号機と共に参戦。時獄篇で収録できなかった分新規収録が目立つ。シンジやレイについでの次回予告風や前のライブラリの中断メッセージに、こんどはアスカが合わせるように収録された。
今回は原作では使用しなかった「獣化第2形態」が使用可能なため、原作にはない『破』時代の「獣化第2形態」用のアイコンが存在する。
やはり3号機の実験を行って第9の使徒に取り込まれるが、真ゲッター疑似シン化した初号機によって救出され、離脱せず最後まで使える。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
EVA弐号機EVA3号機EVA弐号機II式に搭乗。
2018年4月のイベント「1246秒の奇跡」ではΩスキル搭載のEVA弐号機が登場し、演出で喋るようになった。2019年2月のアップデートでは既存のパイロットパーツにもボイスが追加された。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

旧世紀版と変わらず格闘能力が高い。乗機の武装が格闘重視のため、相乗効果で攻撃力はかなり高い。また、ユーロ空軍エースということもあり、技量はEVAパイロットでは飛びぬけて高い。

反面にEVAパイロット共通の欠点「防御の低さ」がアスカは特に顕著で、『L』では全味方パイロット中ワースト1。回避もかなり低い方で、EVA自体の装甲・運動性も大した事が無いのもあり、A.T.フィールドを持っていても、相当強化しないと簡単に撃墜されてしまう。

精神コマンド[編集]

L
直感直撃集中友情熱血
上述の通り、良好な人間関係を築いていたので「友情」を覚える。しかし「魂」を習得しなくなったので、一撃の重さではシンジに譲る。
第3次Z時獄篇
ド根性直感突撃闘志直撃
V
ド根性努力直感気合突撃熱血
X-Ω
闘志ド根性熱血
パイロットパーツ装備時
気合ド根性自信

特殊スキル(特殊技能[編集]

L
シンクロ率カウンター援護攻撃アタックコンボ
アスカらしく攻撃的なスキルを習得する。シンクロ率はシンジより低く、レイより高い。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇/天獄篇
見切り気力+(壊滅)闘争心
序盤から気力が上がりやすく、AB取得後は速攻に磨きがかかる。
V
シンクロ率見切りL1闘争心L1気力限界突破L1

固有エースボーナス[編集]

出撃時気力+10、精神コマンド「突撃」の消費SPが20になる
『第3次Z』『V』で採用。
『時獄篇』や『V』では突撃の消費SPが軽減されるのは嬉しいが、『天獄篇』では自機の武装が全て移動後攻撃可能なので、タッグを組んでいる相手用になっている。

サポートアビリティ[編集]

シングルコンバット
SSR。スタン状態になりづらい。
クォーター少女の手作りチョコ
SR・SSR。バレンタイン限定版。セットしたアタッカーのクリティカル率、移動速度アップ。SSRでは回避率アップが追加。

人間関係[編集]

碇シンジ
同居人1。「ナナヒカリ」と呼ぶが、概ねツンデレ的態度。
ちなみに、シンジ同様に風呂場にいたペンペンに驚いて全裸で飛びだしてしまい、料理中の彼に見られた事に逆ギレして蹴りをお見舞いしてまった(もっとも、シンジも不本意である)。とにかくシンジは初対面で足払いで蹴られ、不本意の出来事で逆ギレされて蹴られと散々。また、TV版同様添い寝(?)もあるが、少し事情が違う。
Q』では精神年齢の違いから「ガキシンジ」と呼ぶが、完全に見放したミサト達と異なって最終的に彼の存在を受け入れている。
葛城ミサト
同居人2。素直にアドバイスを受ける姉的存在に改善されており、日常生活でもその傾向。アスカが珍しく料理をしている光景をからかうなど良好。
なお、『Q』ではシンジへのスタンスが異なっている。
綾波レイ
当初「エコヒイキ」と呼んでいたが、TV版とは打って変わって良好な関係を築けた。
加持リョウジ
TV版とは異なり、依存しているような描写が無く、ほとんど絡まない。
真希波・マリ・イラストリアス
『Q』ではコンビを組んでおり、彼女を「コネメガネ」と呼んでいる。悪態をつくことも多いが、飄々としたマリには軽く受け流されている。

他作品との人間関係[編集]

デュオ・マックスウェルヒルデ・シュバイカー
L』ではドイツでEVA2号機の調整を手伝っていた。お互いに特殊援護台詞も存在。
イクサー3
『L』では、初登場時の第7の使徒戦においてアンビリカルケーブルの再接続を必要無いと軽く見たアスカに対し、戦いは何が起こるか分からないとイクサー3に窘められた。
その場では言葉に従いケーブルを再接続しに行くものの、釈然としない態度であった。戦闘終了後も戦闘直後に熟睡しているイクサー3をこき下ろすなど、当初は明らかに嫌悪感丸出しの態度を取るが、次第に態度を軟化させ、彼女のあり方も認めて行く。
月面のクトゥルフ要塞での決戦時、イクサー3がスーパーネオスに撃墜されてしまった(かに思われた)時は、真っ先に声を荒げる様子を見せるなど、最終的にはかなり大切に想うまでになっている。
アトロス
『L』では最初は戦士であろうとする彼女に賛同している節も見られたが、後に考えを改めて仲間となった彼女を受け入れた。
ミラ・アッカーマン城崎絵美
『L』ではイクサー3に反発し、嘲笑した際、彼女達からきつくたしなめられる。
悠凪・グライフ中島宗美
『L』では彼らが仲間に加わる際、自身のそれまでの行いの事で罪悪感を感じている彼らに対して、少々キツイ言い方ではあるが、励ましの言葉を贈っている。
ジン・ムソウ
第3次Z時獄篇』中盤ではどっちのルートでも彼の死に悲しんでいる自軍に困惑する。
まぁ、彼(というかZ-BLUE)とは付き合いが短かったうえに「敵のスパイだった」としか認識してないのが原因かも知れないが。それでも、ジンがシンジを初めとするボランティア部部員達の大切な友達だったことは理解していた。
紅月カレン
『第3次Z時獄篇』では、赤い上にかつては名称に「弐式」が付いていた紅蓮を愛機としている彼女をライバル視している。もっとも、かつて同じような理由で絡まれた経験がある上にアスカが年下なので、カレンからは余裕綽綽とした返答をされる。
以後もよき先輩分としてアスカの面倒をよく見ており、『天獄篇』で年齢を重ねたアスカであっても彼女の前では昔の調子を取り戻す。

名台詞[編集]

「…そっか。私、笑えるんだ…」
』より。EVA3号機起動実験での台詞。前向きに生きることを決意するアスカであったが、まさか後の場面で自身が凄惨な目に遭うとは夢にも思わなかっただろう…。
上記のシーンが再現されない『L』では、EDにおいて平和な日常に満足している自分に気付き、この台詞を言う。
「ふん、あれじゃバカシンジじゃなく、ガキシンジね」
Q』より。アスカとシンジの精神年齢の違いを見せた場面となっている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「甘い」
「けど、それはお互い様。だから何も言いやしないわ。強さと甘さ、両立できてそうだしね」
L』第32話「奏でられた曲は」にて地上で警戒任務ルートを経由した場合に発生する台詞。
クトゥルフから離反し、イクサー3の仲間となったアトロスに対して。きつい言動は相変わらずなものの、「甘さ」を受け入れた彼女はアトロスも受け入れることができたようだ。
「あんまり細かい事を気にしすぎると、バカシンジみたいにナヨナヨした奴になるわよ」
同上。シナリオエンドデモより。悠が仲間に加わる際に、彼に対して。
この直後に「何で僕が出て来るんだよ!?」とシンジに突っ込みを入れられるが、しっかり突っ込みを入れて自己主張ができるシンジ、他人を受け入れる事ができるアスカと、お互いに成長が見て取れる。
「あんたがいなけりゃ、ファイナルフェイズは失敗してたのよ」
「少しはシャキッとしなさいよ! 命の恩人といえば命の恩人なのよ、あんたは!」
『L』第37話「鋼鉄の華」より。宗美加入時に発生する台詞。セントラルとの決戦が終わった後の、宗美に対して台詞。上記のアトロスやとの場面もそうだが、原作同様、アスカの他者に対する態度がはっきりと良い方向に成長していることを覗わせる。
「…ハズレよ。せっかく、鈴原にゆずってもらったのにね」
第3次Z時獄篇』第47話「アタリとハズレ」より。トウジから貰った(…というよりは奪ったが)当たり付きアイスを見て。
元々は、『破』において「トウジのアイスがハズレだった」。つまりTVシリーズと異なり「トウジがEVA3号機のパイロットにならない」事を暗示しているシーン。
第46話後の分岐で碇ゲンドウが「EVA3号機の起動実験を凍結した」場合、上記のルートになり、アスカもEVA3号機には乗らないことを示している。運命を掴んだことで自分の今後が変わったという暗示だろうか。
だが、『第3次Z天獄篇』では正史にはならなかった…。
アスカ「まずは一機!」
マリ「気合入ってるニャ、姫」
アスカ「当然! あいつには恨みがあるからね!」
第3次Z天獄篇』第41話「ずっと、スタンド・バイ・ミー」より。復活した第9の使徒が先に撃破された時の会話。
「あんたが何をするかは知った事じゃないけど、死んだら全て終わりなんだからね。だから…必ず生きて帰るわよ、バカシンジ」
『第3次Z天獄篇』第61話「黒い太陽」より。ここに来てようやくアスカが少なからずシンジを認めていることがわかり、シンジも僅かだが笑顔を見せた。
「前時代的。バッカみたい!」
V』にて影の軍団 (一般兵)相手の特殊戦闘台詞。
「あんた…私を誰だと思ってるのよ?」
『V』第40話「星々の海原へ」冒頭、シンジの見舞いに来た際にシンジに驚かれての返答。「使徒に侵食されたぐらいでヤワじゃない」とのことだが、どことなく某鬼リーダー某銀河の妖精を思わせる台詞である。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「ふん…戦闘直後にもう寝るだなんて緊張感の欠片もないわね」
「それでもあのアトロスって奴が言ってた通り、イクサー3は戦士であり、兵器なのよ!」
「戦士なら戦士らしくいつでも臨戦態勢でいなさいってぇの!」
L』第23話「戦士たちの邂逅」より。アトロスとの戦闘のダメージを回復するために医務室で熟睡状態になっていたイクサー3に対して。
周囲の女性陣の心配をよそに彼女を嘲笑したことで、ミラ城崎からはきつくたしなめられるなど周囲から非難を受けてしまう。
実際、彼女は直前のアトロスとの戦闘で攻撃から味方母艦を庇って大ダメージを受けてしまっているため、熟睡状態になっても仕方の無い事である(イクサーシリーズの人造人間にとって深いダメージを治癒する時は寝ると言う事情をアスカが知らなかった可能性もあるが)。
直前の使徒戦で2号機の活動限界が近い状態にも関わらず、アンビリカルケーブル再接続を拒否していたところを自分よりも年下(のような外見)のイクサー3に注意されたことを根に持っていたのだろうか。
「何がミスZ-BLUEよ。ほんと、下らない」
第3次Z時獄篇DLC「強きことは美しき哉」より。Z-BLUEにおいて「一番の女性は誰なのか?」を議論していた女性陣に対して。
まぁ、その後の雰囲気に流されてアスカも「ミスZ-BLUE」に参加する事となるのだが…。
「あんた、バカァ!? あんなのアニメかマンガヒーロー、そのまんまじゃない!」
V』第33話「飛び立て、偉大な勇者!」より。シンジのグレートマイトガインに対する「かっこいい」という感想に対するメタいツッコミ。
勇者特急マイトガイン』メタフィクション要素を意識した台詞である。
「じゃあ私が『正義』ね! だって、力こそ正義だもの!」
シンジ「えええっ!!」
「何驚いているのよ!?」
シンジ「い、いや...アスカが『正義』って...」
「この私に『友情』なんて言葉はないわよ! あんた達を友達なんて思った事ないから!」
シンジ「う、うん...。確かに『友情』も似合わないけど...」
「じゃあ、『』だって言うの!?」
シンジ「愛....」
「き、気持ち悪いこと考えてんじゃないわよ!」
「ま...『愛』はあんたとエコヒイキがお似合いかもね」
シンジ「僕と綾波が愛...」
レイ「愛...」
「まんざらでもないって顔してんじゃないわよ!」
『V』DLCシナリオ「三つの心」より。甲児からチームワークの大切さを説かれるも、夫婦漫才のような状態になってしまい、甲児達の頭を抱えさせる結果に。
「あんたねぇ!初号機があるのに何を浮気してんのよ!」
『V』シークレットシナリオ「シ者、来訪」で、シンジがEVA第13号機に乗って現れた際に。そもそも初号機で出撃できなかったのは、先の戦いで変容し、その調査のために拘束具を全て外されたためなので、知らないとは言え指摘がおかしい。

搭乗機体[編集]

EVA2号機
赤いカラーリングがされたアスカの専用機……なのだが、他のキャラクターによって搭乗・操縦されてしまう点も旧作版と同じである。
EVA改2号機
EVA2号機の改修機。『Q』にて搭乗。
EVA3号機
テストパイロットとして搭乗。

SRWでの搭乗機体[編集]

EVA弐号機II式
X-Ω』にて搭乗。

余談[編集]

  • 特撮怪獣映画『ゴジラシリーズ』と『新世紀エヴァンゲリオン』とのコラボレーション企画『ゴジラ対エヴァンゲリオン』では、眼帯キャラ繋がりで『ゴジラ』(1954)に登場する科学者・芹沢大助博士に合わせて右眼に眼帯を装着したアスカのコラボ商品が存在している。
  • 庵野秀明氏が脚本・編集・総監督を務めた2016年の特撮怪獣映画『シン・ゴジラ』のとある場面において、アスカのTwitterアイコンが登場している
    • ちなみに、アスカのTwitterアイコンを使用しているアカウントの名前はbakashinjiである。

商品情報[編集]

フィギュア[編集]

  • コトブキヤ

  • ウェーブ

  • その他の無可動フィギュア

  • その他の可動フィギュア