ゴジラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴジラ
外国語表記 Godzilla
登場作品

ゴジラ対エヴァンゲリオン

  • ゴジラ2000 ミレニアム(原作)
  • ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(原作)
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
異名 怪獣王[1]
種族 怪獣
身長 55 m5,500 cm <br />(身長)
122.5 m(全長)
78 m(尻尾の長さ)
体重 25000 t25,000,000 kg <br />
テンプレートを表示

ゴジラは『ゴジラ対エヴァンゲリオン』に登場する生物。

当頁では、『X-Ω』に登場するミレニアム版ゴジラおよび補足を兼ねて、初代ゴジラについても記述する。

概要[編集]

言わずと知れた無敵の大怪獣王。黒い皮膚に覆われ突き出た背びれと二足歩行の恐竜のような外観が特徴。歩行速度は時速40km(作品によって異なる)。必殺技は、放射能を多量に含んだ青い火炎を口から吐き出す「放射熱線」[2]で、あらゆる存在を一撃で粉砕し、破壊し、消滅せしめ、蹂躙し尽くす。

作品によって設定は異なるが、人間の核実験による突然変異で誕生した怪獣で、体内に原子炉を持つとされ、核物質をエサとしている。また、特殊な細胞(これも作品によって異なるが、G細胞と呼ばれる事が多い)により、多少の傷を受けても数時間で再生する。原作中では良くも悪くもその生態、強さに魅せられるキャラクターも多く、生態を理解、研究しようとする者もいれば、倒そうと躍起になって、挙句最後は壊れてしまう者までいる。

シリーズにおいて多くの個体が登場し、1954年公開の初代、『ミレニアム』『メガギラス』のゴジラ(通称:ミレゴジ)等がある。各設定や外観にもかなりの相違点があるが、ほとんどの作品において基本は「西暦1954年にゴジラが目覚めて日本が襲撃された」という設定が根幹に置かれている。

ゴジラ2000 ミレニアム[編集]

1954年に出現した初代ゴジラとは別個体となるゴジラで緑色の体色と紫がかった色の鋭く尖った背びれが特徴。日本にたびたび上陸し、劇中では北海道根室や茨城県東海村、東京都新宿を襲撃している。

体細胞に強力な再生能力を持つ物質「オルガナイザーG1」を含んでおり、宇宙人ミレニアンはこれを体内に取り込むものの制御できず、怪獣オルガへと変貌してしまう結果となった。

なお、当作品および『メガギラス』におけるゴジラは身長が55mと初代および二代目に近くなっているが、これは「ゴジラ」の愛称で知られる野球選手・松井秀喜氏の読売巨人軍所属時代の背番号「55」から取られたものである。その松井秀喜氏は「ゴジラ×メカゴジラ」で本人そのままという役でゲスト出演した。

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦[編集]

風貌は前作『ミレニアム』とほぼ同じだが、1954年に出現した初代ゴジラと同一個体とされている[3]

その後、ゴジラは1966年と1996年にも出現。日本の首都が東京から大阪へと移り、電力も原子力発電を永久放棄し代替としてプラズマエネルギーの開発を行うようになる等、影響を強く与えている。

2001年に小笠原海溝で活動を再開し、自衛隊の新兵器実験により出現した怪獣メガギラスとお台場で激戦を繰り広げる。

初代ゴジラ[編集]

1954年に人類の前に現れた最初のゴジラ。名前は太平洋上に浮かぶ孤島「大戸島」に伝わる伝説の怪物「呉爾羅」から取られている[4]。海底に潜んでいた太古の怪獣であり、水爆実験の影響により目覚め大戸島へと現れる。その後、東京湾へ現れ二度にわたり日本本土へ上陸。防衛隊の攻撃や5万ボルトの高圧電流をものともせず、東京の中心部を蹂躙し尽し、焦土へと変える[5]

ゴジラによる被害に心を痛めていた科学者・芹沢大助博士は周囲の人物の説得により、自身が開発した水中酸素破壊剤「オキシジェン・デストロイヤー」の使用を決意。海底に潜伏している時に芹沢博士にオキシジェン・デストロイヤーを使用され、身体を溶かされ死亡する[6]

最後に古生物学者である山根恭平博士の「あのゴジラが、最後の一匹だとは思えない。もし、水爆実験が続けて行われるとしたら、あのゴジラの同類がまた世界のどこかへ現れて来るかもしれない…」という言葉で映画は締めくくられる。そしてその言葉通り、様々な世界(後のシリーズ作品)において新たなゴジラが現れる事となった。

なお、この頃は白黒映画という事もあってか青い放射火炎ではなく、あくまでも高温の息という設定であり「白熱光」と呼ばれていた。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
コラボ企画『ゴジラ対エヴァンゲリオン』名義で期間限定イベント「G迎撃作戦」に参戦。スパロボの歴史上超生物の登場は珍しい事ではないが、まさかの特撮作品からの初となる参戦という事で話題となった。
なお、当企画に登場するゴジラは1984年から1995年にかけて展開された平成VSシリーズのゴジラ(俗に言う四代目)が主だが、本作品では『ミレニアム』『メガギラス』に登場するゴジラ(ミレゴジ)となっている」[7]咆哮何と、ゴジラの甲高い鳴き声がサウンドエフェクトとして再現されている)を発する際の会話テキスト部ではアニメ調のキャラクターイラストで描かれており、非特撮作品と共演する上での違和感は少なくなっている。
イベントシナリオでは機龍やEVAだけでなく、マジンガーZ機械獣軍団をも相手取り、怪獣王としての圧倒的な力を見せつけている。また、冬月の発言から、本イベントの世界でも「45年前に初代ゴジラが日本を襲撃し、芹沢博士のオキシジェン・デストロイヤーによって葬られた」事が判明している。
ちなみに、本作品では(怪獣であるのにも関わらず)ゴジラを並み居るスーパーロボットに混じらせる形で味方として使用する事が可能になっている。性能は無償報酬ユニットという事もありHPが飛び抜けて以外はSSRユニットとしては控えめで、運動性はかなり低めとなっている。基本は、下記のスキルを活かす形で火力を伸ばす事になる。ちなみに、純粋な生物(怪獣)なのに改造に対応している
アタッカーの中では移動速度が「超低速」と鈍足で、パーツスロットが無く強化パーツを一切装備できないためフォローも難しい(他ユニットのアビリティや戦艦スキルによるバフ頼り)。お約束の宇宙適応だが、さすがに活動はできるとはいえ「B」である。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

X-Ω
不屈咆哮憤怒
ゴジラの特徴をよく表現したラインナップ。ちなみに「咆哮」「憤怒」は、それぞれ「挑発」「魂」と同一の効果を持つゴジラ専用のものである。余談だが、「憤怒」はその後とあるキャラクターにも実装された。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
生身の怪獣なので、必然的に肉弾戦を行う事が多い。主にパンチや噛みつき、踏みつけや尻尾を使う。
X-Ω』では、「尻尾」が通常武器として採用。
放射熱線
ゴジラの最大の特徴と言える攻撃方法。口から摂氏10万度を超える熱線を放射する。放射の際に背びれが発光する事で有名。絶大な威力を誇る一方で命中精度も高く、飛行する敵を撃ち落とすなど、対空防御で使用されることもしばしば。
作品ごとの設定の変化、あるいは作中での使用状況により、いくつもの熱線のバリエーションがある。例として熱線として放射せずに体内で炸裂させる、通称「体内放射」が近接戦時の切り札として用いられている。通常攻撃の手段として多用することもあれば、消耗が激しいためにここぞという時の必殺攻撃として温存していることもある。
『X-Ω』では、必殺技として採用。ちなみに、『X-Ω』に登場するデザインのゴジラ(ミレゴジ)は原作では赤い熱線を吐いているが、本作では青い熱線となっている。他作品での赤い熱線は青い熱線よりも更に強力な切り札となっている場合もある。

アビリティ[編集]

X-Ω
アビリティ名 効果
本土上陸 敵エリア内でクリティカル率アップ
怯まぬ意志 状態異常中に攻撃力、クリティカル率大アップ
絶対なる強敵 7回ダメージを受けるごとに攻撃力アップ
怪獣王 HP1/2以下で、攻撃力、クリティカル率大アップ
原作での攻撃を受ける度に怒り狂う性格がモロに反映されており、何をやっても攻撃力がガンガン上昇。終いには、「」が常時かかっているような状態になってしまう。

移動タイプ[編集]

宇宙
歴代を通じて泳ぎは達者で、長時間の潜水も可能(中にはエラ呼吸能力まで持った個体も存在し、マントルの中さえ移動する事が可能だった個体もいる)。
基本的に島国日本を舞台とするゴジラ作品においては、人類側や敵怪獣との海上・海中戦も頻繁に描かれている。昭和シリーズでは、戦いを終えたゴジラが海へと帰っていくラストシーンも定番だろう。
また、ゴジラは真空の宇宙空間でも活動可能なので、「あらゆる環境で生息可能な完全生物」と言える。

サイズ[編集]

L
身長55m(ミレゴジ設定)なので、このサイズ。
余談だが、超高層ビルが林立している現代社会では身長55mだと「低く」見えてしまうため、中にはゴジラの身長が80mや100m等に設定されている作品も存在している。
シリーズ最大サイズはアニメ映画版『GODZILLA』3部作に登場するゴジラ・アースの300メートル以上と、他シリーズのゴジラと比べても群を抜く巨体を誇る。これは他シリーズで誕生の1954年から生き延びた設定でも50年程度が最長であったのに対し、アニメ3部作では2000年もの間生き延びた結果であるというのが理由。

人間関係[編集]

芹沢大助
『ゴジラ』(1954)に登場する科学者。第二次世界大戦で負傷した右眼に眼帯を着用している。
最初のゴジラを自身が開発した水中酸素破壊剤「オキシジェン・デストロイヤー」によって抹殺したが、オキシジェン・デストロイヤーが核兵器に代わる新たな兵器として利用される事を恐れ、設計図など関連する資料を全て破棄。最期は、自身がゴジラと運命を共にする事でオキシジェン・デストロイヤーに関する全ての情報を闇へと葬った[8]
山根恭平
『ゴジラ』(1954)に登場した生物学者で、ゴジラの名付け親。
多くの人々がゴジラを倒す事に躍起になる中で、「水爆に耐えられる、ゴジラの生態を調べるべきだ」と主張して学者の本分を貫こうとする。ラストシーンの名台詞は、あまりにも有名。
なお、続編『ゴジラの逆襲』にも登場する。
自衛隊
日本が抱える事実上の戦力。(「防衛隊」名義等を含めて)ゴジラシリーズ作品においても度々登場する。
単なるやられ役として登場する場合もあるが、一部作品では独自に開発した超兵器や知恵を駆使してゴジラとも互角に渡り合う。ゴジラにとって「(怪獣以外の)好敵手」と言うべき存在である。
家城茜
『ゴジラ×メカゴジラ』に登場する特生自衛隊員。彼女が操作するメカゴジラと戦いを繰り広げた。

他作品との人間関係[編集]

碇シンジ綾波レイ式波・アスカ・ラングレー
ゴジラ対エヴァンゲリオン』と『X-Ω』イベント「G迎撃作戦」において共演、対決する。
野原しんのすけ
『シン・ゴジラ』とのコラボ企画により『クレヨンしんちゃん』で共演。巨大化したゴジラと戦った。
兜甲児
『X-Ω』イベント「G迎撃作戦」ではゴジラ迎撃作戦の一員として参戦し、ゴジラに挑む。
Dr.ヘルあしゅら男爵
『X-Ω』イベント「G迎撃作戦」では過去にバードス島に上陸し機械獣軍団を壊滅寸前に追い込んでいる為彼等との間にも浅からぬ因縁があり、ゴジラを捕獲して機械獣に改造せんと目論むが、ゴジラに手を出したばかりに想像を絶する悪夢を見るハメに…。
余談だが、ゴジラシリーズ原作においてはゴジラを自分達の野望や欲望のために操ったり支配しようと企んだ侵略者・悪人達はほぼ全員死亡しており、命までは失わずに済んだだけでも、彼らは運が良かったと言えるかもしれない。

対決・名場面[編集]

当頁では、『X-Ω』に登場するミレニアム版ゴジラに関するものについて記述する。

対オルガ戦(ゴジラ2000 ミレニアム)
地球征服を企む宇宙人ミレニアンは、再生能力を持つゴジラの体内の物質「オルガナイザーG1」を吸収して実体化を果たす。しかし、オルガナイザーG1はゴジラ以外に制御しきれる代物ではなく、ミレニアンは「オルガ」という怪獣と化してしまう。
オルガはゴジラから攻撃を加えられても怯まず、ゴジラのオルガナイザーG1を更に吸収して外見を変化させていき、大きな口を開けてゴジラを呑みこまんとするも、ゴジラの放射熱線を体内で吐かれてしまい、オルガは爆散した。
こうして、オルガ(ミレニアン)を倒し、人類側の兵器も一切通用しないゴジラは、大暴れを続けて東京を次々と火の海にしていく…。
対メガギラス戦(ゴジラ×メガギラス G消滅作戦)
Gグラスパーが東京都品川区・お台場に出現したゴジラをブラックホール砲「ディメンション・タイド」で葬り去る「G消滅作戦」を実行せんとした時、渋谷区を破壊した巨大トンボ型怪獣「メガギラス」が飛来する。
ゴジラは、飛行するメガギラスが放つ超高周波や尻尾の針に苦しめられてダウンしてしまう。しかし、再び起き上がったゴジラはメガギラスの攻撃を見切り、ジャンピング・ボディプレスを仕掛ける等して反転攻勢の構えを見せる。そして、ゴジラはメガギラスの尻尾の針を噛み砕き、トドメに熱線を二度も放ってメガギラスを撃破した。
なお、メガギラスを倒したゴジラは渋谷区に侵入して暴れ続けるが、Gグラスパーの面々の尽力によってディメンション・タイドの発動に成功。遂にゴジラはこの世から消滅した…かに思われた。後日、渋谷区内のとある小学校において咆哮するゴジラの姿が目撃されている。

関連怪獣[編集]

多くの怪獣が登場しているが、ここではイベントに登場する怪獣を解説する。

メカゴジラ(3式機龍3式機龍乙型
ゴジラを模したロボット怪獣。メカゴジラ自体は、モスラやキングギドラ等と並んでゴジラのライバルとして扱われることが多い。初代メカゴジラは宇宙人が作った侵略兵器だが、それ以降の作品ではアニメ映画版を除けば人類が作った対ゴジラ用迎撃兵器。
なお、機龍はメインフレームに初代ゴジラの骨を利用している生体兵器でもある[9]
オルガ
『ゴジラ2000 ミレニアム』に登場した怪獣。ゴジラの遺伝子がその誕生に大きく関わっており、そのためか外観に少なからずゴジラとの相違が見られる。

余談[編集]

  • 『ゴジラ』(1954年11月3日公開)という特撮映画作品が生まれた経緯の一つとして、1954年3月1日にビキニ環礁で米軍が行った水爆実験に、日本のマグロ漁船第五福竜丸がそれに巻き込まれて乗組員達が被爆した事件から着想を得ており、ゴジラシリーズには核兵器へのアンチテーゼ」というテーマが内包されている。
    • そのため、一時期「様々な悪の怪獣から地球を守る正義の怪獣」として描かれたゴジラに反発する視聴者も多かった。
  • ゴジラの初代スーツアクターである中島春雄氏には、「巨大怪獣であるゴジラを演じる際の役作りをする為に、動物園に通って様々な動物の動きを観察した」という逸話が存在している。
    • 中島氏は、「動物園で象等の巨大生物の動きを観察した結果、彼等が足の裏を見せない摺り足で歩行している事に気付きました。それは、ゴジラを演じる際の参考になりましたね」と述懐している。ちなみに、初代ゴジラの着ぐるみは重さが100kg以上もあったので、摺り足は体力の消耗を抑える効果もあった。
  • 1954年に誕生したゴジラシリーズは、半世紀以上に渡って展開された長寿シリーズであり、特撮作品のみならず多方面において多大な影響を与えている。『機動警察パトレイバー アーリーデイズ』等、パロディが行われた作品も非常に多い。
    • 特に『ゾイドシリーズ』ではヘリック共和国のゴジュラス&ゼネバス帝国のデスザウラー、と両陣営の切り札が揃ってゴジラモチーフという強烈な絵面を見せている(前者に至っては名前からしてギリギリである)。
    • 映画配給が同じ『クレヨンしんちゃん』においては『爆発!温泉わくわく大決戦』と『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』ではゴジラの音楽(両作品)、ゴジラの鳴き声(爆発!温泉わくわく大決戦のみ)や『伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃』においてはゴジラの名前の由来となったゴリラとクジラを逆につないだ「クリラ」が出る等、多くのパロディが行われた。
      • しかも、2016年に公開された『シン・ゴジラ』とのコラボレーションの一環である「しんちゃん対シン・ゴジラだゾ」(2016年7月22日放送分)および『X-Ω』よりも先にコラボレーションを行っていた。
  • 頭部はティラノサウルス、背鰭はステゴサウルス、身体は草食恐竜イグアノドンと、以上の三種類の恐竜をモチーフとしている。
  • 名前は、ゴリラとクジラを混合した造語「ゴジラ」から命名されたのであるが、英語名での綴りから海外では「GODZILLA(ガッズィーラ)」と発音を間違われてしまう事も多い。この事は米国で製作された1998年の映画『GODZILLA』(通称:エメゴジ、『ファイナルウォーズ』では「ジラ」名義で登場)でもネタにしている。なお、『ギャレゴジ』に出演した渡辺謙は、ガッズィーラと発音して欲しいとギャレス・エドワーズから依頼されたが断固拒絶し、あくまでもゴジラと発音している。
  • ゴジラの鳴き声は、「コントラバスの弦を使用して出した音を加工・編集して作っている」との事。
    • ちなみに、モノクロ作品である第1作目『ゴジラ』(1954)および第2作目『ゴジラの逆襲』におけるゴジラの鳴き声は、重低音であった。そして、カラー作品である第3作目『キングコング対ゴジラ』以降の作品におけるゴジラの鳴き声は、現行の甲高いものになっている。
  • 実は、ゴジラは『スーパーロボット大戦シリーズ』の源流となったコンパチヒーローシリーズ(『バトルサッカー フィールドの覇者』『バトルベースボール』)への参戦経験が有り、同じく日本を代表する特撮作品『ウルトラマン』『仮面ライダー』とも共演している[10]
  • 岩波書店が発行している日本語国語辞典『広辞苑』(第6版)には、「ゴジラ」が見出し語として載っている
  • 元プロ野球選手・松井秀喜氏のあだ名にもなっており、映画「ゴジラ×メカゴジラ」では松井氏本人が登場し、共演を果たしている。
  • 1997年に登録されたコエロフィシス科の恐竜は成体の大きさが推定6.5mと同時代の肉食恐竜としては最大級のサイズだったため、発見者のケネス・カーペンター博士により「ゴジラサウルス(Gojirasaurus quayi)」と命名された。実在する恐竜の学名に日本の怪獣が名付けられた例は現時点では本種のみである(恐竜に限定しない場合は、1993年記載の白亜紀前期の絶滅カメ「シネミス・ガメラ」が存在する)。
  • 『ギャレゴジ』の公開に合わせてBSプレミアムで放映された特番では、「あなたにとって、ゴジラは何ですか?」という質問に対し東宝スタッフの多くが「ゴジラはである」と答えている。
    • 『ゴジラ』(1954)の監督を務めた本多猪四郎氏も、1984年版(通称:84ゴジラ)を制作する際に残したメモにゴジラを「神が遣わした聖獣」と記しており、東宝ではゴジラが神格化されている事が伺える。
      • 『X-Ω』におけるバードス島が蹂躙されたシーンでDr.ヘルがゴジラを「海神」と呼んでいる事から、SRWでは東宝スタッフの見解を採用していると思われる。
  • 2018年には、『ガンダムシリーズ』とコラボレーションしたイラストが公開されている。これは同年11月にアニメ版ゴジラ三部作の最終章『GODZILLA 星を喰う者』と『機動戦士ガンダムNT』が公開され、両作品とも金色の存在(高次元怪獣ギドラとユニコーンガンダム3号機フェネクス)が重要なカギを握る、ということで実現した企画である。

脚注[編集]

  1. 初代ゴジラの呼び名は「水爆大怪獣」。 外国語表記だと「King of the Monsters」である。
  2. 作品制作時期によって変化しており、「放射能火炎」「放射火炎」等の呼称だった時期もある。平成VSシリーズ以降はほぼ「放射熱線」とされており、『X-Ω』でもこの表記で採用。
  3. そのため、回想となる1954年に出現したゴジラの最初の襲撃シーンは、一部場面が新撮されている。
  4. 東宝公認のアンソロジー『THEゴジラCOMIC』に収録された近藤豊(現:近藤ゆたか)氏の短編漫画『元禄大戸島異聞』において、江戸時代を舞台に芹沢大助博士の先祖である浪人が「呉爾羅」と戦うエピソードが描かれたことも。
  5. 特に、「日本の政治の中枢である国会議事堂がゴジラによって破壊されてしまう」場面は有名。以降のゴジラシリーズ作品においても、国会議事堂や東京タワー等、「著名な建造物がゴジラによって破壊される」事が半ばお約束になっている。ただし、意外にも東京タワーは全シリーズを通して一度(ゲスト出演を入れると二度)しかゴジラに破壊されたことがない。なお、そのシリーズ唯一の作品である『東京SOS』の世界観(前作の『×メカゴジラ』を含む)では過去にモスラにも破壊されているため、東京タワーの破壊は最低でも二度目である。
  6. オキシジェン・デストロイヤーが使用された場所は『ゴジラ』(1954)では東京湾なのだが、劇中では明言されていなかったので、機龍二部作では手塚昌明監督のこだわりによって房総半島沖に変更されている。
  7. ただし、熱線の色はミレゴジと違い青色であり、さらに各種効果音(熱線を放つ際の「ボンッボボボンッ」とストロボのような効果音等)は機龍二部作のものが使われており、ミレゴジと機龍ゴジのハイブリッド、もしくは背びれをミレニアムカラーに変えた機龍ゴジである可能性もある。
  8. ゴジラに対して明確な形で勝利した経緯を持つ故か、芹沢大助博士はドリームキャストソフト『ゴジラ・ジェネレーションズ』において(何故か巨大化して)隠しキャラクター「ジャイアント芹沢博士」として登場する。なお、このゲームソフトでは「潜水服を身に纏い、眼帯から発射する怪光線や両手に持ったオキシジェン・デストロイヤーの容器から発するビームで街を破壊する」というVS最後の敵でオキシジェン・デストロイヤーの化身ともいえる怪獣デストロイアもびっくりな笑撃的な彼の姿を見る事が出来る。
  9. ただし、1954年版ではゴジラは骨ごと跡形もなく溶け去っているため、パラレル設定となっている。
  10. ちなみに、『ウルトラQ』ではゴジラの着ぐるみが「古代怪獣ゴメス」の改造元となり、『ウルトラマン』にはゴジラの着ぐるみに襟巻きを付けた「エリ巻き恐竜ジラース」として出演している。ついでに言うと、ゴメスおよびジラースを演じた役者は、ゴジラの初代スーツアクターである中島春雄氏。

商品情報[編集]

映像ソフト[編集]

フィギュア[編集]