加持リョウジ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
加持リョウジ
読み かじ リョウジ
外国語表記 Ryoji Kaji
登場作品
声優 山寺宏一
種族 地球人(日本人)
性別
生年月日 1985年6月17日
星座 双子座
年齢 30歳
血液型 A型
所属 特務機関NERV日本政府内務省調査部兼ゼーレ(三重スパイ
好きなこと スイカの栽培
テンプレートを表示

概要[編集]

NERVの特殊監察部に所属する。

葛城ミサト赤木リツコとは大学の同期で、ミサトとは一時期恋人関係にあった。惣流・アスカ・ラングレーと共に来日し、洋上でミサトと再会する事になる。飄々としているが、NERVの謎に深く関わっており、様々な所で情報を集めている。面倒見の良い一面もあり、ミサトの為に使徒殲滅の作戦を提示したり、悩む碇シンジにアドバイスを送る事もあった。

実はゼーレ日本政府にも所属する三重スパイという裏の顔をもっている。このような事を行ったのは人類補完計画の概要を知りたいという知識欲に駆られての事だが、一歩間違えば「死」が降り掛かる命がけの行為であった。そして、彼自身の最後の「仕事」としてゼーレの指令で冬月コウゾウの拉致に関わるのだが、その後冬月を独断で解放したため、ゼーレが放った暗殺者(なお、漫画版では顔見知りの犯行と思われる)により凶弾に倒れた。そのスパイ活動で得た情報はミサトの手に渡る。

ちなみに第弐拾壱話「ネルフ、誕生」のTV版放送当初は、加持を撃ったのはミサトのようにも思えるシーンの繋がり方をしていたが、後にLD&VCバージョンで修正が加えられた第弐拾壱話では加持が撃たれる前後にシーンの追加や繋がりの変更がされている。この追加シーンにはゼーレへの背信行為が露見しそうで立場が危うくなっているという加持のセリフがあり、暗殺者がゼーレ側の人間であることを示唆するようになっている。

なお、ゲーム『新世紀エヴァンゲリオン2』の加持が主役となるシナリオでは、原作と違った形の「最後の仕事」を行う為にミサトに心配されながらも見送られてゼーレの元へ赴く所でシナリオは幕を下ろし、加持がその後どうなったかは不明となるが、ミサトのシナリオで無事に彼女の元へ帰っている事が判明した。なお、ゼーレとの対決へ赴く際に、ミサトに「前に言えなかった事(おそらくプロポーズと思われる)を帰ったらする」と原作のような、死亡フラグになりかねない事を言っている。

『エヴァンゲリオン』はアスカ登場以降の一時期(いわゆる「第二部」において)明るい作風であったが、その一要素として挙げられるのが彼である。人柄と常識を兼ね備える「大人」としての魅力に溢れており、シンジを上手く導いた立役者である。その一方で、ミサトとの付き合いと関係修復の過程は子供が立ち入れない場面である(一部描写自体が「18禁をギリギリ回避した」と言われる代物)。加持の死はミサトやシンジを追い込み、アスカに止めを刺し、それに呼応するかのように作品自体も負のイメージが強くなった。「加持が生きていればエヴァンゲリオンという作品も大きく変わっていたに違いない」というのが、多くのファンの意見である。しかし、その反面、アスカの精神安定に全く貢献できなかった事も事実ではある。

漫画版では弟や被災した仲間達を犠牲にして生き残ってしまった事を後悔しており、この事が(元凶である)補完計画に近づく動機になっている。ミサトとの破局にも関係している。

新劇場版では式波・アスカ・ラングレーとの関係が無くなる等で出番は少なくなったが、シンジにアドバイスをするという役割は変わらず。

なお、趣味のスイカの栽培についてであるが、別にスイカが大好きというわけではない。『エヴァンゲリオン2』によると、セカンドインパクトで多くの生命が死滅した世界でも、生き物が育っていくことができる様子を見るためにしているとの事である。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F
スーパーロボット大戦F完結編
スイカを栽培し、ユウキ・コスモに皮肉を言われたりしている。ラストはネルフ自爆させ、ゲンドウと共に運命を共にする。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
原作と同じ経緯で合流するのだが、シンジフラグを一つでも立てていた場合、見せ場であるはずの「男の戦い」イベントでシンジにアドバイスするのは万丈になってしまい、いつの間にやら登場しなくなるなど扱いは悪い。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
新規EDルートで再登場。最期は崩壊するNERV本部と運命を共にした。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
NPCだが、中断メッセージに声付きで登場。
なんと後述のシンジに迫るイベントも再現された。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
NPC。他のNERVの面々同様3話でフェードアウトしてしまう。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
『新劇場版』設定で登場。原作を反映してかLOTUSには同行せず、出番も少なめだが、第40話にてサリィと共にGreATに制圧された地球の現状をLOTUSに伝えた。新劇場版がまだ未完ということもあってか『MX』の時と同様最後まで生存している。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
ラーゼフォン』の弐神譲二と情報交換するイベントがある。エンディングでは「8年前に彼女に言えなかったことを、言うつもりです」と言っていることからミサトに告白をするようである。スパロボでは最後まで死亡しなかった最初の作品で、「男の戦い」イベントにも関わる為に歴代で最も扱いは良い。
スーパーロボット大戦V
『新劇場版』設定で登場。NPC。困難ルートEDではゲンドウに報告する場面が有るため、久々の死亡しなかった作品になった。

人間関係[編集]

惣流・アスカ・ラングレー
異性として憧れられているが、加持は子供としか見ていない。
葛城ミサト
元同級生・元恋人。複雑な関係。
赤木リツコ
大学の同期。「リョウちゃん」「リッちゃん」と呼ぶ仲。
碇ゲンドウ
ネルフの上司。加持の正体に気付いている節があり、お互いそれを承知の上で利用しあう微妙な関係。
ゲンドウ曰く「有能な人材は無碍にはせんよ」との事。
F完結編』では彼と運命を共にした。
碇シンジ
彼に対して兄貴分として接し、彼を諭して再起を促す。
劇中でシンジをお茶に誘っているが、「僕、男ですよ…」と返され、さらに「加持さんって、もっと真面目な人だと思ってました」と、遠慮のない批判を受けてしまう。
新劇場版ではさらにBL的な怪しい言動でシンジを絶叫させてしまった(ネットスラングで有名な某ホモ系ネタの絶叫を思わせている)。
PSP版『新世紀エヴァンゲリオン2』では、葛城家を訪ねてきた加持がシンジに恋愛指南する過程でもどかしいシンジにハッパをかける目的でミサトの部屋を物色しなおかつミサトの衣服を使って女装し、シンジに迫るというものである。このイベントの彼は山寺氏の熱演(?)でもはや加持という男のキャラクターが見事に崩壊するレベルである。その最中に帰宅してきたミサトがその光景を目の当たりし…あとは言うまでもない。
キール・ローレンツ
ゼーレは加持を「碇の首についた鈴」と例えた。
真希波・マリ・イラストリアス
新劇場版では彼女を知っており「問題児」と評していた。なお、『破』ではシンジの説得は加持ではなく彼女が行なっている。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

ユウキ・コスモ
F完結編』ではソロシップでスイカを栽培していた際に、彼に皮肉を言われてしまう。
弐神譲二
MX』では似たようなポジションの人物。中盤以降、多くの絡みが用意されている。EDでは本来、自らが演じるはずだった「役」をゲンドウに奪われたと、弐神相手に告白。彼からは「猟犬になれなかったか」と評された。

リアル系[編集]

ケーン・ワカバタップ・オセアノライト・ニューマン
MX』序盤で、彼らの実力を不安視するミサトにDチームのそれまでの戦いぶりを説明し、「機体性能や運だけじゃない」と、パイロット適正の高さも評価した。

バンプレストオリジナル[編集]

イングラム・プリスケン
α』ではゲンドウからの特命で彼の動向を監視する任務に就く。
マサキ・アンドー
『α』でリーンホースJr.へ収容された彼の尋問を、クワトロ&イングラムと共に執り行なう。

名台詞[編集]

「よっ!相変わらず凛々しいな」
ミサトと再会した時の台詞。
「彼女の寝相の悪さ、直ってる?」
保護者としてミサトがシンジと同居していると聞いて、「現」同居人にこの質問をする「元」同居人。聞かれたシンジはよく分かっていなかった様子だが、同席していた3人は揃って「イヤ~ンな感じ」のポーズで硬直、ミサトに至っては半狂乱で加持に怒鳴ったのちに「冗談…悪夢よこれ…」と頭を抱えることに…。色んな意味で大人な加持らしいといえばらしい台詞でもある。
「人類補完計画の要ですね」
アダムをゲンドウに渡した時の台詞。
シンジ「スイカ…ですか?」
加持「ああ、可愛いだろ?俺の趣味さ。…みんなには内緒だけどな」
加持「何かを作る、何かを育てるのはいいぞぉ。色んな事が見えるし、分かってくる。…楽しい事とかな」
シンジ「…辛い事もでしょう?」
加持「…辛いのは、嫌いか?」
シンジ「好きじゃないです…」
加持「楽しい事を見つけたかい?」
シンジ「……」
加持「それもいいさ。けど、辛い事を知ってる人間のほうが、それだけ人に優しくできる。それは弱さとは違うからな」
第拾七話「四人目の適格者」にて。趣味のスイカ栽培をシンジに見せながら。
「使徒がここの地下に眠るアダムと接触すれば、人は全て滅びると言われてる。…サードインパクトでね」
「それを止められるのは、使徒と同じ力を持つエヴァンゲリオンだけだ」
「シンジ君…俺はここで水を撒くことしか出来ない。だが君には君にしか出来ない、君になら出来ることがあるはずだ。」
「誰も君に強要はしない。自分で考え、自分で決めろ。自分が今、何をすべきなのか。」
「ま、後悔の無いようにな」
壱拾九話「男の戦い」にて。第14使徒ゼルエル襲来時、自らの意志でエヴァを降りたシンジに対して、スイカに水をまきながら言った台詞。
「真実に近付きたいだけなんです。…僕の中のね」
第弐拾壱話「ネルフ、誕生」にて。ゼーレに拘束された冬月を解放し「この行動は君の命取りになるぞ」と言われて。
「それに、アダムのサンプルを碇司令に横流ししたのがバレそうなんでね。自己保身も兼ねとかないと…ヤバいんですよ、色々ね」
修正版第21話にて上のセリフの直後に追加されたセリフ。
「よぉ、遅かったじゃないか」
次の瞬間、暗殺者の放った凶弾を受けて斃れてしまう…。
「これで、ジ・エンドか……」
ビデオ版以降に追加された、死の直前の一言。
「もし生きて帰れたら、8年前君に言えなかった言葉を言うよ」
「真実は君とともにある。迷わず進んでくれ」
留守番電話に残されていたミサトへの最後のメッセージ。
「やるな、シンジ君。 台所に立つ男はモテるぞ」
新劇場版『破』において、シンジ達と海洋生物研究所での社会科見学の途中で皆と昼食をとっている際にシンジの手料理を絶賛して。ケンスケはその言葉をトウジに振るが「(料理は)男がするもんやない!女がするもんや!」と反論する。
『時獄篇』では彼の言葉にエイーダさやかはそれに同意した。
…尤も、二人はそれぞれ好意を抱いている人物が料理上手という事もあるが。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「…また言いそびれちまったな…葛城…」
F完結編』での最期の台詞。この台詞の後に加持はゲンドウやジオフロントと運命を共にした……
「まさか、君…移動力が高そうな機体に乗っていて、日本へ辿り着けなかったのかい?」
「やれやれ…類稀なる方向オンチの才能だね」
α』中盤の尋問で明らかにされたマサキの尋常ならざる方向音痴振りを知り閉口するが、当の本人は加持の言葉に「…そこまで言わなくても…」と、いたく傷付いた模様。
「裏方はあくまで裏方…その代わり、舞台仕掛けの仕組みを見る事が出来る」
「違いますか?十文字さん」
MX』終盤、弐神の素性を口にした上で、同業者である彼と「多元世界補完計画」なる「芝居」についての長い考察を開始する。

余談[編集]

演じた声優の山寺宏一氏に多大な影響を及ぼしたキャラクターであり、その後彼の活動が声優の枠を超えたのは周知の通り。演じた声優の代表作品としても良く取り上げられるが、単に作品が有名である以上に「加持リョウジ」というキャラクターの魅力も詰まっていることが理由だろう。