2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

アヤナミレイ (仮称)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
アヤナミレイ (仮称)
登場作品 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
声優 林原めぐみ
デザイン 貞本義行
種族 地球人の肉体(碇ユイクローン
性別
外見年齢 14歳
髪色 淡い水色
所属 特務機関NERV
役職 EVA Mark.09パイロット
テンプレートを表示

アヤナミレイ(仮称)は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の登場人物。

概要[編集]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』終盤において、第10の使徒に取り込まれた綾波レイに代わり『Q』に登場。碇ユイの情報を元に精製されたクローン人間「アヤナミシリーズ」の一人で『破』までに登場した綾波レイとは似て非なる存在。白いプラグスーツを着ていたレイとは異なり、漆黒のプラグスーツを着ている。「仮称」まで含めた名前が正式名称。

旧世紀版における「3人目の綾波レイ」に相当するが、命令以外で自分から動くことが少なく、感情を見せる場面もほとんど無く読書もロクにしないなど、レイ以上に無表情・無感情となっている。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
初登場作品。綾波との区別を付けるためか「アヤナミレイ」とフルネーム名義、さらに綾波の撃墜数とパイロット養成を引き継がない。
その出自からか会話シーンが極端に少なく、『天獄篇』以前のマリを彷彿とさせる扱いとなっている。

人間関係[編集]

碇ユイ
オリジナル。彼女についての情報も断片的に知っている様子。
綾波レイ
旧世紀版における「2人目のレイ」に相当。彼女のことはあまり知らない。
碇シンジ
当初、アヤナミを「綾波レイ」と同一視していた。
一方でアヤナミはシンジの事を名前以外ロクに知らない上、渡された本も読まずに積み上げたままにしておくなど、接し方も無関心としか言い様がないものとなっている。
式波・アスカ・ラングレー
彼女いわく、綾波及びアヤナミは「綾波タイプの初期ロット」らしい。
渚カヲル
彼曰く、魂の場所が違うらしい。

名台詞[編集]

「命令なら、そうする」「命令を待ってる」
「好きって何?」
「こんな時、綾波レイならどうするの?」

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「私は人形じゃない…」
第3次Z天獄篇』最終話「果てなき世界」より、至高神Zとの戦闘前会話。『L』の綾波同様の旧劇ネタ。

搭乗機体[編集]

EVANGELION Mark.09
EVA零号機に酷似したエヴァンゲリオン。

余談[編集]

  • 視聴者からは、劇中で着ていたプラグスーツの色から綾波との区別も込めて「黒波」とも呼ばれている

商品情報[編集]