ユキ・ヒイラギ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ユキ・ヒイラギ
漢字表記 柊 結希[1]
外国語表記 Yuki Hiiragi
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 中原麻衣
デザイン Chiyoko
SRWでの分類 サブパイロット
戦術指揮
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(古代に地球へと渡った異世界人の子孫)
性別
外見年齢 14歳
所属 民間人ブライティクス
テンプレートを表示

ユキ・ヒイラギは『スーパーロボット大戦BX』のヒロイン

概要[編集]

半年前に保護され、ヒイラギ家にやってきた記憶喪失の少女。表向きはヨウタに遠い親戚と説明されている。

記憶喪失であることを感じさせない明るくまっすぐな性格で、落ち込んでいる人を見るとマリから教えてもらったご飯を食べれば元気が出る」と励ます優しさも持っている。結構天然で好奇心旺盛。ニューヤークでは露店のホットドックを食べて気に入り、その後も行く先々で店に立ち寄っては食べている。

記憶喪失の影響か、世情や一般常識に疎いので的外れな反応をすることも少なくない。一方で周囲の人間が悲しむことを嫌っているような一面もあり、その原因に自分が関係しそうであれば感情を抑圧する傾向にあることが、ヨウタから指摘されている。彼女自身の性格的なところもあるが、後述する出自故の壮絶な悲しみが記憶の底に深く刻み込まれていることも大きいと思われる。

遺跡や古代文明に対しては並々ならぬ関心を示し、積極的に学ぼうとするため、その知識の量も非常に卓越したものである。

身につけていた「運命の石」を大切にしているが、デストルークが襲撃してきた際にその石からファルセイバーが実体化した。当初はヨウタから守られる対象であったが、やがて強い決意のもとでファルセイバーに融合し、共に戦うようになる。なお、この「運命の石」は誰にも触れさせないほどに大切にしており、ヨウタもその例外ではなかったのだが、後には「ヨウタになら、持っていてもらってもよかった」と語っている。

その正体は有史以前の大戦で滅んだ超古代文明の生き残りであり、ファルセイバーが失った力の源となる四つのエネルギーの一つ「記憶の至宝」を受け継いだ存在。「ユキ」という名前もれっきとした本名である。本編開始の半年ほど前、とある遺跡で遺失物調査中だったヨウタの父・マコトによって発見された。デストルークの先遣隊が作中世界に出現したことを感知して覚醒し、マコトと共にファルセイバーに融合して戦っていたが、後のデストルークの大攻勢によってファルセイバーは実体化を維持出来なくなり、マコトは死亡。唯一無事だったユキも融合状態の魂に損傷を受けてしまっており、これが原因で記憶を失っていた。

ケドラの記憶の世界でグリッターファルセイバーの傍らに居た自身の姿を目撃したことで薄々自分の素性に気付いていたらしく、後に数万年前の戦いを知る氷竜や、マコトによって発見されて以降のことを知る義母・マリから話を聞いた時も冷静に受け止めていた。

その出自故に「境界の力」を手に入れようと企むバルギアスに狙われ、終盤に最後の守護点が解放されたことで「境界の力」を奪われる。肉体を「境界の力」によって置換していた彼女はこの時点で肉体を失い、魂のみの存在となってファルセイバーとの融合を解除出来なくなってしまう。

最終決戦後の結末はルート次第で異なるが、いずれにしても最終的には肉体を取り戻し、ヨウタと共に元の世界に帰還している。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
ファルセイバーサブパイロットその2。第1話ではファルセイバーのサブパイロットをつとめるものの、第2話以降は一定期間同乗しない。
中盤に大河長官に指名され、戦術指揮も担当。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

BX
信頼順応ひらめき脱力覚醒

戦術指揮[編集]

クリティカル率上昇、防御スキル発動率上昇、バリア無効
BXで採用。

人間関係[編集]

ヨウタ・ヒイラギ
義理の兄。
マリ・ヒイラギ
義理の母。彼女の手でヒイラギ家に連れて来られた。
マコト・ヒイラギ
ある遺跡で眠っていたところを彼に発見された。
ファルセイバー
彼も記憶喪失だが、ユキを守るという事だけは覚えていた。
ブルーヴィクター
最初は敵だったが、ミンスリーでの戦いを機に彼と共に戦うことに。
バルギアス
最後の守護点が解放されたことで、彼に「境界の力」を奪われる。
ジスペル
かつてユキの先祖たちの創った「境界」によって封印された、異世界の戦争を起こした元凶。
しかし、彼がバルギアスを倒し、手にした「境界の力」を返した事でユキは肉体を取り戻した。

版権作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

田神悠宇
骨董品店によく訪れており、知り合いの間柄。悠宇の父親であるドクター田神の話はユキにとっては凄く面白いらしい。
ハリケーン
彼女達八稜郭の衣装を「かっこいい」と憧れる。ファルセイバーからは「まだその服は早い」と釘を刺されるが、一番星コンテストで彼女達から衣装を拝借して出場してしまう。
ハーデス神ミケーネの神々
彼等の侵攻によって実の家族や友人を失い、「境界の力」をファルセイバーから受け継ぐことになった。
大河幸太郎
中盤で彼に指名されたことにより、戦術指揮を担当。

ガンダムシリーズ[編集]

沙慈・クロスロード
骨董品店のアルバイト。ユキにとっては兄貴分のような存在。
マイケル・チャン / 刹那・F・セイエイ
彼女が大好きな映画の主役とそのモデルとなった人物。序盤で本物のダブルオーライザーが戦場に介入した時には興奮を隠せずにいた。
ウェンディ・ハーツ
彼女とも親友になる。一番星コンテストでは共に出場しており、別エントリーだったミーナと合わせて3人共、戦術指揮に指名されることに。

リアル系[編集]

ミーナ・フォルテ
彼女と意気投合し、友人となる。古代文明の生き残りという共通点が存在する。
リュウ・ホウメイ
ユキの為に古代の料理を再現した。

名台詞[編集]

「わたし、知ってる!」 / 「わたし、覚えた!」
作中でユキがよく口にするフレーズの一つ。記憶喪失キャラなためか、新たに覚えたことをアピールする所がある。それが正しいかどうかは、別だが…。
ユキ「…心配するしかできないって、すごくつらいはずだから…」
ヨウタ「え?」
ユキ「あはは…ごめんね。ミーナさんのところに行ってくるよ。ほら、心配だから」
第16話「氷点下の再会」より。勇者ロボ達との再会を喜ぶファルセイバーを見ながら。幾ら心配しても、自分にはどうにも出来ない状況というのは多々あることである。この時点ではユキもまた、戦うヨウタやファルセイバーを心配しつつも、ヨウタの意向を尊重して戦いには参加せず、心配することしか出来ない状況だった。少し前からブルーヴィクターに襲撃されるようになり、ヨウタ達が二度も大ダメージを負ってしまったことで、その気持ちは猶更強くなっていた筈である。それでも、ヨウタを心配させたくないからか、この時は誤魔化した。
「死んだ奥さんを迎えに行く、イザナギの話オルフェウスの話なんかもそっくりだよね」
キャンペーンマップ「無限の使者」より。神話に関する話題時の一言。
「イザナギ」の名は本作に参戦している『ガオガイガー』のディビジョン艦にも使われている。また、「オルフェウス」の名は携帯機シリーズの前作である『UX』をプレイした者ならば、ニヤリとする発言である。

迷台詞[編集]

ユキ「やられたらやりかえせってお母さんが言ってた!」
ヨウタ「そりゃ商売の話だよ!」
反撃時。マリも何教えてんだか。
なお、上記の台詞の元ネタは、「倍返しだ!」という主人公の決め台詞で有名になった2013年のテレビドラマ『日曜劇場 半沢直樹』であると思われる。
「いっけー! ハイパー・ライジングソード・ファイナルアタックでやっちゃえ!」
第3話「ニューヤーク サスペンス」より。ユキ達がピンチの場に現れた彼女が大好きな映画に登場したガンダムへの声援。
まるで、どこかの妖精を想起させるノリの台詞である。
「神の使いって、素手で戦うのが決まりだからだよ!」
間違い例その1。第12話「それぞれの決意」においてゴーグが武器を持つのを嫌がった件について。元ネタは漫画『聖闘士星矢』。
ソレスタルビーイングだー!」
第18話ELS移送ルート「意志を持った生命体」より。別の妹キャラを彷彿とさせる一言。
「わたし、覚えた! ヨウタが情けない事言ったら、私怒ってみる!」
第22話「『忘れちゃいけない』温かさ?」より。新たに覚えたことのアピール。直後にヨウタから「いや、お前のキャラじゃないだろ…」と突っ込まれる。
「ここからいなくなっちゃえー!」
第27話「暗黒の大決戦」にて、バルギアスに全力の一撃を仕掛ける際に。まるで究極のニュータイプのような台詞である。そして、精神崩壊はしないがこの後にファルセイバーは…。
「わたし、覚えた!こうして、こうして、ここでこうやれば…」
「やったー!全部クリアできたー!」
「あ、二人とも!わたし『無改造でスキル育成無し、一機だけ』制限プレイでクリアできたよー!」
中断メッセージでヨウタが無理な単騎プレイ中に、ファルセイバーに「一人で戦わなくていい」と諭されている最中での発言。暗かったBGMも急に明るくなり落差が酷い。
それにしてもその条件でどうやってクリアしたのだろうか…。
「わたし、知ってる!昼行灯な市民の味方なんだよね!」
キャンペーンマップ「兵どもの夢」にて、ヨウタ達がAチームに参加を選択した場合の台詞。それでは特攻野郎あのチーム、というより、3DSでの前作でのオリキャラ周りから連想される某婿殿では…。流石にファルセイバーからも「何やら違うような気もする」とツッコミが入った。

搭乗機体[編集]

明確には搭乗ではなく、融合という形となっている。

ファルセイバー
主人公機。
ブルーヴィクター
グリッターファルセイバー

脚注[編集]

  1. 「スーパーロボット大戦BXパーフェクトバイブル」P398より