日本神話

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

日本に伝わる神話。それに伝わる伝承はほとんどが、『古事記』・『日本書紀』および各『風土記』の記述によるものであり、高天原の神々が中心となっている。日本神話に登場する高天原の神々の多くは、日本における民族宗教である神道において信仰されている。

なお、日本神話は(良くも悪くも)大らかだった時代に成立した故か、下半身に関するネタも少なくない。

漢字表記は複数あるため、この記事に書かれてあるのはあくまでもその一つにすぎない事に留意。

日本神話が取り入れられている作品[編集]

勇者王ガオガイガー
天海護の設定は竹取物語がモチーフ。また、オービットベースのディビジョン艦の名称には神の名が使われている。
鉄のラインバレル
加藤機関の各隊長が駆るアルマに日本神話に出てくる神の名がつけられている。
他にも、洞窟に埋まっている二体の動物型マキナを探索している際にイザナギとイザナミに関するエピソードを語るシーンがある。
GEAR戦士電童
電童ガルファ皇帝との最終決戦は日本神話におけるスサノオノミコトと八岐大蛇の対決がモデル。
機動戦艦ナデシコ
日本神話由来の設定や名詞が多数。また、漫画版である遊撃宇宙戦艦ナデシコ(SRW未参戦)は特にそれが顕著である。
機動戦士ガンダムSEEDシリーズ
オーブ連合首長国関連に名称が使われている。

神々[編集]

イザナギ(伊弉諾)
皇祖神。国産み・神産みにおいて妹であるイザナミとの間に日本国土を形づくる多数の子を儲ける。
後にカグツチを産んだ際にイザナミを亡くし、黄泉国(よみのくに)では決して覗いてはいけないという約束をされた。
それでも逢いたい気持ちを捨てきれず、約束を破ってまで彼女に逢いに行くがそのイザナミは腐敗した体に蛆が集っている醜い姿となってしまい、恐怖のあまりに逃げ出してしまう。
その後、黄泉の穢れを落とした際に様々な神を産んでいる。その中には、有名なアマテラスら三柱の神(三貴子)もいる。
イザナミ(伊弉冉)
黄泉国の主宰神。黄泉津大神・道敷大神とも。元はイザナギの妹であり、妻であるが、火の神であるカグツチを生んだ為にその身を焼かれて死してしまう。
死後、イザナミはイザナギに腐敗した死体(自分)を見られないように自分に逢わないようにと約束させたが、黄泉国までやってきた上にその姿を見られた事に激怒してイザナギを追い回す。
しかしイザナギに逃げられた挙句、黄泉国と地上との境である黄泉比良坂(よもつひらさか)の地上側出口を大岩で塞がれてしまい、完全に離縁されて今に至っている。そのため、地獄とは違い、死者は黄泉へと行けなくなっている
なお、出口が閉じられた際にイザナギに向けて「私は一日に千人を殺す」と呪いの言葉をかけ、それに対してイザナギは「ならば人が滅びないように一日に千五百人の妊婦が出産するための家を建てよう」と返している。これは、日本における死生観を表しているとされる。
カグツチ(迦具土神)
火の神であり、イザナギとイザナミの子。それ故、出産時にイザナミは火傷し、これが原因でイザナミは死んでしまう。
その後、これに怒ったイザナギに十拳剣「天之尾羽張(アメノオハバリ)」で殺されるが、皮肉にもカグツチの血、死体からタケミカヅチをはじめとする数多くの神々が生まれた。
タケミナカタ(建御名方神)
軍神、山の神、風神。『葦原中国平定』において、タケミカヅチが葦原中国の国譲りの際にタケミナカタは力くらべを申し出るも、タケミカヅチの手をいざ掴むとその手が氷や剣に変わってしまった。
これを恐れて逃げ出すが、その逃走先である科野国の州羽(すわ)の海(諏訪湖)にてタケミカヅチに殺されそうになった際「もう、この地から出ないから殺さないでくれ」と命乞いをし、タケミカヅチに服従した。
タケミカヅチ(建御雷神)
雷神、剣の神。『神産み』においてイザナギがカグツチの首を切り落とした際、その際に使った十束剣「アメノオハバリ」の根元についた血が岩に飛び散って生まれた三神の一柱。
『葦原中国平定』においてはタケミナカタから力比べをもちかけ、手づかみの試合で一捻りにしてタケミナカタを恐懼させて遁走し、国譲りがなった。
なお、この時のタケミナカタとの戦いは「相撲」の起源とされている。
アマテラス(天照大神)
太陽神であり、ツクヨミ、スサノオの姉神。イザナギが穢れを落とした際に左目から生まれた。イザナギ・イザナミ以降の神話における事実上の最高神。
イザナギに追放されたスサノオの潔白を証明するものの、スサノオは粗暴な行為に走ってしまう。その結果、アマテラスは天岩戸に隠れてしまい、世界は闇に包まれてしまう。この岩戸に隠れてしまったアマテラスと、彼女を岩戸から出そうとする神々を描いたのが、有名な『岩戸隠れの伝説』である。
ツクヨミ(月読命)
月神、夜を統べる神であり、アマテラスの弟神にあたる。アマテラスのイザナギが黄泉国から逃げ帰って、穢れを落とした際に右目から生まれた。
スサノオ(素戔男尊)
戦神であり、アマテラス、ツクヨミの弟神。イザナギが穢れを落とした際に鼻から生まれた。
『古事記』では自分勝手な性格をしており、イザナミのいる黄泉の国に生きたいと喚いてイザナギの怒りを買う、アマテラスによって潔白が証明されるも高天原で粗暴な行為に走ったが為に前述した『岩戸隠れ』が起こってしまう。それが祟ってか、高天原を追い出されてしまう羽目になった。
なお高天原追放後、出雲に流れ着いたスサノオはその地を荒らす大蛇「ヤマタノオロチ」を退治し、生贄となるはずだった少女クシナダを救出する英雄として活躍している。
以上の通り、スサノオは「トリックスター」や「貴種流離譚の英雄」という多面的な性格を持つ神である。
アメノウズメ(天宇受賣命)
芸能の女神であり、日本最古の踊り子。『岩戸隠れ』においては岩戸に隠れたアマテラスを誘い出すために文字通りあられもない恰好の踊りをして八百万(やおろず)の神を大笑いさせた。
ちなみにアマテラスは不審に思ったものの岩戸から出たため、(間接的にではあるが)結果としてその策は功を成したといえる。
オモイカネ(思金神)
知恵を司る神。『岩戸隠れ』では天の安原に集まった八百万の神に対して天岩戸に隠れた太陽神アマテラスを岩戸の外に出す為の知恵を授けたり、『葦原中国平定』では、葦原中国に派遣する神の選定を行っている。
カカセオ(香香背男)
アマツミカボシ(天津甕星)とも。
星の神。フツヌシとタケミカヅチの二神が葦原中国に住まうまつろわぬ邪神と物言う草・木・石の類を全て平定し終えたが、カカゼオだけは最後まで従わなかった。そこでタケハツチノミコトを遣わしてこれを服従させた。
ちなみに世界では星を信仰する神話が多いのだが、日本神話では悪神となっている。
七福神
福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神々。大黒天、毘沙門天、恵比寿天、寿老人、福禄寿、弁財天、布袋尊の七名で構成されている。
「七難即滅、七福即生」の説に基づくように、七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かると言われており、七福神の信仰は、室町時代の末期の頃より生じたとされる。
余談だが、恵比寿天を除く六名は、インドあるいは中国由来の神である。

生物[編集]

ヤマタノオロチ(八岐大蛇)
八つの頭と八つの尾を持つ巨大な蛇。年に一度出雲国に降り、ある老夫婦の娘を一年に一人ずつ食い殺していた。最終的には、前述のスサノオによって討たれている。
ちなみに、ヤマタノオロチの死骸の中から出てきた天叢雲剣は、後にアマテラスに献上される事となる。

地名[編集]

オノゴロ島
日本神話における『国生み』にてイザナギとイザナミがつくり出した最初の島となっている。現在の淡路島とされている(ただし、諸説有り)。

道具[編集]

ヤタノカガミ(八咫鏡)
三種の神器の一つ。アマテラスの岩戸隠れの際にイシコリドメがこの鏡を作った。アマテラスが岩戸を細めに開けた時、この鏡で映し、興味を持たせて岩戸の外に引き出した。
クサナギノツルギ(草薙剣)
三種の神器の一つ。アマノムラクモノツルギ(天叢雲剣)とも。スサノオがヤマタノオロチを退治した際に死骸から出てきた剣。
アマテラスに献上された後、ニニギやヤマトヒメの元を経てヤマトタケルの元に渡る。ヤマトタケルの死亡後は、妻ミヤズヒメによって祀られた。
  • 鋼鉄神ジーグ』では草薙剣児の名前の由来となっている。ちなみに、剣児の母親の本名は「ミヤズ(美夜受)」である。
アメノハバキリ(天羽々斬)
スサノオがヤマタノオロチを退治する際に使われた刀剣。
ヒヒイロカネ(緋緋色金)
太古日本で様々な用途で使われていたとされる金属。金より比重が軽いだけでなく、ダイヤモンドより硬い、反磁器性という特徴がある。
他にも、三種の神器をはじめとする金属製品にもよく使われていた。
トクサノカンダカラ(十種神宝)
沖津鏡(オキツカガミ)、辺津鏡(ヘツカガミ)、八握剣(ヤツカノツルギ)、生玉(イクタマ)、足玉(タルタマ)、死返玉(マカルガエシノタマ)、道返玉(チガエシノタマ)、蜂比礼(ハチノヒレ)、蛇比礼(オロチノヒレ)、品物之比礼(クサグサノモノノヒレ)の10個からなる宝。
比礼(スカーフのようなもの)と剣、鏡、玉をそれぞれ三種の神器とする説も有る。
また、布瑠の言(フルノコト)という言霊が存在しており、神宝をその名前を呼びつつ振るいながら唱える事で死者すら蘇らせる力を発揮するという。

余談[編集]