天羽々斬

目次

天羽々斬(あまのはばきり / Amano Habakiri)編集

Scramble Commander the 2ndにおける後継主人公機で、羽々斬の追加装備を施した強化発展型。追加装備の設計は各スーパーロボット研究所の博士達が共同で行っている。

黒と黄色の配色は羽々斬同様だが、背部に六角形型の大型エネルギーチャンパーが装着されている。これにより余剰エネルギーの循環・再利用が可能となり、セレスチアル・リアクターからパイロットへの負担が軽減された(また、磁場形成により飛行ユニットも兼ねる)。武装の強化もされているが、改修の目的はこちらが主眼。 戦闘スタイルは羽々斬同様に剣戟を主体とした近接戦闘重視型であるが、両腕に装備している「屠竜之金剛剣」による攻撃の破壊力は羽々斬のそれを大きく上回る。

尚、「羽々」とは蛇を意味する古語であり、天羽々斬(あまのはばきり)とは日本神話における英雄・スサノオノミコトが大蛇・ヤマタノオロチを倒した剣の名前であり、十握剣(とつかのつるぎ)とも呼ばれる。アスカロンと同様、竜殺しの剣の名前である。

ベース機羽々斬の開発者であるソガ教授も『アスカロンとは違う方向性で完成度は上がっている』と評し、(不本意ながらも)本機の出来栄えを認めていた。

登場作品と操縦者編集

装備・機能編集

武装・必殺武器編集

屠竜之金剛剣
天羽々斬が装備する長身の剣。
ブラスター・ショット
クレスト・レーザー
コア・スタナー
セレスチアル・レディエント
胸部から破壊エネルギーを放つ。
双翼屠竜十字斬
屠竜之金剛剣が白色に発光し、すれ違いざまに十字に切り裂く。

特殊能力編集

EN回復

移動タイプ編集

飛行可能。

機体BGM編集

『まだ見ぬ明日の歌』

対決・名場面など編集

メモ編集

天羽々斬には「あめのはばきり」「あまのはばきり」の2通りの読みが充てられる場合があるが、本機の名称として使用されているのは「あまのはばきり」の方である。

関連機体編集

話題まとめ編集

資料リンク編集