アゾエーブ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
アゾエーブ
外国語表記 Azoabe
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 岸武彦
SRWでの分類 機体
ラストボス
テンプレートを表示
スペック
分類 ネメシスシリーズ
動力 オリジン・ユニット
開発者 シュウイチロウ・ユキムラ
パイロット シュウイチロウ・ユキムラ
テンプレートを表示

アゾエーブは『スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd』の登場メカ

概要[編集]

ネメシスシリーズの最終にして、最強の完成機。

動力源として本来は鳥の人に搭載されていたオリジン・ユニットが搭載されている。オリジン・ユニットを搭載した鳥の人は、時空間崩壊波を発して時空間構造に穴を空けることで宇宙外の脅威から逃げるための平行宇宙を創造して移民するために作られたものであったが、脅威に立ち向かう道を選び兵器転用したことで10万年前のゼロポイント・ブレイクを引き起こし、無数の平行宇宙の時空に傷を付けていずれ時間減速による宇宙滅亡が起こる状態にしてしまったという代物。その力を行使できるアゾエーブは時空間構造破壊兵器であり、時空間の基本構造を瓦解させることで全ての平行世界を始原の混沌に還元することが可能。

その力は、神にも等しい力を持つ真聖ラーゼフォンにオーラ力やミンメイ達の歌で力で増幅されたライディーンの助けを加えた力をも上回る。(ただしユキムラ自身が語っている通り、同等の力でも破壊の力の方が常に優位に立てるとの発言から単純な力自体は同等と考えられる。)

SC2の最終局面にてその姿を現し、強力な時空間崩壊波「破滅の波導」で真聖ラーゼフォンに守られて残った僅かな空間を除いて全ての世界を破滅に追いやるという、SRWシリーズ史上類を見ない大破局を引き起こした。「破滅の波導」の第2射で全てを混沌に還そうとするも、遥とバレンティナの特攻により機体とオリジン・ユニットの接続が一部切れてしまい、即座の発射は不可能となる。 それでも混沌空間での最終決戦においてAフォースと真聖ラーゼフォンを圧倒し、また混沌となった世界の可能性からアスカロンやハイザックなど様々な機体をサルベージして使役するなど絶望的な力を見せる。死闘の末、ついに接続の修復が完了して「破滅の波導」の第2射で今度こそ全てを無に帰そうとするも、ケイジの駆る天羽々斬の特攻を受け、ユキムラやケイジ、天羽々斬諸共消滅する。

最終的には世界が真聖ラーゼフォンに修復されたとはいえ、全ての平行世界を一撃で破滅させた機体であり、他にその規模の災厄となるとケイサル・エフェス無限力が戦った場合の余波(因果律を歪めて全平行宇宙が崩壊)やアダマトロンが目指した創造など、事前に食い止められたものばかりである。その破壊力は歴代スパロボシリーズのラスボスの中でも最強クラスである。だが、それほどまでに強大なこの機体の唯一の弱点……それは、アゾエーブが「人の手によって造られたスーパーロボットである点といえるのかもしれない。人が造ったものであるからこそ、人の手で破壊できるのだから。

登場作品と操縦者[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
本作のラスボス

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ブラスター・アーム
ツイン・カオティック・ランサー
ヘルハウル
ダムド・スタナー
ブーム・スフィア
デモニアック・タロン
滅却の波動
「破滅の波動」をダウングレードしたような武器だが、それでも圧倒的な威力と攻撃範囲を誇る脅威の武装。必殺武器として一定秒数毎に使用してくるが、スタンを切らさなければ使用を防ぐことが可能。
破滅の波動
イベントで使用した最強技。万物全てに宿る破壊エントロピーを利用した攻撃で、上記のとおり真聖ラーゼフォンにオーラ力、生命の歌、ラ・ムーの星の力を上乗せしてなお、次元の壁を突き抜けて平行世界全てを消滅させた。なお、あまりに規格外な攻撃のせいか、通常兵器では存在しない。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

LL

機体BGM[編集]

「Volt」

対決・名場面など[編集]

VS真聖ラーゼフォン
この世界観における正の無限力に相当する力を持つ対極の存在。力関係はほぼ同格であるが、上述の関係で圧倒している。
VS天羽々斬
比喩でもなんでもない、未来そのものを賭けたスパロボ史上最大の死闘。その結末は、ともにこの世から消えるという相討ちだった……。

関連機体[編集]

羽々斬 天羽々斬アスカロン
アゾエーブと同じネメシスシリーズの機体。

資料リンク[編集]