マガルガ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
マガルガ
外国語表記 Magaruga
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 森野健一郎
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 人型機動兵器
全長 38.5 m
重量 30.1 t
装甲材質 不明(強化前)⇒マシンセル(強化後、共にαシリーズ)
所属
パイロット ククル
テンプレートを表示

マガルガは『バンプレストオリジナル』の登場メカ

概要[編集]

ククルの個人所有している女性型の機動兵器。元々は彼女の国で祭られていた神像である。

第2次αでは邪魔大王国、第2次OGではバラルに彼女が属しており、本機もその組織に所属することになる。

飛行能力を有するだけでなく、宇宙でも活動可能。神像とのことだがどのような原理で動いているかは不明。謎の多い機動兵器である。

なお、第2次OGでは、神像を戦闘用の傀儡に仕立て上げたのはバラルの秘術だという(電撃スパロボ魂!の解説より)。

名前の由来は、日本神話に登場する物部(もののべ)氏の祖神・饒速日命(にぎはやひのみこと)が伝えたとされる『十種神宝(とくさのかんだから)』の一つ『死返玉(まかるかへしのたま=現代語読みをすると『まがるがえしのたま』)』から切り取ったものだと思われる。本機の必殺武器『黄泉舞』の使用時にククルが発する台詞に、同じく十種神宝である『生玉(いくたま)』や『足玉(たるたま)』、更には『布瑠の言(ふるのこと)』と呼ばれる死者蘇生の言霊の一説『布瑠部…由良由良止布瑠部(ふるべ…ゆらゆらとふるべ)』が含まれている事からも、間違い無いだろう。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
ククルの乗機として登場。特別強いわけでなく、グルンガスト参式ダイゼンガーと比べると分が悪い。それでもイベントでは互角以上に戦っている。中盤でマシンセルを移植され強化されるが、スレードゲルミルのような外見変化は起こっていない。
今作では目元を青いゴーグル状のパーツが覆っているのでわかり辛いが、良く見ると瞳がある。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
ククルと共に再登場。ゴーグルパーツがなくなり素顔になった。敵の時は白目、味方になると第2次α同様瞳が入り「八握剣」が追加される。終盤も終盤の参戦なので戦力にはしづらいが、ククルが「感応」「祝福」「大激励」を使えるのでサポート役に抜擢するのも手。また、自前の運動性+ククルの「超能力」+エースボーナス+カスタムボーナスでとにかく回避が高くなるので、「古の忌憶」に進んだ場合は切り込み役を任せるのもいいだろう。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

比羊舞(ひめのまい)
高速移動(瞬間移動?)で相手の前に立ち塞がり、前蹴りの後に腕撃と蹴撃の連続攻撃を加える。ちなみに第2次αでは唯一ククルのカットインが入る。
死反玉(まかるがえしのたま)
両腕に緑の宝玉を発生させ7つに分離させた後、相手に打撃を与え勾玉のような形をした円を形成してダメージを与える。
黄泉舞(よみまい)
羽織った舞を排除し、背中から二つの透明の赤い舞を発生させ、舞で打撃を加えた後にマガルガが舞を見せて黄泉路を魅せる。なおセリフは「千引石(ちびきのいわ)」⇒「生魂(いくたま)」⇒「足魂(たるたま)」⇒「玉留魂(たまとまるたま)」⇒「布瑠部…由良由良止布瑠部(ふるべ…ゆらゆらとふるべ)」と繋がる。
なお、この言霊は劇中で彼女がやったように十種神宝の名前を呼びつつ唱えることで、死者をも蘇らせる力を発揮するという。しかしながら、宝の数も言霊も不完全なその舞が示すように、彼女の行く先に幸せは訪れることはなかった。第2次OGでも結果は同じだが、八握剣とひふみ祓言が追加されたためか多少マシになっている。
八握剣(やつかのつるぎ)
第2次OGで追加された攻撃。味方加入時に何の説明もなく追加される。バリア貫通持ち。10体に分身してひふみ祓言を唱えながら死返舞(まかるがのまい)で猛攻をかけ、本体の許に集った分身を剣に変身させて投げつけ、貫く。内部データでは敵の時にも使用可能。第2次OGではこの新技にてククルのカットインが入る。

特殊能力[編集]

HP回復(小)
マシンセルによる強化後。
HP回復(中)
OG2ndではこちら。原理は不明だが、本作ではナシム・ガンエデンの力で永らえていることを考えるとナシムの力によるものと推測することもできる。
EN回復(大)
同上。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

運動性+25

機体BGM[編集]

「軍神が災いを呼ぶ」
第2次αで設定されている。
「The Guardian of Earth」
第2次OGではこちら。