ククル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ククル
外国語表記 Kukuru
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優 荒木香恵(現・荒木香衣)
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(古代人)
性別
年齢 20代(半不老不死
髪色 灰色
テンプレートを表示

ククルは『第2次スーパーロボット大戦α』の登場人物。

概要[編集]

大和王朝時代の人間で昔の日本で栄えた王国の王女。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
ゼンガールートのみで登場するライバルキャラ。過去に祖国を邪魔大王国に侵略・征服され、人質として女王ヒミカの元に差し出された人物。その後、本来持っていたシャーマンとしての能力を強化されて邪魔大王国の女戦士となり、専用の機動兵器・マガルガを駆って戦場に現れる。バンプレストオリジナルキャラでありながら、版権作品の組織に手駒として扱われるという珍しい境遇のキャラである。
ゲーム内では第一話にてアースクレイドルを襲撃した邪魔大王国の一員として初登場。クレイドル護衛のため現れたゼンガー・ゾンボルトと剣を交え、一度は彼の気迫に押されて撤退するが、その際にソフィア・ネートを殺害(実際には誘拐・監禁)した。これを機にゼンガーとの因縁が生まれ、以後幾度と無く邂逅し、死闘を演じる。
その後、邪魔大王国の牢屋に監禁していたソフィアと度々会話を交わし、徐々に精神面で変化が生じる。やがては奇妙な友情に似た関係を構築し、ゼンガーと最期の対決へと赴く際には彼女に鏡を託している。ゼンガーとの決戦で敗北し、自らの死を覚悟するも、すでに過去の因縁を自身のなかで消化していたゼンガーは彼女へのトドメを拒否し、立ち去るように告げるのみだった。しかしそこにイルイ・ガンエデンのゼンガーを想う気持ちを受けて行動したクストースケレンが現れ、彼(?)によってトドメを刺され亡き両親のいる黄泉路へと旅立った。
発売前情報では、ブリットら他ルートのライバルキャラと異なりククルのみイラスト(のみならず存在そのもの)が公開されておらず、インタビューでも「ゼンガールートのライバルキャラ」に関しては曖昧に濁された発言がされたのみだった。実際にゲーム中でも他のライバルは条件なく加入するなか、彼女のみ強制で死亡・離脱してしまう。ストーリー上で邪魔大王国に冷遇を受けていたが、ゲーム外でもその扱いは決して良くはなかった。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
一族を人質にされたためバラルに協力しているという設定で登場。『第2次α』では生身であったのに今回は既に死亡していたはずの彼女をガンエデンの力で無理やり蘇生している状態。『第2次α』ではバラルと無関係であった上にバラルに属するケレンによって殺害されたというのに、よりにもよってそのバラルの配下にさせられているあたり今回も不幸である。
終盤では人質のはずだった一族が既に滅んでいる事を知らされ、その直後に殺されかけるがゼンガーによって救われる。そのままバラルを離反して鋼龍戦隊に協力。バラル、そして今回の戦いの黒幕であるユーゼスを打ち倒すことに成功する。しかし、ユーゼスとの死闘で彼ごとナシム・ガンエデンが滅んだことで命の支えがなくなり、マガルガ諸共消滅の時を迎える。彼女はそれを運命として受け入れ、ゼンガーに礼を言いつつ消えていった。続編が第3次αの展開通りならばガンエデンの復活があると思われるが、彼女の再登場は果たして…?
『第2次α』にあったソフィアとのイベントはなくなったため、鏡は胸に掛けたままである(八握剣のカットインで確認できる)。その他、アースクレイドル襲撃はカットされ、参式破壊からダイゼンガー初陣の相手というイベントも前作でヴィガジに取られてしまったため、目立つ場面がほとんど無くなってしまった。それでも存在を忘れられている(後述)よりは幾分マシであろうか。
なお本作発売の前にゼンガーがゲスト出演した『PROJECT X ZONE』にて、彼が「黄泉の舞にて地獄より戻ったか」という発言をしているが、今回のククルの登場とは無関係な偶然であるとのこと。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

回避・技量に優れる。超能力補正のおかげで命中・回避とも高く、マガルガも意外に打たれ強いため、敵にするとかなり面倒。

精神コマンド[編集]

第2次OG
感応不屈努力祝福大激励(ツイン)
低コストのコマンドが目立つ。何より大激励が非常にありがたいが、その面ではモニカという対抗馬がいる。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次OG
超能力L7、底力L6、カウンターL5、ガード連続攻撃L3、集中力

パイロットBGM[編集]

「ACE ATTACKER ver.α2」
第2次α』における味方没データ(味方時)のBGM。このBGM自体も没データのひとつである。なお敵時は専用BGMを持たず、プレイヤー側のBGMが流れる。
「The Guardian of Earth」
第2次OG』で設定されている。本来は『第2次α』のオープニングムービー曲。

人間関係[編集]

ゼンガー・ゾンボルト
アースクレイドルを破壊して、ゼンガーの希望を失わせた張本人。基本的にライバル相手に追われるゼンガーだが、逆に私念で追い続けた相手である。ゆえに相当な苦痛な想いだったとも思われる。第2次OGではこれらのイベントが無いため、因縁が薄い。
ソフィア・ネート
ゼンガーに斬艦刀を渡したとして連れ去った。そこで自分が戦い続ける理由を問いただすと、ククルは彼女と不思議な関係に繋がる。第2次OGではこのイベントがなくなったため、一切関係無し。
イルイ
ゼンガーを追い掛けるククルに対しては快く思っておらず、間接的にではあるが使役のケレンによって殺してしまう。イルイはその事を悔いを抱いており、第3次αでは同じ立場のフローラにその話をした。第2次OGではこのイベントがなくなったため、ほとんど関係無し。
リシュウ・トウゴウ
第2次OGで最初に会敵したのは彼。本作ではゼンガーよりも彼の方がライバル関係に近い。
シュウ・シラカワ
第2次OGでは形は違えど、ククルと同じく「に束縛されて自由を失った者」。そのため、ガンエデン打倒後に安らかな死という形で自由になったククルをシュウは「神の呪縛から解かれた」と同情的だった。
孫光龍
OGシリーズにおける主。
饕餮王
両親を喰らった仇。

版権作品との人間関係[編集]

ヒミカ
第2次α』における主。基本的に3人の部下と同等の立場であるようだが、アマソ達からの扱いは悪い。

名台詞[編集]

「妾の舞で黄泉平坂へ送ってやろうぞ……!」
黄泉舞使用時。ククルの台詞でも有名なものの一つ。
「戯れ言を…! この時代に生きる人間共こそ悪ではないか!」
「まつろわぬ民を地上より追放し! 己が欲望のままに自然を破壊し! そんな貴様らこそ悪ではないか!!」
第2次α』の第31話「武神装攻、降臨」にて、ダイゼンガーに乗り換えたゼンガーに敗北した後の台詞。混乱と破壊をもたらす悪と戦い続ける事を宣言したゼンガーに対して、ククルが返した反論。現在のSRW以外の作品にも通用すると言える。『α外伝』のメイガスの主張にも酷似している。
「な、何!? あ奴の斬艦刀は、八束剣とでも言うのか!?」
『第2次α』におけるゼンガーからの被弾台詞の一つ。『第2次OG』になって彼女(マガルガ)の方が「八握剣」を使うことになるとは、この時誰が予想したであろうか。
「黄泉は我が故郷……彼の地へ還るまで……!」
「常世の舞」での撃墜台詞。
「おのれヒミカ! よくも……よくも!」
『第2次α』における没台詞のひとつ。

搭乗機体[編集]

マガルガ

余談[編集]

  • 寺田Pは彼女の存在をすっかり忘れていたらしく、OG2発売後のインタビューにてククルの存在に触れられた際に「ああ、そんなのもいましたね(笑)」と発言している。