夏喃潤

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
夏喃潤
読み かなんじゅん
外国語表記 Kanan Jun
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 永田亮子
デザイン 八房龍之助
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 仙人
性別
年齢不老不死
髪色 銀とオレンジのメッシュ
髪型 ロングヘアー
所属 バラル
テンプレートを表示

夏喃潤は『第2次スーパーロボット大戦OG』の登場人物。

概要[編集]

バラルの仙人で、南仙。北仙の泰北三太遊とは対を成す。雀王機雀武王のメインパイロット。

一見美形の男性に見えるが実は女性で、尸解する以前も男装の麗人であった。ただし仙人になった時点で性別を超越しているので、現在の外見は本人の嗜好によるものである。

人物[編集]

性格的には気取った貴公子然としているが、その実結構な激情家。長命であるがゆえに幼き人間達を諭し導いてやらねばならないと言う義務感に基づき行動している。「命にはそれぞれもっとも輝くべき時がある」という思想を持っている。そのため、他者の命を奪うことには何のためらいも持っておらず、結果に結びつけることで正当化するなど常人とは全く違う感性を持っている。

……と、一見すれば「目的のためなら手段を選ばないクスハのライバルキャラ」のように思えるが、実は巨乳の女性が大好きという性癖を持ち、色慾自体も常人のそれ以上という始末[1]。クスハら鋼龍戦隊の女性陣に目を付けていたのも、女性がいたためであり、その当人に接触するや否や見境いなくアプローチした為、彼女達から総スカンにされた。特に巨乳で念動力者であるクスハへの執着心は尋常ではなく、身も蓋もなく言えばほとんどストーカーに近い。当然、男性陣からも自分達の恋人を狙われたので非常に嫌われており、事あるごとに「焼き鳥にしてやる」と言われている。

来歴[編集]

虎王機龍王機を奪取する為に雀王機テスラ・ライヒ研究所を襲撃する。この時は雀王機に搭乗せずに遠隔操作で龍王機を大破させ、虎王機を奪い取っていった。

その後、再び龍王機の奪取を目論み、今度は閉鎖空間に引きずり込んで2度目の襲撃を行うが、この時にクスハを初めとする鋼龍戦隊の女性陣を見初めて、彼女達を自分の物にしようと企む。当初は強引に攫って行くつもりだったらしいが、正規の仙人に仕立て上げるべく準備を行う。

彼女の、というよりバラルの最終目的は、地球の人間すべてを強引に仙人へと昇華させる「総人尸解計画」にあり、理由はガンエデンが地球を封印したあとに、地球内部での争いが起こることを防ぐためであると同時に、「破滅の王」への対策の一つ。ただ、これは素質のない人間はそのまま死んでしまうため、当然ながら戦隊には受け入れられず、明確に敵対することになる。

最終的には限仙境で総力戦を挑んだものの敗北、結末を受け入れ無いまま散っていった。

登場作品と役柄[編集]

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
今作で初登場。概ねプロフィール通り。最終局面での対決では、事前に泰北の気力を「脱力」で下げておくと変形時に夏喃の気力も下がっているため、戦いやすくなる。
超機人 龍虎王伝奇
第2部にて眠りについていることが語られているが、起こされることなく物語が終わったため登場しない。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

ボス格だけあって確かに強いのだが、耐久力に乏しいためそこまで強敵という印象ではない。泰北が頑丈過ぎるということもあるが。ついでに性格の問題で、攻撃をかわされると気力が下がる。

精神コマンド[編集]

ひらめき必中加速強襲熱血連撃(ツイン)
速度特化の構成。雀武王のイメージを考えればありだが、「加速」「強襲」「連撃」でどうしてもストーカー行為が浮かぶのは気のせいだろうか……。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

見切り援護攻撃L3、気力+ (命中)カウンターL7
底力もガードもなく、搭乗機に分身も無いため、速いことは速いが対策は簡単。よく見ると念動力を持っておらず、どうやって超機人に魂力を吸われないようにしているのか不明。どうやら意思疎通は行っているようだが、最終戦の言動からすると四凶同様強制的に操っている節がある。

人間関係[編集]

クスハ・ミズハ
龍王機の操者。ストライクゾーンど真ん中だったので、執拗に付け狙う。
アイビス・ダグラス
初対面時に「スレンダーな女性には興味がないんだ」と言い切って彼女の怒りを買った。その後の戦闘前台詞はほぼ存在しない為、最後までアイビスとイルイの絆に気付いていない可能性もある。
泰北三太遊
師でありパートナー。良好な連携を取る名コンビだったが、最後の最後で真反対の結末に。
孫光龍
応龍皇の操者でバラルのリーダー的存在。クスハへの尋常ではない執着ぶりには彼からも呆れられてしまう。
ククル
一応部下だが、ククルからは余り好意を持たれていない。
ペルフェクティオ
「大邪」と呼び、警戒をしていたが、その本質は完全には理解できていなかったようだ。

名(迷)台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「焔天大聖前朱雀避口舌」
「雀武周転! 縮地呑天!」
「黒蛇よ、空を裂き、地を疾れ!」
黒蛇刀・五行烈斬の発動時。陰陽道の呪文に「左青龍避万兵、右白虎避不祥、前朱雀避口舌、後玄武避万鬼」という一節がありおそらくこれに由来。泰北とは違い普通の言い回しな辺りに格の違いが見て取れる。
「自らの朱で紅に染まるか……それも良かろう」
攻撃台詞の一つ。赤い色にこだわるが、カチーナと違って赤い機体限定ではなく汎用台詞。
「君は好みだが、尸解は不可能だ。残念だね」
「その外見は実に好みだが、偽魂ではな……」
「君は好みだが、仙道へ導くことは出来ない。惜しいな」
対ラミアおよびアリエイルの被弾台詞。人の手によって造られたが故というべきなのだろうか…。さらに言うと、ラミアが巨乳なのはおそらく創造主の趣味と思われる。
「いいね、君は実にいいよ。好みだ」
「君は好みだからね。大目に見よう」
対ゼオラ。ちなみにゼオラ本人からは戦闘時に「胸のことばかり言わないでよっ!」と辟易された。
「愛でてあげよう。君の全てを」
対ショウコ。もちろんショウコからも戦闘時でお断りされた他、その兄ショウコに惚れている男からは強い警戒心と敵意を持たれることに。ショウコと仲が良かった修羅がいたらどう反応していた事やら…
なお、ショウコ自身は結構胸もある(OG外伝の公式HPにある公式イラストを参照のこと)。
「今のままじゃ、君の肉体は念の力に耐えられず、崩壊することになる……」
対念動力者の被弾台詞。特にマイの中には未だレビ・トーラーの人格がその念と共に眠っているが(忘れられがちだが「紅の幻想」では抑え込んだだけで、レビが消えたわけではない)、そのことだろうか。αのマイと違うのは両者の人格が完全に独立していることだが……。
「可愛い子に何をされても、腹は立たないけどね」
「フフフ……可愛いね、君は」
「僕の所に来れば、その美しさに磨きがかかるよ」
「僕なら、君の全てを愛することが出来る」
「僕の所に来れば、その美しさと若さを保てるのに……」
「心配はいらない。尸解しても、その美しさは保たれる」
「聞き分けが悪いな。ま、そこも魅力的だが」
巨乳の女性。自重する気絶無。ここまで来るとまさに変態のそれである。

インターミッション[編集]

「僕は、彼女のような女性……凛とした気、ふくよかな身体を持った女の子が好きなのさ」
鋼龍戦隊との初対面でいきなり百合と巨乳趣味をカミングアウト(?)した(この時は自分が女である事は説明していなかったが)。
「ああ、スレンダーな子は範疇外なんだ、悪いね」
で、アイビスに上述のカミングアウトを詰問された彼女の答えはまさかのこれ。これを根に持ったのかアイビスは戦闘時に「胸が無くて悪かったな!」と言っている。
「ああ、それと僕は男じゃないよ。俗人の性別で分けるなら、女さ」
その直後。イルムからは「そっちの趣味かよ!?」と盛大に引かれていた。
「そんなことを言っている場合か! 僕に代われ!」
「順逆転神! 五行器、最輪転!さあ、仕切り直しだ! 僕と雀武王が君達の行くべき道を示す!」
「機人大戦」より、一向に装符の修復に応じない武雀王に業を煮やして。肝心の泰北はいつもの如くであり、武雀王は直前のブリットの言葉、龍虎王と虎龍王の行動に思う所があったようだが、それにもまるで気づかない。
「クスハにとって本当に必要なのは、君や虎龍王じゃなく、この僕さ」
「思い込みじゃない、愛だよ。クスハは僕の愛を得て、より美しく咲く。そう、険谷のスミレのように」
対ブリット。クスハへの執着は相変わらず……というか悪化の一途をたどっており、こうなるとナルシストなストーカーである。自信満々に言い切るものの、ブリットからは「その谷には白虎がいる!」と見事に切り返されることに。
「馬鹿な! こんな結果が天命であるはずがない!」
「彼らが僕らの強執術に……いや、ガンエデンに逆らうというのか!」
「何を言う、僕らこそが地球の守護者! 俗界桃源郷の主! 尸解による導きを……!」
「わかるものか! 僕らの悲願、総人尸解計画を無に帰す気か!?」
「賢者が愚者を導かずに何とする! 忘れたか、僕らがガンエデンに恭順したのは……!!」
「泰北!!」
「止めろ、泰北! 泰北三太遊!!」
「機人大戦」にて。撃墜後。泰北に継戦を指示するが「天命には抗えない」と泰北に諭され、逆上。さらにここに来て自らの見識の狭さをさらけ出すこととなった夏喃。目的と手段が徐々に入れ替わって来ていたのにも気づかず、雀王機と武王機に屈従を強いた挙句、現実を認め無いまま世界から消えることになった。

搭乗機体・関連機体[編集]

雀王機
搭乗機。
雀武王
窮奇王饕餮王
四凶の超機人。この2機に枷を嵌めて制御しているが、なかなかいう事を聞かない。

脚注[編集]

  1. なお、アイビスのような「スレンダーな女性」は範疇外と公言している。