氷竜

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
氷竜
外国語表記 HYORYU
登場作品
声優 山田真一
分類 AI搭載型ビークルロボット
型式番号 GBR-2
全高 20.5 m
重量 240.0 t
動力 GSライド
最大出力 300,000馬力 → 450,000馬力[ウルテクエンジン搭載後]
推力 1,000t
最高飛行速度 M0.8 [ウルテクエンジン搭載後]
最高走行速度 300km/h → 320km/h
装甲材質 レーザーコーティングスーパーG装甲
合体形態 超竜神
幻竜神(規格外合体)
開発 GGG
所属組織 GGG
所属部隊 機動部隊
テンプレートを表示

概要[編集]

GGG機動部隊所属。救助と戦闘支援を目的に開発された、AI搭載型ビークルロボット

その頭脳である超人工知能システムは新世代AIシステムとして作られた。極めて冷静な性格で、常に合理的な判断を下す、機動部隊の副隊長格。一人称は「私(わたくし)」。

同型機の炎竜とのシンパレート指数が90%以上に達すると、超竜神へのシンメトリカル・ドッキングが可能となる。

炎竜よりAIの起動が5秒だけ早かったことから兄となっており、竜型ビークルロボの長兄でもある。

31話「さらばGGG」で大破した際に強化が行われ、出力が1.5倍、飛行能力、ビークル・モードでの水上走行能力などを得た。ゲームでは今のところ再現されていない。

変形形態[編集]

ビークルモード
クレーン車形態。
セミビークルモード
ビークルモードから上半身のみロボットに変形した形態。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
小隊枠を二つ使わないと超竜神に合体できない割りに性能は地味。しかし超竜神の全体攻撃に期待するのなら、セットで使う必要がある。デフォルトで援護防御支援攻撃を持つため、パイロット能力は小隊員向き。
と同様、MSと同クラスの全長なのになぜかサイズSなので火力は低い。
第3次スーパーロボット大戦α
『第2次α』と大差無い。サイズはMに修正された。武装に運動性ダウンの特殊効果が付加された。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
竜兄弟の経験値やBP・スキル養成が共有(誰で戦っても皆成長するというシンメトリカルっぷり)、精神ポイントは合体後で別枠、揃って武器に異常ステータス属性付加など、出撃枠を多く消費する代償に様々な特殊システムを得た事で戦力の中核と成り得る存在になった。 このため支援要請を筆頭に、スキルパーツの恩恵を最も受けられるのが非常に大きい。
ただし、初期状態の竜兄弟はいずれも機体性能とパイロット技能がチグハグ(撃ち落としがあるのに銃装備が無い、盾装備してるのに援護防御が無い、合体前は回避型の機体なのに「集中」が無い、など)なので、養成でテコ入れしないとどうにも扱いにくかったりする。
なお、氷竜は異常ステータスが移動力低下だったり、援護防御持ちなのに性格が冷静だったりと、竜兄弟の中では使い勝手が悪い。 持ち前の「狙撃」を上手く活用するか、いっそのこと分身回避が可能になる幻竜神形態(性格は強気)で戦うと効率が良い。
スーパーロボット大戦BX
本作では超竜神としての運用になるため、味方ユニットとしては運用できない。登場は16話より。原作同様、北極での巨脚原種戦で他の勇者ロボ軍団と共に復活する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

フリージングガン
右脚に収納された冷線銃。超竜神の右腕を構成する。
第3次α』では運動性低下、『W』では移動力低下の特殊効果がある。
パワークレーン
背部に装備したクレーン型ユニット。
フリージングライフル
パワークレーンに内蔵された冷線砲。右肩や左腰に構えて使う。ライフルと言うよりはキャノン。
『W』では移動力低下の特殊効果がある。
クレーントンファー
パワークレーンを腕に持ち、トンファーのように使う。
チェストスリラー
開閉した胸部ハッチから発射する冷風。左胸部のダイヤルで温度の調節ができ、広範囲の消火にも用いられる。
『W』では移動力低下の特殊効果がある。
ペンシルランチャー
手持ち式の多目的ランチャー。炎竜とセットで使用する硬化弾、ネット弾、通常の炸裂弾などの種類がある汎用装備。

合体攻撃[編集]

氷竜・炎竜アサルト
炎竜との合体攻撃。『W』より追加。劇中にはこの様な名称の技は存在しない。

特殊能力[編集]

合体
超竜神幻竜神へと合体する。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

S
『第2次α』
M
『第3次α』、『W』

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第2次α第3次α
集中ひらめき必中気合熱血補給
W
ひらめき必中気合狙撃熱血友情
BX
必中不屈闘志鉄壁勇気
第46話「心」におけるスターガオガイガーのサブパイロットとしてのもの。最初は「氷竜/炎竜」表記で、炎竜が離脱しても使えるが、精神ポイントは共有。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次α
勇者L9底力L9援護防御L2支援攻撃
第3次α
勇者L9底力L9援護防御L4支援攻撃
W
勇者L9底力L7援護防御L3支援要請L1コンボL2

小隊長能力(隊長効果)[編集]

獲得経験値+20%
第2次α』、『第3次α』にて採用。

パイロットBGM[編集]

「発進!」
第2次α』、『第3次α』、『W』のデフォルトBGM。

人間関係[編集]

獅子王凱
GGG機動部隊の隊長で、命を投げ出す覚悟を秘めている。
炎竜
双子の兄弟。合体して超竜神となる。
ボルフォッグ
同僚であり、同じ心を共にする仲間。
風龍
生まれた国は違えども同じ勇者として兄としてサポートしている。
雷龍
生まれた国は違えども同じ勇者として兄としてサポートしている。合体して幻竜神となる。
ゴルディーマーグ
同僚であるが、氷竜が先輩である。
マイク・サウンダース13世
同僚であり、同じ心を共にする仲間。
光竜 闇竜
同じ兄妹であり、兄として慕っている。

他作品との人間関係[編集]

真田ケン太
第2次α』にて友達と呼ばれる。

名台詞[編集]

炎竜「リスクを恐れて、平和を守れるものか。確率なんて気迫で補えばいい!」
氷竜「ロボットのくせに非論理的な発想だ、AIが欠陥品なのではないか?」
Number.06にて。護の勇敢さを見て、称賛した炎竜に反論した際の台詞。自分の存在を交えた冷静な発言。しかし、(成功するとはいえ)GGGの提案は概ね炎竜のような発想が多い。
「フリージングエネルギー全開!消火効率130 消化率33…34…36…38…40%」
Number.06にて炎竜がオラオラ言いながらゾンダーの足止めをしている中、冷静に数値を口にしながら消火作業に従事している際の台詞。
「炎竜、いい加減にしろ!新型にまでその癖が移ったらどうする?」
Number.35にて。炎竜が着地失敗した際の台詞。
「君たちがそう命令されていたなら仕方がない。だが、一般市民に犠牲を出してしまったのは作戦ミスではないのか?」
Number.35にて。風龍・雷龍が原種への攻撃を優先したために、観光客が原種に捕まってしまったことへ彼らの意を汲みつつも指摘する。
「まったく、困った連中だ」
Number.44にて。兄弟そろって落下した炎竜と雷龍を見て。以前、危惧した通り、着地下手が増えてしまったことにぼやく。
「我らの心は一つ!」
FINALにて。ゾヌーダロボとの最後の大勝負における氷竜の激励。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「! 私達を友達と言ってくれるのですか?」
第2次α』第21話「金色の破壊神」より。ケン太に自身がロボットであるにかかわらず、「友達」と呼ばれたことに感激する。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「ふぅ…自分の超AIがこいつと同型だと思うと、フリーズしてしまいそうだ…」
BX中断メッセージより。援護攻撃を有効に使えず、風龍・雷龍から説明を受けてもシステムを勘違いしている炎竜に頭を悩ませる。

余談[編集]

  • 氷竜を初めとする所謂「竜型ビークルロボ」の「セミビークルモード」は、これは当初の設定にはなく、米たにヨシトモ監督が発売された玩具で遊んでいる時に偶然見つけ出したものという逸話がある。

商品情報[編集]