ビッグファルコン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビッグファルコン(Big Falcon)とは、『超電磁マシーン ボルテスV』に登場する施設。

概要[編集]

鳥の形をした大鳥島の中心部に建造された研究施設。正面にある数字が描かれた部分はボルトマシンの発着場である。

原作終盤では剛健太郎が開発したソーラーバードと合体することで浮上し、敵の本拠地であるボアザン星に殴り込みをかけたが、母艦が充実しているスパロボでは今まで一度も再現されておらず、単なる基地扱い。

原作では当初は浜口博士が責任者であったが、その死後は岡防衛長官が一時期務め、最終的には左近寺公三博士が責任者となる。

登場作品[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
原作同様にボルテスチームの基地。ストーリー終盤、エンジェル・ハイロゥ落下の影響で極東支部の機能をここへ移転。
スーパーロボット大戦α外伝
この作品からαシリーズでは極東支部となっている。序盤にティターンズによって制圧され、極東支部ルート第4話で奪回を目指す。
第2次スーパーロボット大戦α
岡長官が行方不明のため、三輪長官が責任者。作中ではバームやミケーネ帝国との熾烈な攻防戦が繰り広げられる。
第3次スーパーロボット大戦α
岡長官が責任者と思われるが、戦死後は不明。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
17話のルート分岐でボルテスVと合流するために行く。左近寺博士が責任者でボルテスチームの特訓が上手くいかなければ別のパイロットを用意する予定だったらしい。
スーパーロボット大戦R
「謀略の父が地球を狙う」の舞台。
スーパーロボット大戦L
プロローグにおいてボアザン星からの帰還途中にフロンティア船団と遭遇、合流する。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
第1話の舞台。その後も地上編で度々舞台となる。